二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

戦士たちの異世界冒険
日時: 2022/12/01 19:18
名前: 謎の女剣士×らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

楽しき冒険を×光と闇の戦士たちの闘争物語





【合作3作目】「戦士たちの異世界冒険」 謎の女剣士×らる@羅瑠の合作

一作目「終わりのないこの世界で」
二作目「戦士たちの楽しき学園生活」
↑こちらもぜひお読みくださいね!


三作目「戦士たちの異世界冒険」

謎の女剣士 作品
「戦士たちの愉快な日々」 未完結
「光と闇の戦士たちの闘争物語」 連載中

らる@羅瑠 作品
「楽しき冒険を」 連載中
「∞梵天と少女∞【東京卍リベンジャーズ】」 連載中

こちらの4作品もご覧ください!

それでは、お話をご覧ください。 (編集:らる)

Page:1 2 3 4 5 6



Re: 戦士たちの異世界冒険 ( No.25 )
日時: 2023/01/19 21:32
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

第25話「炭治郎と禰󠄀豆子」

「禰󠄀豆子?」
禰󠄀豆子「お兄ちゃん♪」

良かった、どうやら炭治郎みたいだな。
後は、邪魔な亜空軍の残党をぶっ潰せばいいだけだ。
ん? アイクたちも無事みたいだな。
バッツはそうだ…、高い所が駄目だったんだよなぁ。

ティナ「えいっ!」
全員『!?』
禰󠄀豆子「確か、ミニマムでしたね?」
信「成程。小さくした方が半減に出来るって事か…」
炭治郎「ええ。その近くでユウナさんは見つかりましたが、ティーダさんはまだです」
禰󠄀豆子「手掛かりは、ブリッツボールだけ…」

だからって、見捨てる訳には行かないだろ。
マァムもダイと再会出来たんだ、後はポップを探しに行くしかねぇ。
つまり、もう1つの平地にユウナがいるんだな。
今頃異界送りしてるから、少しずつ進んだ方がいいかも知れないな。

26話に続きます。
次はらるさん、お願いします。

Re: 戦士たちの異世界冒険 ( No.26 )
日時: 2023/01/25 09:39
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

第26話「迷子?」



炭治郎「皆さん、警戒して進んでくださいよ!」
マァム「ええ。敵がいるかもしれないからね。」
禰豆子「とりあえず、慎重に進まないと…」

そう、ポップさんが囚われているとなればこの近くは敵は沢山いるはずなんだ。しかも、もう1つの平地にユウナさんがいる。
だから、出来るだけ少しづつ警戒し、そして慎重に進まないと敵に見つかってしまう。
俺_炭治郎だけでも生き残らないと全員を救えないんだ!


レオナ「あれ…また善逸君がいないわ!」
ダイ「え…また!?」
炭治郎「善逸、もしかして迷子になったのか?」
マァム「嘘でしょう!」
信「ったく、こんな時に…」
河了貂「ホントにね。」

善逸「あっ、皆ぁぁ!!!!!」
禰豆子「善逸さん?」
炭治郎「どこ行ってたんだ?」
善逸「え、ちょっと変なのがあったから見に行っただけだよぉぉぉ」
信「変なの?」
善逸「ちょっと変わった草みたいな。」
河了貂「パックンフラワー…な訳ないかw」
マァム「とりあえず見つかってよかったわね。」



27話、女剣士さんお願いします。

Re: 戦士たちの異世界冒険 ( No.27 )
日時: 2023/01/25 11:52
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

第27話「お互いの想い」

【平地へと続く道】

禰󠄀豆子「疲れた。お兄ちゃん、おんぶ♪」
炭治郎「はは。全く、しょうがないなぁ」

結構戦い続きだし、この辺りで休憩を取ることにしよう。
善逸たちは見回りに出ていて、俺は横になる。
まるで、鬼との闘いが近いみたいだ。
そういえば、レオナさんたちは何処に行ったんだろう。

レオナ「ねえ。ポップ君はあたしを捨てたりしないよね?」
マァム「まさか。ダイが言ってたわ、最初はかなり逃げていたみたいよ」
レオナ「あははは…」
マァム「まさか。ロモスの大会で再会するなんて思わなかったわ」
レオナ「マァムは今も、ダイ君を?」
マァム「ええ。可愛い弟みたいだけど、どんな時でも私を守ってくれるから」
レオナ「そう……。あたし、ポップ君を鍛え直そうと思うの。闘いがあった時、お父様を亡くしているから…」
マァム「そうね。彼の料理は美味しいわ、私が保証する!」
レオナ「ええっ!」

お料理、か。
俺でも、出来るだろうか。
いや、そうなる為にもこの闘いを終わらせなきゃ行けないんだ。
十分に休めたから、いつでも出発出来るよ!

28話に続きます。
次はらるさん、お願いします。

Re: 戦士たちの異世界冒険 ( No.28 )
日時: 2023/02/01 22:32
名前: らる@羅瑠 (ID: GDWSGe53)

第28話「ポップを探し求めに」





レオナ「さてと。もう十分休めたし出発はできるわね。」
マァム「みんなはもう準備大丈夫?」
信「ああ。オレらは大丈夫だ。」
河了貂「全然大丈夫。いつ出発してもいいよ!」

どうやら、信と貂は大丈夫だし、他の皆も口々に大丈夫だと言っているわ。
ついに、ポップ君を探せる時が来たのね。
…絶対見つかるわ。そう信じる。
でも一つだけ言えるのは、ポップ君は必ず無事ということね。

炭治郎「どの方角に行けばいいのか‥」
嬴政「とりあえず真っ直ぐ進むか?」
禰豆子「う~ん…ポップさんが囚われたのがあっちらへんだから。」
レオナ「じゃあ、その方向に行けばいいわね。」


そうして禰豆子が指さした方向へと進みだす私たち。
結構仲間が増えたし、敵が来ても大丈夫だと思うわ。
あとは、ポップ君が見つかるかどうかなのよね。

お願い、必ず無事でいて!




29話、女剣士さんお願いします。

Re: 戦士たちの異世界冒険 ( No.29 )
日時: 2023/02/01 22:49
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

第29話「助け出された大魔道士」

『ガシャーン』

???「さあ行きなよ? 今なら手薄のはずだからね」
ポップ「いいのか? 俺を逃せば、あんたは……?」
クジャ「レオナ姫たちはそこまで来ているんだよ? それでもいいのかい?」
ポップ「レオナ!!!」

そう叫ぶと、俺は仲間たちの方へ向かう。
ありがとうクジャ、アンタのことは忘れないぞ。
しかし、これだけの距離だ。
後は、どう進むかだな…。

メタナイト「無事か?」
ポップ「ああ。レオナたちがこっちに向かっているらしい!」
ブラックピット「よしっ。後はハルバードを奪還しようぜ!」

そうだな、レオナたちが来る前に俺たちはやらなきゃ行けないことがある。
ゲムヲによって奪われたこの船を、奪還するんだ。
風が強いが、注意しながら進むしかないぞ。
今頃レオナたちのとこには、リヒターとソラが行ってる筈だ。

30話に続きます。
次はらるさん、お願いします。


Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。