複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

我とパートナーと我じゃない我
日時: 2022/08/04 15:31
名前: ウィルグ・イユウラ (ID: EMf5cCo0)

ほし 杏夏あんな
自称 我  性別 女
職業 詐欺師
性格
お金好き めんどくさがり 親が嫌い

 
亀谷かめたに 俊介しゅんすけ
自称 俺  性別 男 
職業 詐欺師
性格
お金好き 綺麗な女性には甘い やる時はやる


田上たうえ 祐二ゆうじ
自称 俺  性別 男
職業 詐欺師
性格
お金好き 元不良 殺しの仕事経験あり 本物の拳銃集めが好き


ほし  ラムナ
自称 私  性別 女
職業 なし
性格
人に優しい 忘れっぽい 

Page:1



Re: 我とパートナーと我じゃない我 ( No.1 )
日時: 2022/08/04 16:01
名前: ウィルグ・イユウラ (ID: EMf5cCo0)

ターゲット、折本おりもと飛鳥あすか資産家の当主。その折本飛鳥に食い付きお金を騙し取る詐欺師は多かったが全員失敗で逮捕、そんな成功率1%しかない大物に我達は挑戦した。

俊介「ではここにサインをお願いします」

メガネをかけた俊介が契約書を飛鳥に渡した。

飛鳥「これ、もしも詐欺ならどうなるかわかってます?」

杏夏「大丈夫ですよ。飛鳥様私達にお任せくださいしっかりと10億円をお預かり致しますので」


飛鳥「それじゃあ…お願いします」

飛鳥は契約書にサインをしボディーガードがお金をたくさん入れたケースを持ってきた。

杏夏「ありがとうございます。八神やがみおいとましましょう」

俊介「そうですね 葉山はやま先輩」
俊介はケースを持ち上げた

椅子から立ち上がり玄関に行った


今日は大粒の雨が地面を叩いていた。
しかし高級マンションの809号室ではパーティかのように賑わっていた。

杏夏「やったぁ!!!10億円ゲットだぜ!」
お金をフワッと投げ杏夏は興奮していた。


俊介「飛鳥様私達にお任せくださいしっかりと丁寧に扱いますのでぇwwなぁなっ祐二も来いよ」

  
祐二「なんで俺に内緒でサギッた?」


ワイングラスを右手に持ち赤ワインを飲んでいた


俊介「あれ?wもしかしてスネてる?wスネ~スネ~」


ソファーに座っていた俊介は祐二に近づいた

祐二「うるせぇよ」


杏夏「まぁまぁまぁまぁ我と俊介で釣ったお金あげるからぁなっ 元気だぜ スネるなよぉ~♪ははは」


祐二「だからスネてねぇって」


Re: 我とパートナーと我じゃない我 ( No.2 )
日時: 2022/08/05 09:29
名前: ウィルグ・イユウラ (ID: EMf5cCo0)

杏夏「それではそれでは!お待ちかねのぉお分け分けターイム」杏夏は机に立った。


俊介「よっしゃー!俺たくさんください!w」


祐二「はぁ!?あ、俺は俊介より多く」


俊介「な何!?」


杏夏「まぁまぁw今回は我が決めます」


祐二「え?」

 
30分後

祐二「まさかじゃんけんで決めるのはなぁ…」


俊介「うわー俺一番すくねぇよぉ( ノД`)」


杏夏「ひやっほー!じゃんけん強くてよかった~」


俊介「ズルいぞ!」


杏夏「はははwばーかばーか!w」

 ピコンッ

俊介「ん?誰のスマホ?」


祐二「俺の…」

ポケットから黒いスマホを取り出した


杏夏「あんた、スマホ新しいの買ったんだね」


祐二「あー…前、殺すターゲットにスマホ壊されたからな」

俊介「そのターゲットの金はゲットできた?」


祐二「殺した直後に財布を奪った」


杏夏「さすが祐二~」


祐二「なぁ杏夏、俊介施設からメールもらったんだが…」  


俊介「え?懐かしい懐かしい!なんて書いてる?」


祐二「杏夏ちゃんは元気?ちゃんと働いてる?俊介君も大丈夫そう?って」


杏夏「ぶー!」
飲んでいたオレンジジュースを吹き出した。


俊介「きったねぇな!」


杏夏「あのババアとジジイ達きしょくわり」


俊介「でもさぁ1回だけは行ってあげようよ~」


杏夏「あー?あそこはな親みてぇな奴がウヨウヨいるんだよ!?」


俊介「杏ちゃんがどうして親が嫌いなのか知らないけどでも俺は…行きたいよ」


杏夏「……だっるぅ」


祐二「金がたくさん貰える仕事って言ったら大喜びだぞ」


杏夏「その後は何円貰えんの?」


俊介「…お小遣いー程度じゃない?w」


杏夏「あークッソォ」


祐二「明日2人で行ってきなよ 仲良く手を繋いでw」


杏夏「ははっwお前もついてこい」 


祐二「は?なんで俺が!?」

Re: 我とパートナーと我じゃない我 ( No.3 )
日時: 2022/08/07 17:03
名前: ウィルグ・イユウラ (ID: EMf5cCo0)

次の日、

生ノ(いくの)さん「わー久しぶりぃ」


俊介「お久しぶりです生ノさん!(^ー^)」



生ノさんは俊介と杏夏をたくさん可愛がっていた施設の人。

杏夏「…相変わらず子供が多いっスね」


生ノさん「うん長々引き取ってくれる人がこなくてね」


俊介「壊したら子供達の場所がなくなっちゃうね」


祐二「どいつもこいつも親に恵まれない奴が多いな…」


生ノさん「祐二君、またこの2人みたいに引き取ってくれない?」


祐二「嫌です。」


生ノさん「なんでぇ?」 


祐二「俊介と杏夏は施設で1番歳が上だったんで…この子達はまだ小さい…(から詐欺師は向いてねぇよ)」


俊介「あの生ノさん子供達と遊んでいい?」


生ノ「あ、いいよぉ」


俊介「やったぁ!杏ちゃん行こ」


杏夏「あっおい、」

俊介は杏夏の腕を引っ張った。


祐二「…あいつらどうしてここに来たのですか?」


生ノさん「杏夏ちゃんは親に捨てられてるところを発見して保護した子 後、俊介君は親が詐欺容疑で捕まってね育てる人がいなくてここに来たんだよ」


祐二「へー…(俊介の事は知っていたが杏夏が親を嫌う理由はそれだったのか…俺と同じだな)」


生ノさん「ねぇそういえば仕事はしてるの?」


俊介「してますよ」


杏夏「お金がたくさん貰える仕事」


生ノさん「えーよかったじゃない!」


俊介「にひひひww」


祐二「それじゃあそろそろ… 」


杏夏「えーもう帰るの?めんどくさー」


祐二「お前だけそこに戻るか?」


杏夏「げっ!(絶対やだ)」

夜、

杏夏「俊介お風呂入ろうぜ」


俊介「え?!いいの!!!」


杏夏「やっぱ無理w」


俊介「えー」

祐二「あいつらももう20か…」
ソファーに寝転んでスマホをみていた

5年前…

生ノさん「いらっしゃい」
生ノさんの前に現れたのは黒い帽子を被った男だった

祐二「あの…ここは10代の子いますか?」
顔が見えないようにしているのか帽子を深く被った

生ノ「あーそれなら…俊介君~杏夏ちゃぁん」
2人の子供がトコトコと近付いた。

俊介「生ノさんなにー?」


祐二「何歳ですか?」


生ノさん「二人とも16歳ですよ」


祐二「16歳より歳が大きい子供は?」


生ノさん「いないです」
  

祐二「じゃあこの子達にします」


生ノさん「それでは契約書を書いてくださいちょっと待ってくださいね」
少し場を離れた生ノさんをみた祐二は少々小声で杏夏と俊介に声をかけた


祐二「君たちは…ニヤッ素質がある」


杏夏「素質?」


祐二「杏夏のおじは詐欺師だそれに俊介の親も詐欺師だ これは君たちが働かずにお金が貰えるという素質だよ」


俊介「詐欺は悪いことだよ?」


祐二「ククッ金には名前なんて書いてないぞ」

札束を取り出し二人に見せた


杏夏「札束!欲しい」
杏夏の目がキラキラと星空のように光った

俊介「すげー!お兄さん何者!?」


祐二「お兄さん?まだ俺17歳だよ」


杏夏「ねぇ祐二祐二」


祐二「ん?風呂終わったのか?」


杏夏「うん先に寝てるね」


祐二「了解」


杏夏「……」


祐二「はぁ!やっぱ風呂は最高!(詐欺メンバーを作るのは簡単だなぁ施設に行って素質がある10代の子供を詐欺の世界に誘い混む)素質がある奴は札束をみせたらイチコロだ」


杏夏「酷いよねぇ でもあそこから出られたのは祐二のおかげだ」

お風呂のドアにもたれていた杏夏

祐二「ははw」


杏夏「……でも1つだけ気になる祐二って本当に何者なの?どうして我達のことを知っていた?」


祐二「施設のホームページに顔は写っていなかったが詐欺師の息子と親に捨てられた女の子がいると書いてあった。」


杏夏「それじゃあどうして我も…」


祐二「たしかにw親に捨てられただけでは素質があるかないかがわからなかった 俺は調べたんだ施設に忍び混んで職員の会話や名簿等をあさってあさってついにお前をみつけた」


杏夏「なら祐二があさらなかったら俊介だけだったんだね」


Re: 我とパートナーと我じゃない我 ( No.4 )
日時: 2022/08/08 14:55
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

「だな… 今夜はこれから殺しの仕事がある」



「なら我は先に寝てる」



「あぁ なるべく速く片付ける」


      深夜11時50分
     港に男がやってきた

古矢ふるや…お待たせ」
それと同時に黒い革手袋を着けた祐二が到着


「久しぶり田上~」
男の名は古矢光一ふるやこういち昔組んでいた殺し屋の仲間。


「お前…今何してんの?」



「まだ殺し屋続けてるよ そっちは?」



「俺は詐欺師を育てながら詐欺をして殺し屋も続けてる」


「おー!♪二刀流かよ!!すげー」
光一は羨ましいという顔をした



「クククッww」
すると祐二は笑い出した。お腹を抱えながら



「急にどうした?!」



「いやぁ~w相変わらず嘘が下手だなってw」
祐二は隠して持っていた拳銃を光一に向けた。



「やっぱりか……お前人を殺す時必ずその革手袋するから薄々気付いてたぜ」
悲しそうな目をしながら祐二をみた



「それなら何故逃げない?」




「覚悟してた 殺し屋を殺す殺し屋という職業を見つけた俺はこの殺し屋界を裏切ったんだ」




「俺の元に罪無き人間も殺す殺し屋を殺す殺し屋を殺せってメールが来てさww名前見たらお前だったなんて驚いた」



「まじで俺を殺すか?幼馴染みで親友で一緒に組んだ仲間だろ?」




「だよな初めは断ろうと思った…でもやっぱり幼馴染みで親友で一緒に組んだ仲だから最後も一緒がいいだろ?」



「たしかに お前が断ると違う殺し屋に俺が殺されるかもしれないからな」



「俺であっても別の殺し屋であっても…お前は死ぬんだよ」



「祐二…撃て」
光一は体を大の字の様にした




「光一、今までありがとう…」



    バンッ!




祐二は引き金をひき光一は海に落ち海には真っ赤な血が流れた。




「裏切られても殺しても永遠に親友だよな」
少し涙を浮かべながら首に付けていた真珠のアクセサリーを海に落としその場を立ち去った。


Re: 我とパートナーと我じゃない我 ( No.5 )
日時: 2022/08/10 15:56
名前: 匿名 (ID: EMf5cCo0)

祐二「……ただいまー」
祐二は家に帰った



俊介「あっ祐二祐二!大変なんだよぉ」


祐二「あー?まだ起きてたのか俺疲れてるんだが……」



俊介「だからっ大変なんだって杏夏がさ変なことになっちゃって」



祐二「変なこと?」


俊介「え、えーとなんか記憶がない?みたいな」


祐二「はぁ?」



俊介「とにかくこっちきて」
俊介は祐二の背中を押した


ソファーには杏夏がキョトンとしながら座っていた


祐二「杏夏こいつ知ってるか?」
俊介は祐二を指さした。


杏夏「知らない そもそも私は杏夏じゃない」
首を傾げた



俊介「な?気が付いたらこうなっててさぁ」


祐二「……自称が私になってる」



俊介「あーたしかに 仕事中は私とか使うけど普段は我だったよな」



祐二「なぁ お前おやつは何が好き?」
杏夏の隣に座った




杏夏「うーんやっぱりミカン」



俊介「み、み、みかん!?」
俊介は大声で驚いた



祐二「やっぱりな おい俊介明日病院に連れて行くぞ」




俊介「へ?」




祐二「俺の親友の医者の所だ」



次の日俊介と祐二は杏夏を連れて山奥の病院に行った


加恵葉かえは「おっ!祐二いらっしゃい 俊介も杏夏も」


萌木もえぎ加恵葉かえはここの病院長で祐二のもう1つの仕事、殺し屋の仕事中に怪我をした場合はいつもここに通って加恵葉にみてもらっている。
因みにこの病院、受け付け時は一般の人のみで受け付け終了時は殺し屋達のみ受け付けが可能である。


俊介「こ、こんにちは」(いつみてもキレイだ それに胸が大きい!( 〃▽〃)ウワー)


加恵葉「それで?どうかしたの?今は受け付け時なんだけど」


祐二「今日は俺じゃなくて杏夏のことで」



加恵葉「そういうわけね」


俊介「杏夏昨日の夜からおかしーー」



祐二「杏夏は二重人格の可能性があると思いました」
俊介の話を遮った




加恵葉「二重人格…どうしてそう思ったの?」



祐二「杏夏はミカンが嫌いで和菓子好きですそれに自称が私になっていました後、小学生の頃隣のクラスに二重人格の女の子がいたからです」



加恵葉「ふふふw 確かに可能性はあるかもね では杏夏検査してみましょうか」



杏夏「???」


Page:1



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。