二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

たくっちスノーZERO 〜ラグナロク〜
日時: 2020/08/10 09:10
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)


【超えろ、あいつらを、超えろ。】


『リスペクト作品』終末のワルキューレ



メタルメイドウィンです
上記の終ワルを見たら似たような事をやりたくなったので少しずつ更新します

【注意】
時系列はかなり昔、メイドウィンはクソ影じゃない方で雪がたくっちスノーでクズだった頃
版権作品を元にしたオリジナルメイドウィンが登場、それ以外に版権キャラがメイドウィンになってたりもします
キャラ崩壊?というかトンデモ設定多数
説明多い

【メイドウィン側】

シャドー・メイドウィン・黒影 『管理世界「魔導界」』

ジュラック・メイドウィン・デッドザウルス『管理世界「ジュラシックワールド」』

自然王ナチュレ(ナチュハル・メイドウィン・アポロニクス)『管理世界「自然界」』

マジンガーZERO(ガイザード・メイドウィン・魔神皇)『管理世界「マジンガーZ」』

みぃ(ミー・メイドウィン・タクッチー)『管理世界「たくっちchannel」』

オリー王(キングオリー・メイドウィン・千羽)『管理世界「オリガミキングダム」』

リーン・メイドウィン・緑風『管理世界「未来界」』

ブレイブ・メイドウィン・オレキング『管理世界「オレカバトル」』

アイアンナイト(フルメタルナイト・メイドウィン・ジェネラルズ)『管理世界「ショベルナイト」』

エンマ大王(炎魔冥奴陰三太夫)『管理世界「妖魔界」』

天背院ミカヅチ(ミカヅチ・メイドウィン・エンジェルロード)『管理世界「スマートフォン(計略)」』

ジャガー・メイドウィン・ブラウン『管理世界「獣魔界」』

アテネ(アテネス・メイドウィン・アベルス)『管理世界「アベル&アテネ」』

【生物側】

たくっちスノー(マガイモノ)

空条承太郎(ジョジョの奇妙な冒険)

トール(小林さんちのメイドラゴン)

ピクル(刃牙)

松山那雄宏(寄生ジョーカー)

木原マサキ(冥王計画ゼオライマー)

大魔王ゾーマ(ドラゴンクエスト)

宇練銀閣(刀語)

孫悟空 (ドラゴンボール)

ドクター・ジルトー(オリジナル)

バレッタ(ヴァンパイアハンター)

ゾンビ娘(BLACK-SNOW)

リザードン(ポケットモンスター)


いざ、勝負。

Re: たくっちスノーZERO 〜ラグナロク〜 ( No.107 )
日時: 2021/02/26 12:39
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: vpptpcF/)

【第25話】
「鈍・鋼」


たくっちスノー
「‥‥‥‥‥‥第9戦か、なぁなんかテンポ早くない?」

松山
「そうか?お前の気のせいだろ」

たくっちスノー
「そうかな‥‥‥‥」


ジルトー
「時の流れというものはな、時間が経てば経つほど短く感じるようになるのじゃ」

たくっちスノー
「そりゃ分かるよ、1週間ってこんな短かかったかなぁ」

松山
「アニメ1本が3ヶ月経てば終わるのが長いのか短いのか‥‥‥‥」

たくっちスノー
「と!!そんな話はどうでもいいんだよ!!メンバーの話してんの!!」

松山
「つってもここまで来るとネタ切れで用意した寄せ集めしかいねーだろ」

たくっちスノー
「それを言うな!!自分ら含め13人も集めるの大変だったんだからな!!」

たくっちスノー
「‥‥‥‥‥リザードン、銀閣、バレッタ、ゾーマ、そしてお前か」

松山
「こうして並べてみるとマジでパットしねぇ面子だな‥‥‥‥そこらのカキコの逃走中に居そうなありきたりな奴らだ」

たくっちスノー
「嫌だよゾーマのいる逃走中‥‥‥‥‥」

ジルトー
「で?本当にどうする気だ」

たくっちスノー
「まぁゾーマとリザードンは大丈夫だろ強いし‥‥‥‥」

たくっちスノー
「問題は銀閣だ‥‥‥‥」

ジルトー
「あちこち見て回ったが、それらしき人物は見てないのう」

たくっちスノー
「来てからずっと寝てるんだよ!!入るとあっという間に斬られるし!!」

松山
「誰も連れてこれねーのか‥‥‥‥」

松山
「なんであいつ連れてこなかったんだよ、あの見稽古とかいうコピーするやつ、あの世界でいちばん強いだろ」

たくっちスノー
「馬鹿言え、それをやったらメイドウィン一同に止められるんだよ」

たくっちスノー
「お前、全創作の力持つ自分がコピー能力とかち合ったらどんな悲劇を産むか‥‥‥」

松山
「犯罪者にとっては万々歳だろ」

たくっちスノー
「自分以上の犯罪者が出てたまるか!!お前本当に時空の味方なの!?」

ジルトー
「それで、どうやってそいつを引っ張り出すんじゃ」

たくっちスノー
「うーん‥‥‥‥どうにか起こすしかないよなぁ‥‥‥‥‥」


たくっちスノー
「あ、そうだ!!いい事思いついたぞ!」

Re: たくっちスノーZERO 〜ラグナロク〜 ( No.108 )
日時: 2021/02/26 12:57
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: vpptpcF/)

たくっちスノー
「‥‥‥‥‥‥よーし!!」

松山
「本当にやるのか?」

たくっちスノー
「この勝負を始めたのは自分だ!だから自分がいいと思ったなら何をしてもいいんだよ!」

松山
「それを9戦目でやるのはもしかしなくても手遅れだと俺は思うけどな」

たくっちスノー
「おだまり‥‥‥‥行くぞ!!」


たくっちスノー
「デンジャーフィールド!!!」


たくっちスノーは会場内のドアの隙間からマガイモノ成分を流し込み始める

たくっちスノー
「銀閣には悪いが好き放題させてもらうぞ」

松山
「俺知らねーからな」

ジルトー
「お前の体、一体どういう原理で出来ているんじゃ?」

たくっちスノー
「科学者なら自分で調べなよ」

ジルトー
「それもそうじゃな」ザクッ


‥‥‥‥‥

メイドウィン
「そのー‥‥‥‥なんかさ、言っていい?」

メイドウィン
「空気重くない?」

ジャガー
「そりゃ‥‥‥‥重くもなりますよ、我々の状況分かってます?」

ジャガー
「我々メイドウィン側の2連敗、それも向こう側による一方的な勝利の連続ですよ?」

ジャガー
「こんなことが続けば我々のプライドにも関わりますよ!?」

メイドウィン
「別に俺達が負けたわけじゃないでしょジャガー」

ジャガー
「それはそうですけど‥‥‥‥マスコミ呼ばれてたらどれだけ燃えるやら」

メイドウィン
「どうするかなー、あまり本気じゃなかったから有り合わせの奴ら呼んだんだけど」

ジャガー
「‥‥‥‥え、あなた本気で取り組んでなかったんですか」

メイドウィン
「ジルトーが居たって最初から分かっていれば俺も本気で叩き潰したんだけどね、遊びみたいなものでしょ」

ジャガー
「貴方‥‥‥‥‥たくっちスノーに殺されても知りませんよ」

メイドウィン
「大丈夫大丈夫、あとは俺たち次第だから、今は第9戦を進めよう」


メイドウィン
「おーい、たくっちスノー!第9戦のメンバー決めたから公開するぞ!」


たくっちスノー
「ふふふふふ‥‥‥‥‥‥‥ふふふ、いいよ、今度は自信あるんだよ」

メイドウィン
「前は自信無かったやつが居るみたいな言い方」

たくっちスノー
「おだまり」

Re: たくっちスノーZERO 〜ラグナロク〜 ( No.109 )
日時: 2021/02/26 22:29
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

メイドウィン
「こっちから行くぞ!!その体は鋼のごとく、その精神は光のごとく!」

メイドウィン
「数多くの誇り高き『騎士』を時空に送り出した、誠実にして紳士なるメイドウィン、その名は!!」













たくっちスノー
「‥‥‥‥‥JUMPの打ち切り漫画?」


メイドウィン
「違うよ?【ショベルナイト】のメイドウィンだ」

たくっちスノー
「あー、あのインディーズゲームな‥‥‥‥てかアイアンナイトって‥‥‥‥」



たくっちスノー
「さて、こちらの対戦相手は‥‥‥‥かつて四季崎記紀が作りし変体刀の持ち主」

たくっちスノー
「太刀筋が見えない光の抜刀術を行う生粋の剣士、その名は」











メイドウィン
「‥‥‥‥‥‥ん?」



アイアンナイト
「‥‥‥‥‥む」


メイドウィン
「あれ?たくっちスノー、銀閣出てこないけど?」

たくっちスノー
「ああそうさ、銀閣はここには来ないよ」


たくっちスノー
「悪いな黒影、この勝負の権限を持っているのは自分の方なんだよ」



たくっちスノー
「第9戦のみルールを変更させてもらった」

アイアンナイト
「!?」

メイドウィン
「え!?」

ジャガー
「はぁ!?」


たくっちスノー
「バトルフィールドをスタジアムからこの会場全てに変更!」

たくっちスノー
「銀閣は待機室で今も寝ているから、それを倒せばそちらの勝ち!ただし、銀閣の元にたどり着くまでに、あるいは銀閣に倒された時こっちの勝ちだ」


たくっちスノー
「銀閣といえば絶対領域、部屋に出ないでこそ輝く剣士なのでね」

ジャガー
「そんな無茶苦茶な」

メイドウィン
「まぁ実際、ふっかけてきたのは向こうだし、ここ作ったのも俺じゃないからな‥‥‥‥」


ジャガー
「だからってこんな横暴許していいはずがないでしょう!?」


たくっちスノー
「許されるんだよ、だって自分は‥‥‥‥設定の支配者だから!!」バーン

メイドウィン
「と、いうわけだ‥‥‥‥同じような勝負だとマンネリだし別にいいんじゃない?」

ジャガー
「単にアンタが飽きてきただけでしょ!?」

メイドウィン
「まぁ実際飽きた」

Re: たくっちスノーZERO 〜ラグナロク〜 ( No.110 )
日時: 2021/02/26 22:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

メイドウィン
「スタート地点はどこなの?」

たくっちスノー
「そのスタジアムの門からでいいよ、既に仕掛けは発動させてもらっている」

メイドウィン
「あーやっぱりなにか仕込んだね」

たくっちスノー
「当たり前よ、このトラップマスター沙都子の右腕とシュートスパイダの左腕に掛かれば作れない罠なんてない」

メイドウィン
「一応言っとくけど人殺すレベルはやめてよー?」

たくっちスノー
「沙都子に言っとけ」

ジャガー
「沙都子が人殺すトラップ作ってるみたいな言い方はやめなさい」

メイドウィン
「銀閣は?」

たくっちスノー
「何も伝えてない、今も寝てるんじゃない?」

メイドウィン
「完全に隙だらけ、一撃でも与えられたら勝利確定ってわけね」

ジャガー
「つまりこれ、実質たくっちスノーとの戦いなのでは?」

アイアンナイト
「私は別に構わない」

たくっちスノー
「それがどうした!!さっさとはじめるぞ!!」

メイドウィン
「いいよ、じゃあはじめよっか」


たくっちスノー
「スタート!!」


アイアンナイト
「‥‥‥‥はっ!!」

アイアンナイトは中へ向かって駆け出して言った

メイドウィン
「これ俺らはどうするの?」

たくっちスノー
「無論足で追いかける!!」

ジャガー
「追跡カメラは!?」

たくっちスノー
「そんな尺稼げなさそうなもの用意するわけないだろ!!」

メイドウィン
「1度カメラをある程度進ませて壊した上で走らせれば尺稼ぎポイントになるぞ、物語を作るもののアドバイスだ」

たくっちスノー
「なるほど!」

ジャガー
「クソアドバイスやめろ」


‥‥‥‥‥



アイアンナイト
「‥‥‥‥‥‥!!」


メイドウィン
「あれ、会場内こんな入り組んでたっけ?」

たくっちスノー
「【ホームメイロ】と【アスレチックハウス】を使用したからな」

ジャガー
「ひみつ道具のベストマッチやめろ!!」







ジルトー
「なんでついていかなかったんじゃ?」

松山
「会場内で遭難するかもしれんから」

ジルトー
「一体何をしたらそうなるんじゃ‥‥‥‥」

松山
「ま、今にわかるぜじじい」

Re: たくっちスノーZERO 〜ラグナロク〜 ( No.111 )
日時: 2021/02/26 23:06
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

たくっちスノー
「足元に居られますは動く足場と地雷でございます」

メイドウィン
「わぁ初手からステーキ食わせてくるみたいだぁ」


アイアンナイト
「ぐわあああああ!!」ボーン

ジャガー
「お前ほんと!!そういうところだよ!!」

たくっちスノー
「ははははは!!1戦ぐらい勝敗関係なくお前らが苦しむところを見たっていいだろ!?13戦もあるんだからな!!」

メイドウィン
「やってくれるねお前、不死身でよかったよ」

たくっちスノー
「ああそこ金ダライあるから気をつけな」

メイドウィン
「ルチーアのお嬢様なら死んでた」ゴーン

たくっちスノー
「こんなの序の口ー!!銀閣に会えなければ勝負は始まることもないんだぞー!?」


メイドウィン
「うーん‥‥‥‥それは流石にめんどくさいな
、もう5レス目だしお話として一旦区切りになる点が必要だ」

ジャガー
「さっきからメタ発言やめてください世界観のことも考えてください」

メイドウィン
(だって俺にとっては時空って作品みたいなもんだし‥‥‥‥たくっちスノーもだけど)


アイアンナイト
「ぐわあああああああああ!!!」

話してる間にもアイアンナイトは数々の罠の餌食となる。

ジャガー
「どうするんですか戦うまでもなくやられますよ!?」

メイドウィン
「ならたくっちスノーには悪いけど叩き切らせてもらう」

メイドウィン
「お前が罠を用意するなら、こっちは破壊するだけだ」

たくっちスノー
「え?ちょ」

メイドウィン

メイドウィン
「メイドウィンブラスト57式!!!」


メイドウィン
「次元崩壊デスペラード!!」

メイドウィンが鯨用包丁を振り下ろすと、ぐちゃぐちゃになっていた時限が破壊され元通りになる


メイドウィン
「あとは銀閣の部屋までひとっとびだ!」

たくっちスノー
「てめぇ!せっかく買ったホームメイロ壊しやがって!」


‥‥‥‥


そして銀閣の方は


銀閣
「‥‥‥‥Zzz」


ドンドンドン!!


銀閣
「‥‥‥‥なんだい、騒がしいな」


アイアンナイト
「見つけたぞ、宇練銀閣」

銀閣
「‥‥‥‥誰だよ 」

END
感想OK


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。