コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

アオハル・マーチ
日時: 2021/11/15 11:28
名前: クロムウェル (ID: GU/I8Rhf)

「都華が好きです。僕と、付き合ってくれませんか?」
急に言われた先輩からの一言。言われることを望んでいて、けれど絶対に言われるはずがない言葉。
だけど、一体なぜ…こんな可愛くもない、私を?
----------------------------------------
気付けばずっと。その子のことを目で追いかけるようになっていた。僕が所属している吹奏楽部に体験で入ってきた時から気になっていて、眼鏡を掛けて髪が真っ黒で長い女の子。他の子よりも率先的に動く姿。この部活に入ることが目的で中学校に来ましたというような子。最初はそんなことぐらいしかわからなくて、吹部に入ってくれと心から願った。その願いも叶い、入部挨拶の時にその子の姿があった。こんなに心拍数が上がったら死んでしまうのではないかと思うほど胸が高鳴った。
「…よしっ!」
人知れずガッツポーズをし、同じパートに入ってくれと思う。僕は木管で、金管との関わりは少ない。もしもあの子が金管になってしまったら、必然と話す機会が減ってしまう。
「ねぇねぇ、この子入れようかなと思って、打診は先生にしておこうと思うんだけど、どう思う?」
その先輩の名は『海藤 碧』。同級生の先輩たちからは、あおちゃんと呼ばれている。そして、その先輩が手にしていた紙にはあの子の名前らしきものが書いてあった。というのも、僕はまだあの子の名前をしっかりとはわかっていなかった。
「どの子ですか?」
分からないことはすぐに聞く。これは、吹部に入っているなら当然のことだ。
「ほら、あそこに眼鏡掛けた髪の長い女の子いるでしょ?あの子だよ。同じ小学校だったし、なんとなく接しやすい子だからいいかなと思うんだけど…」
碧先輩が指さした子はあの女の子だった。僕が気になっている女の子。
「いいと思います。積極性がある感じだったし、まぁ、音はこれから出せるようになっていけばいいと思うので。本人が希望してくれたらですけどね」
この時ガッツポーズをしなかった僕を誰かに褒めてほしかった。
----------------------------------------
「都華さん。ちょっといい?」
先生に呼ばれた。何か悪いことでもしたのかと思うが、まだ入部して3日ほどしか経っていない。
「大丈夫です」
とりあえずついていくと、誰もいない音楽準備室に入れと手招きされた。
「都華さんは、希望している楽器は、打楽器とトランペットとホルンであってるよね?」
「はい」
私が吹奏楽部に入ったのは、6年生の時に見させてもらった中学校の文化祭でドラムがかっこよかったからである。ドラム叩けるようになればなんかカッコいいんじゃないかと思ったからだ。
「実は今先生迷ってて、都華さんのほかにもう一人ドラムがいいんじゃないかと思ってる子がいるから、その子と二人で打楽器にしてもいいと思うの。だけどね?都華さんをパートに欲しいっていう先輩が何人かいて、ユーフォニアムとサックスなんだけど…都華さんはどうしたい?」
この学校の先生は本音を隠すのが少し下手で、打楽器ーパーカッションーじゃない方がいいと思っているのは明らかだった。確かに、ドラムが上手い子が一人いた。絶対に習ってたよねっていうレベルの。けれどドラムをたたくという夢も捨てきれない。
「この後の合奏で聞いて決めてもいいですか?」
この言葉を言うだけで精一杯だった。
ーー--------------------------------------
合奏の時間。この時期はまだコンクールの曲は決まっていないから、老人ホームで演奏する予定の曲を練習する。
『お願いします!!』
全員が合わせて挨拶をした後、基礎合奏に入る。基礎はとても重要だ。その次に合奏。今日は一年生も見に来るらしい。自由に見させるから近くに座っても気にしないで吹いてねと先生に言われた。どうか、僕の近くにあの子が座ってくれますように。まだあの子の名前を知らないから、強く念じておく。
「それじゃあ、合奏します。愛美さん、1年生呼んできて」
僕と同じパートの愛美ちゃんが一年生を呼びに行くみたいだ。どうせなら、僕を指名してくれれば良かったのに…
「お願いします!」
今年の一年生は礼儀正しい子が多い。今のところは…
「自分が聞きたい楽器のところに行って聞いていいよ。先輩たちの音をよく聞いてね」
先生の一言で、1年生が動き出す。あの子はどこに行くんだろうと思いながら先生の話を聞いていると、誰かが背後に来た気がした。ちらりと目を向けると、あの子だった。思わずにやけそうになり、水拭き用のタオルで口元を隠す。
「それでは、北酒場からやりますー」
いつもよりも、気合を入れて丁寧にきれいに吹くようにした。
----------------------------------------
「お願いします!」
確か先生が言っていた楽器は、ユーフォニアムとサックスだったはず。場所をいちいち移動するのもめんどくさいので、ユーフォニアムとサックスの間に座る。ユーフォニアムの先輩は女の先輩で、サックスの先輩は男の先輩だった。男の先輩の方はちょっとだけカッコよくて、ちょっと得をした気分になった。
―――練習終了後
先輩たちが楽器を片付け始めてすぐに先生のところに話に行った。
「先生、私サックスがいいです!サックスパートにしてください!」
私の希望が通ることは今まであまりなかった。だが、今回こそは希望が通ってもらわないと困る。サックスの音がかっこよかったのだ!ドラムよりも!地の底から響く感じのあの音!はつらつに、軽快に進んでいくサックスたちの音楽!私は一回の全体練習でサックスに魅了されてしまったのだ。
「わかりました。先輩たちにそう言っておくね」
先生は安堵した顔をした。
----------------------------------------
「イエーイ!みんな聞いてー!!」
碧先輩がテンション高めにパート練習に来た。
「どうしたんですか?」
愛美ちゃんがちょっと苦笑しながら碧先輩に聞いた。
「1年生なんだけどね?私たちが希望した子たちが来ることになったの!たった今決まったから、発表するね。まず一人!城ヶ崎真彌耶ちゃん!アルトで希望を出した子ね。それからもう一人!長月都華ちゃん!テナーで希望を出した子ね。この子は亮祐くんは相談したからわかるよね。その子たちが来まーす!この後の挨拶で発表するから、まだ内緒にしててね」
声が、出なかった。このままでは顔がやばいことになる。そしてその顔を見られてしまう。
「了解です。ちょっと、リード取って来ますね」
「いってらー!」
楽器を吹くために必要な道具を取りに行くフリをして部屋を出る。
「それはやばい。真面目にヤバイ。嬉しすぎる…そうか、名前、長月都華ちゃんっていうのか。覚えておこう」
同じパートに入ってくれたのが嬉しかった。まぁ、厳密にいえば同じパートではないんだけど。
少し経ってから部屋に戻る。
「お帰りー。リードあった?」
「はい。なかなかいい感じのがなくて…探すのに苦労しました」
その後は練習も滞りなく進み、終わりの挨拶の時間。
「今日もみんなね、いい感じに演奏できてたと思います。1年生も楽器が決まったから、これからたくさん練習しなきゃね!それと―」
先生の話が長い。いつもより長いんじゃないかと思うほどに。
「あっ!ごめんなさい!今日発表する予定だったのに時間がない!明日発表します!」
えーーーーーーーー…僕の希望は儚く散り、僕の存在を認識してもらうにはもう少し時間がかかりそうだ。

Re: アオハル・マーチ ( No.3 )
日時: 2021/11/29 17:32
名前: クロムウェル (ID: hDSnh8ad)

「ねぇねぇ!都華は昨日寝られた?」
一緒の小学校に通っていた朝比奈卯月ちゃんに声を掛けられた。
「満足には寝られなかったよ…だって、気になるじゃん!なんの楽器になったんだろうね」
「ホントそれ!希望に沿うようにしますとは言ってたけどさ、そうなるかはわからないし…」
どうやらみんな同じように考えていたらしく、隣の女の子たちが小さくうなずいている。
「ドッキドキ、だね」
そんなような会話をしていると、先輩が号令をかけた。
「挨拶しまーす!!」
一年生は一斉に立ち上がり、姿勢を正した。
「練習始めます。お願いします!」
この号令の時の先輩たちの声はとても大きくて、初めて聞いた時には思わず飛び跳ねてしまった。
そうこうしているうちに出欠確認も終わり、待ちに待った声がかけられる。
「これから、一年生の楽器発表をします。自分の名前が呼ばれたら、その楽器の先輩たちのところに行ってください。まず、クラリネット‘朝比奈卯月,さん‘不和龍磨,くんの二人です。次に、フルート
‘音葉花楓,さん‘風月愛,さんの二人です。サックス‘城ヶ崎真彌耶,さん‘長月都華,さんー」
----------------------------------------
その後も順調に発表されていき、ついにパート練習が始まった。





短くてすみません!今回初登場した子たちの名前の読み方は、
「あさひな うづき」「ふわ りゅうま」「おとは かえで」「ふうづき あい」
そして、前回も登場していた、
「じょうがさき まみや」「ながつき みやか」
です!不和くん以外全員女の子です!

Re: アオハル・マーチ ( No.4 )
日時: 2021/11/29 21:59
名前: 都華を愛し親衛隊 (ID: nxPXMTJg)

はじめまして。突然のコメント失礼致します。
以前より存じ上げておりました。アオハルマーチを愛読させて頂いている者です。
本日、更新がございましたので、無知を承知の上、コメントさせて頂きました。ご不快でしたら迅速にコメント削除致します。

こちらの作品はとても作り込まれていて、とても素晴らしい作品だと感じます。おそらく、丁寧に執筆なさっているのでしょうね。先輩の胸の高鳴りが、此方にも伝わってくるような気がします。
中学校序盤の初々しさがとても丁寧かつ爽やかに表現されていて、儚いとも言える美しい情景が浮かんでくるようです。

長々と失礼致しました。作者様もこれから忙しい時期になるかと思いますが、是非、更新を続けて下さると幸いです。
ヘルシェイク

都華を愛し親衛隊さんへ ( No.5 )
日時: 2021/11/30 11:45
名前: クロムウェル (ID: GU/I8Rhf)

コメントありがとうございます!
ぼちぼち頑張ってまいります~👍

Re: アオハル・マーチ ( No.6 )
日時: 2021/11/30 18:22
名前: クロムウェル (ID: hDSnh8ad)

「ようこそー!!!サックスパートへ!」
テンション高く先輩たちに迎えられ、完全に孤立した気分で部屋に入った。なんか同じパートになった一年生の子はすっごい可愛い子だし、違う世界に放り込まれた気分だった。
「じゃあ、自己紹介しよう!名前と、クラス…あと何にする?」
さらさらと話が進んでいく。テンポが速すぎて会話についていけない…
「好きなものか好きなことでいいんじゃないですか?」
この部屋で唯一の男子の先輩が声を出した。女子だけで気まずくないのかな…むしろそっちの方が気になる…!
「いいね!じゃあ私から!」
どうやら、私たちを連れてきてくれた先輩から自己紹介をするみたいだ。どこかで見たことのある顔で、髪が長く、お姉さんみたいな感じの人だ。
「3年3部、海藤碧です。面白いことが好きでーす!はいっ、次!」
テンポいいな!?靴の色からすると、緑が3年生で黄色が2年生だから…この人かな?髪はショートでなんか雰囲気が暗い人だと思った。
「右田小明です。3年1部です…あ、ボーっとして一人で過ごすのが好きです」
うん!暗い!でも、3年生まで続けてるってことは人と関わるのが苦手なだけかな…えっと、黄色の人は二人…まぁ、わかりやすいかな…一人は男の人だし。
「はい。2年4部、涼風愛美です。音楽が好きかな。聞くのも、演奏するのも」
先に自己紹介をしたのは女の先輩の方だった。いかにも勉強できそうな先輩で、眼鏡を掛けている。どことなーくうちの姉ちゃんに似ていた。
「2年2部、月野亮祐です。ゲームが好きかな…暇があればやっちゃう」
男の先輩は優しそーな人だった。でも、背が高い?ほうで、かっこよかった!
「次は1年生だよ!1年生はなんでこの楽器を選んだのか理由も言うこと!はい、どーぞ!!」

Re: アオハル・マーチ ( No.7 )
日時: 2021/12/02 12:37
名前: クロムウェル (ID: GU/I8Rhf)

どっちから言えばいいのー?!という戸惑いを持ちつつ、チラッと隣の子を見るとバチッと目が合った。
「えっと…、じゃんけんで決める?」
たまーに発動する人見知りを抑え込みながら、恐る恐る聞くとコクリとうなずいてくれた。反応してくれた…嬉しい。
「さーいしょーはグー、じゃんけんぽん。あいこでしょ、あいこでしょ…あいこでしょ、うん決まらないね!どうする?最初に言いたい?それとも後?」
なかなか決まらないじゃんけんを早々に切り上げ、どっちから言いたいか聞くことにした。じゃんけんという聖戦は無駄に体力を消耗する。精神力も。
「…後がいい。先言って」
かっ、可愛い声ーーーー!!!初めて声を聞いた気がする…。まぁいいや。
「1年3部、長月都華です。好きなことはマンガを読むことと集めることです。サックスを選んだ理由は、かっこよかったからと、自由だったからです。これからよろしくお願いします!」
おおー!という声と拍手が起こり、先輩から質問をされる。
「自由って?どこらへんが?」
声がマジだ…。怒らせちゃったかな…。
「この前の合奏の時に、サックスの近くで聞かせてもらってたんですけど、音楽の中を自由に歩き回っている感じがしたんです。それなのに、ピタッと揃う時があって…音楽を自由に歩き回れるってすごいなぁって思ったので。とってもかっこよかったんです。要するに、ひとめぼれです!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。