コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

アオハル・マーチ
日時: 2021/11/15 11:28
名前: クロムウェル (ID: GU/I8Rhf)

「都華が好きです。僕と、付き合ってくれませんか?」
急に言われた先輩からの一言。言われることを望んでいて、けれど絶対に言われるはずがない言葉。
だけど、一体なぜ…こんな可愛くもない、私を?
----------------------------------------
気付けばずっと。その子のことを目で追いかけるようになっていた。僕が所属している吹奏楽部に体験で入ってきた時から気になっていて、眼鏡を掛けて髪が真っ黒で長い女の子。他の子よりも率先的に動く姿。この部活に入ることが目的で中学校に来ましたというような子。最初はそんなことぐらいしかわからなくて、吹部に入ってくれと心から願った。その願いも叶い、入部挨拶の時にその子の姿があった。こんなに心拍数が上がったら死んでしまうのではないかと思うほど胸が高鳴った。
「…よしっ!」
人知れずガッツポーズをし、同じパートに入ってくれと思う。僕は木管で、金管との関わりは少ない。もしもあの子が金管になってしまったら、必然と話す機会が減ってしまう。
「ねぇねぇ、この子入れようかなと思って、打診は先生にしておこうと思うんだけど、どう思う?」
その先輩の名は『海藤 碧』。同級生の先輩たちからは、あおちゃんと呼ばれている。そして、その先輩が手にしていた紙にはあの子の名前らしきものが書いてあった。というのも、僕はまだあの子の名前をしっかりとはわかっていなかった。
「どの子ですか?」
分からないことはすぐに聞く。これは、吹部に入っているなら当然のことだ。
「ほら、あそこに眼鏡掛けた髪の長い女の子いるでしょ?あの子だよ。同じ小学校だったし、なんとなく接しやすい子だからいいかなと思うんだけど…」
碧先輩が指さした子はあの女の子だった。僕が気になっている女の子。
「いいと思います。積極性がある感じだったし、まぁ、音はこれから出せるようになっていけばいいと思うので。本人が希望してくれたらですけどね」
この時ガッツポーズをしなかった僕を誰かに褒めてほしかった。
----------------------------------------
「都華さん。ちょっといい?」
先生に呼ばれた。何か悪いことでもしたのかと思うが、まだ入部して3日ほどしか経っていない。
「大丈夫です」
とりあえずついていくと、誰もいない音楽準備室に入れと手招きされた。
「都華さんは、希望している楽器は、打楽器とトランペットとホルンであってるよね?」
「はい」
私が吹奏楽部に入ったのは、6年生の時に見させてもらった中学校の文化祭でドラムがかっこよかったからである。ドラム叩けるようになればなんかカッコいいんじゃないかと思ったからだ。
「実は今先生迷ってて、都華さんのほかにもう一人ドラムがいいんじゃないかと思ってる子がいるから、その子と二人で打楽器にしてもいいと思うの。だけどね?都華さんをパートに欲しいっていう先輩が何人かいて、ユーフォニアムとサックスなんだけど…都華さんはどうしたい?」
この学校の先生は本音を隠すのが少し下手で、打楽器ーパーカッションーじゃない方がいいと思っているのは明らかだった。確かに、ドラムが上手い子が一人いた。絶対に習ってたよねっていうレベルの。けれどドラムをたたくという夢も捨てきれない。
「この後の合奏で聞いて決めてもいいですか?」
この言葉を言うだけで精一杯だった。
ーー--------------------------------------
合奏の時間。この時期はまだコンクールの曲は決まっていないから、老人ホームで演奏する予定の曲を練習する。
『お願いします!!』
全員が合わせて挨拶をした後、基礎合奏に入る。基礎はとても重要だ。その次に合奏。今日は一年生も見に来るらしい。自由に見させるから近くに座っても気にしないで吹いてねと先生に言われた。どうか、僕の近くにあの子が座ってくれますように。まだあの子の名前を知らないから、強く念じておく。
「それじゃあ、合奏します。愛美さん、1年生呼んできて」
僕と同じパートの愛美ちゃんが一年生を呼びに行くみたいだ。どうせなら、僕を指名してくれれば良かったのに…
「お願いします!」
今年の一年生は礼儀正しい子が多い。今のところは…
「自分が聞きたい楽器のところに行って聞いていいよ。先輩たちの音をよく聞いてね」
先生の一言で、1年生が動き出す。あの子はどこに行くんだろうと思いながら先生の話を聞いていると、誰かが背後に来た気がした。ちらりと目を向けると、あの子だった。思わずにやけそうになり、水拭き用のタオルで口元を隠す。
「それでは、北酒場からやりますー」
いつもよりも、気合を入れて丁寧にきれいに吹くようにした。
----------------------------------------
「お願いします!」
確か先生が言っていた楽器は、ユーフォニアムとサックスだったはず。場所をいちいち移動するのもめんどくさいので、ユーフォニアムとサックスの間に座る。ユーフォニアムの先輩は女の先輩で、サックスの先輩は男の先輩だった。男の先輩の方はちょっとだけカッコよくて、ちょっと得をした気分になった。
―――練習終了後
先輩たちが楽器を片付け始めてすぐに先生のところに話に行った。
「先生、私サックスがいいです!サックスパートにしてください!」
私の希望が通ることは今まであまりなかった。だが、今回こそは希望が通ってもらわないと困る。サックスの音がかっこよかったのだ!ドラムよりも!地の底から響く感じのあの音!はつらつに、軽快に進んでいくサックスたちの音楽!私は一回の全体練習でサックスに魅了されてしまったのだ。
「わかりました。先輩たちにそう言っておくね」
先生は安堵した顔をした。
----------------------------------------
「イエーイ!みんな聞いてー!!」
碧先輩がテンション高めにパート練習に来た。
「どうしたんですか?」
愛美ちゃんがちょっと苦笑しながら碧先輩に聞いた。
「1年生なんだけどね?私たちが希望した子たちが来ることになったの!たった今決まったから、発表するね。まず一人!城ヶ崎真彌耶ちゃん!アルトで希望を出した子ね。それからもう一人!長月都華ちゃん!テナーで希望を出した子ね。この子は亮祐くんは相談したからわかるよね。その子たちが来まーす!この後の挨拶で発表するから、まだ内緒にしててね」
声が、出なかった。このままでは顔がやばいことになる。そしてその顔を見られてしまう。
「了解です。ちょっと、リード取って来ますね」
「いってらー!」
楽器を吹くために必要な道具を取りに行くフリをして部屋を出る。
「それはやばい。真面目にヤバイ。嬉しすぎる…そうか、名前、長月都華ちゃんっていうのか。覚えておこう」
同じパートに入ってくれたのが嬉しかった。まぁ、厳密にいえば同じパートではないんだけど。
少し経ってから部屋に戻る。
「お帰りー。リードあった?」
「はい。なかなかいい感じのがなくて…探すのに苦労しました」
その後は練習も滞りなく進み、終わりの挨拶の時間。
「今日もみんなね、いい感じに演奏できてたと思います。1年生も楽器が決まったから、これからたくさん練習しなきゃね!それと―」
先生の話が長い。いつもより長いんじゃないかと思うほどに。
「あっ!ごめんなさい!今日発表する予定だったのに時間がない!明日発表します!」
えーーーーーーーー…僕の希望は儚く散り、僕の存在を認識してもらうにはもう少し時間がかかりそうだ。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: アオハル・マーチ ( No.24 )
日時: 2021/12/25 23:43
名前: クロムウェル (ID: hDSnh8ad)

先輩からバレていると言われた後はもうドキドキだった。
「部活の先輩?」
と、友達に聞かれては
「うん!そう!先輩!」
と挙動不審ながらに答え
「最近進展あった?」
と、達希先輩にからかわれて
「なんのことですか?!いや全然!?」
と早口に答える始末。そんなことをしつつもドッチボールが始まった。
「いっくぞー!先輩!当たったらごめんなさい!」
「1年のボールに当たるわけないだ、ろっと!」
一言ずつ言いながらみんなが投げていく。男子しか取れないため(ボールが早すぎる)女子はもっぱら逃げに回っていた。
「いやいやいや!男子元気すぎでしょ?!」
「ホントにね!1年生が元気だわ!」
先輩たちと会話しながら逃げていく。
「久米野ぉぉぉぉ!!!!この幸せ者めぇぇぇ!当たってしまぇぇ!!!!!」
はいぃーーーー!?達希先輩が叫びながら亮祐先輩に投げ、私にも向かってくる。っていうか!ばらさないでほしいんですけど!
「やはりか!久米野、お前だけ抜け駆けしやがって!」
どうやら2年の先輩方の何かに触れてしまったらしく、亮祐先輩に集中攻撃をし始めた。
「いや!ちょっと!待ってって!」
言葉を発しつつもさらさらとよけていく先輩がカッコいい。ついつい見とれてしまう。ニコニコしながら先輩を見ていると
「都華!危ない!」
という声が聞こえた。えっ?と思い、後ろを振り向くと目の前にボールが迫っていた。よけないと!と思っていても体が動かなかった。まずい。このままいくと眼鏡が壊れてしまう。この眼鏡は三か月前に買ったばかりだ。なんたってこんな日に眼鏡をセレクトしたんだと自分を責めながらせめてもと思い両腕でガードする。
ガードした腕にボールが一向に当たらない。おかしいな。あの距離ならすぐに当たるはずなのに。
「大丈夫?当たる前に防げてよかった」
すぐ近くで亮祐先輩の声がする。ソロソロと目を開けると先輩の顔がすぐ近くにあった。
「大丈夫です。あの、ありがとうございます。えっと、当たっちゃったんですよね?」
「ん~まあそうだね。でも、都華の眼鏡が壊れる方が嫌だから。その眼鏡、似合ってるし」
優しさが目に痛い。っていうか、なんで誰も攻撃しないんですか?
「ほっほーう?そうですか?久米野くん、そういうことですね?」
「これはこれは。あとでじっくりお話を聞かせていただかなければ」
にやにやと笑う先輩たちの顔を見て終わったと思った。
「わかったよ。だけど、あと5分の試合の中でこっちのチーム全員当てられたら話すよ。Aチームが勝ったらAチームだけに話すよ。それでいいか?」
「よっし!やるぞ!」
相手チームの士気も上がり、こっちのチームの士気も上がった。恋の話題ってこんなに盛り上がるんだね…。
「都華ちゃん?こっちもね?」
こっちもですか…。2年女子と1年女子に囲まれる。
「うーん…。お望みのような話ではないと思いますけど。亮祐先輩の許可が下りたらいいですよ」
こういう時は先輩に丸投げするのが一番だ。守ってくれたのは嬉しかったけど、結果がこんなんじゃね。
「楽しみ!」
こうして報酬も決まり、試合は進み、ついに結果発表だ。
「1年3部、2年2部、男女クラス混合ドッチボール結果発表いたします!勝ったのは…Bチーム!よって、久米野先輩の恋の秘密が明かされます!先輩、どうぞ!」
「はーい。でも、もう一人の子に許可取ってないから、2時間目に発表しまーす」
先輩も私に投げるつもりだ。
「逃げんなよー!先生たちが何も言わないってことは別に大丈夫打って事だからな!」
先輩方…。煽るのはよしてください…。いたたまれなくなるんで…。

Re: アオハル・マーチ ( No.25 )
日時: 2021/12/26 19:07
名前: りゅ (ID: B7nGYbP1)

閲覧300突破!!おめでとうございます!
執筆頑張って下さい!( *´艸`)

りゅさんへ ( No.26 )
日時: 2021/12/27 00:48
名前: クロムウェル (ID: hDSnh8ad)

ありがとうございます!
これからも頑張っていきます!

Re: アオハル・マーチ ( No.27 )
日時: 2021/12/29 00:45
名前: クロムウェル (ID: hDSnh8ad)

すみません、訂正です。ドッジボール勝ったのはAチームです(^^ゞ
以後気をつけます!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「次の時間に体育館を使いたいクラスがあるそうなので、集会室に移動して下さーい」
鈴城の声がけでみんなが移動し始める。私はと言うと、ボールの後片付けを任されていた。
「みんなには、隠しておきたかったな…せめて、親友たちに言ってからが良かった…」
一人でつぶやきながら片付けていると
「手伝うよ」
と声をかけられた。振り向くと亮祐先輩が立っていて、片手にはボールを持っている。
「ありがとう。あっちにあるやつも持ってきてくれる?」
「りょーかい」
もうすぐで終わりそうだったから手伝って貰わなくても良かったが、先輩と話したいことがあったから手伝ってもらうことにした。
「それで先輩?これからどうするつもりですか?」

Re: アオハル・マーチ ( No.28 )
日時: 2021/12/30 00:06
名前: クロムウェル (ID: hDSnh8ad)

私がその言葉を投げかけると、先輩の動きが止まった。
「そ、そのことって?」
ぎこちなくこちらを振り向きながら問い返してきたので、答えてあげる。
「みんなに教える話ですよ。私達が付き合ってるって」
「い、いや、そのことなんだけどね?別に都華が嫌なら教えないってこともできるんだよ?そのことを言えば、あいつらだって無理には聞いてこないと思うし」
慌てながら説明する先輩がかわいくて、思わず笑ってしまう。
「まぁ、そうだよね。そのことはわかってるんだけど、別に言ってもいいかなって思ってるんだよね。だって、私達が付き合ってるって言えば、確かにからかわれるかもしれないけど牽制にはなるでしょ?」
からかわれるのは目に見えてわかっている。そのことはまあなんとか耐えられるだろう。しかし、言わなければ先輩のことが好きになってしまう人もいるだろうし、もしかしたら告白だってしてくるかもしれない。そんなのは嫌だ。重い女になりたくはないけれど、独占欲はある。
「牽制?」
先輩は自分がかっこいいことをわかっていない。私から見てかっこいいだけだから世間一般的に見たらかっこよくはないのかもしれないけれど。それでも私はかっこいいと思っている。
「うん。他の女の子たちへの牽制。私だって、独占欲がないわけじゃないんだよ?みんなに言ったら、先輩は私のものだって、言うことができるでしょ?」
「そうだね。僕も、牽制できるかな?」
先輩が言うことでも牽制はできるだろう。最も、私に告白してくるやつなんていないだろうけど。
「たぶんね。よっぽどの馬鹿でない限りは」
「じゃあ、言ってもいい?」
先輩は少し安堵した顔で私に聞いてきた。
「いいよ。だけど、しっかり言ってね?私、先輩と別れる気なんてないからね?」
でも、ただで言わせるわけにも行かない。
「先輩?バレたことはあんまり許してないからね?覚悟しておいてよ?」
ちょっとだけ意地の悪い顔をして先輩を見た。そもそも先輩が浮かれすぎなかったらバレなかったこと。ちょっとした罰は受けてもらおう。
「うー…わかった。償いはしっかりしますよ」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。