コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

俺の恋敵は憎たらしい式神だった【Season2始動】
日時: 2021/09/17 20:15
名前: 美奈 ◆5RRtZawAKg (ID: lCrzzWFh)

美奈です。

「俺の恋敵は憎たらしい式神だった」、ざざっと略して「俺式」の新スレッドとなります。
気合を入れ直してリセットしたくなり、新しく作成した次第です。
旧「俺式」の黒歴史を知る←
皆様も笑、初めて「俺式」を読んで下さる方々も!
初心者の私をどうか見捨てないで下さい←懇願です
まだ右往左往してるピヨピヨな初心者なのです……笑

コメント等々もお待ちしております。
よろしくお願いします(^^)

p.s.色々ありすぎて投稿、中断繰り返しています。。でもやっぱりこの作品はどれだけかかっても仕上げてみたいので、もしまだ私のこと覚えてたら、また初めてだけどなんか興味あったら見ていただけると嬉しいです。究極マイペースでやらせていただきます。今後ともよろしくお願いします。
2020.9.13 「小説カキコ小説大会2020・夏」において、コメディ・ライト板で金賞頂きました。どうもありがとうございます!
2021.9.1「小説カキコ小説大会2021・夏」において、コメディ・ライト板で銀賞頂きました。どうもありがとうございます!

ーprecious guestsー
昇我ツヅル様・blueI様・ラビット様・ジャニーズwest&様・MINA様・せいや様・いろはうた様・はるた様・てるてる522様・朱雀様・真朱様・雪林檎様・むう様・skyA/スカイア様・りゅ様

【目次】

<Season1 俺はブレザーに身を包む>

主要人物紹介 >>1

第1章 9月
第1話〜第5話 >>2 >>9 >>12-14  第6話〜第10話 >>17-21
第11話〜第15話 >>22-24 >>27-28  第16話〜第18話 >>29-30 >>33

第2章 10月
第19話〜第20話 >>35 >>39
第21話〜第25話 >>40 >>43-44 >>48-49  第26話〜第30話 >>50-51 >>55 >>61-62
第31話〜第35話 >>63-64 >>66-67 >>69  第36話〜第40話 >>77-78 >>83-85
第41話〜第44話 >>88-91

第3章 11月
第45話〜第50話 >>92 >>94 >>97-100
第51話〜第55話 >>101-105  第56話〜第60話 >>106-110
第61話〜第65話 >>111-115  第66話〜第70話 >>116-120
第71話〜第75話 >>123-127  第76話〜第80話 >>128 >>133-136
第81話〜第85話 >>137-139 >>141-142  第86話〜第90話 >>143-147
第91話〜第93話 >>148-150

第4章 後日譚
第94話〜第95話 >>151 >>154  第96話〜第100話 >>159-163
第101話〜第105話 >>164-168  第106話〜第110話 >>169-171 >>175-176

番外編
#1〜#3 >>57-59 #4〜#5 >>79-80
受賞御礼の番外編 >>153 新年のご挨拶 >>178

<Season2 俺はブレザーを脱ぎ捨てる>
第1章 あれから俺達は
第1話 〜第5話>>179-183

第2章 ピッカピカの春学期
第6話 >>184 第7話>>185 第8話>>186 第9話>>187 第10話>>188

Re: 俺の恋敵は憎たらしい式神だった【Season2始動】 ( No.187 )
日時: 2021/08/02 13:05
名前: 美奈 (ID: lCrzzWFh)

第9話
 俺と同じく大貴も次の授業は空きコマなようで、“授業”が終わってからも何となく教室に残っていた。あれは果たして授業だったのか。オリエンテーションでもなかった気がする。謎や。
 すると「京汰くん!」という明るい声が。

「お、おお、華音」
「ふふっ。久しぶりだね。まさか同じ大学で同じクラスなんてびっくりした」
「え、なになに、知り合い?」
「京汰くんとは高1の時、クラスメイトだったの。それから私は親の都合でアメリカ行っちゃって、去年帰ってきて、今日驚きの再会、って感じ」
「マジかよ京汰、こんな美女とクラスメイトだったんか」

 もう京汰呼び。いや嬉しいけど。大貴とは仲良くなれそうな気がする。

「そ。……あ、大貴の高校は俺達の隣の区だったんだって」

 え〜そうなんだ! じゃあさりげなく会ったりしてたのかな?..…いやいや、こんな美女と会ったら俺忘れねえからぁ〜!
 なんていう、どことなくキャピキャピした会話を早速繰り広げている2人。大貴すげぇな。コミュニケーションお化けじゃん。……ってまぁ、リアルお化けが俺の隣にちょこんといるんだけどね。彼女はもう、視えないのかな。

(てかお前大人しくねえか)
<僕には大貴くんがコミュニケーションお化けにしか見えなくて怖いです>
(お前も俺と初対面の時、人のパン勝手に食ってなかなか衝撃的だったぞ)
<ご主人の息子には、そりゃ建前でも明るく振る舞わないと、と必死で……>
(建前だったのな)

 お化けにお化け扱いされる奴は正真正銘のバケモン。
 と、そこに「何俺だけ省いて盛り上がってんの」という被害妄想強めの奴が入ってきた。いち早く悠馬が気づく。

<あ、元生徒会長>
「えーと……京汰くん、知り合い?」

 同期のマドンナ・華音に認知されていない元生徒会長ほど惨めなものはない。

「あ、お、俺一応元生徒会長でして……ってそっか、その時もう日本にいなかったのか」
「俺もクラス同じになったことなかったから実際認知してなかった」
「え?! 生徒会長なのに?! 認知してないとかある?!」

 ネックレスをじゃらんと言わせながら目を見開いて俺を見る瑠衣。俺の隣にちょこんといるお化けは、あんたのこと知ってたよ。誰かはちゃんと、あなたのことを見ています。ご心配なく。

「え、てか京汰んとこの生徒会長チャラくない?!」

 大貴がすかさず突っ込むが、会話のいいとこで、ギュルギュルギュル……とノイズが入る。

「ん、何の音?」

 首を傾げる瑠衣に俺は苦し紛れの声を出す。

「実は……起きてから何も食ってねえんだわ」

 腹鳴るとかお前可愛いな! なんてすっげー慣れ慣れしいことを言いつつ、だったら初の学食行こうぜ! と大貴が俺達を誘う。こいつ慣れ慣れしいのに嫌な感じがしない。さすがコミュニケーションお化け。
 大貴の声に救われて、俺と瑠衣と華音と悠馬は教室を後にした。

Re: 俺の恋敵は憎たらしい式神だった【Season2始動】 ( No.188 )
日時: 2021/08/20 14:37
名前: 美奈 (ID: lCrzzWFh)

第10話
・・・・・・・・・
 コミュニケーションお化けの大貴にビビる傍ら、僕は彼女のことが気になって仕方がなかった。
 制服を着ていた時から十分、いや十二分に可愛かったけれど、肩につく程度にまで髪を切って、メイクもした彼女は新たな美しさを手に入れていた。はぁぁ。とっても可愛い。何年か前に心にしまい込んだ淡い感情は、その瞬間再び爆発しそうになった。でもいきなり爆発させるのはさすがにヤバいので、頑張って押さえ込む。

 このタイミングで再会できたのは、本当に奇跡的なことだと思う。
 勝さんが解禁してくれたのだから、僕は今度こそ、正々堂々と彼女に恋をするつもりだ。いつかちゃんと、想いを伝えるんだ、この声で。京汰のことも応援しているけれど、僕も僕なりに真剣勝負するんだ。せっかくチャンスが与えられたんだから!

 同志である僕達が、再び恋敵に。
 ——そんなことがあっても、いいんじゃない?


 京汰は華音ちゃんを見た途端、頬がほんのりと紅潮していた。ほんと、いつになっても分かりやすいよね君は。
 そんな彼女の前ではイケメンな所を見せたいはずだろうに、彼は初っ端から醜態を晒す事態に陥っている。
 大貴に引きずられるようにして教室を出た京汰は、足元から崩れ落ちそうになっていた。ただ空腹なだけで千鳥足になれる人間を初めて見たよ。
 あの子お酒飲めるようになったら、さらにめんどくさそう……と冷静に考えていたら、そっと声をかけられた。

「ここら辺にいる気がするんだ」

 その瞳は、しっかりと僕の顔の方を捉えていて。
 僕の肩に優しく触れるように、彼女はわずかに手を伸ばす。
 マジか。

<…………っ?!>
「合ってる?」
<……あ、ってる……! 合ってるよ華音ちゃん!>

 良かった〜私の“才能”まだ衰えてなかったんだ〜、なんて無邪気に笑う彼女。外見こそ多少大人びたけれど、笑顔は何も変わらないまま。
 途端に懐かしさが溢れ出す。

「悠馬くんにも再会できて嬉しい!」
<ぼ、僕も>
「また京汰くんと一緒に通うんでしょ? 大学」
<うん、そのつもりだよ>
「じゃあ、これからも仲良くしてね!」

 僕のいる方を見てにっこりとした彼女は、僕に「学食楽しみだね」なんて話しかけながら歩いていく。
 夢のような展開だった。隠形してても僕が視えて、話しかけてくれるなんて。
 こりゃあもう、タイミング見てアプローチかけるしかないでしょ。
 こりゃあもう、京汰が寝坊しても僕1人で大学通うしかないでしょ。
 胸の高鳴りを強く意識しながら、僕は彼女の後を追った。



 後を追いながら、わがままかもしれないと思いつつ、華音の先祖の姫に懸命に祈る。
 どうかこれからも、彼女に見鬼けんきの才を与え続けて下さい、と。

Re: 俺の恋敵は憎たらしい式神だった【Season2始動】 ( No.189 )
日時: 2021/08/21 14:58
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

読んでいてとても楽しいと思いました!^^
素敵な小説ですね!
応援しているので執筆頑張って下さい!

Re: 俺の恋敵は憎たらしい式神だった【Season2始動】 ( No.190 )
日時: 2021/08/25 00:14
名前: 美奈 (ID: lCrzzWFh)

りゅ様

メッセージに気づくのが遅くなってしまい、すみません!
コメントいただけてとても嬉しいです(*´∀`)♪
楽しくお読みいただけて、何よりです。
応援ありがとうございます。今後もがんばります٩( ᐛ )و

Re: 俺の恋敵は憎たらしい式神だった【Season2始動】 ( No.191 )
日時: 2021/09/17 20:14
名前: 美奈 (ID: lCrzzWFh)

皆様、ご無沙汰しております。美奈です。
最近、色々と多忙で俺式を更新できておりません……。ただイメージは湧いているので、今月中には最新話をアップできればと思います。

そして、そしてですよ。
拙作が今年の夏大会で、銀賞を受賞できました!わーい!
本当に嬉しい限りです。冬は何もなくて少し寂しい気もしましたが、また夏で復活できました。夏の方が調子が良いのでしょうか。笑

また、ダーク板の『crazy=justice』も銅賞受賞という。
作者初のダブル受賞でしたので、二度見しました。ダーク板ももうちょい更新しよう……。笑

とにかく、嬉しい!その一言です!
気づけばこんなにたくさんの方々に読んでもらえて、だらだらゆっくり展開に付き合ってくださって。
今後も完結目指して頑張ります〜٩( ᐛ )و

投票してくださった方、運営の方、ありがとうございました。

ではでは、また近いうちに。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。