二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ 決着!
日時: 2020/11/22 14:47
名前: ヘキサ

ヘキサ版逃走中特別編!

今回の舞台は「ショッピングモール」。
2019年12月25日クリスマスの日にBOYS AND MEN・アイカツ・吉本坂46の新曲CDが同時発売!
その前哨戦としてヘキサ率いるヘキサ連合軍とSoleilメンバー率いるアイカツ連合軍が逃走中で対決!

今回ゲームに挑むのは様々な作品から集められた40名の逃走者。
1人でも多く生き残り賞金400万円を山分けできるのはどちらのチームだ!?


~逃走者~

ーヘキサ連合軍ー
ヘキサ(作者組)
一条楽ニセコイ
上条当麻(とある魔術の禁書目録)
吉井明久(バカとテストと召喚獣)
坂本雄二(バカとテストと召喚獣)
土屋康太(バカとテストと召喚獣)
木下秀吉(バカとテストと召喚獣)
相楽誠司(ハピネスチャージプリキュア!)
星宮らいち(アイカツ!)
幸平創真(食戟のソーマ)
ウェンディ・マーベル(FAIRY TAIL)
エルザ・スカーレット(FAIRY TAIL)
リサーナ・ストラウス(FAIRY TAIL)
金田一一(金田一少年の事件簿R)
七瀬美雪(金田一少年の事件簿R)
速水玲香(金田一少年の事件簿R)
鬼塚一愛(SKET DANCE)
モンブラン博士(作者組)
ヤード(作者組)
早紀(作者組)

ーアイカツ連合軍ー
星宮いちご(アイカツ!)
霧矢あおい(アイカツ!)
紫吹蘭(アイカツ!)
藤堂ユリカ(アイカツ!)
神崎美月(アイカツ!)
大空あかり(アイカツ!)
虹野ゆめ(アイカツスターズ!)
友希あいね(アイカツフレンズ!)
湊みお(アイカツフレンズ!)
姫石らき(アイカツオンパレード!)
高坂穂乃果(ラブライブ!)
南ことり(ラブライブ!)
小泉花陽(ラブライブ!)
矢澤にこ(ラブライブ!)
高海千歌(ラブライブ!サンシャイン!!)
本田未央アイドルマスターシンデレラガールズ
渋谷凛アイドルマスターシンデレラガールズ
新田(作者組)
しゅんぽこ(作者組)
ゆうき(作者組)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.57 )
日時: 2020/02/07 19:36
名前: ヘキサ

To.モンブラン博士さん
残念ながらモンブラン博士さんはここで脱落となりましたが、
モンブラン博士さんの願望は色んな意味で叶いましたw

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.58 )
日時: 2020/02/07 20:30
名前: ヘキサ


「お~!ヘキサ君発見♪」


ヘキサを目撃した、星空凛。


ヘキサ
「♪手に入れたもの 失ったもの~」



「ヘ~キサ君!」チョンチョン


ヘキサ
「ん?その声は凛ちゃんか、新しく追加された逃走者・・・って!その恰好!///」



「似合ってるかにゃ~?」( ̄▽ ̄)


花陽
「凛ちゃん?」


そこへ、小泉花陽もやって来た。


ヘキサ
「似合ってるけど・・・(おへそ)見えてる・・・///」



「おやおや~?遠慮しなくたって見てもいいんだよ~?」


花陽
「凛ちゃんどうしたのその恰好!?」



「ヘキサ君向けに喜ぶ服装にしたんだにゃ♪」


花陽
「でも露出が大きすぎない・・・?」(汗)



「平気平気!じゃ思い切ってかよちんも~!」グイッ(花陽の服を捲る)


花陽
「ひゃあああああ!///」ピラリ


ヘキサ
「ぐはあ!じゃこれにて・・・!///」ダッ!


逃げ出した・・・



「あ~ 逃げられちゃったにゃ~!」


花陽
「凛ちゃんいきなり酷いよ!///」



「ごめんごめん、だってかよちん意外と自分からお腹見せる事多いから慣れてると思って・・・」


花陽
「あれは状況が状況で(おへそ)見せるしか無かっただけだって!///」


はじめ
「残り90分切ったか・・・俺とにかく体力が無いから温存しないとな。
 アルティメットギャラクシー出た時だって全然仲間の役に立てなかったし・・・」


ヒメコ
「この逃走中でなんとか結果残したいねん!
 いつまでもボッスンの陰には隠れとうない!」


真剣な表情でゲームに挑む、アルギャラ裏小説メンバー。


ヤード
「明久は羨ましいぜ、アルティメットギャラクシーに逃走者として出られるなんて・・・」


明久
「そんな事ないよ、さっきのミッションだって何も出来なかったし・・・」


ヤード
「大丈夫!まだチャンスはあるさ!」










白ハンターNo.4
「・・・・・・」


ヤードと明久の近くに、白ハンター・・・


明久
「そうだね!次のミッションで一発カッコ良いところ見せて・・・」


ヤード
「ハンターいるぞ!」ダッ!


白ハンターNo.4
「・・・・・・!」ダッ!


見つかった!


明久
「うわうわうわ!」ダッ!


ヤード
「明久は早く逃げろ!」タッタッ


白ハンターNo.4
「・・・・・・」タッタッタッ!


明久
「ごめん!」タッタッ!


先に逃げる明久!


ヤード
「さあ勝負だ!」タッタッ!


ハンターの標的は、ヤードだ!


白ハンターNo.4
「・・・・・・」タッタッタッ!


ピーーーーーー
[YARD]


ヤード
「うおおおおお!」タッタッタッ!


白ハンターNo.4
「・・・・・・」タッタッタッ!


ピーーーーーー
[YARD]





ピッ・・・!
[]


ハンターNo.4
「・・・・・・?」


50メートル6秒台の俊足で、ハンターを振り切った!


ヤード
「明久は逃げ切ったか?」


明久
「捕まるところだった・・・」


明久も逃げ延びたようだ。


明久
「ヤードさんに感謝しないとね」


残り時間 88:30
残り人数 ヘキサ連合軍19人 アイカツ連合軍19人

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.59 )
日時: 2020/02/08 22:20
名前: ヘキサ

ヘキサ
「酷い目に遭ったな~・・・力が吸い取られるぞ///」


千歌
「あっ、ヘキサさんだ!」


ヘキサの進む先に、今度は高海千歌。


ヘキサ
「千歌ちゃんか」


千歌
「どうしたんですか?そんなに顔赤くして・・・」


ヘキサ
「(星空)凛ちゃんの服の刺激が強くて・・・」


千歌
「へぇ~ ひょっとして『あの部分』見た?」


ヘキサ
「そりゃそうだけど・・・(まさか!?)」ビクッ!


千歌
「じゃ気分直しに・・・






 私のおへそでも見る?」ピラリ


ヘキサ
「ぎょえええええ!いいってもう!///」


千歌
「凛ちゃんの次は私でしょ?」


ヘキサ
「ゆうきさんとこの逃走中の同じシチュエーションじゃん・・・///」


女の子のへそループは、どこまで続くのか・・・


花陽
「もう凛ちゃんったら意地悪だよ・・・///」


ちょっとした辱めを受けた、小泉花陽。


ナツ
「おおーい!花陽!」


花陽
「ナツ君!」


最近カップリングを組んでカキコ内で話題となっている、ナツと合流。


ナツ
「お前も俺と同じチームなんだよな!お互い頑張ろうぜ!」


花陽
「うん!ナツ君の事頼りにしてるよ♪」


ナツ
「へへっ!」










リサーナ
「それっ!」グイッ!(花陽の服を捲る)


花陽
「ぴゃあああ!///」(またへそを見られた)


ナツ
「な、何だ!?///」


リサーナ
「ナツったらまた花陽ちゃんとイチャイチャしてるわね・・・!」ゴォォォォォ!(怒りの炎)


敵チームのリサーナが、2人の前に現れた・・・


ナツ
「し、してねぇよ!」


花陽
「ま、また私のお腹見られちゃった・・・///」


リサーナ
「花陽ちゃんのおへそ見ただけで赤くしちゃって、だったら私も・・・」ガサゴソ


ナツ
「おいリサーナ、後ろ」


リサーナ
「後ろ?」クルッ










白ハンターNo.4
「・・・・・・!」ダッ!


リサーナ
「えええええ!?」ダッ!


知らぬ間に、見つかっていた・・・


白ハンターNo.4
「・・・・・・」タッタッタッ!


リサーナ
「タイムタイム!ハンターさんちょっとストップ!」ポン!


86:56
ヘキサ連合軍 リサーナ・ストラウス確保
ヘキサ連合軍残り18人 アイカツ連合軍残り19人


リサーナ
「もう~~~~~!余計な事しなきゃ良かった~~~~~!」


花陽
「自滅じゃないですか・・・」(汗)


ナツ
「そもそもお前がお腹見せたってルーシィやエルザとか普段からその恰好してるし
 別に何ともねぇよ・・・」


スタッフ
「(けどさっき顔赤くしてましたけど!?)」


リサーナ
「情けな過ぎるわよ・・・」バタッ


スタッフ
「(ていうか今お腹思いっきり見えてるし・・・)」


ウェンディ
「リサーナさん確保・・・リサーナさんも捕まっちゃった!」


エルザ
「ついに我がギルドからも一人脱落したか・・・」


残り時間 86:35
残り人数 ヘキサ連合軍18人 アイカツ連合軍19人

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.60 )
日時: 2020/02/09 22:34
名前: ヘキサ

当麻
「・・・うおっ!?」ビクッ!


赤ハンターNo.1
「・・・・・・」


当麻
「赤ハンターかよ・・・全く心臓に悪いな」


白ハンター×5
「「・・・・・・」」


白と赤のハンターは5体ずつ。
合わせて10体もいるので逃走者は混乱しやすい。


赤ハンター×5
「「・・・・・・」」


ユリカ
「アンタいいわね、網鉄砲」



「まあな、一度くらい見つかっても逃げられるし」


網鉄砲を持つ、紫吹蘭。



「これヘキサに向けて撃ってはダメか?」


スタッフ
「ダメですよ!」(汗)


ユリカ
「違うゲームになるわよw」



「アイツには結構振り回されてるからストレス解消になると思ったんだけどな・・・」


冗談が冗談に聞こえない(汗)・・・


ヘキサ
「(星空)凛ちゃんも千歌ちゃんも勘弁してよ・・・本当に体がもたないから・・・///」


一方、力が抜けているこの男・・・


果南
「あれひょっとしてヘキサ君だよね?」


今度は、松浦果南がやって来た。


ヘキサ
「果南ちゃん助っ人だよね?よろしく!」


果南
「よろしくね!それじゃお近づきの印に・・・」ガサゴソ


ヘキサ
「ん?」


果南
「それっ!」ピラリ


ヘキサ
「って、三度目ーーーーー!?///」


またまた、女の子のおへそだ・・・


果南
「千歌ちゃんがよくやってるから一度私もやってみたいな~と思って♪」


ヘキサ
「もうしまって!立て続けに見てるんだから調子落としちゃうし・・・///」


果南
「分かった分かった・・・」(汗)


しぶりん
「なんでみんな自分のお腹ヘキサさんに見せたがるんですか・・・」(汗)


遠目で目撃していた、渋谷凛。


スタッフ
「でもしぶりんさんだって水着やステージ衣装とかでおへそ見せたりするじゃないですか」


しぶりん
「それとこれとは話が別ですよ!ちょっと恥ずかしいですからそういうの・・・」


美月
「とにかく逃げ道の確保はきちんとしておかなきゃ・・・」


逃走経路を確認する、神崎美月。


美月
「避けないといけないのは行き止まり、
 ハンターを振り切るのは不可能に近いですから」










赤ハンターNo.4
「・・・・・・」


早速、赤ハンターのおでまし・・・


美月
「向こう側見てきます」


赤ハンターNo.4
「・・・・・・!」ダッ!


見つかった!


美月
「来た!」ダッ!


赤ハンターNo.4
「・・・・・・」タッタッタッ!


美月
「はぁ、はぁ・・・来てるわよ!」





らき
「赤ハンターだ!」ダッ!


逃げた先に、姫石らき!


赤ハンターNo.4
「・・・・・・」タッタッタッ!


美月
「こっちです!」タッタッ!


らき
「1階に下ります!」タッタッ!


赤ハンターNo.4
「・・・・・・?」


うまく撒いたようだ。


らき
「今来てたねハンター・・・めっちゃ怖い!」


美月
「毎日トレーニングしてて良かったわね」


さすがはトップアイドル、スキが無い・・・



「まだ両チーム共に20人ぐらい残ってるんだな。
 でも正直言って絶対次のミッション辺りで一気に確保ぺースとか上がりそうな気がするんだよな・・・」


あおい
「絶対このままでは終わらないですよ、次のミッションでちゃんと気合い入れます!」


次回、MISSION②発動!


残り時間 83:00
残り人数 ヘキサ連合軍18人 アイカツ連合軍19人

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.61 )
日時: 2020/02/13 22:36
名前: ヘキサ

???×6
「「「・・・・・・!」」」ヒューーーーーン・・・!


エリアのとある一角で、謎の機体が動き始めた・・・


穂乃果
「何か音がしたような・・・」


プルルル プルルル


穂乃果
「えっ?ミッション!?」


ヒメコ
「『MISSION②、エリアに白と赤のアタックドローンが3機ずつ出現した』はあ!?」


千歌
「『ヘキサ連合軍は白のドローン・アイカツ連合軍は赤のドローンに当たると
  その時点で位置情報がハンターに伝えられ確保される』ええっ!?」


秀吉
「『アタックドローンを止めるには3ヶ所に設置されている白か赤の装置に
  手形を認証させなければならない』」


ユリカ
「『ただしどちらかのチームが先に手形認証が終わった場合、
  プラス5分間対象のアタックドローンが飛び回る事となる』何よこれ!?」


MISSION② アタックドローンを停止せよ!

現在、エリアに白・赤のアタックドローン3機ずつ飛び回っている。
当たればモバイルで逃走者の位置情報が全ハンターに知らされる。解除方法は無い。

アタックドローンを停止させるには、ヘキサ連合軍は白の手形認証装置・
アイカツ連合軍は赤の手形認証装置に手形を認証しなければならない。装置は3つだ。

なお相手チームより先に全ての手形認証が終了した場合は、
ペナルティとして5分間自動消滅するまでアタックドローンはエリアに飛び続ける。



「無茶苦茶だろ!ハンターに加えてドローンにも追われるって・・・」


ゆうき
「KEI-DRONE(ケイドローン)やDRONE鬼みたいですねw」


ことり
「笑い事じゃないよゆうき君!ドローンにぶつかったら確実に捕まっちゃうんだよ?」


白アタックドローンNo.1
「・・・・・・」ブーーーン・・・!


アタックドローンに当たればたちまちハンターに居場所を知られる。
解除する方法はどこにもない・・・


赤アタックドローンNo.1
「・・・・・・」ブーーーン・・・!


♪吉本坂46『どつくより笑わせろ』


ヘキサ
「おっ、今度はスイートMONSTERだな!」


♪「まあまあ そんなカッカせんと ちょっと 冷静になった方がええって
  そんなもん どついたって一銭の得にもならへんで」



「うるさいわ!そんな呑気な事言ってる状況じゃないだろ・・・!」


スタッフ
「wwwww」


プラス・マイナス岩橋のセリフにキレる、姉御肌アイドル・・・


白アタックドローンNo.2
「・・・・・・」ブーーーン・・・!


ピーーーーーー
[]





ピッ!
[KAMIJYO]


当麻
「おい!ドローンが来たぞ!」ダッ!


ヒメコ
「来たやん!」ダッ!


この後、アタックドローンの逃走者狩りが幕を開ける!


残り時間 80:20
残り人数 ヘキサ連合軍18人 アイカツ連合軍19人


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。