ダーク・ファンタジー小説

ストラグル タブー サクリファイス
日時: 2017/08/24 16:18
名前: 狂yuki
参照: http://www.z-z.jp/?earth-love

主要登場人物
柊 拓徒(ひいらぎ たくと):両親を侵略者に殺された過去を持つ15歳。そのため、仲間の死を許さない。ファッションセンスがないのがコンプレックス。階級は少尉。
十文字 麗子(じゅうもんじ れいこ):とても堅実な24歳の女性。拓徒を我が子のように可愛がり、ときに厳しく接する。階級は中佐。
南 勇児(みなみ ゆうじ):お調子者だが拓徒からは信頼されている。14歳。階級は少尉。
クローリー・レイン:拓徒が密かに憧れるファッションリーダーの上官。25歳。ルックスもいいのでモテる。階級は大佐。
桜庭 凛音(さくらば りんね)寡黙だが密かに拓徒に好意をよせる14歳。階級は中尉。
鬼宮原 飛鳥(おにみやはら あすか):少し天然な麗子と正反対で、拓徒をしっかり導こうとする。名家、鬼宮原家に生まれたエリート少女。17歳。階級は大尉。
宝倉 天奏(たからのくら あまね):旧日本の本家の令嬢。常に気丈に振る舞うが、拓徒には、少しだけ気を許したような態度を取る。



セラフィム
地球を突如襲った謎の侵略者。古代生物のような見た目に反して、脅威の能力を持つ。


   プロローグ
    ゲンシ

地球が、宇宙からの侵略者達によって破壊されはじめた。

侵略者は圧倒的な力を持っていた。人間は抗う術を知らずに逃げ惑うだけだった。世界中の主要都市は全て破壊された。


しかし


1987年、人類の抵抗が始まった。
人類は、人型超戦闘兵器「メシア」を開発。
そしてついに、人類の希望の砦「地球死守軍」が動き出した。
絶対的侵略者に反旗を翻す時が来た。


ー世界の中で侵略を免れた都市、名古屋。
そこに、地球死守軍の拠点のひとつがあった。


そこへ、セラフィムが襲来した。亀型のセラフィム。
司令が実動部隊に指示を出す。
「実動部隊、緊急配備!敵は時速10キロメートルの超低速型!しかし配備が遅延すれば
確実にメインタワーが破壊される!準備を急げ!」
その指示は軍施設全体に響き渡った。
整備員達が最終確認を終えた頃だ。

そして、拓徒達もこの指示を聞いていた。

「……よし。行くぞ」
「………待て。カレー全部…」
「黙れ行くぞ。カレーなら明日食わせてやる」
お調子者の勇児を連れ、運命の戦場へと向かう。

続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.80 )
日時: 2017/09/09 01:25
名前: 狂yuki

>>79作者が不定期で本当にご迷惑おかけしております……

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.81 )
日時: 2017/09/10 13:17
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=625.jpg

国連軍最高幹部会


「……我々に残された道はひとつか……」
ウィークハンガーが、躊躇いつつ…。
これには、排外主義的で自国優先的だったドイツも、賛同せざるを得ないようで、
他の国連加盟国から「首が硬い」と陰口を叩かれていたハイルブルク総統も無言で頷く。
「………それしか道はあるまい」

だがそれに、フランスのダルラン首相が嫌味を言う。
「まぁ、いつまでも空気を読まず、自国の利益ばかりを優先して首を縦に降らない堅物がいたものですからな…ハハハ……」
と。
これには流石に、他の加盟国の代表も笑いを禁じ得なかった。
だがドイツはそれに、嫌味で返す。
「どこぞの国は移民反対組織とテロリストの戦争で分裂しかけたと言いますしなぁ?クク……」
しかしそれには大した反応は無かった。

ウィークハンガーが呆れて机を叩き、言う。
「私はこのような時まで老人達の介護をしなければならないのか!?」
話を戻すには、少しばかり乱雑な言葉だったが、一人反応を示す。

「……XENON-1計画が挫折したのであれば、もう人類に希望は無かろう……」

その通りだが、この段階にきて正論など無意味だった。

実際、セラフィムは凄まじい速度で成長していた。
アメリカ軍の主力機P.H-70はたった一年で最強の座を剥奪され、今ではたった一体に蹂躙される始末である。
そしてこれは、セラフィムが進化するということを示しているものであった。それも地球上の生物より速く…だ。

だから、国連は大規模な月への移住計画を練っていた。
月面基地の奪還は、日本軍が撤退した後、国連の精鋭部隊によってなされた。


「1.5ギガトンの大型戦略核・OMEGA-00を投下。その間に我々と民間人は月へと避難し、月を目指す。
この大型戦略核は地球環境を瞬く間に変貌させる。地上のセラフィムは対応が間に合わず、ほぼ死滅するだろう」
ウィークハンガーが言う。
つまりは地球を、セラフィムも人間も住めない環境に変えてしまうというわけだ。
核爆発とその後の大きな環境変化に、地球環境に対応したセラフィムは即座には順応出来ず、
その大半が滅亡する……という作戦だった。



そして会議が終了───






「………本当に、やるのか……」
「やれやれ、対策遅れのツケにしては大きすぎる……」

口々に不平不満を漏らす加盟国の代表達。誰も彼もが責任を擦り付け合う。



続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.82 )
日時: 2017/09/11 00:24
名前: 狂yuki



キョウコは突然、拓徒を呼び出した。


「………用って……何ですか…?」
拓徒の問いにキョウコが答える。
「実はね、……貴方は気が進まないかもしれないけど、人類を救う最後の希望……まだひとつあるの……知りたい…?」
それは、拓徒にとってはとても興味深く、そして同時に気が引けるものでもあった。
何故───いや、何故も何も、「気が進まないかもしれないけど」という言葉に嫌な予感が潜んでいるのだ。

だが、やはりそれでも人類の希望ならば……

「……………聞かせてください…」
「……あら、いいのね……?……訊くって言ったからには責任持ちなさいよ…」
「……はい」
「<XENON-1>の改良機…<雷神-弐>の開発を考えているの……」
「……………!今……な……何て…」

キョウコは溜め息をつく。訊くと言ったからには責任を持てと言ったのに、まるで見飽きたダメ人間の反応が返ってくるとは…。


「<雷神-弐>は全てにおいてXENON-1を上回るわ。そうね…XENON-1が試作機なら、この<雷神-弐>は完成形ってとこかしら…?まだ設計図の段階だけど」
「ちょ、ちょ……ちょっと待ってください…。また暴走の危険性があるあんな大きな機体を……」
言いかける拓徒。それをキョウコが冷静に制止する。
「暴走すれば大きいも小さいもないわ。どのみち止めなければ死ぬし、止めても死ぬ可能性はある」
「……………」
「それに、この機体を完成させなければ、人類は地球に住めなくなるかもしれないのよ」
「………それはどういう……」
「……国連軍がね、『大型戦略核 OMEGA-00』ってのを作っちゃったの。それが簡単に言えば地球規模の爆発と環境変化をもたらすものだから、投下されればセラフィムは愚か人さえも、安心して暮らせなくなるのよ」
「……そ……そんなものを……」
「そんなものを……何?……貴方が思っているのはこう。そんなものを投下させるわけにはいかない、よね?」
「…………」
「さ、そうと決まれば、来なさい」

全く……。キョウコは全て解りきっているかのようだから付き合いづらい。
と思いつつ、キョウコの後を付いて行く。


続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.83 )
日時: 2017/09/24 00:48
名前: 狂yuki

OMEGA-00を搭載した国連軍の爆撃機が成層圏に到達した。
後は投下するのみ。
成層圏でのセラフィムの活動は報告されていない。だが、念には念を…ということで、
国連軍最高幹部会は、このOMEGA-00投下のため、「爆撃機と投下される爆弾の護衛」という任務だけを伝えて
日本軍各方面本隊の戦歩器を付近に配備している。


『………唐突にこんなよく解らない作戦練るなんて、国連は一体何を考えてるの…』
飛鳥が言う。
『こんな時に……拓徒がいないなんて』
文が弱音を吐く。
無理もない。隣に大きく構える爆撃機は、まるで暗黒物質のようで、モニター越しでもその圧倒的威圧感を誤魔化すことが出来ないのだ。
そんなものが今から何をしでかすのかなど、全く解らない。不安が募る。
『…………最早不安なんてない。生きるか死ぬか…いつも通りの二択ならば、いつも通り「生きる」だけだ』
天奏は落ち着いてそう言う。
たとえ待ち受けているものが不安だろうと、……五人は覚悟を決めている。
拓徒がいなくとも、彼の分まで残りの五人が戦えばいい…。


続く

Re: ストラグル タブー サクリファイス ( No.84 )
日時: 2017/10/03 13:40
名前: 狂yuki
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=657.jpg

飛鳥達護衛部隊は、実際にはほぼ察しがついていた。とんでもない爆弾が投下されるのだと。
原子爆弾か、水素爆弾かは知らない。あるいはもっと大規模な爆弾なのかもしれない。

それでも、ここで逃げればもっと大変なことになるのは明白だった。
まさにどう動いても絶望、というわけだ。

だからこそ、彼女達は覚悟を決めて「最期」の戦いに挑んでいた。

戦闘機型や機雷型の奇襲。多勢に無勢。圧倒的不利なことが一目で解るほどの戦力差。

だが────

死ぬことの何が怖い


それで人類が救われるなら


こんな命は


いくらでも


燃やすために命はある


わけの解らない宇宙生物ごときに


「覚悟」は出来ない


奴等の敗因はそれだ


奴等はそこまで強くても、「覚悟」が出来ない


覚悟こそ人の強さだ


覚悟もない、信念もない、そんな宇宙生物どもに、誇りある人類の未来を奪わせは………


『しない!!!!』


血塗れになりながら、吐血しながら、戦い続け──コックピットに伝わる衝撃は凄まじかった。足がもげる者もいた。
それでもまだ、戦いは終わらなかった。覚悟したからには、勝つまで死ねない。

モニターにびっしりと映る『danger』。辿り着く未来を示していた。だが、解りきった未来予知は無視だ。目の前の敵に全ての意識を注ぐ。


『うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!』
飛鳥が血みどろになりながら叫ぶ。文機の後方の敵を撃つ。
だがそのせいで、飛鳥機のコックピットに攻撃が命中する。
『あぐっ!!』
赤黒い血を吐く。
文も、ついそれに気を取られ、腕部を破壊される。
『ひぁっ!』

敵はそれほどの乱戦の中で減ることはなく、むしろ増え続けていた。


続く

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。