コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

学力そこそこの私が中学受験した話
日時: 2021/02/18 19:12
名前: 春風 (ID: qs8LIt7f)

中学受験をした年上の友達に憧れて、
私も中学受験をしたいと思った。


  ー私も頭が良くなりたいー

たったそれだけ。

それだけの思いで、無我夢中に勉強する。
そんな私「佐藤 みのり」の物語。
一般人だった私の、少し変わった物語。

Re: 学力そこそこの私が中学受験した話 ( No.6 )
日時: 2021/02/22 16:09
名前: 春風 (ID: qs8LIt7f)

第6話 ~出会い~

初めて言った。
友達に、周りの人に。
自分が中学受験する事を。

光さんは、少し...
いや、かなり驚いていた。

「なるほど!だからか!」

何か納得したように言っていた。



次の日からは、
私・光さん・その友達といっしょに帰った。
光さんの友達とは初対面だったので
あまり話に入れなかったが、
とても楽しかった。
とても賑やかだった。





とても、とても、懐かしい感じがした。

Re: 学力そこそこの私が中学受験した話 ( No.7 )
日時: 2021/02/23 14:50
名前: 春風 (ID: qs8LIt7f)

第7話 ~先輩~

家に帰る。
宿題を終わらせる。
準備をする。
あっという間に塾の時間。
いそいで車に乗り、塾へ向かう。

塾はつまらなくない。
むしろ、学校より面白くて楽しい。
知らない事を知れるから。
周りを気にしなくていいから。
学校には無い緊張感があるから。



私の通っている塾は個別塾。
生徒2人の間に先生1人入って授業する。
1人が問題を解いている間に
もう1人の問題の解説をする...
みたいな進め方だ。

もう1人は小学6年生の先輩。
話した事は無い。
もちろん学習内容は違う。
難しそうな図形問題を解いている。
私から見れば、魔法陣のようだ。



「それじゃあ、日本最古の歌集は?」

「えっと...。」

なんだっけ...。
思い出せない...。
もう少しで...
思い出せそうなのに!

「万葉集だよ。」

先輩さんがひそひそ声で教えてくれた。

Re: 学力そこそこの私が中学受験した話 ( No.8 )
日時: 2021/02/25 18:55
名前: 春風 (ID: qs8LIt7f)

第8話 ~憧れ~

私は、小学6年生の先輩を
"先輩さん"
と呼んでいる。(心の中でだが)


「こら!答え教えたらだめだろ~。
 自分の問題解け!」

「すみませ~ん!」

先生も先輩さんも笑っていた。
私もなんとなく笑った。
苦笑いのようになってしまったが。

「もう一度きく。日本最古の歌集は?」

「.....万葉集です。」

「正解!凄いな(笑)」

先輩さんはVサインをしていた。



「休憩~。」

先輩さんにはなしかけようとした。
感謝をしたかったから。

でも...怖い。
相手は年上、緊張してしまう。
それに、私は積極的に
話しかけられないタイプの人間。
何て声をかければ良いのか、わからない。

「授業やるぞー」

結局、その日は何も言えなかった。





光さんみたいな人になりたかったな...。

Re: 学力そこそこの私が中学受験した話 ( No.9 )
日時: 2021/02/25 18:56
名前: 春風 (ID: qs8LIt7f)

第9話 ~噂~

「ねえねえ、"星野光"って知ってる~?」

「ああ、隣のクラスの?」

「そそ、あいつウザくね!」

「そう?」

「聞いちゃったんだけどさ、
 手当たり次第に声かけて友達になると
 前の友達捨ててくんだって~。」

「どゆこと?」

「だ~か~ら~
 新しい友達が出来たら、
 前の友達の事は見向きもしないってこと~!」

「え~、でも...ただの噂でしょ...。」





   ねえ...そこで見てるんでしょ...。

        "星野 光"





        まただ...





     これはただの...悪い夢

Re: 学力そこそこの私が中学受験した話 ( No.10 )
日時: 2021/02/26 17:21
名前: 春風 (ID: qs8LIt7f)

第10話 ~変化~

「今日から違う席だから、ついてきて。」

先生から言われた席の隣の隣には、
眼鏡をかけたひとつ結びの少女...
いや、女性が座っていた。

「同い年の子と授業やる方が
 良いと思うから、
 席を変えさせてもらったよ。
 あ、先生は変わらないから
 安心してくれ。」

「小5の"安藤 百合ゆり"です。」

嘘だ...。
とても同い年には見えない。
1、2歳くらい年上に見える。
すごく真面目そうだ。

不安と恐怖を覚えた。




結局...先輩さんとは話せなかったな...。


Page:1 2



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。