コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

リベンジ インフェクション
日時: 2019/11/01 16:24
名前: 柞原 幸
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12574

初めまして。柞原幸です。

今回が初作品ですが、どうぞお楽しみください☺︎





☆2019年夏の大会で銅賞を頂きました☆
☆投票してくださった皆様、本当にありがとうございました☆





⚫︎⚫︎登場人物紹介⚫︎⚫︎
[ミア=ルーベン]
ルヒカラ王国に住む、13歳の女の子。
ルーベン家の長女であり、アクトの姉。
元気で明るいが、ルヒカラ王国の主食の一部であるペリ草が大の苦手。

[アクト=ルーベン]
ルヒカラ王国に住む、10歳の男の子。
ルーベン家の長男であり、ミアの弟。
心配性だが、優しく賢いしっかり者。

[アマリア=ルーベン]
ルーベン家を支える頼もしいミアとアクトのお母さん。
コロモロとペリ草が大好き。

[アルベルト=フローマー]
ルヒカラ王国第107代国王。
多くの国民に慕われている。

[ロト]
アルベルト王の執事でありながら、ルヒカラ王国警備隊の最高指導官でもある人物。
国王も舌を巻くほどの優秀な人材。

[カール=ファイネン]
今年ルヒカラ王国の警備軍隊入りした新米警備員。
暑さにやられるとへにゃへにゃになる。


[ルセル=ローべ]
ルヒカラ王国の警備軍隊の1人。
その実力から、最高指導官の右腕とのあだ名も持っている。
また、新米警備員の教育係も務めている。

◆目次◆
プロローグ>>01

==第1章『隣国の異変』=============================
1話>>02 2話>>03 3話>>06 4話>>07 5話>>08 6話>>09 7話>>12 8話>>13
===================================

==第2章『侵入』=============================
9話>>17 10話>>18 11話>>21 12話>>23 13話>>26 14話>>27 15話>>31 16話>>34
===================================

÷÷感想をくれた方÷÷
◇友桃さん >>04 >>10 >>15 >>19 >>24 >>29 >>35
◇朱雀さん >>36

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: リベンジ インフェクション ( No.37 )
日時: 2019/10/31 17:24
名前: 柞原 幸

友桃さん、朱雀さん、ありがとうございます(^_^)

やっぱりガーダが謎キャラなんですよね笑
全身黒装備で、無口。不審者極まりなi…(おっと)。しかし、そこに秘められている力とは一体…?どのように活躍していくのか…?
今後のガーダの行動や言動、お楽しみに( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

次回から第3章突入です。
また暇な時にでも、いらしてください(^_^)/~~

Re: リベンジ インフェクション ( No.38 )
日時: 2019/11/02 21:23
名前: 柞原 幸


ルヒカラ王国からマストレード王国の間は森である。
この世界は国と国とがピッタリくっついているわけでは無い。
言わば国とは初代先祖が築いた村の延長である。
ポツポツと発生した村は次第に大きくなり、弱い村は滅びまた森と化し、強い村は領土を広げ、国と化して行った。
国同士が領土を広げる過程でぶつかると、過激的な国は戦争を始める。
友好関係を求めようとする国は挨拶をした後、その国とは反対方向に領土を広げていった。
どちらにせよ、国と国がくっついてしまったら、いずれ戦争を始める。
この世界の人々は本能的にそう考えていた。
その為、国と国との間は必ず何十キロかの森が有るようにしていた。
森だけは誰のものでも無かった。


「随分、歩いたね。」
アクトが言った。
かれこれ3人はもう6時間休まずに歩き続けていた。
最初の三十分程は初めて見るルヒカラ王国の外に見とれて興奮が収まらなかったが、もう今は早く休みたい一心で歩いていた。
「えーと。あの、ガーダさん。そろそろ休憩しませんか。」
ミアが木の根を下も見ずに避けているガーダに声を掛けた。
「まだ歩き始めたばかりだろ。」
ガーダはそう無愛想に吐き捨てて、さらに足を速めた。

「ねぇ、僕達、本当にあの人に守ってもらえるの…?」
アクトが小声でミアに問い掛けた。
無理もなかった。
ガーダは特に自分達と打ち解けようともせず、こちらから話しかけても無愛想な返事ばかり。
この様子では自分達と関わりたくないのだろう。
尚更守ってもらえるのかが不安であった。

「ガーダさん…。じゃあ気分転換がてらに何かお話ししませんか。王宮の仕事の事とか…。興味あるんです。」
ミアが切り出した。
どっちにしろこんな気まずい空気の中、旅をするのに耐えられなかったのだ。
ガーダはチラとこっちを見、イラついた様に舌打ちをした。
「…王宮なんて腐りきってるよ。何をしようにもあの最高指導官が仕切ってる。お前達が思い描いている様な場所じゃない。聞くだけ無駄だ。」
「……。」
打ち解けようとしたはずが、さらに気まずい雰囲気になる。
家が恋しくなる、というのは今の様な感情を指すのだろう。
ついこの前までは、のびのび家族と過ごし、あったかいスープを飲んでいたというのに。
こんな空気では先が思いやられる…。

ルヒカラ王国とマストレード王国の間の森の中は沢山の木の根と草が地面を覆い尽くしており、少しでも気を抜くと足を取られてしまう。
さらにマストレード王国の軍がいつどこから襲って来てもおかしくはないので、常に警戒していた。
油断する事が一切出来ぬまま、昼になった。
ミアとアクトは心身共にもうヘトヘトであった。
汗がジトリと背中と服をくっ付けて、気持ちが悪い。

「水の音がする。」
アクトが耳を澄ませて言った。
「本当だ…。川かな?」
ハァハァと息を切らしながらミアも耳を澄ませる。
ザワザワと木の葉が揺れる音の下に、確かにサラサラと水の音が隠れている。
「やった!ちょうど僕、持ってた水を飲み干しちゃったから、ろ過して飲もうよ。」
「駄目だ。」
ガーダがクルリとこちらを向く。
初めてガーダ自ら話しかけて来たので、ミアは驚いた。
綺麗な…目をしている。
「森の中の水場にそう気軽に近寄ってはならない。猛獣が水を飲みに来る他の動物を狙って草陰に潜んでいる時もあるし、こんな状況では、敵も待ち伏せているかもしれない。」
「川にいけないなんて…。僕は干からびるんですか。」
アクトが絶望的な顔をする。

ガーダがアクトの顔を見てため息をつく。
「足にスカーフを巻け。」
そう言ってミアとアクトの首に巻いてあるスカーフを指差した。
「足?」
「足に巻いて、1時間ほど歩き回る。
するとこの地面に生い茂っている草についた朝露がスカーフに吸収される。
それを絞ると1リットルは水が手に入る。
水が飲みたければそうしろ。」
「は、はい…。」
なんとも凄いサバイバル術だ。
ミアとアクトはいそいそとスカーフを足に巻き付ける為に地面に屈んだ。
ガーダは二人を待たず、どんどん先に行ってしまう。

「ガーダさん…。きっと凄い人なんだろうけど。」
「まぁね…。私たちの事きらいなのかなぁ?仲良くなりたいのに…。」
ミアとアクトは困った顔をしながら顔を合わせる。
二人はガーダを見失わない内に急いでスカーフを足に結びつけて立ち上がり、背中を追った。




「まずいな…。」
ガーダが鋭い目で辺りを見回し呟いた。

「霧が…出てきた。」

うっすらと立ち込めてきた霧は、視界を狭める。
森をよく知るガーダは、この時期の、この場所での、この種類の霧が、死をも暗示する事を知っていた。

Re: リベンジ インフェクション ( No.39 )
日時: 2019/11/04 13:21
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY


ガーダが気になります……!
王宮が嫌いそうなところも森のことをよく知っているところも。
ただもう少し……! もう少しだけふたりに優しくしてやって……!と思って読んでました笑
ミアとアクトがんばれ(;´Д`)

続きまた楽しみにしてます(*^^*)

Re: リベンジ インフェクション ( No.40 )
日時: 2019/11/06 16:16
名前: 柞原 幸

友桃さん、いつもありがとうございます(^_^)

ガーダはひねくれたサバイバルの達人なんです。
私もこんな場にいたら口数減っちゃうなぁ…(笑)スパルタだし。
あぁ、今後のガーダはどのように行動していくんでしょうかねぇ((゚艸゚)


次回もお楽しみに!
またいらしてください。‪( ^_^)/~~~‬

Re: リベンジ インフェクション ( No.41 )
日時: 2019/11/15 18:54
名前: 柞原 幸

「霧?」
ミアとアクトはふと周りに霧が立ち込めていることに気がついた。
薄い綿飴色の霧。
ミアが住む北の都でも霧がよく発生していたので霧を見ることには慣れていたが、ジメジメと生温く草の匂いが入り混じるこの霧は今まで見た事がなかった。
霧はミア達が進むにつれて、迫る様に周りを飲み込んでいき、ついにはお互いの顔しか分からないほどにまで視界が真っ白になった。

「ガーダさーん。」
「すぐ目の前だよ。いちいちうるせぇな。」
ガーダを見失わない様声を掛けるが、この調子。
その内答えてもくれなくなってしまいそうで、ミアは必死に前を歩くガーダの姿を逃すまいと目を凝らす。
ガーダは先程から何かブツブツと独り言を言いながら辺りを見回している様だ。
何やら不敵な予感が背中を走る。

「!!」
ガーダがピタリと足を止める。
ミアはすんでのところでガーダの背中にぶつからずに止まった。
アクトは反応できずミアの背中にどしん、と当たってしまった。
「???」
ミアとアクトは何故ガーダが止まったのかが分からず顔を見合わせた。
「ウィルディン…。」
「え?」
ガーダが喋る。
「ウィルディンの群れがこの近くにいる…!」
焦っているのかどうかさえも分からない程霧が立ち込めてきたのでそれが重大なことなのかも聞き流せるものなのかも判断出来ない。

「ウィルディン…って何ですか。」
アクトがたまらずに聞く。
ガーダはこちらを向き、初めて目を合わせてくれた。
「ウィルディンは、人を喰らう動物だ。目は狼の様に鋭く、鼻はヒグマの如くよく効く。
その上足の速さはチィタァ並。森の殺人鬼との異名も持つ。逃げられるとは思わない方がいいな。」
ガーダは背中の銃に手を伸ばし、固定していた紐をほどき始めた。
弾を数発入れ、ガキンと何かの取手を引く。
「だが、あいつらは耳が聞こえない。」
ガーダが取手を引いた音は余韻を残しながら森に響き渡る。
ミアはヒヤヒヤしながらその音を聞いていた。
よくない汗を手に握る。
「あいつの急所は目と目の間。上手く入れば一発でコテンと転がる。
だがこの霧の中ではお前らは無理だ。」
ガーダは片目を瞑り銃をゆっくりと構えた。
「頭脳はお前らなんかよりもずっと良い。」

怖い。

ミアは思わずガーダの背中にピタリとくっついた。
ガーダはピクリと動いた様な気がしたがこちらを向きもせず言葉を続けた。

「…何より、霧の日はあいつらにとって絶好のチャンス。」



ザザザザザザザザッ

一匹の狼の様な獣の巨体が上に飛び上がりこちら目掛けて飛びかかってきた。

「キャアアア!!!!」



スパッ



ガーダが撃った弾は綺麗に急所を貫き、軽い音を立てた。
獣は空中で動きが緩み、そのまま重力に従って地面にドサリと鈍い音で落下した。

ミアは倒れた獣の姿を茫然と見つめた。


(…死…?)


ガッと手を掴まれ、ミアは我に返った。
「こいつは『犠牲係』だ!!後からこいつの血の匂いを辿って大勢来る!逃げるぞ!!」
ガーダはミアとアクトの手を引き走る様促した。

(ここで死ぬなんて嫌だ。)
ミアは走った。
妙に手が冷たく、ウジウジと嫌な感じになる。
心臓は飛び上がるほど強く鳴っている。
今きっとアクトも同じ気持ちだろう。
何処から何が来るか、いつ何も無くなってしまうのか。
来ないかもしれないし、後数秒で来るかもしれない。
この気持ちは、恐怖だ。
死への恐怖。
つい先程まで意思を持ち、本能に従って飛びかかってきたあの獣は今となってはもう唯の「モノ」となった。
私はいつ「モノ」になる…?今、この場所で、後数分、数秒…?

いつ何処からウィルディンが襲ってきてもおかしくはない。気を配れ。
ガーダが目の前で叫ぶ。
霧が濃い。
木の根が邪魔でもっとガーダとの距離を縮まらせようとするのに縮まらない。
息が切れて心臓が痛くなってくる。
だが走りを諦めたら…。
考えるな、考えるな。
ミアとアクトはこれまで参加したどの鬼ごっこよりも強く地面を蹴り、森のさらに奥深くへと進んで、いや、迷い込んでいった。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。