ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

フリージアが忘れられない
日時: 2021/08/14 15:10
名前: シノ (ID: Bf1VKmv9)

一面が黄色の花でいっぱいだ。花特有の香りが漂ってくる。ここの花は年中枯れないらしい。一輪たりとも。何故枯れないかは誰にもわからない。その黄色の花畑の中にポツンと小さな建物がある。こじんまりとしているが、しっかりと手入れがしてある。レンガのところどころには花畑と同じ黄色の花がついている。全体的に黄色の花で装飾されたその建物は人の気配をまったく感じられない。そんな場所に一人の青年が訪れる。

Re: フリージアが忘れられない ( No.15 )
日時: 2021/10/08 07:51
名前: シノ (ID: f3ScG69M)

「でもさ、お前なら、シズルなら理解してくれると思ったんだよね。」
「その根拠は?もし私が貴女を否定してしまったら?貴女は傷つくでしょう?」
「んー。その可能性は考えてなかったかな。だって今、シズルは否定してないでしょ?笑わなかったじゃん。真面目に聞いてくれた。それだけで俺は嬉しいよ。」
そう言ってユズは珈琲を一口飲んだ。
「そう言ってるといつか自滅しますよ、貴女。」
「んー。その時はその時だ。気にしてると人生楽しめないぞ~。」
この人を見ていると心配になる...そのなことを思っている私のことなんぞ考えず、何か良いことが思い付いた幼子ような表情でユズが提案をしてきた。
「ねぇ、シズル。俺、もう1ヵ所行きたいところあるんだけど。」

Re: フリージアが忘れられない ( No.16 )
日時: 2021/10/11 07:47
名前: シノ (ID: 4.2P0hz.)

カフェから出て15分ほどたった頃。
「まだですか...?だいぶ歩いたような気がするのですが。」
自然が美しい、鳥の綺麗なさえずりが聞こえてくるなんて...ことはなく、ただの林を歩いているのである。普段から必要以上に外に出ないシズルにとっては過酷である。足元も少々悪く運動不足のシズルは肩で息をしながら一生懸命歩く。
「あとちょっとだから!シズル頑張れ~!」
対してユズは全く疲れた様子を見せない。疲れた様子のシズルを応援する(少し笑いながら)余裕まである。
「ほら!シズル!この先だよ!ここを抜けたら!」
あぁ、やっと到着点ですか。あと少しだと足に鞭をうってシズルは足を動かす。
「じゃじゃーん!!ここです!俺が見せたかった場所は!どうよ、どうよ。」

Re: フリージアが忘れられない ( No.17 )
日時: 2021/10/11 13:26
名前: シノ (ID: 4.2P0hz.)

話の区切りが悪いけどここで登場人物表的なものを...物語で必要のない情報もあるかも..?と言いながらも作者が纏めたかっただけですけど(笑)
容姿等を詳しく知っていただき、今後楽しく読んでいただけたら嬉しいです。

Re: フリージアが忘れられない ( No.18 )
日時: 2021/10/11 13:51
名前: シノ (ID: 4.2P0hz.)

シズル
21歳

深い青色の髪(正確にはウルトラマリンブルー)を一つにまとめている。髪を下ろしたら肩よりも3、4cm位上。ギリギリ髪を結べる長さ。髪は黒いリボンで結んでいる。
瞳は深い緑色(正確にはクロムグリーン)
父・母・弟(18歳)がいる。自分よりも弟の方がしっかりしているためたまにネガティブになる。それを弟が励ますのがシズルの家での恒例となる。自分がしっかりしていないのを自負しているから弟に"兄さん"と呼ばれるのは唯一兄っぽくて好きだったりする。
時計塔修理中なので作業着。目に油等が入るのを防ぐためにスチームパンク感満載な(?)作業用眼鏡をつけている。休日は基本的にラフな格好+伊達眼鏡。伊達眼鏡をつける理由は落ち着くから(普段仕事でも眼鏡をつけているため)ちなみに伊達眼鏡は丸い。
人とコミュニケーションをとることが苦手。出来ることなら人と関わりたくない。家から出たくない。でもニートはヤダ。格好いい兄さんになりたいということで、とりあえず自分の好きな機械いじりを職業に。

Re: フリージアが忘れられない ( No.19 )
日時: 2021/10/12 07:21
名前: シノ (ID: 0sokIT7I)

(No.18から続き)
もともと喋ることが好きではない。流行に疎いため同年代の方と喋ることが得意ではない。


Page:1 2 3 4



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。