二次創作小説(紙ほか)

日常日和。4
日時: 2017/12/11 23:44
名前: 桜

新しい日常日和。4に来て下さりありがとうございます。このたび前の掲示板のデータがいっぱいになったことにより後継掲示板で日常日和。を4として再開することになりました。なのでブタのヒヅメとの戦いやぷよクエ実録も今後はここですることになります。それでも私は変わらないし変わるつもりもありませんので見ていただければ幸い!


「目次」


「短編」
多才のわらじ>>1-2
賢者大作戦!>>38-43
成りすましアラビア二番手>>49-50
ツキノちゃんと孤高な天騎士さん>>73
サックスとリンゴ>>78-79
恋愛裁判地獄絵図>>85-89
Ai:birthday>>146-147
可愛い可愛いメイドさん>>177-179
栄光の天騎士ロード>>183-190
隠しの天才>>196-197
疑惑のラブレター>>203-204
悪魔さんの歌と少女のオーボエ>>248-249
2番手vsローティーン共の大戦争>>265-267
フルートの約束>>276-278
海水浴での休暇>>338-342
ふうりんアフェットゥオーソ>>365-369
月光の進化と共に>>374-377
王ドラ、イーブイ達を拾う>>382-383
とっておきのうた>>389-392
ある日降り立ったウーベルチュール>>410-411
学☆芸☆会☆大☆騒☆動>>415-416
サウンド・ショウ・タイム>>420-421
大量の楽器紛失事件>>425-429(更新)


「ぷよクエキャラで料理対決!」
その2>>10-16
結果発表>>22-25
オシオキ編>>32


「フルート実録」
フルート実録2>>128
フルート実録3>>173


「闇天使の“重責”の呪縛」
猫と踏切と闇天使>>208-209
恋したサックス>>212
一旦の別れ>>215-216
事件の波乱>>221-223
神様も止められない紅蓮の羽四つ>>227-228
ウサギランド出現>>231-234
“願い”の先>>238-244


「ブタのヒヅメ決着」
月長石と星の水晶と黄玉物語>>283-284
全ては「キミ」のため>>289
慕う気持ち、向上心と小さな籠>>292-293
夕焼けの空と曇りの空>>296-298
青空はいつでも夕陽を待っている>>301
ゾーアの覚醒>>307-308
未来への絆>>313-314
悲しみはここに置いて>>318-320
さようなら、ありがとう>>324-326
終わりの始まり>>331-332


「ぷよクエ実録」
時空の旅人クリアまでの道のり>>254
マーベットの挑戦状日和>>270-271


「前後編」
旋律幻想曲>>56-58>>64-66
果てなき命の宴>>132-134>>139-140
フルートのショコラティエ>>151-152>>156-157
吸血鬼の赤き洗礼>>257-258>>261-262
オルガンストレッタ>>348-351>>356-360
秋のポケモンコンテスト!>>397-400>>405-406


「特別編5」
序章:八奇人>>94-95
第一章:わがまま>>101-102
第二章:見てきたもの>>107-109
第三章:夢涙>>115-117
第四章:絆>>121-122
終章:響く>>123-124

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86



大量の楽器紛失事件(その4) ( No.428 )
日時: 2017/12/11 23:35
名前: 桜

クロ(クロード)「・・・ふふふ。子供だと侮っていたがなかなかやるではないか」
コナン「あはは・・・;ボク、喫茶ポアロでトイレを借りてくるねー;」


コナンが喫茶ポアロのトイレに行く中、あいりは言う。


あいり「クロード・・・今のは本当ですの?」
クロ(クロード)「・・・あっ!」
ツースト「ちっ、違う!俺はただこいつに手伝えって言われただけで・・・!」
あいり「じゃあ、みんなの楽器を盗んだのも・・・ここの黒と銀と金の宝石を盗んだのも・・・」






あいり「ぜーんぶ二人の仕業だったというわけですのね!!?(二人に鉄拳」
クロ(クロード)&ツースト「ぎゃーす!!!」






ツースト「おい!いひゃいひゃい!頬を引っ張るな!!」
クロ(クロード)「あいり殿・・・そんなに怒ってたら可愛らしい顔が台無しだぞ?」
あいり「うっるさーいですわ!!みんなの大切なものを盗むなんて許しませんわよ!!?」


ツーストとクロードがあいりに鉄拳制裁される中、少年探偵団の三人の目を隠していた一人の王ドラは言う。


王ドラ「・・・クロスさん、いいんですかあれ」
クロス「いや、私とロゼは呼ばれてない。あとで向こうで私達もお灸を食らってくる」
ロゼ(ミカエル)「あのバカにはちゃんと好きな相手からきついお灸を据えた方がいい。私達もちゃんと受ける」
タママ&シグレ「・・・;」
元太&歩美&光彦「???」


そして鉄拳制裁を終える中、クロードは言う。


クロ(クロード)「あ、あいり殿・・・ますます格闘の腕を上げたな・・・;」
あいり「それで?なぜ二人してこんなことしたんですか?」
クロ(クロード)「ふ、ふーんだ!別にあいり殿にいいところを見せたかったのではない!」
ツースト「おい!」
あいり(あーあ、クロードがすねちゃった・・・;)


すると、タママは言う。


タママ「その理由を推理しながら答えるですぅ!たまたまボク達の住むところになんとなく話したアイルーのボクへの賞賛・・・つまり!たまたまクロードさんがその会話を聞いてそれで名探偵になればアイルーが自分にカッコいいと言ってくれる・・・ところですぅ!」


すると、コナンが喫茶ポアロから出てきた。


コナン「つまり、自作自演だったところをたまたま失言してバレちゃった・・・というところだね;」
あいり「そ、そんな下らない理由でこんなこと・・・;」
クロ(クロード)「下らなくなどなーい!私はただあいり殿にただカッコいいと言ってあいり殿にチヤホヤしてもらいたかっただけだ!・・・ところでこのメガネ、貴殿はただの子供ではないな。本当はいくつなのだ?」
コナン(げっ・・・;そこまで気付いてんのかよ!?)


すると、歩美は言う。


歩美「コナン君はすごいんだよ!小学一年生なのにいろんな謎を解けちゃうんだもん!」
光彦「まあ、それも・・・ボク達探偵団の力があってこそですけどね!」
元太「コナンが怪盗キッドから宝石を守ったこともあるしよ!」
コナン「ははは・・・;まあ、そうだよな・・・;」


すると、シグレはクロードに聞く。


シグレ「あの・・・あんたはどうして怪盗キッドと名乗ったんだ?」
クロ(クロード)「怪盗キッド・・・つまりはいずれ私にとってライバルとなる存在・・・つまり、名探偵の時の私にとってもライバルに相応しい存在だと考えたのだ!」


すると、あいりは言う。


あいり「・・・つか、さっきからクロードの自分勝手な理由じゃないですの!!私の友達として盗んだみんなのものを返しなさい!!」
王ドラ(うっわ、気付いてなーい)
クロ(クロード)「ぐぅ・・・;分かった・・・;」


全てが解決しそうになる中、王ドラは謝る。


王ドラ「・・・というわけでうちのバカ達がご迷惑をおかけしました。宝石はお返しします。怪盗キッドにも・・・ご迷惑をおかけしましたね・・・せめて記念に見る日が来れば・・・」
コナン「いや?怪盗キッドはボク達の動向を見守ってるかもしれないよ?」
王ドラ「えっ?コナン君、怪盗キッドと知り合いなんですか?」
コナン「そうじゃないけど・・・怪盗キッドが近くにいたのをボクも気付いたけど一人だけボクよりも早く気付いた人がいるんだ」


すると、コナンはタママを見て意を決したタママは聞く。






タママ「・・・そうですよね?怪盗キッドさん!!」






王ドラ「・・・って、えええええー!!!?」


これに驚く王ドラは聞く。


王ドラ「か、怪盗キッドが近くにいるってどういうことですか!?」
タママ「なんかの本で見ましたが、キッドは変装の達人なんですぅ。つまりこの中に誰かに変装している怪盗キッドがいるということですぅ」
王ドラ「な、なんと疑わしい!友までも疑わなければならないとは・・・!」
タママ「キッドは前から暗号を解いていたコナン君や少年探偵団が変装するなんて考え難いですぅ。ボク達もコナン君達に出会うまで一緒にいたわけですし・・・」
王ドラ「じゃ、じゃあ、ツーストさんかクロードさん、クロスさんかロゼさんのどちらかが怪盗キッドってことですか!?」
タママ「いいえ・・・さっきアイルーがクロードさんとツーストさんのほっぺと髪を引っ張っていたでしょう?」
王ドラ「ええ、そうですが・・・」
タママ「キッドはマスクを付けるはずですぅ。つまりもしアイルーが引っ張ればどちらかがマスクが破れるはず・・・クロスさんとロゼさんは二人と一緒にいるはずですから、正体を見抜かないはずないですぅ」
王ドラ「・・・ということは消去法をすれば・・・」
タママ「そう・・・そいつが怪盗キッドですぅ!」


一方、チェリーワールドでは最後の範囲内の聞き込みの手がかりである雪の城に一同が入っていた。


アミティ「うわ〜、いかにも犯人の根城らしい城・・・」
ゼオ「とにかく犯人を捕まえてジンモンにかけるんだ!」
ステラ「ジンモンジンモン!」
ププル「ゼオ、その言葉の意味わかって言ってる?」


すると、犯人らしき声が聞こえた。


???「ゲロゲロゲロゲロ・・・」
クルーク「!?声!?」
ゼオ「犯人が姿を現したみたいだな。少しでも気を抜くな!」


すると、現れたのは・・・






ケロロ「ゲロゲロリ。我輩が真犯人であります!」←全身真っ黒&赤いマント付き
大半の一同「」






なんとケロロがいつもの緑から真っ黒の姿に登場しました(爆弾投下)あやクルは聞く。


あやクル「ケロロ!?お前、なんでこんなところに・・・」
ケロロ「ゲロゲロリ。我輩が楽器をなくさせた真犯人の裸族だからでありますよ!」
クルーク「それにしてはなんで真っ黒なの?」
ケロロ「そ・・・そりは大人もとい裸族の事情で・・・;」
ゼオ「・・・わかった。お前を捕まえて真実を突き止めてやる!」
ケロロ「ゲロォーーーーーっ!!!」


一同がケロロをボコボコにしながらもケロロを追いかける中、一方、王ドラは聞く。


王ドラ「じゃあ、私達の誰かに成りすました怪盗キッドは・・・」
タママ「そうですぅ」
コナン「その消去法で行くと怪盗キッドは・・・」
タママ&コナン「お前だ!!!」






シグレ「・・・えっ!?」

大量の楽器紛失事件(その5) ( No.429 )
日時: 2017/12/11 23:41
名前: 桜

怪盗キッドだと疑われたシグレはしおらしくする。


シグレ「どうして俺を疑うんだ?ひどい・・・」
タママ「今更しおらしくしても遅いですぅ。あんたのことはコナン君と一緒に最初から気付いてたんですからね!それに楽器は全部一瞬でなくなったのにシグレさんは龍笛を持ってるなんておかしすぎましたからね。何も知らないシグレさんが・・・手紙を見ただけで怪盗キッドだとは気付きませんからね!コナン君!」
コナン「俺の推理によるとクロードさん達の会話の中でたまたまシグレさんという人を知って俺達の後についてきたことで暗号を解いて・・・自分のニセモノを暴きたかったから・・・じゃねーか?」


すると、正体を勘付かれたシグレは微かに笑った・・・。


シグレ?「・・・1つ助言していいか?世の中には謎のままにしておいた方がいいこともあるんだぜ・・・名探偵、黒の名探偵君・・・」


すると、マスクをはがしそこにはシグレとして成りすましていたのは怪盗キッドだった!


王ドラ「あ、あなたはもしや・・・怪盗キッド!?」
怪盗キッド「ご機嫌らしいな、オレンジの猫の少年・・・私はがっかりしたキミのために参上した・・・」
コナン「けっ、相変わらずキザな野郎だ・・・」
怪盗キッド「では私のニセモノも名探偵達が暴いたし、次に出会う時は月下の中で・・・また会おう」


怪盗キッドが立ち去る中、クロードは気付く。


クロ(クロード)「ま、待てー!!私に負けたからって逃亡は許さんぞー!!」
ツースト「怒るポイントが致命的に違うんじゃ・・・;」


そして全てが解決した後はあいりは言う。


あいり「全てが解決しましたけど・・・あなた達には色々とご迷惑をおかけしましたわ。じゃあ、名残惜しいけど私達はそろそろ帰りますからね・・・」


すると、ある叫びが聞こえた!


ケロロ「ゲロォォォォォーーーーー!!!我輩の裸舞のステージはここでありますうううううー!!!」
クルーク「こらっ!待て!真実を話せー!」
あいり「こ、今度はなんですのー!!?」


すると、一同とケロロが出てきたことにあいりは驚く!


ケロロ「ゲロォ!我輩の裸舞はここであります!」
あいり「って、みんな!?どうしてここに!?」
クロ(クロード)「ええい、遅かったではないか!犯人役は任せた・・・と言ったがちょこまかと・・・」
ケロロ「ゲロゲロリ。我輩の裸舞をちびっ子達に「ゴスッバキッ」
王ドラ「ふー・・・危ないことにならなくてよかったです・・・;」


王ドラがケロロの腹を殴って気絶させる中、すると、留守番中のキャラメルとドルチェが出てきた!


キャラメル「あいりー!」
ドルチェ「王ドラー!」
あいり「キャラメル!?」
王ドラ「ドルチェ、どうしてここに・・・」
キャラメル「待ちくたびれたんだ!」
ドルチェ「早く帰ってバトルの練習をしようよ!」
王ドラ「・・・もう。相変わらずですねぇ」


そして別れ際にタママは言う。


タママ「じゃあ・・・バイバイ、コナン君!ですぅ!」
コナン「・・・うん、バイバイ、タママ兄ちゃん達!」


そしてチェリーワールドの一同が帰る中、歩美は言う。


歩美「ねぇ、コナン君。どうして最後の予告状だと思ったの?」
コナン「つまり暗号の答えだよ」
元太「最初の答えは「ア」イスクリーム屋・・・次の答えは「イ」カのある魚屋・・・三つ目の答えは「り」んごのある八百屋・・・」
光彦「四つ目の答えは「だ」いがく・・・五つ目の答えは「イ」タリア料理屋・・・六つ目の答えは「す」いぞくかん・・・最後の答えは「き」っさポアロだから・・・ああっ!」


すると、灰原がやってきてその答えを言う。


灰原「「あいり大好き」・・・つまりそれが暗号の答えじゃないかしら?随分と可愛い暗号ね・・・」
コナン「灰原!多分俺達には解けないと思って怪盗らしい遊びで作ったんだろうけど・・・その答えからあいりのことが好きな恋人か友達だと勘付いたんだ。さらに・・・この予告状はあぶり出しだ!」


すると、コナンが小五郎から借りてきたライターでその予告状に火であぶる!これに歩美は気付く。


歩美「つまり、さっき小五郎おじちゃんのライターを借りてきたのはこのためだったんだね!」
コナン「それによると・・・「また会おう」と書かれているな」
灰原「どういうことかしら?」
コナン「つまり怪盗キッドは自分のニセモノである怪盗クロードが犯人だと暴いてから逃げ去りたかった・・・んじゃないのか?」


すると、空手の練習から帰ってきた蘭が来た!


蘭「コナン君!まだここにいたの?もう日が暮れちゃうよ?」
光彦「蘭さん!」
蘭「隣町で空手の練習試合があったんだけど・・・コナン君は知ってるわよね?」
コナン(げっ・・・;あんまり聞いてなかった・・・;でも・・・)






コナン「おかえり、蘭姉ちゃん!」
蘭「ただいま、コナン君!」






おしまい






「後書き」


今回はぷよクエの名探偵コナンコラボを模したお話でした。多分犯人の二人は帰ってきた後、自分の楽器(一部はもしくは武器)を取り戻した音楽家やバンド達などに袋叩きです(笑)
え?タママとコナン君の推理対決、どちらが勝ったんだって?タママはちゃんとコナン君よりも怪盗キッド様のシグレの変装を見抜いたし、コナン君は怪盗キッドのニセモノを暴きました。つまりこの推理対決の結果は引き分けです。
名探偵コナンはジャンルに入れときたいんですがねー・・・;私の手で話を進ませたくないし、答えは新しいジャンルとしては却下です;ゲストジャンルとしてならいいんですけどねぇ・・・;すみません;他の作者さんからのリクエストのジャンルのコラボの話もあるし・・・私、死ぬ覚悟はできてますOTL






長かった・・・;感想OK

Re: 日常日和。4 ( No.430 )
日時: 2017/12/12 02:32
名前: きらり星カービィ

現在 時の世界 タイムベース 記憶の空間


???
「お久しぶりですね・・・ 元兵士」

シャイニングドリームカービィ
「時の管理者 ムーンランディア・・・!
 なぜ ここに居るの・・・!?」

ムーンランディア
「時が・・・ 鎖につながれてしまいました
 全ては ストームキング団と呼ばれる 邪悪な嵐の王が
 彼だけの未来に変えられてしまったのです」

「そのため 未来は 無残な姿に・・・
 それに加えて あの創造者も・・・ 何をやっていたのです!?
 平和に暮らせるように 管理していたはずが・・・」

シャイニングドリームカービィ
「・・・私のせいなんだ・・・
 こうなってしまったのも 全て やったことなんだよ・・・
 プリンスとしての失格だよ・・・」

ムーンランディア
「いいえ あなたが 責める必要はありません
 邪悪な嵐の王が その居場所を知られたのですから・・・
 故郷を失っては 住民たちも不安がっています」

「現在に戻るのは相当厳しいでしょう
 おそらく多くの住民たちは ここに避難所として
 暮らすといいです」

シャイニングドリームカービィ
「わかった! しかし タイムランディアは いったいどこに・・・?
 まぁいいや! とりあえず 日記に書きとめよう!
 コラボによる推理対決話だね」

ムーンランディア
「タママとコナン よくお互いに推理上手ですね
 最後は怪盗キッドを見抜くことができたのも 推理者です
 再会するのは 誰だってありますよ」


というわけで今回の話を語ったムーンランディアたちでした♪
今回は推理対決話ですね。
タママとコナン よくお互いに推理上手でしたね
最後は怪盗キッドを見抜くことができたのは 推理者だからですね
再会するのは 誰だってあります。
次回も楽しみにしています。
以上、きらり星カービィでした♪

Re: 日常日和。4 ( No.431 )
日時: 2017/12/12 16:38
名前: パール

今回は名探偵コナンとのコラボでしたね。

タママとコナンは互いに推理上手ですね。
あと名探偵コナンは新ジャンルには入れないんですか・・・。
少しショックです・・・。
もしも名探偵コナンキャラを桜さんが扱うとしたら
どう分類されますか?

あと来年、ケロロ軍曹が20周年を迎えるそうですよ。
桜さんのケロロキャラの反応をお願いします。

Re: 日常日和。4 ( No.432 )
日時: 2017/12/12 17:33
名前: ルイージ

面白かったでぇーす!
コナン君が出るとは以外でした!
ところで・・・
そろそろ応募していいですか?

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存