複雑・ファジー小説

触れられない花。
日時: 2016/11/18 22:27
名前: @メンタル

Character

〈神シン〉
限られた者。
炎・水・大地・雷・闇・無・愛
の7つに分けられた能力を操る。

〈鬼キ〉
神の使い魔。人外。
大抵は、1つ。多くても2つの能力しか使えない。
しかし1鬼だけ7種類の能力を操ることができる。

〈鄙ヒ〉
人類の敵。人外。
神と能力は、変わらない。見分けは、ほぼつかない。
破壊と絶望。そして憎悪を愛する。狂気殺人をする。

〈契チギリ〉
神が鬼と契約するときの事。
契を交わした神は、外れないピアスや体に紋様が刻まれる。
鬼には、自身の決められている名が体に刻まれる。

〈破ハ〉
鬼との契約をなくすこと。
鬼の体に刻まれた名を傷つけると契約は、無くなる。

〈神聖学院付属強化学園〉
神の能力があるもののみが通う学園。
初等部4年中等部3年高等部3年神聖学院3年
があり定期的に行われる実技テストのランクが
ABCDEの中でDとEになると普通科の学校に落とされる。
全寮制。中等部からは、週に一度だけ学園の外に行くことが許されている。







Page:1 2 3 4 5



Re: 触れられない花。 ( No.1 )
日時: 2017/02/20 19:13
名前: @メンタル

Lyric

青年が居ました。青年は村の図書館でいつも一人で暮らしていました。
彼はいつも村の人々と会話するときに距離を感じていました。
しかしだんだんと彼に話しかける人もいなくなり彼が居ることを知る人間もいなくなりました。
一人きりの夜を何度も越したある日の朝図書館に一人の幼い少女が迷い込みました。母親を探す声がだんだんと泣き声に変わったことに気づき青年は、声を掛け慰めました。
少女は、友人となった青年に自身が一番好きな歌を教えました。そして夕暮れまで二人は、話し続けました。母親がやっとのことで探しに来た声が聞こえ少女が青年のもとから去りました。
その時少女は、青年と約束をしました。
「私には、その歌の意味が言葉が分からない。だから何時か分かった時に
 また私がここに戻って来るから教えてくれ。」
と。青年にも異国の言葉の歌詞がわからずしかし唯一の友人に教わった歌を歌い続けました。
その歌は、ただひたすらに与えられない愛を求め続ける歌。
しかし青年は意味が分からずとも歌を歌い続けました。

リン チギリ
臨の契・1

黒地にシルバーのラインが入ったネクタイを軽く締める少女が二人そこには、いました。
「臨は、今日だっけ?契」
黒の太縁眼鏡をかけた少女が声を出しました。
隣にいるボブヘアーに猫のようにくっきりとした目が特徴的な少女が返事をしました。
「あー、うん。どんな鬼なんだろう」
答えた少女の名前は、大田 臨(オオタ リン)
質問をした少女の名は、凛時 蘭(リントキ ラン)
二人は幼馴染の見習い神です。高等部一年の印にネクタイのラインが1本になっています。
臨は、自分の机から離れて寮室の出口に立ってから大きく深呼吸をして言いました。
「蘭、私行ってくるねっ!」
勢いよく出て行った幼馴染が居た場所を見ながら蘭は呟きました。
「いい鬼だといいね。」

臨side
いつもとは真逆の方向に角を曲がり学院本部の方に足を進ませる。
契には、激痛が走るものだから心の準備が必要らしいけどどんなに冷静になったって痛いものは、痛い。
「耐えられるんだろうか」
吐き出された呟きにこたえる人間は、誰もいない。

Re: 触れられない花。 ( No.2 )
日時: 2016/11/19 16:38
名前: とまと

 読みました。ガンゲイルとは全然違う感じですね。どっちも好きになりました!

Re: 触れられない花。 ( No.3 )
日時: 2016/11/20 17:31
名前: @メンタル

とまとさんありがとうございます。
まさか見てくださるとは、思っていなかったのでリアルで泣きそうになりました(笑)。こんなメンタルですがよろしくお願いします。


体育館のような広い場所に来ると、学院長の補佐である証の服装をした男性教員などが紫色の光で地面に複雑な魔法陣みたいなものを書いていました。臨はすぐに闇と光、それから無の能力を使った術だとすぐにわかりました。いわゆる複合術です。
「第231期生、Bの1、大田臨です。」
この学校の番号は、ランク内での成績で決まります。すなわち彼女は、Bランクの一位という事です。ちなみに蘭の番号は、2番目なので寮室が一緒なのです。
「此処の真ん中に立って待ってて。」
女性教員が陣を指さして指示をしました。その通りに立つとすぐに次の指示が出されました。
「何か好きな音楽とか好きな詩とかおもいだしたりしてみて、声に出してもいいわ。」
それならと彼女は、一番好きな曲を口ずさみました。
「『Kamitch mia Sori towa Melesse mebo thia Maruwche mia Sabi towa』」
幼いころから耳に残っている古い曲。未だに意味は、分からないが大好きな曲です。
いつの間にか周りの教員たちが一斉に陣に向かって術をかけているのか臨の周りの陣が透き通った紫色に輝いています。一番盛り上がるような所を歌おうとした瞬間に彼女に異変が起きました。
「っ―――!!」
声にならない叫びが彼女がどれだけの激痛を味わっているかを表していました。
周りの光が一層強く光りました。臨は、歯を噛みしめ手を握りしめてきつく目を閉じて痛みに耐え抜きました。
痛みが取れた後も臨の体には、痺れの様なものが少々残りました。
痛みに耐え抜いた臨は、自分の鬼を見ようと瞼を薄く持ち上げました。
「...君が、私の、鬼?」
目の前には黒い髪がよく似合い目元のほくろが特徴的な好青年でした。
青年が目を開けて口元に微笑みを浮かべて口を開きます。
「...ボクの事、覚えてるかな。...臨ちゃん。」

Re: 触れられない花。 ( No.4 )
日時: 2016/11/20 19:50
名前: とまと

 続き楽しみにしてます!

Re: 触れられない花。 ( No.5 )
日時: 2016/11/20 20:46
名前: @メンタル

突然名前を呼ばれても痛みの麻痺がまだ残るのか返事はありません。がしかし、すぐにはっとした顔にになり声を出しました。
「私の事より...君の真名は?」
青年は、少々悲しそうな顔で笑ってから名前を言いました。
「ボクの名前はね、リリックっていうんだ。ほらここに≪Lyric≫って書いてるでしょ?」
そう言いながら鎖骨の少し右側に刻まれた名前を黒のタンクトップをめくり、臨に見せました。
「Bの1、大田臨の鬼をリリックで良いな?」
男性教員が聞きました。それに返答をすると、戻ってよしと言われたので寮室に戻ることにしました。

部屋に帰ると蘭と蘭の鬼であるおおよそ150pにだいぶ足りない少女グランが居ました。
「あ、グランだ」
「あ、リっちゃんだ」
二人の鬼が同時にしゃべりだしました。
「へーこの子が臨の鬼か、なんか可愛いね。」
「いやそれより知り合いなの?グランとリリックって」
驚きを隠せない声でそう尋ねてみると、二人の鬼は説明をしてくれました。
二人がまだ鬼としてこの世界で存在できなかった頃つまり契で呼び出されていなかった頃の話になりますが、彼たちは結構な仲だったらしいとのことでした。

Re: 触れられない花。 ( No.6 )
日時: 2016/11/22 19:18
名前: とまと

 リリック登場しましたね!

Re: 触れられない花。 ( No.7 )
日時: 2016/11/23 18:15
名前: @メンタル

≪ちなみに≫
こんばんは。最近チョコレートが食べたくなる季節になりましたね。
え?そんな季節は無いって?ありますよメンタルが今作ったんですから。
※メンタルは、チョコレートが餌ですので飼って下さる女神&男神様h
(#^ω^)
すみません。お気になさらず。話が終始脱線しまくりですけど良ければどうぞ。

私の書いてる小説には人外も含めると14人います。(正しく計算すると20人ぐらいいました。)名前が被っているのでそれを省くと14人なんです。そして最近、正規に15人目のオリジナルキャラクターが誕生いたしました。
なので『触れられない花。』は、オリジナルキャラクターチームの節目の人数と思い、ゲストキャラクターも含めお祝いの作品となっています。
勿論約20人ほどいる皆もこの作品に出ています。
お祝いなのにって思うところもあるかもしれませんが、その時が来たらご説明いたします。
メンタル自身が大好きな皆の刻む物語をこれからもよろしくお願いします。

                     @メンタル

Re: 触れられない花。 ( No.8 )
日時: 2016/11/25 23:30
名前: @メンタル

とまとさん≫
はい!メンタルのごっちゃなお話に付き合ってくれるリっちゃんです(笑)。
...なんとなく構成が決まったので本編に行きますね。

「臨の紋章的なのは、どこについてるの?」
蘭が質問を投げかけると臨は、思い出したように手の甲などを探し出しました。すると右腕には、バラのつたに縛られている女神の紋。そして左腕には、これもまたバラのつたがリング状になっていました。
「バラの花が…1,2,3,4,…7輪咲いてる。なんか綺麗。」
ふいに左腕が痛み少し見てみるとつたが伸びたように見えたのは、気のせいだと思い過ごしておくことにしました。

なんとなく外に出たい気分だったので学院内にある噴水まで来た二人は、噴水の縁に座ってただ何を考えるわけでもなく、頭に浮かんだ言葉を口にしました。

臨side

「Amiso thia A senty menta i Imiso digo A sola dhia Sadimi kita d」
いきなり隣で歌いだしたリリックに少々驚く。私以外知らないと思っていた歌を歌いだしたのだから。少しばかり唖然としていると背後から何かの羽ばたく音が聞こえ振り返ると少し大きい鷹だった。
何も考えずに手を伸ばすと腕に鷹がゆっくりととまった。そのまま小さく息を吸い、リリックの後に続いて歌う。
「Kamitch mia Sori towa Melesse mebo thia Maruwche mia Sabi towa」


Re: 触れられない花。 ( No.9 )
日時: 2016/11/30 20:29
名前: @メンタル


「…ねぇなんでこの歌知ってるの?」
歌い終わってからすぐに疑問をぶつけました。
するとリリックは、また少し悲しそうな笑顔見せて口を開きます。
「えっと「いたぁぁぁぁ!!」
「え?」
リリックの声に女性の絶叫が響きました。声のした方向を見てみるとボーイッシュな格好をしたどう見ても生徒では、無い人でした。
女性の声に反応したのか腕にとまっていた鷹も女性の方へ飛び立ちます。
「こら!勝手に時雨の元を離れるんじゃないの。どうしたの?いつもは、利口なデストロイの癖に〜。」
女性は、鷹の頭を撫でながら様々な表情で声を出します。臨は、時雨という名前に聞き覚えがありました。と言うか知らない人は学院内、外を探してもほとんどいません。なぜなら神聖学院学院長でありおおよそ100年は、生きていると言われている、神最強の人物なのです。では、その偉大なる学院長を呼び捨てで呼ぶ彼女は、何者なのでしょうか。
「あ、ごめんね私の名前は、笹凪千里≪ササナギ チサト≫よろしくね〜。ここの第一期卒業生なんだー。」
90年続くこの学院の一期生という事は、とてつもない年齢という事になります。学院長と同じで彼女も鬼の代償がありそれが≪寿命≫なのでしょうか。
まれに鬼と契約をしたときに強い鬼と契を交わすと代償というものを受けます。その中で≪寿命≫は、ある一定の年齢から見た目の成長が止まり自然に死ぬことができなくなります。
「私は、高等部一年B組大田臨です。こちらが私の鬼のリリックです。」
「大田…ああ陸の妹ちゃんか〜礼儀正しいんだねーあいつとは、大違いだわ」
「私の兄が何か失礼でもしましたか?」
「いやぁ〜隊長だからって気負って危ないわー年上の命令の仕方がねー。まぁ私には、何も言わせないけどね」
ニコニコ笑いながら言う笹凪さんは、どこかピエロを想像させるような人でした。


Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。