複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

超神精仮面戦士キャバン
日時: 2019/11/18 11:45
名前: 梶原明生 (ID: VlfYshYD)  

あらすじ…国防軍元軍曹にして探検家だった父を持つ藤鷹神だったが、その父は10年前に家庭を振り向かず探検に明け暮れ失踪。母宮子は呆れつつも神と妹の七海子の子育てに邁進した。そんな母子家庭に育った神。その頃、世間では「Fカンパニー」なる大手IT企業が日本を支配し始めていた。それに反発した神は、「反Fカンパニー派」のデモに度々参加するようになる。そこに「カトメ」と名乗る男が現れて神を「反Fカンパニー過激派」なるグループに勧誘し、感化した彼は破壊工作員として数々の作戦に参加した。しかし、ある母子家庭に踏み込んだ際、初めてカトメは「殺害」を指示。逆らった神は、カトメから渡されていたブルークリスタルと言う石の力を引き出し、破壊工作員を壊滅。その後「反Fカンパニー」本部へ意見しに行くも、裏切り者として処分されそうになる。またしてもブルークリスタルの光により窮地を脱してバイクを駆り、反Fカンパニー本部を後にするのだった。そして神は知った。その「反Fカンパニー」こそが、Fカンパニーの闇組織にして半機械生命体組織。「ファルドム帝国」であることを…やがて逃走疲れで倒れていた神は「風牙八人衆」に助けられる。あらゆる過程を経て、やがて神は風牙八人衆が500年以上も守り続けた超神精忍者甲冑「キャバン」と出会う。この甲冑は神の思念とブルークリスタルにより、理想通りのメタルテックハイパースーツとなるのだ。これを装転ブレスにより「装転」と叫ぶと瞬時に「超神精仮面戦士キャバン」に装転できる。こうして悪の半機械生命体組織、「ファルドム帝国」との戦いが始まった。…20年以上前に書き下ろしていた初のメタルヒーロー物小説がついに解禁。リアルに自警活動しているキャバンのエピソード0がここにある。どうかよろしく。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.139 )
日時: 2021/11/11 17:39
名前: 梶原明生 (ID: FFRec9Wj)

「国防軍出動」・・・自らをアイスフォックスと名乗るスローン。キャバンを灰色化したコピースーツ隊「ファルバン隊」を率いて訪れていた。ファルバンの一人がほくそ笑む。「フフフ、この山の中にルーラ星最強の科学の叡智が眠っているわけですか。たのしみですねアイスフォックス様。」「いや待て。」彼は何かを察知した。「おかしい。登山客や職員の姿がまるでない。そればかりか見ろ。付近住民や車の姿さえない。これは一体。」「考えすぎでしょ。付近でお祭りがあるとのことですし、まして我々の襲撃など知るよしもない。」「考えすぎか・・・」いや、考えすぎでもなかったかも知れない。「進めっ、前進だ。」ファルバン隊と戦闘機械人が大挙して大船山に押し寄せたのだが。山が横真っ二つに割れて反重力波で宙を浮き、ブルーベースが露わとなり、レーザーカノン砲が火を吹いた。「しまった、やはり罠か。」気がついたのが遅かった。大半のファルバン隊と戦闘機械人が犠牲に。「テーッ。撃って撃って撃ちまくれっ。」風牙八人衆の鉄山が流報に変わって指揮を取っていた。「おのれ役立たずが。どけ。」豪を煮やしたアイスフォックスが火砲を難なく躱して難なくバリアを触手で破り、ブルーベース内に侵入した。「第一、第二ライン突破。ファルモンスター侵入しました。」月華が叫ぶ。「おのれファルモンスター。相手にとって不足なし、艦内で戦うぞ。」「おーっ。」カゲマルに任せて七人は颯爽と走り去る。「これ以上先は通さん。覚悟いたせ。」晴天の剣がアイスフォックスの触手を叩っ斬る。「聞いてるぞ貴様のこと。ルーラ星随一の剣士と言われた男か。」さらに触手を伸ばすものの炎矢のアーチェリーが火を吹く。「グワ・・・お前は0.0枚秒で一本の矢を10連発できる炎矢か。聞きしに勝る威力の矢。しかし。・・・」猛反撃に出るアイスフォックス。晴天の頭に触手が刺さろうとした矢先、キャバンソードが。「キャバン、助けてくれてありが・・・違う。」それは紛れもなくブラックリターだった。「助太刀いたす。」ブルークリスタルを輝かせながら猛攻を開始した。「おのれ。貴様がいなければ分が悪くなかったものを。引け・引け。」悔しがりながらも撤退を開始したアイスフォックス達。一方、中央ガン専門病院では、悲しみに暮れる旋律が流れていた。泣き崩れる有華と片桐を背に、立ち尽くすしかなかった。そこへ。「お久しぶりです。私が間に合うまでもなかったようですね。ただ。」現れたのはバンと名乗る仮面戦士。「君は。一体。」そんな中、三途の川の前であの世の舟を待つ純恋の姿があった。後ろから強い光を感じた。「お母さん。あなたは行ってはだめ。わたし達の蒼碧石であなたを呼び戻します。」「でも、有華を苦しめたエイリアンの力でなんか・・・」「いいえ。これは日本に代々藤鷹家に伝わる石です。ご安心下さい。」「そんなまさか。」魂に呼びかけた後、バンはキャバンに告げた。「あなたと私の手を合わせて。あなたの蒼碧石の力も必要よ。」「俺の・・・」言われるままにしたその時、強い光が放たれ、純恋の体内に照射された。目を覚ます純恋。「なんて奇跡なの、お母さん。」「有華・・・」二人は再び母娘の再会を果たした。「ありがとうございます。」「いいえ。どういたしまして。」バンはスックと立ち上がり、立ち去ろうとしたが。「待ってくれバン。君は誰なんだ。」「そうね。もう明かしてもいいかもしれませんね。共にブルーベースに参りましょう。」バンは彼等と向かった。流報がコバンこと則明に耳打ちする。「後でお前に聞きたいことがある。」・・・続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.140 )
日時: 2021/11/17 22:11
名前: 梶原明生 (ID: BLmVP1GO)

・・・「えっ・・・」則明はその言葉に一抹の不安を覚えた。その頃、中央即応連隊の対ファルドム帝国駆除隊別班ではファルドム幹部以外の戦闘機械人兵による工作活動の阻止と駆除を密かに行っていた。既にFカンパニー社は解散していて、その派生したダミー会社は日本各地に分散しており、人間になりすましてのうのうと経営して作戦の隠れ蓑にしている。板妻郡長が会議室で熱弁する。「公安庁や内調、それに情報保全隊の情報によれば、津隈製薬社長とその家族が拉致され、戦闘機械人が顔や姿をコピーしてなりすまし、大規模な薬害テロを敢行しようとしていたが、こちらは公安庁のSATが片付けた。残るは津隈社長と家族だ。奴らの発信機を解読したら、長野県内のK山中にて監禁されているのがわかった。戦闘機械人約20体が歩哨として監視している模様。すぐに出動してもらいたい。ここには水陸機動団レンジャーはじめ、中央即応連隊隊員並びに我が特殊作戦群の隊員若干名も参加している。この混成部隊で事に当たってもらいたい。それから、・・・以前からこの別班に協力してくれていた、キャバンとは別行動だったバンとブラックリターは今回参加できないと通達があった。布施二尉や萬田三尉も付いてる。我々だけでもできるところをファルドムに見せつけてやれっ。」「おうっ」隊員全員が意気揚々と立ち上がり叫んだ。戦闘準備を整えて飛行場にてCー3X輸送機に乗り込む50名の混成部隊。中央即応連隊レンジャーの隊長、小倉3佐が声を張り上げる。「私は空挺団出身だが、誰一人としてパラシュートで降りられないなんて泣き言は聞かない。」皆ニヤリと笑い出す。「いいか、彼等を救えるのは我々しかいない。特撮ヒーローなんかこない。誰もヒーローなんかいない。何故か。俺達こそが真のヒーローだからだ。死体袋に入るなんてドジはこの俺が許さん。生きて人質を解放し、ここに帰る。いいな。」「おうっ。」叫ぶなり、仲間と拳をぶつけ合う隊員達。「さぁ出発だ。シートベルト。」加速するCー3Xは空高くへと舞い上がった。・・・続く。

 

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.141 )
日時: 2021/11/29 17:03
名前: 梶原明生 (ID: 8GPKKkoN)

・・・「目標より、10キロ手前の地点に3000メートル上空から落下傘降下をする。ファルレーダー撹乱ステルス生地だから奴らに見つかる心配はない。それからランデブーに集合し、迂回しながら目標地点を目指す。」機内で再点検のブリーフィングが行われていた。「よーし、野郎供。降下まで後5分だ。各自点検を怠るな。」小倉三佐の掛け声と共に隊員達は立ち上がる。水陸機動団から召集された一人の隊員は読んでた小説を閉じてポケットにねじ込んだ。やがてハッチが開き、四列で一斉に次々と大空に飛び降りた。高高度降下低開傘で目的地に降下する。長野の森林地帯なため、基本的に足は開かず落下。何故なら枝に股ごと引っかかったら、股関節損傷どころか、裂けて脚ごと真っ二つになり、死亡事故になりかねないからだ。布施二尉や萬田三尉はすでにJSー1を着装していたが、それ以外の隊員は支給が開始された外骨格スーツ、ジャパンパワードスーツ、通称JPSシステムを装着していた。JSー1のように、完全包履型ではないが、通常の特殊部隊装備と服から目立たない程度に細く作られている。それ故に完全防弾防爆ではないが、筋力と労力を大幅に軽減できる。走行は時速60キロ。パワーは100キロの荷物を片手で保持できるほどだ。通常なら1時間はかかるルートを、わずか20分で踏破する。「こちらS、ドローンを飛ばして警戒中。社長家族は地下一階に監禁されている模様。ただ、予想の個体数をはるかに超えて50機いる模様。」「50機だとっ。」ミチザネからの報告に小倉三佐が驚愕する。「なお、見張りの歩哨は20機。」「やむおえん。人質の命が最優先だ。突入する。」・・・続く。

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.142 )
日時: 2021/12/02 14:13
名前: 梶原明生 (ID: Ve/IoWsn)

・・・隊員は全員弾倉をチェックし始めた。水陸機動団の狙撃班は改良型M24狙撃銃を構えて中速連や他の隊員の支援をスカウト技術で行っている。「alpha、配置に着いた。」「beta配置に着いた。」「gammaも配置完了。」小倉三佐が腕時計を見る。「よし、それでは13:22ジャストに一斉狙撃。歩哨を片付けた後、突入する。」「了解。交信終了。」薮の中から応答する特殊部隊の面々。そして時は来た。サプレッサーでの一斉射撃で計算良く次々に狙撃されていく。間髪入れずSを中心とした混成部隊が突入を開始した。「敵襲だ。うっ」叫んだ歩哨は撃たれつつ持ってたファルドムマシンガンを盲滅法に打ってしまう。「前進っ」ミチザネとフウジンを先頭に次々地下施設にと突入する部隊。二〇式小銃やミニミ軽機関銃にFSP9拳銃等で武装し、次々戦闘機械人を薙ぎ倒す。社長家族が監禁されている部屋に入った。「人間遺伝子生体反応あり。間違いありません。家族全員人間です。」隊員の一人が照射型体温計みたいな端末を構えて一人一人に当てて答えた。「よし、連れて行く。社長、皆さん、我々に付いて来てください。」一斉に部屋を出たものの、奥から只ならぬファルエネルギーの気配が。ミチザネが叫ぶ。「いかん、ファルモンスターか。中速連の皆さんは早く社長家族を外へ。」「了解した。行きましょう。」逃がす最中、フウジンとミチザネは光刃始動させ、通路奥からやってくるファルモンスターに身構えた。「1、2、・・・いや、6体はいるか。ヤバい、キャバンがいない時に限って。」ミチザネの弱音に憤慨するフウジン。「何言ってるっ、俺達だって特撮ヒーローだ。負けやしないさ。」「何を悠長な。」「ミチザネ、俺達は自衛官。そして国防軍人だ。国民のためにも、ヒーローがいなくても、後ろに一歩も引くわけにはいかねー。俺達は、防人なんだ。」その言葉に萬田三尉は覚悟した。・・・続く

Re: 超神精仮面戦士キャバン ( No.143 )
日時: 2021/12/05 01:23
名前: 梶原明生 (ID: FA6b5qPu)

・・・「あの言葉を思い出す。地の狩駆けるは、柴犬の如く。」フウジンがニヤけながら次の句を言う。「天翔ける狩はハヤブサの如く、ってか。片桐三佐の口癖だな。やってやるぜ。」勢いよく飛び出す二人。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。