ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

お星様なんてもう、信じない!
日時: 2024/02/18 21:47
名前: オッチン可愛い🧸 (ID: qz0OyxjY)

この小説を読んでくれてありがとー💫
完結できなかったらメンゴ(((o(*゚▽゚*)o)))
この小説の守って欲しい事★
コメントOK
悪口🙅‍♀️
ポイントアドバイス🙆‍♀️
を守ってくれればいいかな!
ダークとライトが混じってることもあるけど、よろしくね!٩( ᐛ )و
第一星に願って⭐️ >>01
第二話悲しみと怨み>>02
第3話新たな出会い>>03
第4話不思議な少女>>04
第5話病院生活>>05
第6話謎の地下金庫>>06
第7話謎の地下金庫2 >>07
第8話深まる謎>>08
第9話2人の子供>>09 
第10話新たな友達>>10 
第11話手紙✉️ >>11 
第12話かくれんぼ >>12 
第13話謎のカケラ>>13
第14話寿命 >>14 

Re: お星様なんてもう、信じない! ( No.16 )
日時: 2024/02/20 16:31
名前: オッチン可愛い🧸 (ID: qz0OyxjY)

🧸本編の前にお知らせでーす!←ん?機嫌がいいな!?
お知らせ❶読んでくれてありがとう、、😭150突破、、!
お知らせ❷小説図書館に、投稿しました!紹介文、、よく見れば下手くそ
では本編でーす。

星乃目線
、、ひな野さんじゃ無いですか、、。暗い顔を見せちゃいましたね。
「どうして、そんなに、、元気なさそうなの?」
「いえ。何もありません、、。トイレ行ってきます」
「あっ!美優さん!待って、、」
ダメですよ、、。
がちゃん。
「暗くなるまで、、、待ってよう、、」
吐き気がする。
(うっ_」
「うわわああ、、」
ジャアアア
「ハアハア」
息苦しい!、。このまま掘っておいたら、、。
トイレにもナースコールがあったので、おす。
ビーーピンビー
「星乃さん!?大丈夫、、?」
ナースさんに抱えられてホッとして、、。
意識は薄れた。

Re: お星様なんてもう、信じない! ( No.17 )
日時: 2024/02/21 15:26
名前: オッチン可愛い🧸 (ID: qz0OyxjY)

日菜の目線
星乃さん、、平気かなぁ、、。
コンコン
「森田ちゃんー。授業をしますよ」
「あ、はい!」
ガチャリ
いっぱい来た、、私の部屋でやるんだ、、。
「今日は、マイナスの言葉をプラスに変える授業です」
「えー?どゆこと〜」
「簡単です。『変わっている』、何かマイナスですよね。プラスに変えたらどうなりますか?」
、、、変わっているか、、。私もよく言われたな
「あ、分かった!『個性的』」
「良いですね!」
「こういうこと?」
「はい。では、、『負けず嫌い』」
私は、、負けず嫌いじゃ無い、、。
「難しいですか。では変えましょう。うるさい」
分かる!これなら
「みんなを明るくする、、」
「良いですね!」
私の友達はうるさくて、。。でも、、周りを明るくしてた。
「では終了です。皆さんも考えてみてね」
「ハーーイ!」
1時間後
「ひなのさん、!」
「星乃さん」
良かった😮‍💨
「良かったよ」
「あ、ありがとう」
やっぱり、、暗い、、

Re: お星様なんてもう、信じない! ( No.18 )
日時: 2024/02/21 16:44
名前: オッチン可愛い🧸 (ID: qz0OyxjY)

🧸一旦過去編するね

2年前、、。
バシャーン
「ヒナノッ!それー!」
「ひな野も負けないもーん!それー」
私は海で父と水の掛け合いをしていました。
「貴方ー?ひなのを深いとこに行かせちゃダメよ」
「分かってる。後、そろそろ出るなー」
「え?なんでー」
その時お父さんもお母さんも、教えてくれずに、、日は暮れました。
夜中のことです
眠れなくって、父と母の部屋に行くと、父も母もある写真を眺めていました。その写真は月の光に照らせれ、はっきり見えました。
父と母の横に赤毛の少女がいます。私では無いです。3人とも、海の前にいました。
(私の、、姉さん?)
何ですか、、?
分からないまま倒れてしまいました。きっとお姉ちゃんだ。

Re: お星様なんてもう、信じない! ( No.19 )
日時: 2024/02/21 21:25
名前: オッチン可愛い🧸 (ID: qz0OyxjY)

星乃目線
「寿命」その言葉が頭にくっついたまま、、。
「私、、消えちゃダメな気がする、、ッ」
ドクンドクン
心臓の音も大きいものでした。いったい私の体、どうしたんでしょうねッ!
デモッ。病院に来た時から、、こんなんでした。私は、、何者でしょか。
「日菜のさん帰りました」
「おかえりっ!」
日菜野さん、、元気で良いなッ!
「日菜のさんって、、変な症状出ませんか?」
「うん。そろそろたん院かな」
良いですね、、。たん院なんて、、夢に思ったことない、。
「私、寝るね」
「私も寝ます」
寝てる間に死ねばッ!

Re: お星様なんてもう、信じない! ( No.20 )
日時: 2024/02/23 21:26
名前: オッチン可愛い🧸 (ID: qz0OyxjY)

🧸また美優目線だ、、
星乃目線
あれぇ、、?ここは何処でしょうか?
死んだのかなッ!?死んでいたら嬉しいですね。
「私、、もう消えたい、、すぐに」
「そう呟くなよんねーちゃん」
「え?」
誰でしょうか、、?何処かで聞いた声、、。
「俺の代わりに生きるんだろ」


Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。