二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~
日時: 2019/11/08 11:29
名前: ヘキサ

ヘキサ版逃走中特別編!

今回の舞台は「ショッピングモール」。
2019年12月25日クリスマスの日にBOYS AND MEN・アイカツ・吉本坂46の新曲CDが同時発売!
その前哨戦としてヘキサ率いるヘキサ連合軍とSoleilメンバー率いるアイカツ連合軍が逃走中で対決!

今回ゲームに挑むのは様々な作品から集められた40名の逃走者。
1人でも多く生き残り賞金400万円を山分けできるのはどちらのチームだ!?


~逃走者~

ーヘキサ連合軍ー
ヘキサ(作者組)
一条楽ニセコイ
上条当麻(とある魔術の禁書目録)
吉井明久(バカとテストと召喚獣)
坂本雄二(バカとテストと召喚獣)
土屋康太(バカとテストと召喚獣)
木下秀吉(バカとテストと召喚獣)
相楽誠司(ハピネスチャージプリキュア!)
星宮らいち(アイカツ!)
幸平創真(食戟のソーマ)
ウェンディ・マーベル(FAIRY TAIL)
エルザ・スカーレット(FAIRY TAIL)
リサーナ・ストラウス(FAIRY TAIL)
金田一一(金田一少年の事件簿R)
七瀬美雪(金田一少年の事件簿R)
速水玲香(金田一少年の事件簿R)
鬼塚一愛(SKET DANCE)
モンブラン博士(作者組)
ヤード(作者組)
早紀(作者組)

ーアイカツ連合軍ー
星宮いちご(アイカツ!)
霧矢あおい(アイカツ!)
紫吹蘭(アイカツ!)
藤堂ユリカ(アイカツ!)
神崎美月(アイカツ!)
大空あかり(アイカツ!)
虹野ゆめ(アイカツスターズ!)
友希あいね(アイカツフレンズ!)
湊みお(アイカツフレンズ!)
姫石らき(アイカツオンパレード!)
高坂穂乃果(ラブライブ!)
南ことり(ラブライブ!)
小泉花陽(ラブライブ!)
矢澤にこ(ラブライブ!)
高海千歌(ラブライブ!サンシャイン!!)
本田未央アイドルマスターシンデレラガールズ
渋谷凛アイドルマスターシンデレラガールズ
新田(作者組)
しゅんぽこ(作者組)
ゆうき(作者組)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.16 )
日時: 2019/11/15 18:53
名前: モンブラン博士

今回の賞金は山分けなのですね。質問の回答で出たプリキュアの着替えというのがどういうものか気になります。もしかしてデータカードダスのことでしょうか?

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.17 )
日時: 2019/11/15 20:17
名前: 新田

初めから歌ですね!

自分歌うときはあまり良くないんです。

もし歌うとしたら外国語ですね!

それでは!

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.18 )
日時: 2019/11/17 17:55
名前: ヘキサ

To.モンブラン博士さん
今回はチーム戦なので賞金は山分け方式となります!
質問の解答で表しているのはマグネットの方です。

To.新田さん
今回の更新は歌・ダンスが主流ですw

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.19 )
日時: 2019/12/18 17:15
名前: ヘキサ

パチパチパチパチ!


エルザ
「ふむ・・・余興としては中々良かったぞ」


あいね
「ヘキサさんってダンス踊れるんですね!」


ヘキサ
「(ゴクゴク←水分補給)あ~疲れた」



「まあ良かったんじゃないか?・・・










 って、おい!」バシッ!


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「???」



「2つツッコませてくれ、まずさっきのCM何だよ!?」


一同
「「wwwww」」


(実はCM映像全員観てました)


ヘキサ
「吉本坂46二期生オーディション投票(投票期間は終わりました)を呼び掛ける自主制作CM」


海未
「あれほぼ国会議員の選挙CMですよね?」(汗)


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「だって今年の参議院選挙で山形県の選挙動画にスパイク(小川暖奈・松浦志穂)の2人・
 榊原徹士さん・小寺真理さん・水玉れっぷう隊ケンさんと5人の吉本坂46メンバー出てたから
 似たようなの作ろうかなと思って・・・」



「知るか!」


ヒメコ
「というかお前ら(明久・当麻・ウェンディ)いつの間に参加してたんやな・・・」


ウェンディ
「はい・・・ヘキサさんに頼まれて」(汗)


当麻
「まあ俺らは日常系小説でよく吉本坂の話も聞いてるからな」


明久
「うん」


らいち
「色々やってるんですね・・・」



「そしてあのダンスどこから仕入れたんだ?」


ヘキサ
「あれね・・・吉本坂46REDのキャプテンであるまちゃあきさんが所属している
 ユニット『エグスプロージョン』の関ヶ原の戦い動画からアレンジした」


にこ
「みんな吉本坂じゃないのよ!」


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「ちなみにまちゃさんの相方・おばらよしおさんとその動画に参加していたダンサーの
 ひとりでできるもんさんも二期生オーディション受けてるから是非よろしく!」



「さらっと宣伝入れるな!」バシッ!


一同
「「wwwww」」


花陽
「ところであの男の人は?」


ヘキサ
「この人?この人はよく個別で僕にボイメンや吉本坂46のダンスを教えてくれる
 専属ダンサーの高岡さん」


高岡さん(オリジナル)
「どうも高岡です」


穂乃果
「普通に知らない人・・・」(汗)


一同
「「wwwww」」


ソーマ
「じゃああのジャージを着てる女の子は?」


ヘキサ
「あっ、その子は何人か知ってる人だよ!お面外していいよ!」


スチャ(お面を外す)











黒沢凛(アイカツ!)
「黒沢凛です、今日はダンサーとしてここに来ました!」


あかり
「凛ちゃん!?来てたんだね!」



「はい!ヘキサさんからお話を頂いて・・・」


ヘキサ
「とにかく本日はありがとうございました」


高岡さん
「いえいえ」


いちご
「凛ちゃん凛ちゃん」(小声)



「はい?」


あおい
「ちょっと服をここのライン(おへそが見える位置)まで上げてみて」(小声)



「え?どういう事ですか・・・?」



「いいからいいから、結構面白い状況になるぞ」(小声)



「わ、分かりました・・・とりあえず」ピラッ


モンブラン博士
「むっ!///」


ヘキサ
「いや~ 凛ちゃんも本当に・・・





 おおおおおおおおおおい!///」バサッ!



「えっ?どういう事ですか?」


ユリカ
「アイツは私達のへそによく分からないけど弱いのよ」



「あっ、だからレッスンの時お腹が見える服装はNGというルールがあったんだ」


ことり
「そんなルールがあったんだね・・・」(汗)


ヘキサ
「凛ちゃん!頼むからしまって!///」


一同
「「wwwww」」


次回、オープニングトーク終了!

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.20 )
日時: 2019/11/20 16:26
名前: ヘキサ

いちご
「そうだ!私いいアイデア思いついたんだけど、
 賞金だけじゃなく負けた方のチームの誰かに罰ゲームとかやってもらうのはどう?」


一同
「「お~~~~~!」」


リサーナ
「面白そうだねそれ!」


ヘキサ
「僕は全然OKだよ、最悪僕一人受けるから。
 じゃあ内容はどうしよっか・・・」



「何言ってるんだよ、もうあたしらの罰ゲームは決まってるだろ?」


ヘキサ
「えっ?」



「服をこの位置(おへそが見える位置)まで上げればいいんだろ?」


ヘキサ
「いやいやいや!それ僕に対する罰ゲームでしょ!」(汗)


一同
「「wwwww」」


あおい
「遠慮する必要はないわよ、ずっと思ってたんだけど本当は(おへそ)見たいんじゃないのかな~?」(悪い笑顔)


穂乃果
「そういえばヘキサ君前にTwitterで私のおへそが見えてた写真載せていたよね~?」


ヘキサ
「(ギクッ!)いやあの日は『いいおなかの日』だったから便乗しようかと思っただけで・・・」


穂乃果
「見たいなら見せちゃおうかな~?」



「何の脅迫だよこれ?」


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「そういうのじゃなくて・・・これは自分で指定させて!」


ゆめ
「じゃあどんな罰ゲームするんですか?」


ヘキサ
「じゃあ僕のチームが勝ったら・・・





 アイカツ連合軍から4人選出して吉本坂46CC5の『イケメン騎士団』を一緒に踊って貰おうかな」



「どんな罰ゲームだよ!?」


一同
「「wwwww」」


早紀
「ただ誰かと一緒に吉本坂の曲踊りたいだけですよね?」


ヘキサ
「そう」


美雪
「否定しないんですか!」(汗)


らき
「ところでその『イケメン騎士団』ってどんな曲ですか?」


ヘキサ
「それなら、ゆうきさん・ヤードさん・しゅんぽこさんこっちに」


ゆうき
「前に一回だけ披露したアレですね!」


(カキコ版CC5については後日日常系小説で公開します!)


しゅんぽこ
「今日はナツいないけどw」


ヤード
「いっちょやりますか!」


ヘキサ
「せーの・・・」


4人
「「♪イケメン騎士団を今日からよろしく 時に盾になり 時に矛になり」」


千歌
「ヘキサさんが一番動きがキレキレだね」(汗)


一同
「「wwwww」」


4人
「「♪僕たちは愛のソルジャー」」


ヘキサ
「こんな感じ」


あいね
「地味に恥ずかしそうなダンスだね・・・」(汗)


みお
「同じく・・・」(汗)


一同
「「wwwww」」


いちご
「じゃあヘキサ君のチームが負けたらどうするの?」


ヘキサ
「そうだな・・・





 ジャニーズの曲を一曲歌う!」



「何でだよ!?」


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「NEWSの『チャンカパーナ』で」



「待て待て待て、何でジャニーズ歌うのがお前の罰ゲームなんだよ」


ヘキサ
「当たり前でしょ!ボイメンやエビダンを推している僕にとって
 ライバルのジャニーズを歌うという事は屈辱以外ないんだから!」


一同
「「wwwww」」


新田
「そこまで意識する事は無いと思うんですけど・・・」(汗)


次回、ついにオープニングゲーム!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。