複雑・ファジー小説

触れられない花。
日時: 2016/11/18 22:27
名前: @メンタル

Character

〈神シン〉
限られた者。
炎・水・大地・雷・闇・無・愛
の7つに分けられた能力を操る。

〈鬼キ〉
神の使い魔。人外。
大抵は、1つ。多くても2つの能力しか使えない。
しかし1鬼だけ7種類の能力を操ることができる。

〈鄙ヒ〉
人類の敵。人外。
神と能力は、変わらない。見分けは、ほぼつかない。
破壊と絶望。そして憎悪を愛する。狂気殺人をする。

〈契チギリ〉
神が鬼と契約するときの事。
契を交わした神は、外れないピアスや体に紋様が刻まれる。
鬼には、自身の決められている名が体に刻まれる。

〈破ハ〉
鬼との契約をなくすこと。
鬼の体に刻まれた名を傷つけると契約は、無くなる。

〈神聖学院付属強化学園〉
神の能力があるもののみが通う学園。
初等部4年中等部3年高等部3年神聖学院3年
があり定期的に行われる実技テストのランクが
ABCDEの中でDとEになると普通科の学校に落とされる。
全寮制。中等部からは、週に一度だけ学園の外に行くことが許されている。







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25



Re: 触れられない花。 ( No.102 )
日時: 2017/07/16 23:02
名前: @メンタル 

とまとさん
…へ?
閲覧数が1000回突破…?
へ?(゚Д゚;)

ありがとうございますっ!!!(渾身の全力スライディングお礼)
なんだか信じられませんね…(笑)
まぁ変わらずに、頑張っていきますのでメンタルをよろしくお願いします!

兄妹の正面対決が今始まる。
と、言いたいところですがちょっと番外編。本当にちょっと。

過去の縛り 太田陸編
昔から、昔からそうだった。両親が臨の事をよく褒めるのは。実際自分が臨よりも劣っているのも理解していた。勉強も社交性も能力値も。
両親は自分が神の判定を受けたとき泣きそうな目をしていた。それは至極真っ当な事で、『実の子供が誰とも知らない他人に殺されに行く』などと考えたら泣きたくもなるだろう。喜ぶのはせいぜい自分が生まれる数千年も前のまだ鄙の恐ろしさなどが分からないでいるときであろう。
臨が神の判定を受けたとき、母が言ったのだ
『臨までも連れていく必要はないじゃない…………ないで』
後半はほとんど覚えてはいないのだが、確かにこういったのだ。まるで自分ならまだ良いと、死んでもらっても構わないと。そういわれているような気がした。
それからは、自分の家族を対等に見ることなどできるはずが無く、いざと言うときは切り捨てられ、どこかで一人死んでゆくのだろうと思いながら今までの人生を生きてきた。


Break Time:One
書ききれなかった、はみ出してしまったものなどの情報をちょくちょくこちらでは書いて行こうと思ています。

☆笹凪が着任当日に行ったテスト。
 あのテストに合格した者のほとんどはBクラスの生徒などです。そしてAのほとんどの生徒を落としていきました。
何故かと言うと、Aの場合Aだからと高をくくってしまうから、成長しきってしまっているからの理由です。
それに比べるとBCは、伸びしろが十分にあるという観点で選別をした。
と言う設定にしております。
では、また次の『Break Time』で

See you next time.

Re: 触れられない花。 ( No.103 )
日時: 2017/07/19 21:57
名前: とまと

 本当におめでとうございます!
改めて1000回ってすごいですよね!!

Re: 触れられない花。 ( No.104 )
日時: 2017/07/23 21:14
名前: あっとまーくめんたる iPadくん

トマトさん
ありがとうございます!
確かに1000回って凄いですね…正直よく分からないくらい嬉しいですよ本当に。
改めて宜しくお願いします!

突然本名投稿ですみません(笑)@メンタルの読み方をよく間違われるので(現実で)ひらがながきにして見ました!
あっとめんたる、ではなくあっとまーくめんたるなのです!
どうでも良い事ですいません(笑)
明日は本編書きますので許してください((

Re: 触れられない花。 ( No.105 )
日時: 2017/07/27 17:48
名前: @メンタル 

純白の刃が臨の肌に触れる直前で、紫色の術の粒子が弾けた。
「っ!?」
「...?」
驚く臨とは対照的に陸は無言で術を発動した人間を睨みつけた。その相手は、臨のすぐそばにいた蘭だった。少々息を切らして、右手を前に突き出していた。
「陸君。臨は、君の妹なんだよ?無刀で切りかかるなん「だから、何?僕と臨は、兄妹。その整理がついたとして君は、何かになる事が出来るの?結局、蘭。お前は、ただの他人で部外者でしかないんだ。」
抑揚のまるでない冷酷な正論に、蘭は二の句を継ぐ事が出来なかった。ただ目の前で起きていることを他人だからと言う単純な理由で見過ごさなければいけない不条理さに、陸に気圧されて反論さえできずにいる自分に腹が立ち唇をきつく噛み、俯くことしかできずにいた。
臨は小さな声でしかし確かに『ありがとう大丈夫』と蘭に言い、長刀を構える兄の方を向いた。
「兄さん。私たちさ兄妹喧嘩なんてしたことなかったよね。」
落ち着いて激情させないように。静かな声音が教室へと広がる。
「だからさ、最初で最後のになると思うけど。しよっか」
言いながら空中を真っ直ぐ切り裂くようにし、小さな声で闇刀と呟くと陸とは対照的な漆黒の長刀。
臨は、それをしっかりと構え言い放った

「きょーだいげんか」

Re: 触れられない花。 ( No.106 )
日時: 2017/07/26 23:49
名前: @メンタル 

「しよっか...きょーだいげんか」
その一言を合図に、両者の腕が動いた。純白の長刀、無刀の残像が見えるほど早い剣技はもはや異常としか言えぬ勢いで、臨の闇刀はそれをギリギリで受け止める事しかできないでいる状態だった。
何度も金属がぶつかり合うような高い音が響いた後、二つの刀がせめぎ合った。
「おマえが、シンにエらばれた時かラ、オもッてタよ...」
ノイズがかった声が兄から聞こえた瞬間、言い表すことのできない畏怖が足元の力を緩めさせ、その隙をつかれて圧力でよろめき床に倒れる。
「キエてシまえっテナぁっ!!!!」
狂気じみた叫びと共に振りかぶられた無刀が下ろされた。とっさの事に受け止める事が出来ずに、最初の鮮血が上がった。

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25



題名 小説をトップへ上げる
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
コメント

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


  クッキー保存