ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

天からの贈り物
日時: 2022/09/09 11:36
名前: れいむ (ID: 7ZQQ1CTj)

私の名前は美香魔法使い今日から私は一人暮らしをすることになった私の場合は人間に怖がられるので人間として生きていかなければならないそのため人間と同じように生活するためにそのお手伝いとして最新型 AI が来るらしい AI とはどんなものであろうそう思いながら屋敷の扉を開けたそうするとかっこいい男の人がいたその人はスーツを着込んでいた何故か私の方を見つめ何がついているかなと思ったが何もついていなかった
ライト「俺の名前はライトです。今日からここで生活をしますよろしくお願いいたします」
私「あなたが最新型 AI ですか」
ライト「最新AIではなくライトと呼んでください。」
その日からライトという最新型 AI との生活が始まった毎朝ご主人様といい私を起こしに来て洋服まで準備をしてくれるそしてご飯は起きたらすぐ出来ていて顔洗ったらご飯を食べ歯磨きをして洋服に着替えてそして毎朝学校へ通う
そして今日はとっても憂鬱な日であった
まゆみ「みかちゃん今日さ近くのショッピングモールに可愛いメイクグッズが来たらしいから一緒に買いに行こうよ」
私の親友まゆみまゆみというのは女子で最近モテている女の子何か裏がありそうな気がして友達になってみた
私「今日は無理かなぁ」
私も行きたかったが今日は親に指定された塾に行かなくてはならないそれは本当に嫌だがお出迎えはAI がやってくれる
(ナレーション)キンコンカンコンキンコンカンコン
皆さんもう帰る時間ですまだ学校にいる人は早く帰りましょう
私「早く帰らないと遅れちゃう」
ライト「ご主人様学校の前までお迎えに参りました車の中に私が作ったカップケーキをご用意していますのでそれを食べてから車の中でテレビを見自由に過ごしてください1時間近くすればじゅくに着きますので、2時間ほど勉強をし、そのあと車で、お迎えに行きますそして車の中で夕食を食べ家に帰りお風呂に入るそして1時間ほど自由に過ごしていただき30分ぐらいで自分の部屋に行って眠ってくださいね」
ライトはいっつもスケジュールを組むのが上手い早くちゃんと組むので予定が遅れたり早めになることはあまりない
私「ありがとう」
これじゃあ一人暮らしじゃないなと思いつつも私は塾に行き家に帰ってきた
ライト「ご主人様今日はお休みになられては」
ライトはいつもスケジュールを気にするのに今日は早めに寝かせてくれるらしい
私「おやすみ」
と言いつつも少し怪しいのでライトを監視することにした、そして寝たふりをしてからドアを開けライトの部屋を覗いてみると誰かと電話をしていた、
ライト「はいお嬢様は何も問題はございません、ふむ私にそれを頼むということでしょうかお嬢様御心配に思わないのでしょうか、えぇ、分かりましたでは向かいますお嬢様は寝ていらっしゃいます分かりましたでは」
といい車に乗りどこかに行ってしまった
私「怪しすぎる」





主人公紹介
美香(一人目の主人公)
雷菜(二人目主人公)
マイカ(三人目主人公)
ライト(全ての主人公)

Re: 天からの贈り物 ( No.22 )
日時: 2022/09/26 13:59
名前: れいむ (ID: FWNZhYRN)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi

が経った頃、
ニュース:昨日森で侵入者が発見されました。発見をした警察が近くに行くと杖のようなものを振って攻撃をしたそうです
美香「ねぇ・・・2人とも、協力してくれない?」

Re: 天からの贈り物 ( No.23 )
日時: 2022/09/26 14:03
名前: れいむ (ID: FWNZhYRN)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi

第2章最終話です。ここら辺の話は第1主人公が結構出てきました。
次のお話はマイカという少女が主人公です。でも前の主人公も主人公!!
主人公たちの運命はどうなるのか
ライトはどうなるのか
皆さん考察しながら読んでみてください

Re: 天からの贈り物 ( No.24 )
日時: 2022/09/26 14:06
名前: れいむ (ID: FWNZhYRN)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi

(お知らせ)天に導かれた運命で別のキャラクターの視点を描いています。適切な情報が欲しい方は二つとを読むことをお勧めします。ですがあちらは天からの贈り物のネタバレが含まれる可能性がございます。なので考察や今後のストーリーを楽しんだりしたい方はまた今度読むことをお勧めします

Re: 天からの贈り物 ( No.25 )
日時: 2022/09/27 14:00
名前: れいむ (ID: SgaRp269)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi

第3章:脱獄


美香「脱獄を手伝うの、他の世界の子達がこの世界に観光に来た時、この世界の犯罪を被されたの、あなたも勉強になるんじゃない?」
ライト「やってみましょうか」
雷葉「え?えっ?」
雷葉「やる!」
最初は混乱していたがやっぱり行った方がいいと思った
※主人公はほぼ第一主人公と第2主人公、第3主人公は他の方で紹介してるほぼ
美香「じゃあちょっと私の部屋に来てちょうだい」
部屋には大きなドアがあった
美香「この中に入ったらその世界に行けるわ」
雷葉「うん・・・」
ライト「お嬢様方気をつけてくださいね」
美香「あなたも行くんじゃないの。」
雷葉「いこ...』
みんなでドアを開け足を踏み出した、その時から3人の運命は変わっていった

Re: 天からの贈り物 ( No.26 )
日時: 2022/09/27 14:07
名前: れいむ (ID: SgaRp269)
参照: https://www.kakiko.info/profiles/index.cgi

足を踏み出すと不思議な牢屋の中に入った目の前には少女が2人立っている
美香「マイカ久しぶり」
マイカ「あっ美香!久しぶり、この人たろががあなたと娘さんのお世話係さんと娘さんね、」
雷葉「初めまして、...』
どうやってことはここは刑務所つまり刑務所の脱獄を手伝うことになっているということだろう。。。。なんだこの気まずい感じは


Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。