二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

カオスな日常〜大丈夫ではない〜
日時: 2021/11/30 15:08
名前: ネル (ID: Rdn6eSoY)

どうも!はじめまして!ネルと申します!
ルイージ「ここは普段の僕らの日常生活が見えるよ!」
ドロッチェ「ジャンルはスマブラ、星のカービィ、妖怪ウォッチ、鬼滅の刃だ!」
河童「スマブラはXと+‪α‬で妖怪ウォッチは2と+‪α‬だな」
善逸「えっと…よ、よろしくお願いします!」
裸族/スマブラ/星のカービィ/妖怪ウォッチ/鬼滅の刃/ダンガンロンパ/NL/BL
設定>>3>>4>>5>>6>>7>>8>>33>>36>>37
ルイージ>>9 スネーク>>12 デデデ大王>>13
ドロッチェ>>14 ドロシア>>15 河童>>16 にんぎょ>>20 水虎>>22 善逸>>23 獪岳>>24 宇髄>>25 葉隠>>41 朝日奈>>46 桑田>>50
日常だよーん>>26-28 どうしてこうなったの?part1>>82 part2>>90-91 part3>>228
作者紹介>>29 裸族について語る>>95 設定迷った人達の初期設定>>108
絵画の魔女の過去と大盗賊の出会い>>117-119 世界設定>>120
秋の料理対決!準備編>>121-122 料理対決!Part1>>144-146 Part2>>151-154 Part3>>183>>185-188 Part4>>201-206 結果発表ー!>>210-212 おしおきターイム!!>>215-219

Re: カオスな日常〜大丈夫ではない〜 ( No.73 )
日時: 2021/07/04 10:36
名前: ネル (ID: D01j7sfc)

女剣士さん
リクエストは一旦切らせて貰いますね。まだ書きたいこともありますので…でも、リクエストありがとうございますぅ〜。またリクエストしたいという時は書きますね〜!で、そちらへのリクエストはどれも書いて欲しいけど、特に①でwww善逸総受けが美味しいので(^q^)
山田「ちなみにこちらでは、我妻善逸殿と葉隠康比呂殿愛され&総受けなので、僕ら腐った女子&男子同盟は毎回貧血ですぞwww」
ゼルダ「そっちの私、沼に来ない?www」
※しばらくお待ちくださいm(_ _)m
ゼルダだったもの「」
河童「ふぅ〜、油断も隙もないなぁ(ケチャップまみれ)」
え?ゼルダはどうなったの?(´・ω・`)シラネ
河童「ってか作者、①かよ、おい」
ネル「②も③も美味しいのさ!でも、善逸受けが欲しいんだよ!!うにゃあああああ!!!」←暴走
ドロッチェ(´º∀º`)ファーʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬʬ
河童「笑ってないで誰か作者を止めろおおおおおおおお!!!」
※この後作者はオーガに殴られた

Re: カオスな日常〜大丈夫ではない〜 ( No.74 )
日時: 2021/07/04 10:41
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: IGUMQS4O)

いいですよ。
今は、このような手順で考えています。

①リンクと善逸&炭治郎
②マルスとロック&善逸
③ルイージ&善逸

今の所は、こんな感じですね♪
それでは。

Re: カオスな日常〜大丈夫ではない〜 ( No.75 )
日時: 2021/07/04 10:55
名前: ネル (ID: D01j7sfc)

女剣士さん
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!ルイージと善逸なんてワイ得やないですかい!!そして炭治郎と善逸も私の好きなカプじゃないですか!!
炭治郎「善逸、こっちでも俺と結ばれよう!!どんなことをして欲しい?○○○でもいいし、○○○でも、なんでもいいぞ!だかr「炭治郎、落ち着け?」」
善逸「ってか誰だよ!純粋な炭治郎にこんなこと教えたの!?」(うちの善逸は炭治郎が腐った男子であることを知らない)
獪岳「竈門、ちょっと話しがある(^ω^#)」
この後炭治郎はしばかれました。ちゃんちゃん♪

Re: カオスな日常〜大丈夫ではない〜 ( No.76 )
日時: 2021/07/04 11:06
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: IGUMQS4O)

まだ前半ですが、こちらでリクエスト描いて来ましたよ。
今回は善逸、私のとこのキャラたちからあれやこれやと頼られます。
最後は、炭治郎の想いとウチのリンクとマルスのお仕置きに注目です。

それでは、お話楽しみにしてます。

スーパーアイクブラザーズ ( No.77 )
日時: 2021/07/09 19:52
名前: ネル (ID: D01j7sfc)

またまた女剣士さんからのリクです
アイク(女)「ゼールダ、愛してるぜ♡」
ゼルダ(女)「んもう/////」
まだ、イチャイチャしていたこの二人。だが…
葉隠「ゼルダっち少し頂くべ!」
ゼルダ(女)「ッ!?」
アイク(女)「ゼルダ!?おい、葉隠、てめぇ…」
葉隠「すまないべ!でも、訓練でゼルダっちを連れて来てって…」
アイク(女)「…誰にだ」
葉隠「…それ言ったらボコボコにされるべ…;ってことですまん!」ダッ!!
アイク(女)「ゼルダああああああ!!」
アイク(女)「ん…?あれは…もう一人の俺…!おーい!そっちの俺…」
アイク「ぬぅん?ぬぅんぬぅんぬぅん?」
アイク(女)「」
すいません、うちのアイクがとうとうぬぅんしか言わなくなったんですけど?www
???「…何があったし;」
アイク(女)「お、マリオ!」
マリオ(女)「ってか、そっちのアイクはぬぅんしか言わなくなってんだけど…なんで?」
アイク「ふざけてただけだが?」
マリオ(女)「おい、コラ」
続きます


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。