ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

霊障対策課24時!
日時: 2020/06/08 19:08
名前: 枢木 (ID: xs5T8t9X)

現代日本を舞台にオカルト警察が霊障を解決して回る。

霊障とはオカルト系事件の事である。霊障対策課の職員は全員、霊能力という謂わば

超能力のようなものだ。


若くして霊障対策課を任された柳水流愛瑠は周りからの人望が厚い。彼女は高い霊力を

持ちながら霊能力を持たず、しかし霊を視ることが出来るために所属している。

(※柳水流…読み:やなぎずる)


第一章「課長は走る!」>>01-34
霊障1「屋台、出血大サービス!」>>01-02

霊障2「鬼の結婚式・調査パート」>>3-10 「潜入パート」>>11-18

霊障3「幽霊船に揺られて」>>19-24

霊障4「鬼が住まう島」>>25-31

閑話「お疲れ様、課長」>>32

霊障5「Shall we dance?」>>33-34



第二章「課長は止まる」>>35-42
プロローグ「新たな面子」>>35

霊障6「怒れる鬼神」>>36-40

霊障7「人食いが二人」>>41-42



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



Re: 霊障対策課24時! ( No.1 )
日時: 2020/04/18 15:36
名前: 枢木 (ID: xs5T8t9X)


霊障対策課、霊障?ふざけたこと言ってんじゃねえって思う人が多いと思うがこれでも

色々仕事は入ってくる。私、柳水流愛瑠はつい最近、前の課長に半ば強制的に課長に命名され

今に至っている。そして今日、夕方に全員が帰宅の準備を始めた。それは帰りに霊障事件が

舞い込んでくるから。昨日の事だ。一般企業に勤める男性から一本の電話が来た。

「はい、もしもし霊障対策課です」

『あ、すいません。実は変な屋台を見つけて…』

「は、はぁ…」

『私、実は霊的なものが見えちゃう体質でして。他にも同僚と帰っていたんですが同僚は

見えないと言ってて…もしかすると、と思って電話したんです』

「分かりました。じゃあその屋台を見た場所を教えてください」

愛瑠はペンを走らせた。ここからすぐ近くで夜しか現れないらしい。さらにその日、遅刻してきた

職員はその公園付近で例の屋台に入り二日酔いで遅れたと言って来たのだ。やはりこれはここの

仕事だと感じた。


「おぉ、ここが例の屋台かぁ…」

圓勺時哉はその屋台を見て呟いた。

「まぁ良い店じゃないか。最近は見たことが無いけどね。ちゃっちゃと入ろう」

そう言って一人、先に屋台に入って行ったのは天草姫香だ。彼女に続いて他の霊障対策課の

職員も入っていく。席に座ると屋台をやっているのは札のようなものが顔に張られた男。

「あーいらっしゃい霊障対策課の人達だろ?いやぁ視える人が数人ここに来てくれてよかった。

ずっとここに居るのもどうかと思ってたからね」

男は札の下で嬉しそうな笑顔を浮かべた。

Re: 霊障対策課24時! ( No.2 )
日時: 2020/04/18 16:04
名前: 枢木 (ID: xs5T8t9X)


「ん〜美味い!もう一杯、くれるかい?」

「はいはい」

屋台の男は天草姫香のジョッキに酒を注ぐ。酒にかなり強い彼女はどんどん飲んでいく。

「警察の課長をこんな若い子がやっているのか。老若男女平等だねぇ…名前は?」

男はおつまみを愛瑠の前に置いて名前を聞いた。

「柳水流愛瑠です」

そう名乗ると男は何かを思い出した。

まだ生きていたあの頃は居酒屋を開いていた。警察庁の近くにあるため仕事を終えた警官たちが

時折寄って行く。その中で数人の警官たちがやってきた。先輩、課長などと呼ばれていた男が

いた。彼は確か…そうだ柳水流と呼ばれていた。特徴的な名前だからよく覚えている。

「そうか…あの男の娘か」

男は小さく呟いた。辺りを見回すと大分食料や飲み物が消えてきた。男の体が透けていく。

「最後に大繁盛して良かった。ありがとう」


幽霊屋台はその後、見られなくなった。

霊能力には属性操作をする者や式神等を自身に憑依させる、霊力を具現化させて武器などを作り出す

などがある。一言に属性を水にしてもそこから幾つか枝分かれする。天草姫香は陰陽師に分類され

属性は水、水を凍らせることが出来るのだ。彼女はその能力で空気中の水分を凍らせて刀を作って

戦闘する。圓勺時哉は陰陽師に分類され属性は木だが縄のように練った気功を扱う。属性はあるが

その属性らしいものを必ず使うというわけでもないのだ。

Re: 霊障対策課24時! ( No.3 )
日時: 2020/04/19 22:15
名前: 枢木 (ID: xs5T8t9X)


テレビで新聞でインターネットで大々的に取り上げられている喜ばしいニュースがある。

大女優、櫻井椿の結婚というニュースだ。

「柳水流さん、ちょっと良いかな?」

「ほわっ!」

びっくりした。声を掛けてきた優男は藤原宋一郎、主に占いをする術師だ。彼の占いは

100%当たる。彼は珍しく愛瑠に声を掛けてきた。その内容はニュースに対しての占い結果。

「どうも嫌な結果が出たんですよ。それに電話が来ました、刑事課から」

「え?珍しい。向こうから電話ってくるんだね。で、内容は?」

いつの間にか周りの職員も聞き耳を立てていた。櫻井椿の結婚式の警護を霊障対策課に

回すという内容。そして占い師、藤原宋一郎の占い結果。事態が悪化するという占い結果。

その事件は霊障事件、それも大きな事件になりそうだ。少し緊張しだした愛瑠のデスクにある

電話が鳴り驚いた。受話器を手に取ると刑事課からファックスで事件の詳細を送ると

言われた。

「うっわぁ…読みたくないわぁ」

生き胆を抜き取った死体がいくつも見つかっているという事件。愛瑠は遠目に紙を見ていた。

「結婚式は確か一週間後、今日は4月19日か。これから暫くは長くなりそうだね」

「まぁこの一週間に色々情報を集める必要があるな。ここの課長は君だから頑張って回せ」

「そうですね。頑張るしかないかぁ…」

愛瑠は困ったような笑顔を見せた。書類をペラペラと見ていく。



櫻井椿(30)
国内外で有名な女優。知名度がある上、ネット上では真偽不明の噂が色々飛び交っている。
過去に離婚歴あり。前の夫は事故死、子はいない。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。