複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

チュンナフ・ホーナイン ~伝説の魔物~
日時: 2022/06/16 16:24
名前: 98074 (ID: EMf5cCo0)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=13342

1話【マジか!?】

チリンチリンチリン…
「ん~おはよ~…(ノ~―)」
朝、8時頃茶髪なロングヘアの女子高校生がベットから眠たそうに起きてきた。
彼女の名前は花垣はながき ゆい
結はベットから降りて鏡の前に立ちくしで髪をといだ。
するとプルルルルル…プルルルルル…
スマホの着信音が鳴った。相手は幼馴染みの森田もりた れいからだった。

「もしもぉし…ネムッ」
結は眠たそうに電話を取った。
「ゆーい、まさか今起きたのかぁ?今日は図書館に行くって約束したろぉ~?」
零は結に呆れた感じで言った。
「ゲッ!Σ(・∀・|||)ごめん!今から行くぅ」結はすぐに電話を切って急いで支度をした。
朝食は卵焼きのみで済ませた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
約束場所の図書館に着くと零は待ちくたびれたかのようにベンチに座っていた。「ごめんごめん!💦」結は、零のところに急いで行き謝った。
「大丈夫だよwもう慣れてる」零はニッコリと笑って立ち上がった。零は昔から優しい男の子で人気者だった。
図書館の中に入ると一気に周囲が静かになる。

零と結は一旦バラバラに別れてそれぞれの読みたい本を探した。「あっあった。」結は奥の本棚から読みたかった本を見つけた…のだが全く取れなかった引っ張っても取れなかったので結は精一杯引っ張り続けた。
すると「うわぁ!?」
結は本を引っ張り過ぎて本が4・5冊ぐらい倒れた。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8



Re: チュンナフ・ホーナイン ~伝説の魔物~ ( No.34 )
日時: 2022/06/14 19:27
名前: トクメ (ID: EMf5cCo0)

「侑里先輩!魔王の言うこと聞いちゃダメですって!」深雪は焦りながら侑里言ったが侑里は、顔すら合わせなかった。
「侑里先輩、零はどこですか?お願いです答えて下さい」零の居場所が何より心配なのか侑里にお願いしてみた。
すると侑里は「連れていかれた魔王城に…」顔は合わせず涙をポロリと流して答えた。

「ひとまず出して!侑里姉ちゃんっ」未来が大声で言うと景色が一瞬で変わった、いや場所が変わった。恐らく3人は誰かに瞬間移動されたようだ。
いつの間にか3人の手足は手錠で身動きができなくなっており零が結の隣で倒れていた。

「零っ零起きて」
結が零を起こそうと顔を覗き込むが全く反応がなかった

Re: チュンナフ・ホーナイン ~伝説の魔物~ ( No.35 )
日時: 2022/06/16 17:11
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

「昔々…あるところに魔王と言われたわるぅい人間がいました」急に扉から出てきて謎のお話をしだした魔王。隣には犬のように懐いている狼がいた。狼の目は赤色で睨まれたら背筋が凍りそうな目をしていた。
一方魔王は、黒色の髪でまだ20のような顔だった。

「気を付けてあの狼、ただのじゃないから」未来は結の隣にいる。魔王を見ながら未来は言った。「なぁ蘭」魔王がいつの間にか結の後ろに立っていた。足音も気配もなかったので結はビクリとした。
「結は蘭じゃない…」未来の隣にいた深雪が魔王の方を向き睨み付けながら言った。
魔王はそれに腹が立ったのか深雪に近づき鋭い剣で傷を付けた。深雪の体はあっという間に血まみれになった。
「深雪!」
「深雪大丈夫!?」
結と未来は深雪に声をかけた。
「こ、これみて大丈夫と思うか?…」
深雪は大丈夫!?と言った未来にツッコミを入れた。
「あ、あ、あ、あのっ!」 
後ろでみていた侑里が急に魔王に話し掛けた。
恐怖という感情が大きいのか手足が震えていた。

「なんだ?」
「もうか、帰してあげてください…お父さん」
侑里が勇気を出して言った言葉は少々震えていた。
すると魔王は侑里に近寄ろうとして侑里は近寄ろうとしてくる父親から後ずさっている。

        そしてーー

「おいおい俺を忘れてないか?」
どこから入ってきたのか不明だが純が立っていたのだ

「……貴様どこから」
魔王は剣を握りしめた。

「ひ・み・つ♥️」
男子アイドルの真似をしたのか純はアイドルかのように答えた。

       カチャカチャ…
手錠が外れみんなは自由の身になった。
「貴様っ💢」
魔王は強盗かのように侑里を人質にした侑里は助けを求めてほしそうだった。

「あっ!ずっるぅ」純は小学生みたいに言った。
「くはははははっ」

Re: チュンナフ・ホーナイン ~伝説の魔物~ ( No.36 )
日時: 2022/07/07 09:57
名前: 空 (ID: EMf5cCo0)

魔王はナイフを握りしめ侑里に近付けた。
「侑里を離せ」
魔王の後ろに妹が電銃を持って魔王に銃口を向けていた。妹は真剣な顔をしている。
「お姉ちゃんのレベルはノノレベルだよ!まだ魔王には勝てない」未来は心配そうに妹を見つめながら言った。
「おい魔王俺がみんなの手錠を剣で切ったから怒ってるのか?wダッセェ」
純は魔王を指差して笑った。
「死にたいのか?侑里を殺してほしいのか?」魔王が謎の選択肢を純に与えた。
         バン!

「ぐはっ」魔王は口から血を吐き地面に崩れ落ちるかのように倒れた。魔王のお腹から大量の血が出ていた。
「魔王消えろ」
侑里は魔王から距離を取りナイフを向けた。恐らく侑里が魔王のお腹を切ったのだ。

「貴様…自分の父親を刺すとは…」魔王は立とうとしたが力が出ないのか立てない。
「父親?そんな奴いたっけ?(´^ω^`)」侑里はとぼけたいや父親という存在を消したかったのか笑いながら答えた。
「今の内に逃げるよ」未来がそういうとみんなは一斉に外へ飛び出した。

Re: チュンナフ・ホーナイン ~伝説の魔物~ ( No.37 )
日時: 2022/08/07 17:19
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

魔王城の裏口から脱出した皆は少しホッしながら基地へ走った

「それで…魔王は殺れたの?」
結は心配そうに言った。
「いや。魔王はあれだけでは死なない」
侑里を可愛そうな目で見ながら答えた。

「綺麗な満月で綺麗な景色、綺麗な…」
魔王城の地下室には女がワイングラスを持ち寛いでいた。
「どうかされましたか?」
隣にいた黒服の男性が女に問い掛ける
「きた」
座っていた椅子から尻を持ち上げ出入口の扉をジーとみていた
するとドン!と扉が開いた
「弱くなったのか?」
扉を開けやってきたのは先ほど戦った魔王だった。
「申し訳ございません心配をかけてしまって…」
「我は心配等していないぞ お前が死のうと生きようとどうでもいい しかし我の計画が台無しになるのには間違いがない 我はなにかおかしなことでも言ってるか?」
魔王が膝待つき女は魔王に近付いた。

「い、いえ!」
魔王は女の顔を見上げた。
「お前…地球人と戦っただろ?」
女はしゃがんだ

Re: チュンナフ・ホーナイン ~伝説の魔物~ ( No.38 )
日時: 2022/08/07 17:24
名前: ウィルグ・イユウラ (ID: EMf5cCo0)

「はい何故か地球人がチュンナフの奴といてチュンナフの奴らはそいつを庇っている状態でした」
魔王は汗をかいていた。
「フフッなら地球人を殺せ あいつらチュンナフが大事なものは全て壊す!」
女はそう言って椅子に座った


Page:1 2 3 4 5 6 7 8



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。