コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

リベンジ インフェクション
日時: 2019/11/01 16:24
名前: 柞原 幸
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12574

初めまして。柞原幸です。

今回が初作品ですが、どうぞお楽しみください☺︎





☆2019年夏の大会で銅賞を頂きました☆
☆投票してくださった皆様、本当にありがとうございました☆





⚫︎⚫︎登場人物紹介⚫︎⚫︎
[ミア=ルーベン]
ルヒカラ王国に住む、13歳の女の子。
ルーベン家の長女であり、アクトの姉。
元気で明るいが、ルヒカラ王国の主食の一部であるペリ草が大の苦手。

[アクト=ルーベン]
ルヒカラ王国に住む、10歳の男の子。
ルーベン家の長男であり、ミアの弟。
心配性だが、優しく賢いしっかり者。

[アマリア=ルーベン]
ルーベン家を支える頼もしいミアとアクトのお母さん。
コロモロとペリ草が大好き。

[アルベルト=フローマー]
ルヒカラ王国第107代国王。
多くの国民に慕われている。

[ロト]
アルベルト王の執事でありながら、ルヒカラ王国警備隊の最高指導官でもある人物。
国王も舌を巻くほどの優秀な人材。

[カール=ファイネン]
今年ルヒカラ王国の警備軍隊入りした新米警備員。
暑さにやられるとへにゃへにゃになる。


[ルセル=ローべ]
ルヒカラ王国の警備軍隊の1人。
その実力から、最高指導官の右腕とのあだ名も持っている。
また、新米警備員の教育係も務めている。

◆目次◆
プロローグ>>01

==第1章『隣国の異変』=============================
1話>>02 2話>>03 3話>>06 4話>>07 5話>>08 6話>>09 7話>>12 8話>>13
===================================

==第2章『侵入』=============================
9話>>17 10話>>18 11話>>21 12話>>23 13話>>26 14話>>27 15話>>31 16話>>34
===================================

÷÷感想をくれた方÷÷
◇友桃さん >>04 >>10 >>15 >>19 >>24 >>29 >>35
◇朱雀さん >>36

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: リベンジ インフェクション ( No.40 )
日時: 2019/11/06 16:16
名前: 柞原 幸

友桃さん、いつもありがとうございます(^_^)

ガーダはひねくれたサバイバルの達人なんです。
私もこんな場にいたら口数減っちゃうなぁ…(笑)スパルタだし。
あぁ、今後のガーダはどのように行動していくんでしょうかねぇ((゚艸゚)


次回もお楽しみに!
またいらしてください。‪( ^_^)/~~~‬

Re: リベンジ インフェクション ( No.41 )
日時: 2019/11/15 18:54
名前: 柞原 幸

「霧?」
ミアとアクトはふと周りに霧が立ち込めていることに気がついた。
薄い綿飴色の霧。
ミアが住む北の都でも霧がよく発生していたので霧を見ることには慣れていたが、ジメジメと生温く草の匂いが入り混じるこの霧は今まで見た事がなかった。
霧はミア達が進むにつれて、迫る様に周りを飲み込んでいき、ついにはお互いの顔しか分からないほどにまで視界が真っ白になった。

「ガーダさーん。」
「すぐ目の前だよ。いちいちうるせぇな。」
ガーダを見失わない様声を掛けるが、この調子。
その内答えてもくれなくなってしまいそうで、ミアは必死に前を歩くガーダの姿を逃すまいと目を凝らす。
ガーダは先程から何かブツブツと独り言を言いながら辺りを見回している様だ。
何やら不敵な予感が背中を走る。

「!!」
ガーダがピタリと足を止める。
ミアはすんでのところでガーダの背中にぶつからずに止まった。
アクトは反応できずミアの背中にどしん、と当たってしまった。
「???」
ミアとアクトは何故ガーダが止まったのかが分からず顔を見合わせた。
「ウィルディン…。」
「え?」
ガーダが喋る。
「ウィルディンの群れがこの近くにいる…!」
焦っているのかどうかさえも分からない程霧が立ち込めてきたのでそれが重大なことなのかも聞き流せるものなのかも判断出来ない。

「ウィルディン…って何ですか。」
アクトがたまらずに聞く。
ガーダはこちらを向き、初めて目を合わせてくれた。
「ウィルディンは、人を喰らう動物だ。目は狼の様に鋭く、鼻はヒグマの如くよく効く。
その上足の速さはチィタァ並。森の殺人鬼との異名も持つ。逃げられるとは思わない方がいいな。」
ガーダは背中の銃に手を伸ばし、固定していた紐をほどき始めた。
弾を数発入れ、ガキンと何かの取手を引く。
「だが、あいつらは耳が聞こえない。」
ガーダが取手を引いた音は余韻を残しながら森に響き渡る。
ミアはヒヤヒヤしながらその音を聞いていた。
よくない汗を手に握る。
「あいつの急所は目と目の間。上手く入れば一発でコテンと転がる。
だがこの霧の中ではお前らは無理だ。」
ガーダは片目を瞑り銃をゆっくりと構えた。
「頭脳はお前らなんかよりもずっと良い。」

怖い。

ミアは思わずガーダの背中にピタリとくっついた。
ガーダはピクリと動いた様な気がしたがこちらを向きもせず言葉を続けた。

「…何より、霧の日はあいつらにとって絶好のチャンス。」



ザザザザザザザザッ

一匹の狼の様な獣の巨体が上に飛び上がりこちら目掛けて飛びかかってきた。

「キャアアア!!!!」



スパッ



ガーダが撃った弾は綺麗に急所を貫き、軽い音を立てた。
獣は空中で動きが緩み、そのまま重力に従って地面にドサリと鈍い音で落下した。

ミアは倒れた獣の姿を茫然と見つめた。


(…死…?)


ガッと手を掴まれ、ミアは我に返った。
「こいつは『犠牲係』だ!!後からこいつの血の匂いを辿って大勢来る!逃げるぞ!!」
ガーダはミアとアクトの手を引き走る様促した。

(ここで死ぬなんて嫌だ。)
ミアは走った。
妙に手が冷たく、ウジウジと嫌な感じになる。
心臓は飛び上がるほど強く鳴っている。
今きっとアクトも同じ気持ちだろう。
何処から何が来るか、いつ何も無くなってしまうのか。
来ないかもしれないし、後数秒で来るかもしれない。
この気持ちは、恐怖だ。
死への恐怖。
つい先程まで意思を持ち、本能に従って飛びかかってきたあの獣は今となってはもう唯の「モノ」となった。
私はいつ「モノ」になる…?今、この場所で、後数分、数秒…?

いつ何処からウィルディンが襲ってきてもおかしくはない。気を配れ。
ガーダが目の前で叫ぶ。
霧が濃い。
木の根が邪魔でもっとガーダとの距離を縮まらせようとするのに縮まらない。
息が切れて心臓が痛くなってくる。
だが走りを諦めたら…。
考えるな、考えるな。
ミアとアクトはこれまで参加したどの鬼ごっこよりも強く地面を蹴り、森のさらに奥深くへと進んで、いや、迷い込んでいった。

Re: リベンジ インフェクション ( No.42 )
日時: 2019/12/28 20:43
名前: 友桃 ◆NsLg9LxcnY


こんばんは! 最新話やっと読みに来れました……!

ミアは器用に止まれたのに、その後ろでミアにぶつかっちゃったアクトを想像したら可愛すぎて悶えました←

後半、容赦のかけらもないガーダのセリフのおかげで、どれだけ危険な獣に囲まれているのかがよくわかりました!!笑
これガーダとはぐれでもしたら、ふたりほんとにピンチですよね……。武器持ってたっけ……??

続き楽しみにしてます!

Re: リベンジ インフェクション ( No.43 )
日時: 2020/01/26 13:28
名前: 柞原 幸

長い間更新を止めてしまってすみませんでした…m(__)m
年末年始、とても忙しくて。。
ひと段落つきましたので、また更新を再開したいと思います。
これからもリベンジインフェクションをよろしくお願いします。

Re: リベンジ インフェクション ( No.44 )
日時: 2020/02/27 21:42
名前: 柞原 幸


森に夜が来る。
もうじき森は真っ暗闇になる。

ガーダはミアとアクトが追いついていないのを確認すると、地面を蹴り、風を切ってバネの様に高く跳んだ。
一番低い木の枝をそっと掴んで折れないうちに幹を斜めに蹴る。

タン、タン、タンとそのまま木の幹を利用して上に登っていく。
もしこの様子を見た者がいたのなら、「ついに人間は重力にも逆らうことが出来る様になったのか?」と目を見開いたであろう。
音を立てず、空気を揺らさず。
空中で静止したかの様に見えてしまう滑らかなガーダの動きは美しく完璧であった。

一番太く、強い木の枝にガーダは座り、羽織った黒いマントの袖をギュ、と握りしめた。



ふいに、今まで流れていた音楽が途切れたかの様にガーダの無線機が鳴り、静寂を切り裂いた。
ガーダは無線機を手に取り、画面を見る。
深みどりの画面に紺色のカクカクした文字が浮かび上がった。

(…ロトからだ。)

ため息が夜の冷たい空気にほうっと白く、長く流れ出た。

—————————————————————————————


「ねぇ。このまま僕たちどうなるの?」
アクトが泣きそうに言う。

「何言ってんの。ガーダさんはロトにわざわざ指名されたとびきりの護衛だよ?
きっとすぐに合流できるって。うん。できるできる。」

ミアは握ったことも使ったこともなかった槍を固く握りしめ、頭の中で猛獣に出会ってしまった時の槍の動かし方を脳内再生し、ひたすらジリジリと前に進んでいった。
森は静まりかえり、ルヒカラ王国の林の夜とは全く違って虫が地を這う音すら聞こえない。
ただただ月明かりだけが安心感を与えてくれた。



がさり。

「え。」
「なに?」

後ろから草を踏む音が聞こえた。
遠くの方であったが、静まりかえった森の中ではとても良く響いた。

がさり。

「ねっ、ねねねね姉ちゃん!!!!!近づいてくるよ!どうしよう!!」
「くっつかないでって!!槍使えないでしょっっ!」
二人ともパニックに陥り、四方八方をグルグル見回す。
しかし辺りは暗い色の木の幹のみ。


がさ。がさ。がさり。


「うっっっわ!!!死んじゃうのっ?!ぼ、僕たち!」
「いや私だって怖いんだから叫ばないでよ!!余計に怖く…。」


「ここか。」
ふいと茂みの中からガーダが現れた。
無線機を手にし、自分達を見下ろしている。

「が、ガーダさん!!」
ミアとアクトはへなへなと座り込んだ。
「すまない。森の霧で五感が鈍ってしまって見つけ出すのに時間がかかった。」
あと、とガーダが無線機をミアとアクトの方に見せた。
深緑の光がぼんやりと二人の顔を照らす。

「先程ロトから無線が入った。その内容だ。
どうやら、俺達が早くこの任務を終えなければもっと大変なことになるぞ…。」

ミアは緊張の緩和により震える手で無線機を持ち、文字を読んでいくうちに、どんどん目を見開いて行った。

「そんな…。」
「どうしたの姉ちゃん?」

アクトはミアが持った無線機を覗き込んだ。
暫くしてやはりアクトも顔色が変わる。






「サド王国が…ルヒカラ王国に宣戦布告っ……?!?!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。