BL・GL小説 (オリジナルで全年齢対象のみ)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

推しカプ小説溜め場
日時: 2022/05/09 21:54
名前: ほしうらら (ID: f7aWX8AY)

こんにちは!
ほしうららです!
性癖ダダ漏れなので苦手な人は注意

百合(純愛もグレーゾーンくらいもMIX)ですのでそこも注意です!

目次

休憩。れいかせ >>01

Re: 推しカプ小説溜め場 ( No.1 )
日時: 2022/05/07 04:20
名前: ほしうらら (ID: f7aWX8AY)

「ここら辺で休憩しましょうか」
「疲れた…」

巫女はぐったりとした様子でそう呟いた。
それを見て仙人は問題視してみたり、微笑ましく思ったりした。

「お疲れ様」
「華扇、あんたねぇ容赦なしにも程があるでしょ?」
「…割と楽なほうだったんですけどね」
「嘘?!」

巫女…博麗霊夢は仙人…茨木華扇に修行を付けてもらっていた(半強制)
華扇は霊夢を思ってのつもりだが修行嫌いの霊夢にはしんどいものがある。

「私頑張った、ご褒美頂戴」
「うーん…まぁ良いでしょう、これが続けられる道になるなら」

気持ち的にも良いのかもね、と独り言を呟いた。

「さて、何がいい?」
「少しだけ華扇を自由にできる」
「…はい?」

華扇は目を点にさせた。
(言葉的にも)なにそれ、意味わからんって感じである。

「ほら、こっち来て」
「え、えぇ…?」

困惑しながらも華扇は霊夢へ近づいた。
するとぽふん、と何かが当たったのを感じた。

「なんだ、こんなことでいいの?」
「ん」
「これくらいならお易い御用です」

そう、霊夢は華扇へ抱きついているのだ。
霊夢にとっても華扇にとってもこんなスキンシップは嬉しい気持ちになる行為だった。

「…華扇」
「ん?」

霊夢は甘い声を発した。
華扇はきょとんとしながら彼女を見た。

「好き」
「嫌いだったらこんなことしないもんね」
「…そうじゃなくて」

霊夢は腕を腰の方に回しもう片方の手で、華扇の背筋をなぞった。

「な、れ、霊夢?!」
「…自由に出来るんだからこんなこともしていいよね」


今回は軽いもので済んだが、この先スキンシップがヒートアップすることを仙人はまだ知らなかったのだった。

Re: 推しカプ小説溜め場 ( No.2 )
日時: 2022/05/18 21:45
名前: ほしうらら (ID: f7aWX8AY)

「泣いていい?」

心細そうに呟いた。
彼女の顔は見えないが、辛いのだろう。
それだけが声色で分かった。

「いいよ」

それだけ。
それだけだけれど、彼女は緊張感から解放されたようにぽろぽろと感情を零していく。

私は彼女を撫でた。
彼女は私を抱きしめてくれた。
本当に可愛らしい。

「いつでもおいで」
「…うん」

そう、伝えよう

貴方のよりどころになれるように。


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。