ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

Cord___CyAN
日時: 2022/11/25 17:20
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

どもども、ぷれです。
ここのところ、色々書きすぎて疲れたのですが、また新作書きます。
今回は、エージェント系です

~あらすじ~
2年前、大規模テロ事件が発生した東京都新江戸川区。ターミナルタウンとして、発展を遂げた街には未だ犯罪が絶えない。
そこで日本政府が立ち上げた、犯罪未然防止組織CyAN(シアン)を導入。
記憶喪失の少年と、新入りの少女がこの街の安全を守るために戦う。

人物紹介>>1
Prologue>>2
Episode 1.「New Buddy」>>3-5
Episode 2.「The pandora」>>6-10
Episode 3.「Day off」>>11-13
Episode 4.「Taste of Blood」>>14-20
Episode 5.「Hyacinth」>>21-22
Episode 6.「LOST」>>23-24

Re: Cord___CyAN ( No.27 )
日時: 2022/11/26 22:53
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

緊急召集をかけ、会議室に集まった。
「急に呼び出してすまない、奏太から話だ」
奏太が、スクリーンの横に立ちパソコンを操作しながら喋り始めた。
「いいお知らせです。彰さんの行方が判明しました」
「奏太、追跡はできるのか?」
叶魅の質問に、奏太は冷静に返した。
「微妙です、悪いお知らせに繋がりますが」
「志摩、悪い知らせを」
「はい。彰さんは黒です」
確証すらないのに、なぜ言い切れるのか。
「この画像だけでは、確証はありません。しかし、彰さんの本名は小暮彰ではありません。黒井影虎くろいかげとら
黒井影虎、大規模テロ組織神風の組長。
しかし、同姓同名の可能性も否定できない。
「DNA鑑定の結果、黒井影虎のものと一致しました」
「じゃあ、今までやってきたことは...」
「何が目的か、それは本人しかわかりません」
叶魅が口を開こうとした瞬間、代表の部屋から銃声が2発聞こえた。
アイコンタクトで部屋に突入すると、額に2つ穴が空いた代表の死体があった。
「...黒井の仕業か」
「カメラの映像を確認、間違いありません...」
___黒井影虎です。

7話終了です
ちょっと飛ばし気味でしたね

Re: Cord___CyAN ( No.28 )
日時: 2022/11/27 17:53
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

Episode 8.「Unknown」

「...奏太」
「はい」
叶魅はパソコンの画面を凝視しながら、奏太を呼んだ。
代表が死亡してから3日、影虎の行方は未だ掴めていない。
「ここの会話聞こえるか?」
「ええ、換気扇の音が大きいですが...」
『黒井、これで私は...!』
『ええ、この国の政府を動かせますよ』
『よし...!この国は私の物だぁぁぁぁ!!!』
『まあ、俺があなたを殺せばの話ですが』
ここで動画を停止させた。
代表まで黒だったとは、上層部など信じられない。
「連続的にCyAN関係者が殺害されているとなると、裏で絡みでもありそうですが...」
思えば司との接触から関係者が殺害されている。奏太の見解も否定はできない。
「...黒井の目的が国の支配だったりとかって」
「うーん...どうだろうなー。興味なさそうな感じだけど、そもそも何でCyANにこんな危険人物が居たのか」
考えれば考えるほど謎だ。
今後、抗争が激化することは間違いないだろうが、それで叶魅の過去が分かるはずもない。
記憶の延長線上に立たされた叶魅は、どうすることもできないままだ。
「お疲れさまだ、二人とも」
「九条さん、お疲れさまです」
本部に泊まり込みで調査しているので、完全に体も限界がきていた。
渚の差し出したコーヒーがいつもより美味しい。
「奏太くん、君は寝ていいぞ。ここからは私たちが引き受ける」
「え?いや、申し訳n」
「寝ていいぞ?」
「ハイオヤスミナサイ」
この上司、圧で後輩を寝かせやがった。
「...叶魅くーん、最近冷たくなーい?」
「何がですか。冷たいも何もこの状況下でヒイキしてる場合じゃないんですよ。藍奈呼びましょうか?」
「遠慮しときます」
なぜしょぼくれるのか、叶魅には全く理解できななかった。
今言ったことは全て事実だ。
関係者が次々に殺されている、次は捜査官が殺されてもおかしくはない。ここでふざければ、命を落としかねない。

Re: Cord___CyAN ( No.29 )
日時: 2022/11/27 22:04
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

「...叶魅くん、君はすごいよ」
「何がですか?」
叶魅は片手間に話を聞いた。
「あれだけ精神的なダメージも負って、2日も寝ないで作業して。何でそこまでするのさ」
「...僕はみんなにしてもらったことの恩返しをしたいんです。記憶喪失で顔すら1億人の中の誰ともヒットしない、こんなやつを放っておかないでくれた。そんなことしてもらって、僕は何もしてない。だからこうすることしかできません」
「ううん、叶魅くんはよく頑張ってる。それに恩返しなんて、もう済んでるよ。君がここに居るだけで、みんなが救われてる」
叶魅は訝しげな表情を浮かべたが、すぐ笑顔に変えて言った。
「僕がそう思われてるなんて、嬉しいです」
「そっか。...そろそろかな」
その言葉の意味を理解するまで時間はかからなかった。
強烈な睡魔に襲われ、力が入らなくなる。
「睡眠、導入剤...!九条、さん...!」
「ごめんね、叶魅くん。でも、こうするしか...君を眠らせる方法がこれしかなかったの」
叶魅の体は限界が近かった。
立てばふらつき、手は震え、衰弱しきっていた。
それもそのはずだ。叶魅は肉体労働に加え、次々に起こったハプニングのせいで、ボロボロだった。
「おやすみ、叶魅くん」
遠のいていく声に、返事すらできず眠った。
「よく頑張ったね、叶魅くん」
そっと彼の頭を撫で、毛布をかけた。

Re: Cord___CyAN ( No.30 )
日時: 2022/11/28 16:29
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

「...いつから見ていた?聖華季」
「バレてたっすか、渚さん」
コンクリートの柱から姿を出し、叶魅に視線を向けた。
それに気づいた渚は、冷たく睨む。
「私が叶魅を部屋まで運ぶっす」
「その必要があるかな?ここにはベッドもある、わざわざ私室まで運ぶ必要があるの?それとも___」
____二人っきりじゃないとまずいことでも?
聖華季は顔を歪め、怒りを露にした。
「...私と叶魅の邪魔をしないでよ...!私と叶魅は付き合ってるの!!叶魅は私の所有物、他人が知っていい権利はない」
「身勝手だな、聖華季。叶魅くんは付き合ってるなんて聞いたことないし、そもそも所有物もなにも彼には自由があると思うのだけれど?」
ついに限界がきたのか、ポケットからスタンガンを取り出す。
しかし無謀だ。近接戦では渚の方が遥かに強い。
「私が勝てるわけないのは知ってる、だからズルするの」
テーザー銃。しかし、気絶するほどの威力はないはず。
かわしきれず、そのまま受ける。
「っ!!??カハッ...」
魔改造テーザー銃の前では、強者も一般人と変わらない。
「ふふっ、これで一緒だね♪」
叶魅をそのまま持ち帰ろうとすると、足首を強い力で引っ張られる。
渚だ。いくつもの修羅場をくぐり抜けた彼女は、気絶なんてしなかった。
「残念、だったな...。君は無期限で謹慎及び叶魅くんへの接触は禁止処分だ」


8話終了です。
ネタ切れ?

Re: Cord___CyAN ( No.31 )
日時: 2022/11/28 17:31
名前: ぷれ (ID: tEZxFcMB)

Episode 9.「Poison」

代表が殺されてから1週間、これといった進展もなく時間だけが過ぎていた。
このまま足踏みをしているだけでは、何も変わらないと思った圭は行動を起こそうとしていた。
「なあ奏太、小暮...黒井の位置特定とかって」
「できません。警備システムを全てくぐり抜け、カメラの死角に立っているので困難でしょう」
「手も足も出せねえってか...」


Page:1 2 3 4 5 6 7



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。