二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

逃走中 ~混迷のWブッキング~
日時: 2022/05/24 23:00
名前: オレンジペコ (ID: 7mGgpC5l)

------------------------------------------------------------------------------------------

~まえがき~

こんばんは。オレンジペコでございます。
前作のあとがきで言及した予定よりも大分早いですが、第2回逃走中をスタート致します。
リアルの都合上前作ほど頻繁に更新できないとは思いますが、それでもよろしければお楽しみくださいませ。

ゲームに先立ちまして、下記の注意事項をご一読ください。前作から一部変更されている点もございますので、前作をお読み下さった皆様も今一度ご確認をお願い致します。

〈注意事項〉
・元作品のネタバレはできる限り避けるようには致しますが、不可避な部分も多々ありますのでご注意ください。仮に予期せぬネタバレを喰らってしまっても、当方は一切の責任を負いかねます。
・基本的に近年放送されているゲームをモデルとしているため、エリア内ドラマ・未来ドラマの類はございません。ただし、今回はドラマではないものの、エリア内で起こる出来事がゲームに関わってきます。精一杯執筆は致しますが、初の試みゆえクオリティについてはお察し下さいますようお願い申し上げます。あとオープニングゲームはやります。
・参加募集につきましては今回も見送らせて頂きます。
・感想・ご意見等は大歓迎です! ……が、作者のメンタルが豆腐なため、お手柔らかにお願い致します。当然ながら荒らし・誹謗中傷の類は厳禁です。

お待たせいたしました。それでは、今回も皆様にお楽しみいただけますよう頑張って参ります。

                             令和4年5月24日 オレンジペコ

------------------------------------------------------------------------------------------

今回の舞台は、東京・江東区の大型ショッピングモール!
前回以上にクセの強い22人の逃走者たちが、130分間逃げ回る!
……ところが、同日このショッピングモールでは、地元の人たちが施設を借り切り、地域の子どもたちを対象としたある大型レクリエーションイベントを開催しようとしていた。そのイベントの名は……なんと『逃走中』!?
1つのエリアで2つの逃走中が同時に開催されるという異常事態が、逃走者たちを大混乱に陥れる!
果たしてこの混乱を乗り越え、賞金78万円を手にする者は現れるのか!?

~逃走者リスト(「下の名前の」50音順、作品横の数字は参加回数)~

イケP 【Caligula -カリギュラ-】初

日暮香奈ひぐらしかな 【きんいろモザイク】初

谷川景たにがわけい 【明日あけびちゃんのセーラー服】初

秋月紅葉あきづきこうよう 【ブレンド・S】初

半田真一はんだしんいち 【イナズマイレブン】初

スイートP 【Caligula -カリギュラ-】初

スペクター 【サルゲッチュシリーズ】初

池口千里いけぐちちさと 【逃走中 オリジナルストーリー】初

宇治松千夜うじまつちや 【ご注文はうさぎですか?】初

ディーノ 【ブレンド・S】初

神崎かんざきひでり 【ブレンド・S】初

ブンビー 【Yes!プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!】初

松原穂乃花まつばらほのか 【きんいろモザイク】初

戸鹿野舞衣とがのまい 【明日ちゃんのセーラー服】初

条河麻耶じょうがまや 【ご注文はうさぎですか?】2

沖田湊おきたみなと 【逃走中 オリジナルストーリー】初

奈津恵なつめぐみ 【ご注文はうさぎですか?】2

工藤結愛くどうゆあ 【逃走中 オリジナルストーリー】2

大城幸也おおしろゆきや 【逃走中 オリジナルストーリー】初

四条璃生奈しじょうりおな 【明日ちゃんのセーラー服】初

染岡竜吾そめおかりゅうご 【イナズマイレブン】初

水上みなかみりり 【明日ちゃんのセーラー服】初

以上、22人

逃走中 ~混迷のWブッキング~ ( No.28 )
日時: 2022/06/24 18:16
名前: オレンジペコ (ID: 7mGgpC5l)

Prrrr! Prrrr!

谷川
「またメール……『ミッション3 賞金アップのチャンスだ』!」


スイートP
「『エリアにいる10人のおやじハンターのうち3人に、銀色の文字でひらがな1文字が書かれた紙が貼り付けられた』」


幸也
「『残り60分までに3文字を組み合わせて1つの単語を作り出し、逃走中運営本部(フードコート)にいるスタッフに報告することで、以降の賞金単価を1秒200円に上昇させることができる』う、う~ん……」


染岡
「『ただし、賞金アップは先ほどキッズ向けに発令されたミッションがクリアされた後でないと有効にならず、当然ながらキッズ側のミッションを君たちがクリアすることはできない。また、当該のおやじハンター3人はキッズ側のミッションにおける金のひらがなが貼られた3人と共通である』ってことは、まずはキッズ達の手助けをしなきゃいけねえってわけか!」


結愛
「『なお、このミッション中のみタブレットのチャット機能を開放するので役立てたまえ』」




MISSION 単語を完成させよ!

10人のおやじハンターのうち3人に、銀色の文字でひらがな1文字が書かれた紙が貼り付けられた!
残り60分(キッズ側のゲーム換算で55分)までに3文字を組み合わせてできる単語を1F・運営本部にいるスタッフに報告することで、以降の賞金単価を1秒200円に上昇させることができる!
ただし、既にキッズ側にも同様のミッションが発令されており、逃走者側のミッションは、キッズ側のミッションがクリアされた後でないとクリアできない!


おやじハンター(文字付き)
「……」


おやじハンター(文字付き)
「……」


おやじハンター(文字付き)
「……」


また、キッズ側のミッションに必要な金のひらがなと、逃走者側のミッションに必要な銀のひらがなはいずれも同じおやじハンターに貼られている(体の正面に金のひらがな、背面に銀のひらがな)ため、キッズたちとの協力が重要となる!





スタッフ保護者
「はーい! 分かった子はここに来てくださいねー!!」


果たして、単語を完成させ、賞金アップなるか……!?





ピンポンパンポーン♪


アナウンス
『もう気づいているお友達もいるかもしれませんが、実は今紫のゼッケンを着けた逃走者が君たちとは別に逃げています。彼らは専用の白いハンターに捕まるといなくなってしまいますが、おやじハンターには無敵ですし、しかも皆さんにはない携帯電話でお互いに連絡を取ることができます! 逆に皆さんは白いハンターには無敵なので、その人たちとうまく協力してミッションをクリアしてくださいねー!!』


さらに、ここで逃走者たちの存在がキッズたちに正式に通知……!



「あ、じゃあお姉さん一緒に探して!」

「探してー!」

千夜
「もちろん! では各々方おのおのがた金色こんじきの文字を目指して、いざ行かん!!」

「「「おーーー!!」」」





「お兄さんたちお願ーい!!」

店長
「もちろんデス! 一緒に探しマショウ!」

秋月
「ああ、協力するに越したことはねえからな」





穂乃花
「ねえねえそこの子たち! 良かったらお姉さんたちが一緒に探してあげよっか?」

四条
(こ、行動が早い……!)

「え、ほ、本当ですか!? ……いいよねヘレン?」

「Of courseアヤネ! サンキューデス! Well、お姉さんたちのお名前は……?」

穂乃花
「私は松原穂乃花。で、こっちのお姉さんが四条璃生奈さん! よろしくね2人とも!」


エリアのあちこちで、逃走者とキッズの協力関係が結ばれる一方……





ブンビー
「行きたいのはやまやまだが……少し、体力を回復させたい……!」





「……行かなくていいよね?」

「うん。だって特に復活させたい子もいないし」


逃走者・キッズ共に、ミッションに動かない者もいる……





ハンター
「……」


ハンター
「……」


ハンター
「……」


ハンター
「……」





半田
「マズいな……こっち来てる……」


本物のハンター1体が、半田真一に接近……





ハンター
「……」
[]ピ―――――





半田
「まず自分が捕まらないようにしなきゃ何もできないからな……!」


しのげるか……?




















ハンター
「……」
[]


気づかれなかったようだ……





半田
「よし……今のうちに誰かおやじハンター探すか……!」


雷門イレブンの一員として、中途半端な結果は残せない……!





水上
「……あ。あれそうやあらへん?」


水上が見つけたのは……





きんきんだー!!」

「だめ、こっちからじゃ見えない!」

「おまえそっちに回って!」


おやじハンター(文字付き)
「ほらほら、早く見つけないと全員捕まえちゃうぞ~!」

おやじハンター
「……」




2人のおやじハンターと対峙する、キッズ達……うち1体は、体の前後に紙を貼り付けている……!





水上
「……完全にキッズ達に気ぃとられとるな……今やったら……!」ダッ!


水上、キッズ達とおやじハンターに気づかないよう、素早くおやじハンターの背後に回りこむ……!





おやじハンター(文字付き)
「よーし、あと10数えるうちに見つけられなきゃ捕まえに行くぞ! じゅーう、」

おやじハンター
「きゅーう……」


水上
「もう少し……」


子どもたちにおやじハンターを引き付け、2つのひらがなを入手できるか……?





【70:55】 残り14人
イケP 谷川景 秋月紅葉 半田真一 スイートP
宇治松千夜 ディーノ ブンビー 松原穂乃花 工藤結愛
大城幸也 四条璃生奈 染岡竜吾 水上りり
〈アイテム所持〉
ディーノ→網鉄砲

逃走中 ~混迷のWブッキング~ ( No.29 )
日時: 2022/06/28 20:54
名前: オレンジペコ (ID: 7mGgpC5l)

おやじハンター(文字付き)
「はーち!」

おやじハンター
「なーな……」

「ねえちょっとどいて見えない!」

「なんだよお前がもう少しそっち行けばいいだろー!」


当たりとハズレ、計2体のおやじハンターと対峙する子どもたちと……





水上
「ハズレの方が絶妙に邪魔やね……」


おやじハンターの背後に回り込む、水上りり……!





おやじハンター(文字付き)
「ろーく!」

おやじハンター
「ごー……」


水上
「……見えた! 銀は『い』!」

おやじハンター×2
「「なっ!?」」


背後からの奇襲に、2人のおやじハンターが思わず振り向く……!


水上
「あ。振り向いてくれてどうもありがと。金の方は『ず』やね。よっしゃ! みんな今のうちに逃げよ!」

おやじハンター(文字付き)
「……あ」


「「「わぁーーー!!」」」


水上が文字を発見し、キッズ達も2人のおやじハンターから一斉に離れる……!


「お姉さんすげー!」

「くっそー! おれが見つけるはずだったのにー!」

「ちょ、ちょっとそんなこと言ったら……」

水上
「ま、こういうんは読めたほうの勝ちやからね。次はうちより先に見つけられるよう頑張ってみ」


文字を1つ発見し、沸き立つ水上とキッズ達……!





ハンター
「……」


だが、その近くに、白い影……






「よっしゃー! 次は絶対お姉さんに負けねー!」

水上
「その意気やd……あかん!」ダッ!


気づいた水上、慌てて距離をとる……!


「どうしたんだろう?」

「あ、あそこ! 白いハンターがいる!」





ハンター
「……」
[]ピ―――――






水上
「あ、せや文字共有せんと……『金1つ目は ず、銀1つ目は い』……と』




















ハンター
「……!」ダッ!
[MINAKAMI]ピピ!


見つかった……!





水上
「……来た! でも、こんだけ距離あれば……!」ダッ!


水上、ダッシュでハンターを撒きにかかる……!





ハンター
「……!」
[MINAKAMI]ピ―――――





水上
「よっしゃ、あの角を……あっ!?」


逃げた先に……




















ビデオカメラon三脚
「」


子どもたちの撮影用に置かれた、ビデオカメラ……!


水上
「ちょ……っこんなんもうちょい邪魔にならんところに……っ」
ポン……


【69:49】
水上りり 確保 残り13人


水上
「……なるほどな。確かにカメラ置いとんのだって本職の方やあらへんもんな……」


同時開催ならではのトラップに、足元をすくわれた……





Prrrr! Prrrr!
穂乃花
「メール……あ、『水上りり確保、残り13人』」

四条
「りりさん……」


谷川
「あ、でもチャット来てる……ふんふん……」





「バンドエイド2つ持ってきて―!」

「ちょっと気温上がってきたし、捕まった子たちにお茶配ってあげて!」

「あ、じゃあ2Fと3Fの牢獄にも連絡します!」


谷川のすぐそばには、逃走中運営本部……





谷川
「……よし。じゃあ……」





イケP
「谷川からチャットだな! 『私、今1F本部のすぐ近くなので伝達役やります』……よし! 1Fに1人お姉さんいてくれるみたいだから、俺たちは文字探しに集中するぜ! ついてきな、リトルブレイバーたち!」

「「「は、はーい……?」」」





店長
「よし! 皆さん、ワタシ達の仲間が本部にいてくれるそうなので、今のうちに1F中を探し回りマショウ!」

「「「おー!!」」」

秋月
(さすが店長……この手のイベントごとの主導に慣れてんな……)


エリアの各所で、逃走者とキッズの士気が上がる一方……





ポン……ポン……ポン……

「はいそこの3人まとめて確保! 残念でした!」

「ねーえしんくんパパはやいー!」

「そうだよー! 一回ぐらい見逃してくれたっていいじゃん!!」


健闘空しく確保されるキッズもまた、後を絶たない……





アナウンス
『残り75人を切りましたー!』


染岡
「マジか……意外と早いペースで捕まってんだな……」





「……あっ!」


そんな中、誰かが2人目の文字付きおやじハンターを発見した……!




















「お姉さんだいじょうぶー?」

千夜
「ゼェ……ハァ……へ、平気よ……それよりほら! ……敵の大将見つけたり!」


宇治松千夜だ……!


おやじハンター(文字付き)
「フハハハ! よもやお姉さんの力を借りてくるとは想定外……だが、このオレ様の文字は簡単には盗ませないぞ! 逆に、お前たち全員をまとめて確保してやる~!!」

「「「キャー!!」」」

千夜
「……『盗ませない』、か……なら、相手が悪かったわね……」スチャッ!

なんと千夜、懐から謎の仮面を取り出し装着……!

千夜(イナバ)
「……我が名は"大泥棒イナバ"! 怪盗ラパンの宿敵にして、今日ここで貴殿の文字を盗む者なり!!」

「すげー!! イナバ! 本物のイナバだ!」

「カッコイイー!!」

イナバ
「さあ少年少女たちよ! 今から私がこの者の動きを抑える! その隙に文字を盗み出すのだ!」

「「「おぉーーーーー!!!」」」


おやじハンター(文字付き)
「面白い……まず貴様から相手してやろう!」

イナバ
「望むところ!」


「見つけたー!! 『な』って書いてあるー!!」

「あ、背中には銀で『ち』って貼ってあるよ!」


大泥棒イナバVSおやじハンターの大捕り物の間に、キッズたちが文字を発見……!


イナバ
「良くやった少年少女たちよ! ……では、それを忘れぬうちに1Fまで届けるのだ!」

「「「はーーーーーい!!!」」」


キッズたちは、文字の情報を本部に伝えるべく動き出す……!


イナバ
「頼んだぞ…………ハァ、ハァ……」ガクッ

おやじハンター(文字付き)
「ありがとうございます! お陰様で子どもたち大盛り上がりでしたよ! ……って大丈夫ですか……?」

千夜(仮面外した)
「……いえ、こちらこそ、ノってくださってありがとうございました……あ、一応谷川さんには伝えておかなきゃ……」

※大泥棒イナバ
ひょんなことから千夜が即興で勝手に誕生させた怪盗ラパンの宿敵。後にその場を見ていた原作者の青山ブルーマウンテンが自作に逆輸入した。





谷川
「宇治松先輩からチャット……『金の な と銀の ち を見つけました! でも、今子どもたちが下に報告に来ると思うから知らないフリしてあげて下さいね』ありがとうございます!」


決死の仮面営業で、2つ目の文字を入手!
ミッション終了まで、間もなく6分……!





【66:20】 残り13人
イケP 谷川景 秋月紅葉 半田真一 スイートP
宇治松千夜 ディーノ ブンビー 松原穂乃花 工藤結愛
大城幸也 四条璃生奈 染岡竜吾
〈アイテム所持〉
ディーノ→網鉄砲

逃走中 ~混迷のWブッキング~ ( No.30 )
日時: 2022/06/30 21:37
名前: オレンジペコ (ID: 7mGgpC5l)

現在、キッズ達と共にミッション3に動いている逃走者は……





イケP
「キッズ達! みんなちゃんとついて来てるか!?」

「あ、今泰三くんと奈々ちゃんがトイレ行ってます!」

イケP
「そっか! 他の皆もトイレは我慢せず行けよ! 我慢して満足に走れないまま確保とか嫌だろ?」





店長
「皆さん、周りをよーく見るんデスよ! もしかしたら、文字を見られたくなくてどこかに隠れているかもしれマセンからね!」

「「「はーい!」」」

店長
「秋月さんも、後方確認しっかりお願いシマスよ!」

秋月
「お、おう……(ヤベェ……小さい子ってどう相手すりゃいいんだ……?)」





「待つデスホノカ! あそこ白ハンターいるデス!」

穂乃花
「ひゃいっ!? ほ、ほんとだ……! ありがとうカレンちゃん!」

「Huh? 私はヘレンと申すデスよ?」

四条
(だ、大丈夫かな松原先輩……?)


この5人……!





谷川
「……うんうん、2つ目の文字は金が『な』で銀が『ち』だね。ありがとうみんな! ……うーん、『ず・な』に、『い・ち』……。分かった子いる?」

「「「うーん……」」」


残り60分までに3つのひらがなを組み合わせてできた言葉を運営本部に伝えれば、逃走者側は賞金アップ、キッズ側は確保者全員復活の恩恵を受けられる……!





千夜
「……こ、これで、ひとまず貢献は、できたかしら……!」


先ほど、見事な立ち回りでキッズ達に花を持たせた、宇治松千夜……


千夜
「後は、他の人に任せて大丈夫よね……?」


イナバごっこで消耗した体力を回復すべく、再び身を潜める……





染岡
「とにかく単独でもいい! おやじハンター見つけてひらがなを谷川に伝えるだけでも……!」


キッズとは組まず、単身でおやじハンターを探す雷門の点取り屋……


スタッフ
「キッズ達と一緒に探さなくていいんですか?」

染岡
「さっきから声かけようとはしてんだが、顔見るとどうしても逃げられちまってな……」


強面故に、キッズの協力を得にくくなってしまっている……





「なーなー、お前イナズマイレブンの新作買う?」

「え、あれって結局出るの? 確かまた発売時期未定になったんじゃなかったっけ?」

結愛
「……ねえあなた達、おやじハンター探さなくていいの?」


先ほど、湊をおやじハンターから逃がした際に居合わせた2人のキッズと行動を共にする、工藤結愛……


「え? 俺たち別に復活させたい奴いないし。なあ?」

「うん。無敵のお姉さんの近くにいれば安全なんだし、わざわざ動くこともないって言うか……」

結愛
「……」


キッズと一緒でも、キッズの側にそもそもミッションに動く意思が無い場合もある……





「ハンターハンターハンター!!」

「「「うわぁぁぁ!!」」」

おやじハンター
「ゼェ、ゼェ、ま、待て~い……」





スイートP
「あのおやじハンターさん、早くもバテてるわね……分かるわ。日頃運動しない人にとって、全力疾走ってとーっても疲れるもの……」


同じく、ミッションに動いていないスイートP……


スイートP
「そう考えると本物のハンターってやっぱりスゴいわよね……いくら走っても絶対バテないもの……」


ハンターは視界に入った逃走者を、見失うまで追跡する!
彼らに、体力の消耗という概念は存在しない……





「ハンター見つけたデス!」

穂乃花
「待ってカレンちゃん! その人ひらがな付いてないよ!」

「Oops! サンキューデスホノカ!」←慣れた

「あ、あの璃生奈お姉さん……なんで穂乃花お姉さん、さっきからヘレンのこと『カレン』って呼んでるの?」

四条
「えーっと……わ、私も良く分からないんだけど、ヘレンちゃんが松原先輩の好きな人にすごく似てる……のかな……?」





半田
「おっ、おやじハンター! ……って、ひらがな付いてないのか……」





おやじハンター
「くそー、いつまでそのお姉さんを盾にするつもりだー、これでは俺が動けないじゃないかー(超棒読み)」

「へへ、残念でした!」

「これなら私たち怖くないもんね!」

結愛
(この2人もだけど、このおやじハンター動く気ないんじゃないかしら……)


逃走者とキッズ、そしておやじハンターそれぞれの思惑が入り混じる中……




















おやじハンター(文字付き)
「ふぅ……」


イケP
「! あれは……!」


イケPが、文字の書かれたおやじハンターを発見!


イケP
「キッズ達! あそこ文字付きハンターいるぜ!」

「ほんとだ!」

「あれ? でも『な』って書いてあるし……さっき他の人が見つけた奴じゃない?」

「……だね……あ、でも『なずな』って植物あるし、もし銀の方が『ち』じゃなかったら当たりだよ!」

イケP
「確かにな……よし! みんなはここで待ってろ! 俺ならおやじハンターに捕まっても平気だし、確かめてきてやる!」

「ありがとう!」

「イケPさんかっこいー!」

イケP
「よせよせ、褒めても何も出ねえぜ……んじゃ、ちょっと行ってくる!」ダッ!






ブンビー
「あ、あのおやじハンター紙貼ってるよ…………だがここからでは見えん! どうする、動くべきか……?」


更に時を同じくして、ブンビーも文字付きのおやじハンターを発見……! 果たして、まだ発見されていないのはどちらだ……!?





【63:35】 残り13人
イケP 谷川景 秋月紅葉 半田真一 スイートP
宇治松千夜 ディーノ ブンビー 松原穂乃花 工藤結愛
大城幸也 四条璃生奈 染岡竜吾
〈アイテム所持〉
ディーノ→網鉄砲

逃走中 ~混迷のWブッキング~ ( No.31 )
日時: 2022/06/30 21:42
名前: オレンジペコ (ID: 7mGgpC5l)

イケP
「よし! みんなはここで待ってろ! 俺ならおやじハンターに捕まっても平気だし、確かめてきてやる!」

「ありがとう!」

「イケPさんかっこいー!」

イケP
「よせよせ、褒めても何も出ねえぜ……んじゃ、ちょっと行ってくる!」ダッ!


キッズ達を連れたイケPと……





ブンビー
「あ、あのおやじハンター紙貼ってるよ…………だがここからでは見えん! どうする、動くべきか……?」


1人体力を温存するブンビーが、それぞれ文字付きのおやじハンターを発見!





イケP
「すんませーん! ちょっと背中見してもらえますか?」

おやじハンター(文字付き)
「……おっと、そう簡単にはいきませんよ!」クルッ!





ブンビー
「あと3分ちょいか……えぇい、ここは私が一肌脱ぐとするか!」

おやじハンター(文字付き)
「……」


果たして、どちらかがまだ発見できていないひらがなを貼っているのか!?





「よし!」


金と銀、それぞれの最後の1文字を見つけたのは……




















おやじハンター(文字付き)
「……やれやれ……どうせなら子ども達に見つけてほしかったですよ全く……」

ブンビー
「仕方ないでしょう、私たちだってミッションやってるんですから。えぇ~と金が『き』で銀が『ご』ね、どうもありがと」


ブンビーだ……!!





イケP
「もらった! ……って『ち』? じゃあアンタ……」

おやじハンター(文字付き)
「残念でしたお兄さん! 私の文字は既に大泥棒イナバに盗まれた後です!」

イケP
「マジか……! キッズ達すまん! やっぱこのハンターもう見つけたヤツだったわ!」

「「「えぇーーー!?」」」


イケPたちが出会ったおやじハンターのひらがなは、既に千夜に発見された後だ……





谷川
「チャット……ブンビーさんから! 『最後のひらがなは金が き、銀が ご』ありがとうございます! みんな、えっと……私たちの仲間が、最後の1文字見つけてくれました!」

「「「やったーーー!!」」」

谷川
「じゃあ一緒に整理しよう。みんな用の金のひらがなは、『ず・な・き』……分かった子いるかな?」


「う~ん、ず、な、き……」

「ずなき、ずなき……」

「なーなー相棒分かった?」

「待って! 今考えてるところでち……」


金のひらがなを組み合わせてできる単語は、キッズが報告しなければならない!
彼らがクリアできなければ、逃走者側も自動的にミッション失敗となってしまう……!





「あと1分ちょっとで55分だよ!」

「ねえまだ復活できないのー?」





染岡
「これがクリアされるとあそこにいるキッズ達がまた全員出てくるんだよな……」


2F「ろうごく」付近を歩く染岡……


染岡
「しっかし先越されちまったな……」





ハンター
「……」


その背後から、ハンター……





染岡
「……マジか!」


先に気づいた染岡、素早く距離をとる……!


ーミッション終了までー
    60秒




















ハンター
「……!」ダッ!
[SOMEOKA]ピピ!


しかし、見つかった……!





染岡
「……来やがったか!」


と、同時に……




















スタッフ保護者
「はい! それじゃあ金の単語は何かな??」

「せーの……」

「「「『きずな』ーーーーー!!!」」」

スタッフ保護者
「せいかーい!! それでは……」





ピンポンパンポーン♪


アナウンス
『ミッション1クリアです! ということで、全員復活でーす!』


各階の「ろうごく」
「「「イェーーーーーイ!!!」」」


遂に、キッズ側のミッションがクリア……!





染岡
「ゲッ!!」

「「「わぁーーー!!」」」


これにより染岡の目の前で2Fろうごくが開放され、出てきたキッズ達で進路が塞がれた……!





染岡
「クソ、すまん、ちょっとどいてくれ……っ!」


染岡、諦めずに人の波を掻き分ける……!






ハンター
「……!」
[SOMEOKA]ピ―――――





染岡
「うぉぉぉぉぉぉ!!」


ポン……


【60:27】
染岡竜吾 確保 残り12人


染岡
「ハァ、ハァ、クソ……見通しが甘かった……!」


人の波を掻き分けハンターを振り切るのは、たとえ少年サッカー世界レベルでも至難の業だ……





そして……


谷川
「銀の方は『いちご』ですね?」

スタッフ保護者
「はい正解!」


谷川景によって、逃走者側のミッション3もクリア!


♪General Hawk♪





Prrrr! Prrrr!

幸也
「あ、メール……『谷川景の活躍によりミッション3クリア』」


スイートP
「『これにより残り60分以降の賞金が1秒あたり200円に上昇した』」


半田
「あ、もう1通あるな……『染岡竜吾確保、残り12人』おいい!?」


これで、賞金単価は1秒200円に上昇!
逃走成功時の賞金は、78万円から114万円となった!!





結愛
「ってことは……114万円! 良いわね……今度こそ全額持って帰ってやるわ!」


千夜
「揺らぐわね……でも、やっぱり自首はちょっと憚られるのよね……」


残る逃走者は12人!
果たして、ハンターの追跡と2ゲーム同時開催の混沌を潜り抜け、賞金114万円を手にする者は現れるのか!?





【59:45】 残り12人
イケP 谷川景 秋月紅葉 半田真一 スイートP
宇治松千夜 ディーノ ブンビー 松原穂乃花 工藤結愛
大城幸也 四条璃生奈
〈アイテム所持〉
ディーノ→網鉄砲

逃走中 ~混迷のWブッキング~ ( No.32 )
日時: 2022/07/01 23:57
名前: オレンジペコ (ID: 7mGgpC5l)

ゲーム開始から70分が経過し、残る逃走者は12人!


ー牢獄ー

水上
「気持ち確保ペース緩いんとちゃう? ハンター4体おる割には、まだ半分以上残っとるし」

ひでり
「って言っても、ここにいるメンバーはそんな中でも捕まっちゃったわけですけどね~……はぁ~あ、キッズ達の全員復活が羨ましいですよ~」

メグ
「でも、次あたり私たちの方も復活ミッション来るんじゃないかな?」

マヤ
「確かに! 本家もそうだし、前に私たちが出たやつもそうだったもんね!」

香奈
「そっか、2人は前にここのゲームマスターさんが開催したゲームの経験者さんなんだっけ?」

メグ
「一応ね。私とマヤちゃんと、あと結愛ちゃんも!」

スペクター
「前回経験者ねぇ~、その割には成績が振るわないんじゃないかい?」


「で、でもまだ結愛ちゃんがいますし!」

マヤ
「結愛だけじゃないよ! 私たちだって復活できたら、今度こそ絶対逃げ切ってやるもんね!」


千里
「あ! おーい染岡せんぱーい!!」

戸鹿野
「お疲れ様です」

染岡
「あぁ、サンキュな2人とも。……ちっと休んだらまたアップやるが、2人もやるか?」

千里
「え、もうですか!?」

染岡
「当たりめえだ! 前回も4つ目のミッションが復活ミッションだったらしいからな、準備しとくに越したことは無えだろうよ!」

戸鹿野
「……流石です。私もご一緒しますよ、アップ」

千里
「じゃああたしもあたしも!」


ひでり
「あの3人熱いですね~……まだ次が復活ミッションだって決まったわけでも無いのに」

マヤ
「でもなんかいいじゃんああいうの! ねえねえ、私も入れてー!」





幸也
「……やっぱり、賞金アップにはあんまり行く気になれないよ……」


先のミッションには動かなかった、大城幸也……





「ほら次こそ頑張ってミッション行こう? な?」

「やーだー! ハンター怖いー!!」

「ったくこの子は……あ、そこのお兄さん!」

幸也
「え、ぼく!?」

「はい! ちょっとうちの子に言ってやってくださいよ……うちの子、ミッションも行かずに隠れてばっかりで……そんなんじゃ逃走中出た意味ないよって、私がいくら言っても聞かないんです」

幸也
「え、えぇ~……」

「だってハンター怖いんだもん……それにぼく、出たいなんて言ってないよ……お父さんが勝手に応募しただけで……」

幸也
「……!? そ、そうなんですかお父さん……?」

「はい……この子あんまり臆病だから、大好きな逃走中に出せばちょっとは克服できるかなって思ったんですが……」

幸也
「そうですか……。ね、ねえキミ…………その、大丈夫だよ。ミッションって別に行かなきゃいけないものじゃないし」

「え……」

「ちょっと!?」

幸也
「で、でも……今はそんなこと考えられないかもしれないけど、も、もし君に大好きな友達がいたりしたら、その子のためだけにミッションに行きたい! って、思えることもあるかもしれないから、そ、その時に行けばいいだけだと思うよ……」

「……お兄さん……」

「……そんなものなんですか? 逃走中って……」

幸也
「も、もちろん人にもよると思いますよ! でも、ぼくもそんなに知ってるわけじゃないけど、みんながみんなミッションに行くっていうばかりが逃走中じゃないと思います……」


自身も、意地悪な兄に勝手に応募された経緯をもつ幸也……無理矢理参加させられた子の気持ちは、良く分かるようだ……





結愛
「やっと解放されたわ……」


2人のキッズとやる気のないおやじハンターに、動かない大義名分にされていた工藤結愛……


結愛
「あそこで別のおやじハンターが来なかったらどうなってたことか……」





おやじハンター(さっきまで結愛の近くで棒読みしてた人)
「はぁ……あれならゲーム終わるまで楽できると思ったんだけどな……」


いつまでも同じ場所にとどまっていては、ハンターは務まらない……





店長
「デハ皆さん、この後も頑張って下サイね!」

秋月
「き、気を付けて行けよ……?」

「「「はーい!!」」」


キッズ達と共にミッション3に動いていた、スティーレ厨房コンビ!
ここからは別行動をとるようだ……





秋月
「はぁ……」

店長
「お疲れデスね秋月さん」

秋月
「まあな……あの年齢の子どもと触れ合う機会って普段ねえから……つか店長すげえな、あんだけのキッズを取りまとめられるとか……そのコミュ力だけはマジで素直に尊敬するわ」

店長
「フッフッフ……それなりのコミュ力がなければ、喫茶店の店長なんて務まりマセンからね!」ドヤァ

秋月
「うっぜぇ……」










ハンター
「……」


ハンター
「……」


ハンター
「……」

ハンター
「……」





穂乃花
「! 四条さん、カレンちゃんと彩音ちゃんも! あそこ白のハンターいる!」

四条
「本当です! ごめんね2人とも、ちょっとあっち行こう?」

「は、はい!」

「了解デス!」


一方、ミッション終了後もキッズと共に動くテニス部コンビ……
ハンターを見かけ、来た道を引き返す……




















おやじハンター
「あ、居た!」ダッ!


だが、向かう先に1人のおやじハンター!





「あ、ヘレン前!」

「どうしたデスアヤネ……NO!!」

おやじハンター
「は~い確保~!」


ポン……ポン……





穂乃花
「」

「ご、ごめんなさい穂乃花お姉さんたち……捕まっちゃいました……」

「面目ないデース……」

四条
「こ、こっちこそごめんなさい! 私が方向変えようって言ったから……!」

「き、気にしないでください璃生奈お姉さん! まだ復活できるかもしれないですし……ね、ヘレン?」

「デスね! 復活したら、その時はまた一緒に逃げマショウ! それじゃあBye!」


気丈なキッズだ……


四条
「……なんだか、勇気をもらっちゃいましたね。ね、松原先輩……松原先輩?」

穂乃花
「ヘレンちゃんごめんねー! ずっとカレンちゃんって呼んじゃって本当にごめんねー!!」

四条
「やっぱり確信犯だったんですか!?」

穂乃花
「ごめんね四条さんも。私、突然のカレンちゃん成分の供給過多でちょっと変になっちゃってたみたい」

四条
「えぇ……」


再び、ヘレン達と共に逃げることはできるのであろうか……?





【55:25】 残り12人
イケP 谷川景 秋月紅葉 半田真一 スイートP
宇治松千夜 ディーノ ブンビー 松原穂乃花 工藤結愛
大城幸也 四条璃生奈
〈アイテム所持〉
ディーノ→網鉄砲


Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。