二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ 決着!
日時: 2020/11/22 14:47
名前: ヘキサ

ヘキサ版逃走中特別編!

今回の舞台は「ショッピングモール」。
2019年12月25日クリスマスの日にBOYS AND MEN・アイカツ・吉本坂46の新曲CDが同時発売!
その前哨戦としてヘキサ率いるヘキサ連合軍とSoleilメンバー率いるアイカツ連合軍が逃走中で対決!

今回ゲームに挑むのは様々な作品から集められた40名の逃走者。
1人でも多く生き残り賞金400万円を山分けできるのはどちらのチームだ!?


~逃走者~

ーヘキサ連合軍ー
ヘキサ(作者組)
一条楽ニセコイ
上条当麻(とある魔術の禁書目録)
吉井明久(バカとテストと召喚獣)
坂本雄二(バカとテストと召喚獣)
土屋康太(バカとテストと召喚獣)
木下秀吉(バカとテストと召喚獣)
相楽誠司(ハピネスチャージプリキュア!)
星宮らいち(アイカツ!)
幸平創真(食戟のソーマ)
ウェンディ・マーベル(FAIRY TAIL)
エルザ・スカーレット(FAIRY TAIL)
リサーナ・ストラウス(FAIRY TAIL)
金田一一(金田一少年の事件簿R)
七瀬美雪(金田一少年の事件簿R)
速水玲香(金田一少年の事件簿R)
鬼塚一愛(SKET DANCE)
モンブラン博士(作者組)
ヤード(作者組)
早紀(作者組)

ーアイカツ連合軍ー
星宮いちご(アイカツ!)
霧矢あおい(アイカツ!)
紫吹蘭(アイカツ!)
藤堂ユリカ(アイカツ!)
神崎美月(アイカツ!)
大空あかり(アイカツ!)
虹野ゆめ(アイカツスターズ!)
友希あいね(アイカツフレンズ!)
湊みお(アイカツフレンズ!)
姫石らき(アイカツオンパレード!)
高坂穂乃果(ラブライブ!)
南ことり(ラブライブ!)
小泉花陽(ラブライブ!)
矢澤にこ(ラブライブ!)
高海千歌(ラブライブ!サンシャイン!!)
本田未央アイドルマスターシンデレラガールズ
渋谷凛アイドルマスターシンデレラガールズ
新田(作者組)
しゅんぽこ(作者組)
ゆうき(作者組)

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.27 )
日時: 2019/12/18 17:21
名前: ヘキサ

何はともあれ、アイカツ連合軍・高坂穂乃果の挑戦。


穂乃果
「どうしよっかな?もうどれもハズレに見えて怖いよ・・・」


しゅんぽこ
「着々と減ってますからね・・・」


あいね
「緊張感が凄いですよ・・・!」


穂乃果
「決めた!小豆色!」


あおい
「どうして?」


穂乃果
「私の実家和菓子屋だから!」


ゆうき
「言われてみればw」


一同
「「wwwww」」


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


クリアか?ハンター放出か?


穂乃果
「お願い!」ジャラッ










シーン・・・


アイカツ連合軍
「「おお~~~!」」


高坂穂乃果、セーフ・・・


穂乃果
「あ!相手チーム向けのドクロマーク!」


なんと、ヘキサ連合軍に対するドクロマークを引き当てた!
これによりヘキサ連合軍は2m前進。


にこ
「穂乃果やるじゃない!」


みお
「ナイスです!」


ヒメコ
「おいおい!おかしいやろそれ!」


ソーマ
「何だよそれ!」


ゆうき
「いやいやルールですから!」(汗)


ヤード
「ヘキサさんリーダーなんですから一言言って下さい!」


ヘキサ
「そうだよ!おかしいでしょ・・・!











 なんでトットと祇園がMー1予選3回戦で敗退するんだよ!」



「何の話だよ!?」


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「ヘンダーソンにマルセイユ、令和喜多みな実も!」



「ちょっと待て、お前はさっきから何の話してるんだ?」


ヘキサ
「え?だって今Mー1グランプリの予選に出場した大阪吉本芸人の話をしているんじゃないの?」



「一言も言ってないだろそんな事!」


一同
「「wwwww」」


にこ
「話を変な方向に持っていくんじゃないわよ・・・」(汗)


続いて挑戦するのは、ヘキサ連合軍リーダー・ヘキサ!


ヘキサ
「さあ行くぞ!シュッ!」


ヒメコ
「またさりげなく吉本坂46メンバーのネタやっとるな・・・」


はじめ
「あれしゅんしゅんクリニックPさんだよな?」


ヘキサ
「いや~ やっぱいざ本番となると緊張するな・・・」



「嘘つけ!」


一同
「「wwwww」」


ユリカ
「やりたい放題やっててどこかが緊張よ・・・」(汗)


いちご
「あははは・・・」(汗)


ヘキサ
「桑田さん!ちょっとこっち来てくれる?」


桑田さん
「はーい」スタスタ


ことり
「ゆうき君の逃走中スタッフさんだ」


海未
「なんで漫才用マイクまで持ってきてるんですか・・・」


ヘキサ
「ちょっとこれから歌を歌って緊張ほぐしたいから、桑田さんアシストお願いできませんか?」


桑田さん
「分かりました、曲は何にしますか?」


ヘキサ
「チェッカーズのギザギザハートの子守唄」


桑田さん
「はい、1,2,3,4・・・」


ヘキサ
「♪ちっちゃな頃から 悪ガキで~ 15で不良と呼ばれたよ~」


桑田さん
「ドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥ、
 ドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥ・・・」←ボイパ中


一同
「「!?!?!?」」


ヘキサ
「♪ナイフみたいにとがっては~ 触わるものみな 傷つけた~」


桑田さん
「ドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥ、ドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥドゥ・・・
 ドゥーン!」


パチパチパチパチ!


ヘキサ
「・・・・・・」(汗)


桑田さん
「歌上手いですね」


ヘキサ
「上手いんお前や!」バシッ!


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「お前だ上手いのは!」


桑田さん
「何ですか?」


ヘキサ
「何ですかじゃないですよ!みんなニタニタしながら貴方を見てたじゃないですか」


桑田さん
「いや、アシストしようと思いまして・・・」


ヘキサ
「何がアシストですか!僕の歌なんか誰も聴いてなかったですよ」


桑田さん
「そうですね、チッチャナコロカラワルガキデ~」


ヘキサ
「やめぃ!」バシッ!


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「いくらなんでもそんな歌い方してないですよ!」


桑田さん
「冗談ですよ冗談」


ヘキサ
「でもお陰で緊張がほぐれました。ありがとうございます!」


桑田さん
「いえいえ」


ヘキサ
「さあ行きますか!」


一同
「「いやいやいや!」」(汗)


あかり
「今の何ですかこれ!」(汗)


ヘキサ
「トット(多田智佑・桑原雅人)の特技披露ネタ」


ゆめ
「知らないですよ!」(汗)


一同
「「wwwww」」


ゆうき
「ヘキサさん本当にマニアックなネタを持ってきますね・・・」


次回、ヘキサの鎖引きゲーム挑戦!

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.28 )
日時: 2019/12/12 22:22
名前: ヘキサ

ヘキサ
「いよ~し!緑色の鎖を引く!」


ウェンディ
「どうしてですか?」


ヘキサ
「トットの衣装と言ったら緑なんで」


ヒメコ
「ええわもうトットの話は!」


一同
「「wwwww」」


明久
「どんだけトット好きなんですか・・・」


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


クリアか?ハンター放出か?


ヘキサ
「天下奪取!」ジャラッ










シーン・・・


ヘキサ連合軍
「「おお~~~~~!」」


ヘキサ、セーフ・・・


ヘキサ
「あっ!アイカツ連合軍宛のドクロマークだ!」


雄二
「マジかよ!」


玲香
「これでプラマイゼロね!」


ヘキサ
「しゃあーーーーー!!!」


らき
「そんなぁ~・・・」


未央
「やり返されちゃったか~・・・」


ヘキサ
「この調子でヘキサ連合軍が・・・オープニングゲームに絶対勝ちま~きのっ!」


ヒメコ
「今度はおばたのお兄さんかい!」バシッ!


にこ
「古いわよ!」


一同
「「wwwww」」


konakun.
「九番目の挑戦者は、アイカツ連合軍・南ことりとヘキサ連合軍・鬼塚一愛です」


ことり
「今度は私の番だね・・・」


ヒメコ
「よっしゃー!負けへんで!」


konakun.
「まずはことりさんから」


ゆうき
「ことりちゃん頑張って!」


ことり
「うん!ゆうき君の応援があれば大丈夫♪」


ゆうき
「ことりちゃん・・・///」


にこ
「だからバカップルを発動するんじゃないわよ!」


ことり
「ダメだよそんな事言っちゃ!
 今度そんな事を言ったら・・・ことりのおやつにしちゃうぞ~!」











ヘキサ
「♪テレテッテッテッテッテッテ テレテッテッテッテッテッテ
 テレテッテッテッテッテッテ テッテッテ」


一同
「「!?!?!?」」


桑田さん
「ドゥドゥ、ドゥドゥ・・・」←ボイパ中


ヘキサ
「♪テレテッテッテテ・・・」



「何やってんだよ!?」バシッ!


ヘキサ
「え?」



「なんで急に歌いだすんだよ?」


ヘキサ
「だって今からトットのキューピー3分クッキングネタやるんじゃないの?」



「そんななわけあるか!」(汗)


一同
「「wwwww」」


ことり
「そもそも私トットの事知らないし・・・」


秀吉
「どんなネタなのじゃ?」


ヘキサ
「よし分かった、じゃあそのネタ紹介する!僕がボケ担当桑原さんのポジションやるから
 もう一人はツッコミの多田さんみたいにさっきのキューピーのリズムやってくれない?」


あおい
「それなら私がやるわ。あまりよく分からないけど・・・」(汗)


ヘキサ
「大丈夫!あのネタは頭の中に入ってるからいざとなったらフォローする!」


しゅんぽこ
「これ芸人のネタ見せ的な展開になってません?」(汗)


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「じゃあいくぞ、キューピー3分クッキング」


次回、何故かトットのキューピー3分クッキングネタ紹介?

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.29 )
日時: 2019/12/15 17:00
名前: ヘキサ

ヘキサ
「じゃあいくぞ、キューピー3分クッキング」


あおい
「♪テレテッテッテッテッテッテ・・・」


ヘキサ
「(軽くお辞儀)皆さんこんにちは、本日紹介するお料理は・・・カップラーメンです」


あおい
「いや3分だけど!」(汗)


一同
「「wwwww」」


ヘキサ
「お湯を・・・」


あおい
「お湯をじゃなくて・・・ちゃんとした料理紹介して」(汗)


ヘキサ
「キューピー3分クッキング」


あおい
「♪テレテッテッテッテッテッテ・・・」


ヘキサ
「(軽くお辞儀)本日紹介する料理は・・・グリーンピースのハンバーグ添えです」


あおい
「逆でしょ!」


一同
「「wwwww」」


あおい
「どっちメインにしてるの!ハンバーグがメインでしょ?」(汗)


ヘキサ
「キューピー3分クッキング」


あおい
「♪テレテッテッテッテッテッテ・・・」


ヘキサ
「♪~~~」(謎の動き)


あおい
「?」


ヘキサ
「本日紹介する料理は・・・温かい冷麺です」


あおい
「どうやって作るの!」


一同
「「wwwww」」


あおい
「冷たいから冷麺でしょ!」


ヘキサ
「キューピー3分クッキング」


あおい
「♪テレテッテッテッテッテッテ・・・」


ヘキサ
「(謎の動き)本日紹介する料理は・・・フォアグラ、キャビア、トリュフのクッキーです」


あおい
「何その訳の分からない料理!」


一同
「「wwwww」」


あおい
「勿体無いから止めて!」(汗)


ヘキサ
「キューピー3分クッキング」


あおい
「♪テレテッテッテッテッテッテ・・・(いつまで続くのよ・・・(汗))」


ヘキサ
「(謎の動き)本日紹介する料理は・・・アレとアレを焼いた何かです」


あおい
「分かってないじゃない!」


一同
「「wwwww」」


あおい
「ちゃんと紹介して!」


ヘキサ
「キューピー『30分』クッキング」


あおい
「♪テレテッテッテッテッテッテ・・・長いわよ!」


一同
「「wwwww」」


あおい
「3分よ3分!」


ヘキサ
「キューピー『3時間』クッキング」


あおい
「♪テレテッテッテッテッテッテ・・・もっと長くなってるじゃない!」


一同
「「wwwww」」


あおい
「3分だって!」


ヘキサ
「キューピー3分クッキング」


あおい
「♪テレテッテッテッテッテッテ・・・」


ヘキサ
「♪~~~」(謎の動き)


あおい
「さっきから何やってるの!」


一同
「「wwwww」」


あおい
「この手は何?」


ヘキサ
「キューピー」


あおい
「やらなくていいから!」(汗)


ヘキサ
「・・・・・・」ヒョイヒョイ(手を動かす)


あおい
「いやいや・・・よくこんな動き見るけど!」(汗)


一同
「「wwwww」」


ことり
「あの~?そろそろ鎖引きに行っていいかな?」


ヘキサ
「え~~~?だってこれからアシスタントの橋爪君が暴走するシーンに入るんだけど・・・」



「誰も求めてないだろ!」バシッ!


一同
「「wwwww」」


らいち
「そんなにトットが好きなんですねヘキサさん・・・」(汗)


ことり
「どれにしようかな?決めた!トリコロールにするよ!」


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


クリアか?ハンター放出か?


ことり
「おねがぁい!」ジャラッ










シーン・・・


アイカツ連合軍
「「おお~~~!」」


南ことり、セーフ・・・


ことり
「ドクロも無いよ!」


ゆうき
「やったねことりちゃん!」


ことり
「うん♪」ギュー


にこ
「だからいちいち抱き合うんじゃないわよ!」


一同
「「wwwww」」


千歌
「誰かあの2人止めてくれないかな~?」


ヘキサ
「よし、ここは僕に・・・」スタスタ


美雪
「何をする気ですか・・・?」(汗)


ヘキサ
「ダメだよゆうきさん、そんな抱き方じゃ」


ゆうき
「えっ?」


いちご
「へ、ヘキサ君・・・?」


(2人が離れたのを見計らって)


ヘキサ
「どうせならこれくらいで・・・!」










ギュッ!(ことりをバックハグ)


ことり
「!?!?///」


♪DESEO(BOYS AND MEN誠)


一同
「「!?!?!?」」


ヘキサ
「もう俺にしちゃいないよ、ゆうきさんに遠く及ばないかもしんねぇけど・・・
 お前を幸せにしたいという気持ちは・・・誰にも負けねぇから」←演技中


♪愛しささえ ひとりじゃ 抱えていても切ない 溢れるほど 僕のそばで 
 輝いてる 君を感じたくて~


ことり
「ちょっ、ちょっとヘキサ君・・・?///」



「何やってんだよ!」バシッ!


ヘキサ
「いてっ!」


一同
「「wwwwwwwwww」」


ゆうき
「ヘキサさんいきなり何してるんですか!」(汗)


ヘキサ
「ちょっと折角だからボイメンらしいラブストーリー的なカップルを
 ことりちゃんと表現しようかと思って・・・」



「何故ボイメンを意識する必要があるんだ!」


一同
「「wwwww」」


未央
「そこ普通ならジャニーズだよね?」


ヘキサ
「何言ってんの!今の時代はボイメンだよ!」


ウェンディ
「その通りです!」


ヒメコ
「ウェンディは乗っからんでもええやろ」


ウェンディ
「あっ、つい・・・///」


一同
「「wwwww」」


ことり
「いきなりだったからドキドキしちゃったよ~」


ヘキサ
「ごめんごめん」


ことり
「でもことりの心を弄んだ償いはしてもらうよ?」(悪い笑顔)


ヘキサ
「えっ?どういう事?」


ことり
「それはもちろん・・・










 こういう事♪」グイッ


ヘキサ
「って、ちょっとストーーーーーップ!!!///」


モンブラン博士
「なっ!?///」


ゆうき
「うおっ!?(ことりちゃんのおへそ!)///」


康太
「ぐはっ!///」ブシャーーーーー!


一同
「「wwwww」」



「予想通りの展開だなw」


ことり
「これでお返しは済んだね♪」


海未
「ことり!そんなみだらに自分のお腹を見せるんじゃありません!」


穂乃果
「まあまあ~ 海未ちゃんそんな固い事言わずに~」


海未
「穂乃果まで!」


穂乃果
「そうだ!どうせなら海未ちゃんもおへそ見せちゃおうよ!」グイッ(海未の服をまくる)


海未
「きゃあああ!///」ピラリ


ヘキサ
「ぐはあ!2連発は止めて~~~!///」


モンブラン博士
「これは効いた・・・///」ガクッ


海未
「もう穂乃果!///」


穂乃果
「だってステージ衣装でもお腹出てるの着る事だってあるんだから似たような物じゃないの?」


海未
「それとこれとは話が別です!///」


ヘキサ
「余計な事しなきゃ良かった・・・///」


雄二
「調子に乗ったツケが倍になって帰って来たような物か?」


一同
「「wwwww」」


次回、ヘキサ連合軍・鬼塚一愛の挑戦!

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.30 )
日時: 2019/12/18 17:23
名前: ヘキサ

konakun.
「ヘキサ連合軍・鬼塚一愛、どうぞ!」


ヒメコ
「やっとウチの番や・・・」


ヘキサ連合軍9番目の挑戦者は、鬼塚一愛。


ゆめ
「すごく喧嘩が強そうなオーラが漂ってるね・・・」


ヒメコ
「当たり前や!ウチは泣く子も黙るスケット団武闘担当の・・・」










ヘキサ
「あゆで~~~す!」(アフレコ風に)


ヒメコ
「(キュピーン♪←咄嗟にセリフに合わせる)違うわ!」バシッ!


一同
「「wwwww」」


ヒメコ
「ウチ浜崎あゆみちゃうわ!」


ヘキサ
「浜崎あゆみさんじゃないよ、かりすま~ずのあゆさん」


ヒメコ
「どっちでもええわ!」


ソーマ
「その前にその人誰なんですか?」


ヘキサ
「主に浜崎あゆみさんのモノマネをする夫婦漫才師さん。
 今吉本坂46二期生オーディション受けてる最中だよ」


※現在あゆさんは四次審査に進出してます!是非チェックです!



「また吉本坂かよ!?」


一同
「「wwwww」」


ヒメコ
「まあともかく・・・どの色がええかな~?」


誠司
「本当にいつハンターが出てくるか分からないぞ・・・」


ヒメコ
「おっしゃ!直感で浅葱色や!」


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


クリアか?ハンター放出か?


ヒメコ
「おりゃあああ!」ジャラッ










シーン・・・


ヘキサ連合軍
「「おぉ~~~・・・!」」


鬼塚一愛、セーフ・・・


ヒメコ
「ああしもた!ドクロや!」


しかし、ドクロマークだ・・・


しぶりん
「あっ!相手チームがドクロマーク引いたみたい」


新田
「よし!これはいいぞ!」


ヒメコ
「みんなすまへん・・・」


はじめ
「大丈夫大丈夫!クリアすればどうって事ないんだから!」


当麻
「勝負はまだまだこれからだ!」


ヘキサ連合軍は、また2m前進。


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


残る鎖は22本!


konakun.
「10番目の挑戦者は、アイカツ連合軍の小泉花陽とヘキサ連合軍のリサーナ・ストラウスです」


花陽
「ドキドキします・・・」


リサーナ
「花陽ちゃん、お互い頑張ろうね!」バッ!(手を出す)


花陽
「は、はい!(ギュゥゥゥ!)ひいっ!?」ゾクッ


リサーナ
「仲良くやろうね~~~・・・?」ゴォォォォォ・・・!


ヤード
「な、なんだよこれ・・・」


みお
「リサーナさん何か花陽さんに恨みでもあるんですか?」


ゆうき
「お、俺知らな~い・・・!」←思い当たる節あり


ともかく、アイカツ連合軍・小泉花陽の挑戦!


花陽
「白にします!大好きな白米の色で勝負します!」


いちご
「花陽ちゃんらしい選択だね♪」


花陽
「引きます!」


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


クリアか?ハンター放出か?


花陽
「それっ!」ジャラッ










シーン・・・


アイカツ連合軍
「「おお~~~~~!」」


小泉花陽、セーフ・・・


花陽
「ひゃあああ!ドクロマークでした!」


しかし、ドクロマーク・・・


康太
「ドクロだ!」


花陽
「ごめんなさい・・・」シュン・・・


ことり
「大丈夫♪」


にこ
「クリアすればどうって事ないんだから!」


千歌
「後は任せて!」


花陽
「みんな・・・」


はじめ
「敵ながら素晴らしいチーム愛だな」


ヘキサ
「ちっ、ちくしょう・・・泣ける話だぜぇ!!!」



「やかましいわ!」バシッ!


一同
「「wwwww」」


リサーナ
「いくわよ!」ジャラッ


そしてこの後、リサーナも紫の鎖を引いてクリアとなった!


リサーナ
「OK!」


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


残る鎖は、20本・・・

Re: 逃走中特別編~ヘキサ連合軍vsアイカツ連合軍~ ( No.31 )
日時: 2019/12/18 17:46
名前: ヘキサ

konakun.
「11番目の挑戦者は、アイカツ連合軍の藤堂ユリカとヘキサ連合軍のウェンディ・マーベルです」


ユリカ
「ついに私の番ね!」


ウェンディ
「緊張しますが・・・チームの皆さんの為に頑張ります!」


konakun.
「まずは藤堂ユリカから」


ユリカ
「やってやるわよ!」


いちご
「ユリカちゃん頑張って!」


ユリカ
「もちろん!吸血鬼の血を引くユリカ様が失敗するわけがないわ!」


はじめ
「何言ってるんだ!吸血鬼なんてこの世に存在しねぇ!
 いつかお前の正体を明かしてやる・・・ジッチャンの名に懸けて!」


玲香
「金田一君・・・今のセリフカッコ良い!///」ポッ


ゆうき
「この流れ、前に自分の小説で書いたような・・・?」


あおい
「そんな事はないです!ユリカちゃんは正真正銘の吸血鬼の末裔よ!」


ヘキサ
「そうだぞはじめ!ユリカちゃんの正体は、そう・・・











 8号車(超特急ファン)だ!」


ズドドドドドッ・・・!(全員ズッコケた)


ユリカ
「全然違うわよ!というか『8号車』って何なのよ?」


ヘキサ
「え?だってゆうきさんの小説でよく『撮れ高』というワードが出てるから
 僕と同じく超特急ファンで『トレタリ』観てるんじゃないの?」


あかり
「トレタリ?」


ヘキサ
「『超特急の撮れ高足りてますか?』」


※フジテレビONE/TWO/NEXTで放送されている超特急の冠番組


ユリカ
「観てないわよ!」(汗)


一同
「「wwwww」」


ユリカ
「茶化すんじゃないわよ・・・」


花陽
「でも確かにゆうきさんの小説では準レギュラーですけど・・・
 あまり結果は残せていないですよね?」


ユリカ
「確かにその通りだけど心配はいらないわ、
 なんとかこれで印象を残せているから・・・」グイッ(服をまくる)


ヘキサ
「見せんでいい!///」


モンブラン博士
「またか・・・!///」


康太
「グハッ!///」


ソーマ
「決まったように3人がこの反応か・・・」(汗)


はじめ
「おおっ!これで今日何度目のサービスだ?」


美雪
「もうはじめちゃんったら・・・」(汗)


ユリカ
「とにかく鎖の色は・・・紺色にするわ!」


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


クリアか?ハンター放出か?


ユリカ
「いくわよ!」ジャラッ











シーン・・・


アイカツ連合軍
「「おお~~~!」」


藤堂ユリカ、セーフ・・・


ユリカ
「ドクロも無し、上々ね」


ウェンディ
「ハンター近いから怖いです・・・」


続いて挑戦するのは、ウェンディ・マーベル。



「何色だ~?」


ウェンディ
「ビリジアンにします!
 ボイメンの小林豊さんや吉原雅斗さんのテーマカラーに近いですから!」


早紀
「良いねその選択!」


エルザ
「相当ヘキサの影響を受けているみたいだな」


一同
「「wwwww」」


白ハンター×4&赤ハンター×4
「「・・・・・・」」


クリアか?ハンター放出か?


ウェンディ
「お願いします!」ジャラッ










シーン・・・


ヘキサ連合軍
「「おおーーーーー!」」


ウェンディ、セーフ・・・


ウェンディ
「あ~~~!ドクロです!」


しかし、ドクロマークを引いてしまった・・・


ウェンディ
「ごめんなさい・・・」シュン・・・


明久
「ああっ、落ち込んじゃったよ」


ヘキサ
「大丈夫!僕が元気の出る曲歌うよ!」


ヒメコ
「また歌うんかい!」ビシッ!


ヘキサ
「♪少しずつでも~ 形にしてゆけば~ きっと 未来は変わるよ~ 想いを超えて・・・」



「曲は良いけどその曲知らんわ!」バシッ!


一同
「「wwwww」」


みお
「これ霜降り明星のネタですよね?」(汗)


ウェンディ
「これボイメンの『Chance for Change』ですよね?元気出ました!」


雄二
「元気出たのかよ!」


次回、OPゲーム決着・・・?


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。