二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中5th. ~The tRuth I'm XXXXX~
日時: 2020/10/19 23:09
名前: konakun. ◆JmugMwQdvQ






Deliver me from evil.






逃走者(36名)
天宮こころ (にじさんじ) (初)
榎並清瀬 (スロウスタート) (初)
音無伊御 (あっちこっち) (初)
クロエ・ルメール (ガールフレンド(仮) ) (初)
黒雪姫 (アクセル・ワールド) (初)
小雪芹 (ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。) (初)
桜衣乃 (おちこぼれフルーツタルト) (初)
佐倉千代 (月刊少女野崎くん) (初)
狭山椿 (あんハピ♪) (初)
Ga.c=evo. (作者勢) (初)
椎名心実 (ガールフレンド(仮) ) (初)
七条アリア (生徒会役員共) (初)
ショコラ (ネコぱら) (初)
白鬼院凜々蝶 (妖狐×僕SS) (初)
白銀御行 (かぐや様は告らせたい) (初)
関野ロコ (おちこぼれフルーツタルト) (初)
千石冠 (スロウスタート) (初)
園田優 (桜Trick) (初)
高山春香 (桜Trick) (初)
津田タカトシ (生徒会役員共) (初)
天悪 (作者勢) (初)
ネクスタ (作者勢) (初)
野崎梅太郎 (月刊少女野崎くん) (初)
バティスタ (UNDER NIGHT IN-BIRTH) (初)
パトリシア・オブ・エンド (ノラと皇女と野良猫ハート) (初)
花小泉杏 (あんハピ♪) (2)
花鳥兜 (ぼくのとなりに暗黒破壊神がいます。) (初)
柊かえ (Re:ステージ!) (初)
骨眼鏡 (作者勢) (2)
本城香澄 (Re:ステージ!) (初)
御狐神双熾 (妖狐×僕SS) (初)
湊智花 (ロウきゅーぶ!) (初)
御庭つみき (あっちこっち) (初)
雄介 (作者勢) (2)
四号 (うぃとる) (5)
霊幻新隆 (モブサイコ100) (初)

逃走者紹介:>>1-3


見所?
○とある街での逃走中…!
○悪魔陣営と天使陣営が協力して逃げる!
○少女の夢で織り成される物語…!?
○作者勢、若者から敬老会まで幅広く登場!
○フルーツタルト&KiRaRe、頑張りますっ!
○女子バスケ部員に火焔少年、まったく、小学生は(ry
○ツンしゅん×ツンネコですってよ…
○春優、逃走中でも百合するのか…!?←
小雪芹ゲシュテーバー平穏ツッコまずに逃げたい。
○さぁ、狂エ、逃ゲまくレ……!!!

Page:1 2 3



Re: 逃走中5th. ~The tRuth I'm XXXXX~ ( No.11 )
日時: 2020/11/08 01:20
名前: konakun. ◆JmugMwQdvQ

予選 15:24

こころ「はっ!か、噛んでしまいました、かつぜちゅ、あ、かか、かちゅぜ…」


骨眼鏡「いや、無理して言わなくていいから…」



凜々蝶「邪魔が入ったが、何とか見つけられたな」


タカトシ「ここで捕まったら会長に大目玉食らうからな…良かった」


予選時間は半分を経過、前回新たに2組のペアが成立し、残りの結成可能ペア数は10組となった…



天悪「おっ、骨眼鏡師匠突破っすか!?天悪も続かなきゃですよこいつは!」


御狐神「凜々蝶様、僕ももうすぐそちらへ向かいます」


対して残る逃走者は23名、本戦への切符を掴める20名の枠の中に入れるのは誰だ…!?




【予選クリア者待機所】

小雪「花鳥くん…あんな約束しといて捕まらないでよ…!」


パトリシア「それは残念だったわね…」


香澄「しかし、一向に人が増えないね…大丈夫なのかな?」



骨眼鏡「おー、やっぱ人少ないな、30人もクリアできんのか…?」


ネクスタ「あ、骨眼鏡さんどうもです、それに…こころ、だっけ?」


こころ「はい、にじさんじ所属の天宮こころです、骨眼鏡さんと組んでましゅっ、あ」


ネクスタ「(うんうん、可愛いからいい…←)」



凜々蝶「はぁ…流石にここまでは来ないだろう」


タカトシ「そうなんだけどなんかまた来んじゃねえかとか思って全然安心できねぇ…」


ショコラ「ハンターに追いかけられたの?大丈夫だった?」


凜々蝶「ハンターではないのだが…ある意味ハンターよりも恐ろしい存在だった…」


タカトシ「あれは俺が出会ってきた人物の中で間違いなく一番の変態だ…しかもお土産に鞭渡された、何に使えばいいんだこれ」


骨眼鏡「(マジで誰と何があったんだ…?)」


役員お墨付きですよ…←




【牢獄】

春香「うぅ〜、優ちゃんと一緒に逃げたいよ〜、出してー…」


アリア「春香ちゃん、随分前から捕まってたみたいだからね…」


兜「くっ、この俺が囚われの身となるとは…!」



スタッフ「アリアさんの落とした鍵ってこれですか?」


アリア「えーと…あっ、これです!ありがとうございます」

アリア「ふぅ…ちゃんと戻ってきて良かったわ」


書記さん、落し物無事回収…



春香「それ、何の鍵なんですか?」


アリア「貞○帯よ」


春香「Σ(°Д°;」


兜「てー…何だそれ?」


アリア「えっとねぇ…」



アリア「簡単に言うと、自分の中の穢れた心を封じ込めておくものかしら?」


兜「自分の中の穢れた心…成程、俺もこの右目に暗黒破壊神を宿しているんだ…!」


アリア「うふふ、お互い大変みたいね…」


兜「鎮まれ俺の右目…!まだ覚醒の時ではない…!」


春香「(兜くん絶対勘違いしてる!けどこのままでいて!)」


とんでもねーミックステイストだぜ…←





『不幸クラスの「アレ」の中の人
 狭山椿ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ︎︎ 』

椿「うぅ…出来れば、このまま誰も来ないで…!」


予選開始以降、ずっと隠れ続けている椿……ん?



カメラマン「…あ、あの、ジャケット探さないんですか?」


椿「ぼぼ、僕が知らない人と2人組を作るなんて…無理無理無理無理…!」


最低でも動かなければ予選は突破できないのだが…!?





椿「…!誰か近づいてる…!」|彡サッ!




??「……」


椿が察知した気配は…!?





















かえ「……あ」


椿「…だっ…誰………!?」


『KiRaReのメカニック
 柊かえㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ』

かえ「かえはかえ、よろしく…」



椿「っ……」


かえ「……」


気まずい時間は…






ガシッ
椿「!、!?!?」



かえ「ついてきて」


椿「ちょ、ちょっと…待っ…!?」


かえが主導権を握った…!



椿「は、離して…!ぼぼ、僕1人でいいから…!」


かえ「1人じゃクリアできない、いいからついてきて」


椿「ひ、ひぃぃ……」


果たして、無事に椿を引き連れてペアを組めるのか…?




『火焔少年
 四号ㅤㅤㅤㅤㅤㅤ』

四号「いやー、主人公なのに出番が6話目とか不遇だな俺…」


主人公のはずの四号…



四号「とにかく見せ場作んなきゃ…というかペア組まなきゃな…」


主人公が予選落ちなど絶対あってはいけないはずだが…!?








天悪「ワービックリシター!?」


四号「うおっ、急に角から飛び出してきた!?こっちこそすみません!」


『自称狂人
 天悪ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ』

天悪「いやいやこっちこそ急に出てきてすまんかった!マジでごめんな四号くん!」


四号「あ、よく考えたらそうだわ」



天悪「(…待ってこの子タイプかもってかこの逃走中男性って時点で貴重なのにショタだぞショタ?これはチャンスでしかないよなそうだよな…!?)」


オタク特有の早口(心の中)?




天悪「あっ、ああ、あの……そうだ↓四号くん↑一緒にペア↓組ま→ないっ!?↑」


四号「いやイントネーションおかしくね大丈夫!?」


10歳差の子供に突っ込まれる書店雑用…



天悪「すまんコミュ障なんだ…えっとそのとりあえず行こうぜぁ!?」


四号「いやいや本当に大丈夫!?」





かえ「ちゃんとついてきてる?」


椿「つつ、ついてきてる…けど……!」



四号「もしかして緊張してます?本戦まだなんですけど…」


天悪「いやぁ、初めて出るやつって緊張するんだよやっぱ…!」



成り行きで2組のペア候補が誕生したが…




装置(黒)「」

2組のいるフロアには黒いジャケットの入った認証装置と…









ハンター2「……」

もう1つ「黒」の存在…!


予選 12:00
逃走者残り33名

ペア結成済(予選突破)
橙 :白鬼院凜々蝶(悪)/津田タカトシ(天)
水 :千石冠(悪)/ショコラ(天)
赤紫:ネクスタ(悪)/本城香澄(天)
灰 :パトリシア・オブ・エンド(悪)/小雪芹(天)
黄 :骨眼鏡(悪)/天宮こころ(天)
(悪)→悪魔陣営、(天)→天使陣営
残り10組結成可

ペア未結成
榎並清瀬/音無伊御/クロエ・ルメール/黒雪姫/
桜衣乃/佐倉千代/狭山椿/Ga.c=evo./椎名心実/
白銀御行/関野ロコ/園田優/天悪/野崎梅太郎/
バティスタ/花小泉杏/柊かえ/御狐神双熾/湊智花/
御庭つみき/雄介/四号/霊幻新隆

確保
七条アリア/高山春香/花鳥兜





コナのお考えsecond(第2話)

(×>ヮ<)<タイヘンタイヘンコンカイシャクガゴビョウシカナイミタイダヨ!?

konakun.「えっそれってすぐ終わ


  終
制作・著作
━━━━━
 (×>ヮ<)

Re: 逃走中5th. ~The tRuth I'm XXXXX~ ( No.12 )
日時: 2020/11/11 10:20
名前: konakun. ◆JmugMwQdvQ


※お詫びっぽいもの
狭山椿を『不幸クラスの転校生』という触れ込みで紹介してたけど、正しくは「最初から7組には所属してて、色々あって途中から登校し始めた」って感じなんです。該当箇所の訂正と共にお詫びさせていただきます。

↓ほんへ




予選 11:59

かえ「ちゃんとついてきてる?」


椿「つつ、ついてきてる…けど……!」



四号「もしかして緊張してます?本戦まだなんですけど…」


天悪「いやぁ、初めて出るやつって緊張するんだよやっぱ…!」


同じ階にいる2組のペア(仮)に…




装置(黒)「」

黒い服と…







ハンター2「……」

黒服の男…!




椿「ち、ちゃんとついてくから…手、離して…!」


かえ「もうちょっとだけ…!」



天悪「兜も気になってたんだが捕まっちゃったんだよなー…」


四号「ああ、あの人なんか雰囲気がさー…」


ハンター2「……」
TARGET[───]








ハンター2「……!」
























かえ「…いる……!」


椿「えっ!?えええ、ええ…っ!」



ハンター2「!……」
TARGET[SAYAMA][HIIRAGI]


引っ込み思案な女子2人が、ハンターに見つかった…!





天悪「おっと待って待って待って、こーれーはーー??」


四号「おっ、装置じゃんか!ジャケットも入ってる!」



装置(黒)「」


一方10歳差ペアは、嬉しい方の黒を見つけた…!



天悪「天使と悪魔…?よくわかんねーけど悪魔で!」


四号「んじゃあ、俺は天使選べばいいんですね?よしっ!」



[DEVIL][ANGEL]

[TENAKU][4GOH]



[ENGAGE]



天悪「よっしゃクリアじゃぁぁぁ!逃げるぜぇぇ!!」


四号「それじゃ頑張りましょう、天悪さん!」



天悪&四号 黒ペア結成
残り9組結成可




かえ「ここまでは追ってこない…?」


椿「うぅぅぅぅ…ハンター怖い…………」



ハンター2「!……」


そして、ハンターに発見された2人も…
















ハンター2「……」
TARGET[───]


距離があったため、逃避に成功した…!



かえ「疲れた…ちょっと休みたい…」


椿「う、うん…」


しかし、しばし休憩を取るようだ…




ぴんぽんぱんぽ〜ん♪

アナウンス『えー、予選もだいぶ煮詰まってきた感じなんでここで残ってるジャケットの位置を教えます』


かえ「む、これはチャンス…!」



アナウンス『このアナウンス時点で、1階、3階、5階、7階、14階、15階、17階、19階、20階、以上9フロアにジャケットが存在します、それじゃ頑張ってくださーい』



椿「…こ、ここ何階だっけ……?というか全部聞き取れなかった…」


かえ「ここは12階、少し登ればあるからもう少し休んでもいいと思う」


椿「そ、そうしよう…!」


会話が苦手な2人が自然に一緒にいるということは、仲良くなった…のかな?




クロエ「Oh!これはGood Newsデス!」


野崎「なるほど、今言った階のどこかに佐倉がいるかもしれないな…」


霊幻「ってことはここにはないってことか…さて、何階に動くのがいいのか」


一方、他の逃走者たちはヒントをもとに動き出す者が多数…!




ハンター1「……」


ハンター2「……」


ただし、ハンター2体は健在なため、注意を怠れば確保されかねない…!



イノ「1階…って、もしかしてここじゃないですか!?」


偶然にもジャケットの存在を通知された階にいたアイドル…



イノ「やっと予選通過できそうです!」




優「あっ、イノちゃーん!」


そして最初にジャケットを発見した優ちゃんと遭遇だ…!



イノ「優さんですね!一緒にペア組みましょう!」


優「いいよー!春香捕まってどうしようかと思ってたよ〜」


当然、すぐに交渉成立となった!



[DEVIL][ANGEL]



イノ「あれ、DEVILとANGELってありますけど…どっちがいいですか?」


優「天使がいい!」


イノ「私も天使…がいいですけど、あんまり考えても仕方ないので悪魔にします!」



[DEVIL][ANGEL]

[SAKURA.I][SONODA]


[ENGAGE]



優「わーいありがとー!春香の為に頑張るんだから!」


イノ「こちらこそ一緒にペアになってくれてありがとうございます!」



桜衣乃&園田優 青ペア結成
残り8組結成可



♪~(メール)

ロコ「『桜衣乃&園田優ペア成立』おっ、やるじゃんイノ…」


榎並「『なお、これよりペア結成情報のメール報告はしないことにする』うわ、余計なことすんな…」


残るペア数があといくつかを伏せることでスリルを与えようという魂胆である…
なお、読者たちにはこれまで通り公開するので安心していただきたい


予選 9:13
逃走者残り33名

ペア結成済(予選突破)
青 :桜衣乃(悪)/園田優(天)
橙 :白鬼院凜々蝶(悪)/津田タカトシ(天)
水 :千石冠(悪)/ショコラ(天)
黒 :天悪(悪)/四号(天)
赤紫:ネクスタ(悪)/本城香澄(天)
灰 :パトリシア・オブ・エンド(悪)/小雪芹(天)
黄 :骨眼鏡(悪)/天宮こころ(天)
(悪)→悪魔陣営、(天)→天使陣営
残り8組結成可

ペア未結成
榎並清瀬/音無伊御/クロエ・ルメール/黒雪姫/
佐倉千代/狭山椿/Ga.c=evo./椎名心実/白銀御行/
関野ロコ/野崎梅太郎/バティスタ/花小泉杏/
柊かえ/御狐神双熾/湊智花/御庭つみき/
雄介/霊幻新隆

確保
七条アリア/高山春香/花鳥兜

Re: 逃走中5th. ~The tRuth I'm XXXXX~ ( No.13 )
日時: 2020/11/15 10:33
名前: konakun. ◆JmugMwQdvQ


予選 9:12

アナウンス『えー、予選もだいぶ煮詰まってきた感じなんでここで残ってるジャケットの位置を教えます』


前回、残るジャケット場所の通知と共に…



天悪「よっしゃクリアじゃぁぁぁ!逃げるぜぇぇ!!」


四号「それじゃ頑張りましょう、天悪さん!」



優「わーいありがとー!春香の為に頑張るんだから!」


イノ「こちらこそ一緒にペアになってくれてありがとうございます!」


2組のペアが新たに誕生し、残るは8組分となった…!



クロエ「Oh!これはGood Newsデス!」


野崎「なるほど、今言った階のどこかに佐倉がいるかもしれないな…」


本戦に出場できるのは最大残り16名、果たして誰がその枠に入れるのか…!?




『黒の王
 黒雪姫ㅤㅤㅤㅤㅤ』

黒雪姫「さて、ジャケットの場所が伝えられたわけだが…どこへ行こうか」


名前は姫だけど黒の王、慎重に動く様子…



\ウエヘマイリマス/

黒雪姫「恐らく中途半端な階のものは狙われづらい…となれば、15階辺りがいいだろう」


冷静に動きを考える…



\ジュウゴカイデス/








装置(緑)「」



黒雪姫「…まさか降りてすぐ目の前にあるとは、我ながら調子がいいかもしれないな」


冴えてるー?




バティスタ「む、そこの貴方、私と組んで欲しい」


そこへ、序盤でハンターに追われた自立神経回路オートノミックナーヴさんも到着したようだ…



黒雪姫「うむ、私でよければ組むとしよう」


バティスタ「感謝する」



[DEVIL][ANGEL]

[KUROYUKIHIME][VATISTA]



[ENGAGE]



バティスタ「それでは、健闘を祈る」


黒雪姫「君も挑むんだがな…まぁ、お互い頑張るとしよう」



黒雪姫&バティスタ 緑ペア成立
残り7組結成可



バティスタ「ところで、貴方は黒の王と言われているらしい、その所以を知りたい」


黒雪姫「…それは話せば長くなるな、またの機会にしよう」


もう少しだけ仲良くなってから、またおいでなさいな…





『雨上がりに咲く花
 湊智花ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ』

智花「あのー、誰かいませんかー?」


一方電撃文庫繋がりのもっかん、こちらはまだ単独行動中のようだが…




??「あっ、智花ちゃんだー!」


智花「はいっ!?だ、誰ですか…!?」






『不幸タイプ「不運」
 花小泉杏ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ』

はなこ「私は花小泉杏だよ!はなこって呼んでね!」


智花「そ、そんな、私小学生なのに高校生の人をあだ名で呼ぶなんて…」


はなこ「ううん、私は気にしないよ!それより、さっきジャケット見つけたんだ!取られないうちに行こうよ!」


もっかん「あ、はい、はなこさん!」


あだ名同士に表記変えたら親近感湧くかなぁと思ったけどもっかんには見えてないから意味はない模様。




はなこ「あ、あれ、ない!?」


もっかん「もう誰か認証しちゃったみたいです…」


はなこが見つけたはずの装置は…




──────────────────────

黒雪姫「うむ、私でよければ組むとしよう」


バティスタ「感謝する」

──────────────────────

ついさっき別の人に使われた…!



はなこ「どうしよう!?別のところ探そう!」


もっかん「はい、はなこさん!」


だけどめげない、それが大事!

一方、別の場所では…






じーくん「なんかダイジェスト気味だけどクリアできたからヨシ!」


白銀「ああ、それは何よりだな」


2人とも以前に出番あったから許して…



[DEVIL][ANGEL]

[SHIROGANE][GA.]


[ENGAGE]



白銀「ありがとうございます」


じーくん「ほんっと冷静だねぇ…さすが生徒会長って感じ?」


白銀「いや、これぐらいで緊張しては務まらないからな、秀知院代表として堂々といるべきだと思っている」


流石は生徒会長の鑑だ…




白銀「(いやいやいやいやアレは不味いだろ横で見てるだけであの威圧感だぞしかも増やすとかGM正気か…!?マジでハンター増える前に組めて良かったぞ…!)」


心の中は置いといて…←



白銀御行&Ga.c=evo. 黄緑ペア成立
残り6組結成可





『無骨な少女漫画家
 野崎梅太郎ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ』

野崎「…佐倉はどこだ?」


アシスタントが見つからない夢野先生…



♪~(電話)

野崎『はい、野崎です…む、この声は佐倉か』



『野崎のアシスタント兼彼女(?)
 佐倉千代ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ ㅤㅤㅤ 』

佐倉『のっ、野崎くん!今何階にいるの…?』


野崎『えっと、ここが1763号室だから…63階だな!』


佐倉『このマンション20階建てだよね!?』


都心ならありそう…



野崎『ああ、冗談だ、部屋番号的に17階だな』


佐倉『17階…って、もしかして私と同じ階!?』


野崎『そうなのか!?今すぐ向かう!』


同じ空の下、的な…!?



ガチャ、ツーツー



野崎「しまった、佐倉の居場所を聞き忘れたな…」


痛恨のミス…だが……!?




??「……!」ダッ



















佐倉「野崎くん逃げて!」


野崎「っ、佐倉!?」



ハンター1「!……」
TARGET[SAKURA.C]


なんという出会い方でしょう…!


予選 6:27
逃走者残り33人

ペア結成済(予選突破)
緑 :黒雪姫(悪)/バティスタ(天)
青 :桜衣乃(悪)/園田優(天)
橙 :白鬼院凜々蝶(悪)/津田タカトシ(天)
黄緑:白銀御行(悪)/Ga.c=evo.(天)
水 :千石冠(悪)/ショコラ(天)
黒 :天悪(悪)/四号(天)
赤紫:ネクスタ(悪)/本城香澄(天)
灰 :パトリシア・オブ・エンド(悪)/小雪芹(天)
黄 :骨眼鏡(悪)/天宮こころ(天)
(悪)→悪魔陣営、(天)→天使陣営
残り6組結成可

ペア未結成
榎並清瀬/音無伊御/クロエ・ルメール/佐倉千代/
狭山椿/椎名心実/関野ロコ/野崎梅太郎/花小泉杏/
柊かえ/御狐神双熾/湊智花/御庭つみき/
雄介/霊幻新隆

確保
七条アリア/高山春香/花鳥兜





コナのお考えsecond(第3話)

(×>ヮ<)<konakunクッキングー!

konakun.「まずは冷凍焼きおにぎりをあっためます」

エル「料理の説明は!?」

konakun.「梅昆布茶を注いで完成です」

エル「説明前に完成しちゃいましたよ!?」

(×>ヮ<)<オコノミデノリヤゴマ、カツオブシナドトイッショニドウゾ

窓月「……夜食にいいかもしれない…zzz」

エル「もうこれどっから突っ込めばいいんですか…」

Re: 逃走中5th. ~The tRuth I'm XXXXX~ ( No.14 )
日時: 2020/11/21 23:17
名前: konakun. ◆JmugMwQdvQ


予選 6:26

佐倉「野崎くん逃げて!」


野崎「っ、佐倉!?」



ハンター1「!……」
TARGET[SAKURA.C]


ハンターという邪魔者付きで、2人は出会ってしまった…!



野崎「くっ、手、離さないでくれ!」


佐倉「うんっ!」ガシッ


ハンター1「!……」
TARGET[SAKURA.C][NOZAKI]

彼氏(?)の方もハンターの標的候補に選ばれる…!



野崎「大丈夫か、ついてきてるか!?」


佐倉「しょ、正直きついかも…!」


しかし、佐倉の方は体力的に厳しいものがあるようだ…!



ハンター1「!……」


野崎「もう少しの辛抱だ、離さないでくれ…!」


佐倉「ご、ごめん野崎くん…!」




佐倉「わ、私を置いて逃げていいから!」




野崎「なっ!?!?」


その瞬間とき、野崎に電流走る…!



Nozaki's thinking time start──

野崎「(これは所謂フリというやつだ…!言われたことの反対、つまり、あの言葉の意味は『私を連れて逃げ切って』だ…!)」


ハンター1「!……」


野崎「(いやしかし、このままでは佐倉の体力はいずれ尽きる…!ならば体力を消費させない方法を…!)」


野崎「(お姫様抱っこ…自体はできるが、走りながらお姫様抱っこのポーズに持ち込める自信がない…!)」


野崎「(ならばおんぶ…いや、これも対して変わらないし、体勢を崩して転んでしまえばそれまでだ…!)」


ハンター1「!……」



野崎「(くそ、時間が無い…かくなる上は……!)」


野崎が導き出した行動は…!?


time[2.16(sec)]
──Nozaki's thinking time end.


























野崎「わかった」パッ


佐倉「…えっ」


ハンター1「!……」
LOCKON[SAKURA.C]



野崎「賞金は俺が獲る!安心してくれ!」


佐倉「ええぇぇええええぇ!?!?!?」ポンッ!




予選 6:05
佐倉千代 確保
残り32人




佐倉「まさか本当に置いていくなんて思ってなかったよ…でも頑張って、野崎くん!」


置いてけぼりにされても応援してくれるなんてよくできた人だよ…



野崎「すまない佐倉…どうしても共倒れだけは避けたかったんだ…!」


さて、彼はちゃんと彼女の期待に応えてくれるんでしょうね…?




『日本大好き
 クロエ・ルメール    』

クロエ「流石に時間がないデス…!心実サンも全然いまセン…!」


留学生さん、時間にも追われる…!



クロエ「…まずは仲間デス、この際心実サンじゃなくても…!」


クロエさんコミュ強だしいけんじゃね…?←



クロエ「それに、このフロアにあるって言ってたジャケットが見当たらないデス〜…」


クロエ「そうデス!こんな時は移動しまショウ!きっと何かあるはずデス!」


ヘーイ、エレベーター!


\ウエヘマイリマス/




??「……」

誰か乗ってるー…



















ロコ「っ!あなたは!」


ブロ子さん!



ロコ「だからその名前で呼ぶなぁ!」


クロエ「すみまセン!ワタシとペアを組んでくだサイ!」


ロコ「いいわよ!というかこっちからお願いしたいぐらいだわ!」


クロエ「YES!これこそがリカイのイッチですね!」


ロコ「えー…あ、いや『利害の一致』な、しかもちょっと使う場面違う」


ニホンゴムズカシイヨー



ロコ「とにかく下行くぞ、ジャケットあったからな」


クロエ「ハイ!」



(×>ヮ<)<カット



ロコ「着いたわ!」


クロエ「アリガトーゴザイマス、ロコサン!」


まだ本編始まってすらいないのにカット使っちゃったよ俺…←



クロエ「デビル…カッコよさそうなのでコレにしマス!」


ロコ「え、まぁいいけど…」



[DEVIL][ANGEL]

[CHLOE][SEKINO]


[ENGAGE]



クロエ「wow!ジャケット出てきまシタ!」


ロコ「白か…普段着ることないから新鮮だな」


カリフラワー色ですなぁ…



ロコ「だからなんでナレーションはいちいち私の黒歴史を呼び起こそうとするんだよ!?!?」


てへぺろ☆←



クロエ・ルメール&関野ロコ 白ペア成立
残り5組結成可




『自称世紀の霊能力者
 霊幻新隆ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ』

霊幻「…さて、装置っぽいの見つけたはいいが相方がいない」


モブサイコ100からは単騎参戦の霊幻、組む仲間がいなくて困っているようだ…



霊幻「子供はなんか色々と絵面的にアレだから大人がいいよな…うーん、あの人か?」


大人の世界って大変だなぁ…
というのは置いといて、電話をかけた相手は…



♪~(電話)

御狐神『はい、こちらは御狐神です』


霊幻『こっちこそ初めましてで悪いんだけど、0744号室に来てくれないか?ちょっと子供は誘いづらいっていうか…』


御狐神『なるほど…偶然ながら僕も似たような状況なのです、凜々蝶様はもうお相手を見つけてしまったものでして…』


霊幻『お互い大変なんだな…それじゃあ』


ガチャ、ツーツー

霊幻「名刺は…というかあの人の職業何だ?」


貴方よりは職業安定してるのでは…←




野崎「とりあえず佐倉が言ってた場所に行きたいのだが、どこだ…」


そしてアシスタントと一時の別れとなった野崎は…






野崎「む?誰かいるな」



音無「あっ、野崎さんか、この後誰か来るか?」


野崎「いや、色々あってな…そっちは誰か待ってるのか?」


音無「強いて言うならつみきが心配だが…多分アイツは大丈夫と信じてる」


野崎「なら組むか」


音無「そうだな」


割とトントン拍子な流れで男子高校生ペアも結成となった…



[DEVIL][ANGEL]

[OTONASHI][NOZAKI]


[ENGAGE]


音無伊御&野崎梅太郎 赤ペア成立
残り4組結成可



そして、2話程前に出演したあの2人は…





椿「ところで、予選ってあとどのぐらいだっけ…?そろそろ行った方がいいんじゃ…」


かえ「そうだ、ついつい話が盛り上が……っ!?!?!?」



かえ「こんなに話してたの!?不覚…!!」


椿「え…本当だ…!あと3分しかない…!?」


休憩を取りすぎた…!




はなこ「あれー!?ここも取られてる!?」


もっかん「は、はなこさん、体力大丈夫ですか…!?」



御狐神「そう言えば、霊幻さんってどんな人なんでしょう」



榎並「千石は…あっ、とっくにクリアしたんだったな…」


現在予選参加中の逃走者は10人、勝ち上がれる逃走者はそのうち8人…



ハンター1「……」


ハンター2「……」

そして、ハンターは現在2体だが、間もなく4体、そして増え続けることとなる…!

果たして、予選に出場する残り4組の内訳はどうなるのか…!?


予選 2:44
逃走者残り33人

ペア結成済(予選突破)
赤 :音無伊御(悪)/野崎梅太郎(天)
白 :クロエ・ルメール(悪)/関野ロコ(天)
緑 :黒雪姫(悪)/バティスタ(天)
青 :桜衣乃(悪)/園田優(天)
橙 :白鬼院凜々蝶(悪)/津田タカトシ(天)
黄緑:白銀御行(悪)/Ga.c=evo.(天)
水 :千石冠(悪)/ショコラ(天)
黒 :天悪(悪)/四号(天)
赤紫:ネクスタ(悪)/本城香澄(天)
灰 :パトリシア・オブ・エンド(悪)/小雪芹(天)
黄 :骨眼鏡(悪)/天宮こころ(天)
(悪)→悪魔陣営、(天)→天使陣営
残り4組結成可

ペア未結成
榎並清瀬/狭山椿/椎名心実/花小泉杏/柊かえ/
御狐神双熾/湊智花/御庭つみき/雄介/霊幻新隆

確保
佐倉千代/七条アリア/高山春香/花鳥兜

Re: 逃走中5th. ~The tRuth I'm XXXXX~ ( No.15 )
日時: 2020/11/22 00:04
名前: 天悪 ◆GZXLUkDFh6

天悪「どうもkonakun.さん!なかなかコメントに行けなくてすみません……!!コミュ障天悪です!!様々な事象を思い返しながらコメントしたいと思います!!」



☆春優引き裂き

シャミ子(表)「序盤から悲しいところをピックアップしますね……」

天悪「うわあああああああああ!!!!!大大大親友同士の二人に試練がああああああああ!!!!!春ぽっぽ確保てそんなあああああああああああ!!!!!」

桃(表)「天悪も、あの二人を気に入ってるの?」

天悪「基本引き裂きはしんどいもんなんで……てかこれkonakun.さん自身も辛いと思うぞ」

シャミ子(表)「そうですよね、konakun.さんも大好きだからこそ、逃走中に参戦させてるんですし……それを受けて、園田さんは頑張ってくれるのでしょうか?」

天悪「頑張って欲しいですね!」




☆白銀御行会長聖人か

天悪「自分も相手も危うい状況の中で人のこと心から心配してくれるという聖人」

ゴン太(裏)「天悪サイドにも腐るほどいると思うけどねー」

天悪「もう一人のキミとかね」

ゴン太(裏)「白銀くんはもう一人のゴン太とはタイプがかなり違うけどね!白銀くんは努力の秀才で、貧困生活を送ってるみたいだし」

天悪「個人的には次の機会にでもゴン太リクエストして、御行くんと絡んでほしい欲がちょっとある」

ゴン太(裏)「そう上手くいかないんじゃないのー?」



☆この世は全てSかMだ!ノーマルなどというモノは邪道だ!

天悪「うわーーーー!!曲はちょいと聴いたことあるからセリフ知ってた!!」

シグ(表)「んーー……さーんかくもーく(自主規制音)にかーん」

天悪「待って歌わんといて!?」

シグ(表)「うーへー……」



☆【悲報】シュトゥルムフート確保

天悪「個人的にタイプ似てたのに……( ´•௰•`)」

サトシ(裏)「まぁ確かに、厨二病でコミュ障なところや、構われたがりな性格とか似てるところ多めだけどさ……そうなるとどちらも歩み寄りづらいんじゃ……」

天悪「そうなんだけどなぁ……」( ´•௰•`)



☆骨眼鏡氏、こころちゃんと予選突破!

天悪「最強カキコ作者さんと他作者さん(ベテランさん)のリクエスト逃走者ちゃんのコンビって最強か??」

モイモイ(表)「あの二人、逃走成功してもおかしくないコンビだと思うよっ☆」

天悪「わかる。特に骨眼鏡さんはガチでリベンジしてくれそうだ……」\(^^)/

モイモイ(表)「こころとの相性も良さそうだしね〜!」



☆天悪、四号たんと合流&予選突破!!!!!!!

天悪「いやっふううううううううう!!!!!!konakun.さんサイドの屈指のショタと共演できるとかいいのか本当にいいんだな!???四号たんの騎士になっていいんだな!?????なっていいならお守りしますy」

(`・д・⊂彡☆))Д´))パァン

天悪「!?」

まぐろ(裏)「近所迷惑です」



☆今度はのざちよ引き裂き

天悪「(´;ω;`)ええええええん……………千代ちゃんもっと活躍してほしかったし、梅太郎くんの配慮(になりきれてない)もわかるからしんどいっすわ……………」

月島(表)「僕がこれやられたらキレるけどね」

天悪「まぁですよねー。恋は盲目とはよく言ったものだ……でも頑張るんだぞ、梅太郎くん……約束は守るんだぞ…………ボクも四号くんのために頑張ります」

月島(表)「最後いらないデショ………」

天悪「さて、ここまで感想書けた……のかな?というところで!最後に泣いてしまうのは誰なのか!?ハンターを回避できるのかーーーっ!??次回も楽しみに待ってます!!」


Page:1 2 3



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。