複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

チュンナフ・ホーナイン
日時: 2022/01/04 09:43
名前: 98074 (ID: EMf5cCo0)

1話【マジか!?】

チリンチリンチリン…
「ん~おはよ~…(ノ~―)」
朝、8時頃茶髪なロングヘアの女子高校生がベットから眠たそうに起きてきた。
彼女の名前は花垣はながき ゆい
結はベットから降りて鏡の前に立ちくしで髪をといだ。
するとプルルルルル…プルルルルル…
スマホの着信音が鳴った。相手は幼馴染みの森田もりた れいからだった。

「もしもぉし…ネムッ」
結は眠たそうに電話を取った。
「ゆーい、まさか今起きたのかぁ?今日は図書館に行くって約束したろぉ~?」
零は結に呆れた感じで言った。
「ゲッ!Σ(・∀・|||)ごめん!今から行くぅ」結はすぐに電話を切って急いで支度をした。
朝食は卵焼きのみで済ませた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――
約束場所の図書館に着くと零は待ちくたびれたかのようにベンチに座っていた。「ごめんごめん!💦」結は、零のところに急いで行き謝った。
「大丈夫だよwもう慣れてる」零はニッコリと笑って立ち上がった。零は昔から優しい男の子で人気者だった。
図書館の中に入ると一気に周囲が静かになる。

零と結は一旦バラバラに別れてそれぞれの読みたい本を探した。「あっあった。」結は奥の本棚から読みたかった本を見つけた…のだが全く取れなかった引っ張っても取れなかったので結は精一杯引っ張り続けた。
すると「うわぁ!?」
結は本を引っ張り過ぎて本が4・5冊ぐらい倒れた。

Re: チュンナフ・ホーナイン ( No.24 )
日時: 2022/01/18 20:23
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そして満月の夜、綺麗な満月の下の家の屋根にボムヘアーのした女の子が立っていた。
周りには大量のカラスが飛んでいた。

「そろそろタイムメリットが近付いてきた」
女の子が腕を綺麗に前に向けて伸ばすと黒猫が女の子の上に乗ってきた。
女の子はニヤニヤと笑い強い風と共に姿を消した。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「魔物のリーダーはシェルエス大魔王という名前です。この魔王を殺せば魔物はこの世から消えると言われています。なので貴方達は大魔王に勝てるようにしてくださいね」みたことも聞いたこともない女性。

急にシーンが変わり…

「どうして…」
「お前が悪い罪を償え」  バンッ

(さっきの女性と…私?いや違うこれは私じゃない)
さっきから結は、不思議な夢をみていた。周りは黒くなっているように見えるが真ん中には人が映し出されていた。

  

Re: チュンナフ・ホーナイン ( No.25 )
日時: 2022/01/19 10:17
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

またシーンが変わり今度は小さい女の子が映し出された

「姉様、もしもの時は私が受け継ぎます。どうかご無事で…」
小さな女の子はしゃがみながら泣いていた。

そしてまたまたシーンが変わった。次のシーンでは手足を手錠で身動きができなくなっていた。

「蘭。お前を死刑にする」
侑里らしき女の子が蘭という子の顔を覗き込んだ。

「知ってるだろ?我の不思議な能力を…まだまだこの世界には用がある。神を信じれば我は生まれ変われる」

蘭の言葉がおもんなく感じたのか侑里は真顔で電銃を蘭の頭に向けた。
バンッ…
――――

「わぁっ!」
銃声と共に飛び起きた結は驚いていた。
本当に結は蘭の生まれ変わりなのだろうか。結はだんだん心配になってきた。

Re: チュンナフ・ホーナイン ( No.26 )
日時: 2022/01/22 09:27
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

空、魔物(変異種)。魔物を作り出せるのは魔物を操る大魔王とその子供のみである。   

大魔王の子供の母親は生死不明、何故なら大魔王しか入れない場所に監禁されてるから。

母親の本当の正体は未来、妹の母親の姉であった。大魔王はその姉に恋をしたのかそれともただ自分に子供がほしかっただけなのかまだわからないが魔王は、未来達の母親の姉を無理やり誘拐し無理やり結婚させ無理やり子供を産ませた。

その時生まれてきた赤ちゃんは三つ子の女の子で、魔王はよく可愛がり赤ちゃんを生んだ本人は赤ちゃんを触らしてもらうこともできず牢獄へと入れられた。
三つ子の赤ちゃん達にはそれぞれ名前を付けられた。

1番速く産まれてきた長女は日葵ひまり、次女はさくら、そして…三女は侑里ゆりと名付けた。
みんなはお気づきかもしれないが、侑里は魔王の子供である。
なのにどうして侑里はチュンナフに入ったのかというと、そもそも3人は母親の血をたくさん引き継いでいたからだった。

父親にはない優しさは3人にはあった。人を助けるという心も感情もあった。それが気に入らなかった大魔王はよく暴力をふった。

Re: チュンナフ・ホーナイン ( No.27 )
日時: 2022/01/22 09:48
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

侑里はその暴力に絶えきれずいつも泣いていた。その姿が可哀想だったのか長女の日葵は、逃げるチャンスを与えたのである。

…と零が黄福様こうふくさまの引き出しを勝手に開けて日記帳らしきものを読んでいた。

「こら、何をしているのです?」
黄福様が零に気付き隣にきた。
零はドキッとして一歩後退りをした。
「す、すみません。勝手にみてしまって…」
零はとっさに謝った。目を下に向けてすごく反省していた。

すると黄福様はニコリと笑い零の手を握った。
「結ちゃんのことですか?心配なのですね?」
零は一瞬泣きそうになったがグッとおさえた。
「あ、あの!結がもし蘭という人の記憶をすべて思い出したらどうなるんですか?教えてくださいっ」
必死な声でハッキリと零は頭をさげてお願いをした。

「零君、結ちゃんは大丈夫だと思いますが…80年前も似たようなことがありました。ひかりという女の子がある時、私の前に現れたのです。その子は"蘭の母親の生まれ変わりかもしれない"と私に言ってきました。私は驚きました。生まれ変わりということが実際にあるのかと…少し疑いましたが念のため保護していたのです。しかし5カ月後、その子は蘭の母親の記憶を取り戻しました…が、生まれ変わったあとの記憶はなかったのですよ…。」

Re: チュンナフ・ホーナイン ( No.28 )
日時: 2022/01/22 10:07
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

「そのあとその光って子は?(;・"・)」
零は恐る恐る聞いてみた。
「死刑になりました。蘭の母親の時の記憶を取り戻し人々を襲ったのですから…」

その黄福様の言葉を聞いて零はガクガク震えていた。
「でも…結ちゃんは大丈夫だと思ってます。結ちゃんには正義感が強いので。すべて思い出しても人は殺さないでしょう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「ちょっと零ーどこに行ってたの?はやく仕事に行くよぉ」零は黄福様との会話を終えて秘密基地へと戻った。
「仕事??」
「そう、あなた達には魔物退治をしてもらう」結の隣にいた深雪が腕を組んで言った。

恒凪山こうなきやまっていう山で魔物が出たんだって次々と失踪してる人もいるから私らで様子をみてこいって校長先生が言ってたよ。(^∇^)」
結はニコニコしていた。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
恒凪山に着くと霧がいっぱいで前がみえなくなっていた。
「うわぁこれ迷子になったら大変だよぉ」さっきまでニコニコわくわく状態だった結は一瞬でその状態が崩れた



Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。