二次創作小説(紙ほか)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

フェアリーテイル 狙われた星霊魔導士〜ゾルディオとルーシィ〜
日時: 2020/08/18 14:12
名前: ソラ (ID: Dc7kH2Yb)

5年前の作品を見返してたら、書き途中のものがあったので、復刻したいと思います。
最後まで、書き続けられるといいな・・・、と思います。

プロローグ
キャンサー「できたエビ。」
ルーシィ「ありがと!キャンサー!」
ルーシィは仕事に行く前に髪の毛をセットしてもらっていた。
キャンサー「ルーシィの髪もだいぶ伸びたエビね。」
ルーシィ「うん。大人っぽくなってきたかな?」
ルーシィの髪は胸の下辺りの長さまで伸びていた。
ルーシィ(ナツが見たら、どう思ってくれるのかな?)
ルーシィは心の中でナツのことを想っていた。ナツが旅立って半年。ルーシィはナツの帰還を心待ちにしていた。
ルーシィ(フェアリーテイルが解散して半年かぁ。みんな元気にやってるのかなぁ。)
ナツが旅立った次の日、マスターからフェアリーテイルを解散するという話があり、フェアリーテイルのメンバーはばらばらになり、それぞれの道を歩んでいた。
ルーシィは週刊ソーサラーの記者になっていた。
ルーシィ「よし、今日も一日頑張ろう!!」
ルーシィはクロッカスにある自宅を出た。
今日はセイバートゥースを取材する日。ユキノたちとの再会をルーシィは楽しみにしていた。
この時、ある計画が進んでいることを誰も知らなかった。

Page:1 2 3 4 5



Re: フェアリーテイル 狙われた星霊魔導士〜ゾルディオとルーシィ〜 ( No.19 )
日時: 2020/10/25 23:10
名前: ソラ (ID: Dc7kH2Yb)

第19話

スティング「どうしちまったんだ、ルーシィさん!?」

ローグ「お前と戦う意味が俺らにはない!」

ルーシィ「クスクス、哀れな者たち。わたくしは主君様の邪魔をする者たちを殲滅すだけですわ。」

アルカディオス「もしかして、ユキノ殿と同じ!?」

ルーシィ「さぁ、行きますわ!ゾルディオ様のために死になさい!!」

カミカ「私がなんとかします!紙吹雪 紫の舞!」

カミカがルーシィに攻撃を仕掛けた。

ルーシィ「あぁん!動けませんわ!」

ルーシィはカミカの紙に拘束された。

カミカ「紙吹雪 緑の舞!」

ルーシィ「ゴホゴホ!」

カミカ「さぁ、どうですか!」

ルーシィ「苦し・・・いですわ・・・。これは毒!?」

カミカ「さぁ仕上げです!紙吹雪 赤の舞!」

カミカの炎の攻撃が飛び出した。

ルーシィ「あぁん!あぁ・・・・・・。なんてね、ですわ!」

ルーシィは不敵に笑みを浮かべた。

ルーシィ「はぁっ!!」

ルーシィの周りに黒いオーラが飛び出した。

ルーシィ「ベノムフォッグ!!」

黒い霧が周りに覆われた。

カミカ「私の紙が・・・。」

黒い霧でカミカの紙が全て無力化されてしまった。

カミカ「そんな・・・。あぅ。」

カミカは気づくと大きな痛みに襲われ、周りに血が吹き出ていた。

ルーシィ「私の攻撃に気づきましたか?クスクス、遅すぎて気づかなかったですわよね。」

ルーシィは長く伸びた爪で、カミカを一瞬のうちに攻撃していた。

ルーシィ「ペロッ。」

爪についた血をルーシィはなめた。

ルーシィ「血はおいしいでうすぁ。さぁ、もっと行きますよ!!」

ルーシィはカミカの元に向かった。

ルーシィ「カイザーネイル!!」

カミカ「あぁん!」

カミカはルーシィの攻撃をまともに食らった。

カミカ「・・・。」

ルーシィ「まず一人。」

カミカは意識を失った。

アルカディオス「カミカ!」

ルーシィ「クスクス、おじ様もどうですか?」

アルカディオス「何!?」

気づいたらルーシィがアルカディオスの肩を抱いていた。

ルーシィ「はぁん!わたくし、男の人の血の方が好みなの・・・。」

アルカディオス「ごくり。」

ルーシィはアルカディオスのほおをなめながら言った。

ルーシィ「わたくしのこと、どぉ思いますか?悪魔の女はタイプですか?」

アルカディオス「ごくり。」

ルーシィ「わたくしじゃ、だ・め・で・す・か。」

アルカディオス「ごくり。」

ルーシィ「緊張してますの!?かわいい!!!!」

ルーシィはアルカディオスの首回りをなでた。

アルカディオス(なんて、はしたない!ルーシィ殿がこんな大胆な行動を・・・。)

アルカディオスはほおを赤らめた。

ルーシィ「カイザーネイル!!」

アルカディオスが緊張しているうちに、ルーシィは不意打ちに攻撃をしかけた。

ルーシィ「効いてないですわね。」

アルカディオス「この鎧は少々の攻撃は効かない!」

ルーシィは手を交差して組んだ。

ルーシィ「これはどうですか?ナイトメアシンドローム!!」

ルーシィの腕から黒いビームを出した。

アルカディオス「あぁぁぁ!!」

バタッ。

アルカディオスは倒れた。

ルーシィ「クスクス。」

アルカディオス「・・・。・・・。あぁ、ルーシィ様。なんてお綺麗な方だ。ルーシィ様!!」

ローグ「?」

アルカディオス「ルーシィ様!!大好きです!!ルーシィ様!!」

ルーシィ「クスクス。バカねぇ!!ナイトメアシンドロームはわたくしの虜にさせる魔法なの。夢の中で一生わたくしを追いかけてなさい!わたくしが愛するのはゾルディオ様のみ!」

アルカディオスとカミカは倒れた。

ルーシィ「まぁ、歯ごたえのない2人。さぁ、残りの2人もすぐに殲滅させてあげますわ!」

スティング「一瞬で・・・。強い!」

ローグ「情を捨てないとすぐにやられるぞ、スティング。」

スティング「そうだな、悪いがルーシィさん、本気で行かせてください!!」

Re: フェアリーテイル 狙われた星霊魔導士〜ゾルディオとルーシィ〜 ( No.20 )
日時: 2020/11/01 16:59
名前: ソラ (ID: Dc7kH2Yb)

第20話

スティング「行くぞ、ローグ!」

ローグ「おう!」


スティング「ホーリーノヴァ!」

ローグ「影竜の斬撃!」

スティングとローグがルーシィに攻撃を仕掛けた。

ルーシィ「クスクス。わたくしに攻撃は届きませんわ!開きなさい、冥府の扉!」

ルーシィはゾルディオから預かった鍵を取り出した。

ルーシィ「ジエンマ!」

スティング「まさか!?」

ルーシィが召喚したのはセイバートゥースの元マスタージエンマだった。

ルーシィ「開きなさい、冥府の扉!テンペスター!」

ルーシィ「開きなさい、冥府の扉!マルドギール!」

ルーシィ「開きなさい、悪魔の扉!ハデス!」

ルーシィ「開きなさい、悪魔の扉!アズマ!」

ルーシィが召喚したのは、かつてフェアリーテイルと戦い、命を落としたテンペスター、マルドギール、ハデス、アズマだった。ジエンマを含め、ルーシィの前に立ちふさいだ。

スティング「なんだ、こいつらの魔力は?」

ローグ「化け物だ…。」

ルーシィ「クスクス。元々強靭な魔導士でしたが、闇の星霊界でゾルディオ様のお力添えで、さらに強力な星霊に生まれ変わった者たちですわ。誰一人としてかないませんわ!」

スティング「行くしかない!ローグ!」

ローグ「ドラゴンフォース!」

スティングとローグはドラゴンフォースを身にまとった。

スティング・ローグ「白影竜の絁!!」

スティングとローグが必殺技を繰り出した。

アズマ「プレビー!」

テンペスター「どん!!」

マルドギール「メメント・モリ!!」

ジエンマ「おらぁ!!!」

4人が同時に攻撃を繰り出した。

スティング「なってこった…。」

ローグ「相殺された!?」

ハデス「まだだ!ネメシス!」

地面から大量の悪魔が現れた。

ハデス「行け!」

大量の悪魔がスティングとローグに攻撃を仕掛けた。

スティング「くそ!」

ローグ「手に負えない!」

マルドギール「荊!」

スティング「!?」

ローグ「動けない!」

マルドギールの荊で、2人は拘束された。

ルーシィ「クスクス。終わりにしてあげますわ!」

ルーシィが2人に近づいてきた。

ルーシィ「スカルボンバー!!」

ルーシィの腕から大きな咆哮が飛び出した。

スティング「ぐはっ!」

ローグ「強…い……。」

バタッ。

スティングとローグは倒れた。

ルーシィ「ナイトメアシンドローム!!」

ルーシィは2人にさらに技を繰り出した。

スティング「あぁ、ルーシィさん!美しい。俺のもとに来てくれ!」

ローグ「違う!ルーシィは俺のものだ!!あぁ、なんてきれいなんだ。」

ルーシィ「クスクス。みっともないわね。わたくしの夢の中で眠りなさい。」

ヒスイ「着きました。」

ユキノ「敵は!?」

ルーシィ「クスクス。遅いですわ!わたくしが一人で殲滅させましたわ。」

ゾルディオ「さすがだ。ルーシィ!」

ルーシィ「ゾルディオ様!ゾルディオ様がわたくしに力を与えてくれたおかげですわ!」

ゾルディオ「うむ。見事に使いこなしたみたいだな。」

ルーシィ「はい!ゾルディオ様!!」

ゾルディオ「情報を外には漏らせない!4人を拘束しろ、ユキノ!」」

ユキノ「はい!」

ヒスイ「この者たちはどうするのですか?」

ゾルディオ「拘束して連れて帰る。殺してもいいし、実験台にしてもいいし。アーロックたちに差し出すつもりだ。」

4人はユキノによって、魔封石の錠で両手両足を拘束された。

ゾルディオ「じゃあ、ルーシィ。今晩俺の部屋に来い!俺のペットとして可愛がってやる!」

ルーシィ「まぁ、楽しみですわ。ゾルディオ様にかわいがっていただけるなんて、わたくし幸せですわ!」

あっという間に戦闘は終わり、全員アヴァタールへ戻っていった。

Re: フェアリーテイル 狙われた星霊魔導士〜ゾルディオとルーシィ〜 ( No.21 )
日時: 2020/11/04 23:30
名前: ソラ (ID: Dc7kH2Yb)

第21話

(アヴァタール地下牢獄)

アルカディオス「うっ、ここは?」

アルカディオスは目を覚ました。

周りを見渡すと意識を失ったカミカ、スティング、ローグがそれぞれ拘束されていた。

アルカディオス「魔封石か・・・。」

両手両足を魔封石の錠で全員拘束されていた。

ヒスイ「目が覚めましたね。」

アルカディオス「ん?姫!?」

アルカディオスの前に現れたのはヒスイだった。

アルカディオス「よくご無事で。そのかっこうは・・・」

普段ドレスを着ているヒスイの姿を見て、アルカディオスは衝撃を受けた。

露出が激しく、胸や局部が今にも見えそうな奴隷服を身にまとっていた。

ヒスイ「姫と呼ばれる筋合いはないですわ。私を姫と呼んでいいのは私の大好きなあのお方だけ。ゾルディオ様だけですわ。」

アルカディオス「どうされました、姫?私です。アルカディオスです。あなたはフィオーレ王国王女、ヒスイEフィオーレ様です。」

ヒスイ「違いますわ。私はアヴァタールのゾルディオ様の中耳な奴隷、ヒスイですわ!」

アルカディオス「アヴァタール?何をおっしゃられているのですか?」

アルカディオス(ユキノ殿やルーシィ殿と姫も同じ!?)

ヒスイ「うるさいお方ですわ。私は今機嫌が悪いの。あなたたちを倒して手柄をあげて、ゾルディオ様にかわいがってもらうはずだったのに。あなたたちが弱すぎるせいで私が駆けつける前に終わっちゃったじゃない。私は怒っています!」

アルカディオス「姫・・・。」

ヒスイ「今頃ルーシィがゾルディオ様を独り占め・・・。許せませんわ!!あなたたちが弱すぎるせいで・・・。お仕置きですわ!!」


(アヴァタール ゾルディオの部屋)

ゾルディオ「ご苦労だった、ルーシィ!」

ルーシィ「ありがたきお言葉。ゾルディオ様のおかげですわ。」

ゾルディオ「今晩はお前をかわいがってやるよ。」

ルーシィ「ありがとうございます、愛してますわゾルディオ様!」

ゾルディオ「悪魔の姿のままだともともとのお前の美貌がもったいないからな。」

ゾルディオはルーシィの胸の谷間のちょうど上側に手を当てた。

ゾルディオ「たぁ!!!」

ゾルディオはルーシィに魔法をかけた。

ルーシィ「これは!?」

ルーシィの体の水色の部分や顔の隈取りがどんどんゾルディオの手を当てた部分に吸い込まれていった。

悪魔の羽、角も消え、人間の姿に戻っていた。

ルーシィ「これは!?」

ゾルディオ「お前の悪魔の力をこの一点に封印した。呪印があるだろ?」

ルーシィの胸の谷間の上に、悪魔の刻印があった。

ゾルディオ「悪魔の力を使うときはこの部分にお前の魔力を集中させ、呪力を解放しろ。いつでも悪魔の姿になれる。」

ルーシィ「はい。」

ゾルディオ「悪魔の姿のままだとお前のせっかくの美貌が台無しだからな。俺のそばにいる間は美しい人間の姿でいてくれ。」

ルーシィ「もったいなきお言葉、美しいなんて照れますわ!」

ゾルディオ「お前はレイラ様に似て美しい。そして力もある。俺の奴隷、ペットとしてではなく、妻にふさわしい。」

ルーシィ「まぁ、嬉しい!愛してますわ、ゾルディオ様!!」

ゾルディオ「服も奴隷服では俺の妻にふさわしくない。悪の高貴な衣装と言えば、ゴスロリだ。このドレスに着替えてこい!着替えたら俺のベッドに来い!」

ルーシィ「はい。とても素敵なドレスですわ。わたくしのために色々してくださって、本当に嬉しいですわ!」

ルーシィはゴスロリのドレスに着替えた。

ゾルディオ「あぁ、美しい。さぁ、ベッドに乗れ。かわいがってやる!」

Re: フェアリーテイル 狙われた星霊魔導士〜ゾルディオとルーシィ〜 ( No.22 )
日時: 2020/11/14 21:21
名前: ソラ (ID: Dc7kH2Yb)

第22話

ゾルディオ「あぁ、美しい。さぁ、ベッドに乗れ。かわいがってやる!」

ルーシィ「はい!ゾルディオ様!!」

ゾルディオとルーシィはベッドの上に寝そべった。

ルーシィ「あぁ、ドレスの膨らみが大きくて上手く寝れませんわ!」

ゾルディオ「あぁ、すまない。俺が着替えさせたばっかりに。寝転がりにくいな。」

ルーシィ「いえいえ、ゾルディオ様がわたくしを思ってくださる気持ち、本当に嬉しいですわ!」

ゾルディオ「邪魔だな、破るか?」
ルーシィ「いいえ、せっかくゾルディオ様が用意してくださったドレス・・・。そんなことできませんわ。」

ゾルディオ「奴隷服のままの方がやりやすかったな、失敗したな。」

ルーシィ「すぐに脱ぎますわ。少々お待ちください、ゾルディオ様。」

ゾルディオ「あぁ。」

ルーシィ「準備できましたわ。」

ゾルディオ「さぁ、ルーシィ!こっちに来い!」

ルーシィ「はい。」

ゾルディオとルーシィは距離を近づけた。

ゾルディオ「ルーシィ・・・。」

ゾルディオはルーシィの頭、髪を撫で始めた。

ルーシィ「ゾルディオ様・・・。」

ゾルディオ「ルーシィ・・・。」

ルーシィ「ゾルディオ様・・・」

ゾルディオ「愛してるぞ、ルーシィ・・・。」

ルーシィ「わたくしもですわ、ゾルディオ様・・・」

ゾルディオ「・・・」

ルーシィ「んっ・・・。」

ゾルディオ「あぁ、ルーシィ・・・」

ルーシィ「・・・んはっ・・・。んっ・・・。はぁっ・・・。ゾルディオ様・・・。」

ゾルディオ「ちゅ・・・。」

ルーシィ「んん。」

ゾルディオ「愛してる・・・」

ルーシィ「あっ、・・・やっ・・・」

ゾルディオ「ルーシィ!!愛してる!!」

ルーシィ「あ・・・、やぁぁ・・・。」

ゾルディオ「ルーシィ!!!ルーシィ!!!!」

ルーシィ「やだ、ゾルディオ様!気持ちいい・・・。」

ゾルディオ「どうだ、ルーシィ??」

ルーシィ「気持ちいい、気持ちいいですわ!ゾルディオ様。大好きですわ!」

ゾルディオ「あぁ、ルーシィ!ルーシィ!!」

ルーシィ「ゾルディオ様・・・、あぁん!そこは・・・」

ゾルディオ「・・・。」

ルーシィ「やだ!あぁん!!あぁぁ!!!やめて!!やめてください!!」

ゾルディオ「そうか、やめてほしいか!」

ルーシィ「えっ!?違いますわ!」

ゾルディオ「何が違うんだ?やめてほしいんだろ?ほら、やめた。」

ルーシィ「違いますわ、ゾルディオ様・・・。」

ゾルディオ「ん?どうした。」

ルーシィ「もっと・・・。もっと・・・。」
ゾルディオ「はっきり言えよ。」

ルーシィ「あの・・・。気持ちよすぎて、ついやめてと言ってしまいました。」

ゾルディオ「そうか、じゃあどうしてほしいんだ?」

ルーシィ「もっと、もっとお願いしますわ。」

ゾルディオ「そうか。わかった。」

ルーシィ「ありがとうございます、ゾルディオ様。」

ゾルディオ「ん!」

ルーシィ「あぁ、あぁん!!気持ちいい!ヤダ!!あぁぁん!!」

ゾルディオ「・・・。」

ルーシィ「ハァ・・・。ハァ・・・。あぁ・・・、あぁん!!」

ゾルディオ「ルーシィ!!」

ルーシィ「んっぐ!あ・・・。気持ちいっ・・・。」

ゾルディオ「あぁ・・・。」

ルーシィ「ゾルディオ様ぁぁん・・・。」

ゾルディオ「ルーシィ・・・。」

ルーシィ「あっ・・・、だめっ・・・!!!!だめですわぁん!!!」

ゾルディオ「そうか・・・。」

ルーシィ「ああ、ああんっ!!」

ゾルディオ「・・・。」

ルーシィ「んっ、あんっ・・・。あん!!」

ゾルディオ「気持ちいいか?」

ルーシィ「はぁ、はぁ・・・。気持ち・・・いいです・・・わ・・・。」

ゾルディオ「それはよかった!」

ルーシィ「やっ・・・あぁん!!あぁん!!!ダメ!!ダメですわ!!!ダメぇぇ!!!!」

ゾルディオ「はぁ!!!」

ルーシィ「あぁん!!ゾルディオ様ぁん!!!!きゃ!!ダメぇぇぇ!!!」

ゾルディオ「ん!!!」

ルーシィ「ふぁ・・・。あっあぁ・・・。」

ゾルディオ「ふぅ~。」

ルーシィ「あ・・・あっ・・・、ダメっ!そこはダメですわ!!!!」

ゾルディオ「あぁぁ!!」

ルーシィ「あっ!!!あぁん!!!ゾルディオ様!!!!!!!イっ・・・イ・・・。」

ゾルディオ「はぁ、はぁ。」

ルーシィ「いやぁ!!!!!あぁ、あぁんっ!!!!!」

ゾルディオ「ふぅ。」

ルーシィ「はぁ、はぁ・・・。」

ゾルディオ「愛してるぞ、我が忠実な奴隷にして妻、ルーシィ!」

ルーシィ「・・・。はぁ、はぁ、わたくし・・・、もです・・・わ・・・、ゾルディオ様・・・。」

ゾルディオ(ははは!やってやったぞ、レイラ様。あなたは今俺らの姿を見て何を思う?)

Re: フェアリーテイル 狙われた星霊魔導士〜ゾルディオとルーシィ〜 ( No.23 )
日時: 2020/11/18 21:41
名前: ソラ (ID: Dc7kH2Yb)

第23話

(翌日 地下牢)

アルカディオス「はぁ、はぁ・・・。」

スティング「・・・。」

ローグ「ん・・・。」

カミカ「もう・・・いや・・・。」

4人は一晩中豪門・ヒスイによって拷問を受けていた。

ゾルディオ「どうだ?こいつらは??」

ヒスイ「ゾルディオ様!!」

豪門「たっぷり拷問させていただきましたなー。」

ゾルディオ「我が戦力になりそうな奴はいたか?」

ヒスイ「はい。この者たちの能力はしっかりと見極めさせていただきましたわ。」

ゾルディオはヒスイに特別な任務を与えていた。アヴァタールの戦力になるか見極める仕事をヒスイに託していた。

ゾルディオ「そうか。特殊な戦闘をする奴はいたか?」

ヒスイ「はい。スティング、ローグ、アルカディオスという者たちは単純な攻撃タイプの魔道士です。カミカという者は紙を飛ばし、様々な状態異常を引き起こすタイプです。」

ゾルディオ「そうか。アヴァタールに単純な戦闘タイプは必要ない。ブライヤたちが戦闘タイプの新しい幹部を連れてくるそうだ。それも超大物らしい。状態異常を引き起こす変則魔道士はアヴァタールにうってつけの戦力。豪門!そのカミカという女を洗脳しておけ!」

豪門「おちゃー!」

豪門はカミカを連れ出し、ラボへ向かった。

カミカ「いやー!」

ヒスイ「あの・・・。あのぉ・・・、ゾルディオ様。昨晩はルーシィと?」

ゾルディオ「一晩一緒に共にしたよ。」

ヒスイ「ゾルディオ様。ルーシィも任務を果たしてますが、ルーシィだけでなく、私のことも見てください。」

ゾルディオ「もちろんだ。お前も美しい俺の奴隷だ。」

ヒスイ「ありがとうございます。ゾルディオ様。」

ヒスイはゾルディオに肩を抱かれた。

ゾルディオ「これからもよろしく頼むよ、我が忠実な奴隷。」

ヒスイ「私はゾルディオ様のためだったら何でもしますわ。ルーシィよりも頑張りますわ。」

ヒスイはゾルディオの胸元に深く寄り添った。

ゾルディオ「ヒスイ。お前をかわいがってやりたいところだが、今から幹部会議がある。次の機会な。」

ヒスイ「残念です。またお願いしますわ。」


(アヴァタール会議室)

アーロック「全てはゼレフのために。」

アベル「全てはゼレフのために。」

メアリー「全てはゼレフのために。」

豪門「全てはゼレフのために。」

ゾルディオ「全てはゼレフのために。」

ルーシィ「全てはゼレフのために。」

アーロック「ルーシィ、昨日はご苦労だった。お前の実力はアヴァタールの幹部にふさわしい。」

ルーシィ「ありがとうございます。」

ゾルディオ「ユキノは代わりに幹部クビだ。ヒスイ、ユキノは我がゾルディオ部隊に入れさせてもらう。ルーシィ、お前は自分の鍵でルーシィ部隊を引き連れてくれ。」

ルーシィ「はい。ゾルディオ様の期待に応えられるようにわたくし頑張りますわ!」

アベル「新たな捕虜は?」

豪門「変則魔道士は現在洗脳中ですなー。我が豪門部隊に加えたいですなー。」

ゾルディオ「ルーシィが捕まえた捕虜だ。ルーシィ部隊に入れる。」

豪門「あちゃー。残念ですなー。」

アーロック「まぁ、何でもよい。これより議題に進む。」

メアリー「はい。」

アーロック「浄化作戦を明日実行する。」

ゾルディオ「場所は?」

アーロック「ステラ王国。」

アベル「ステラ王国?」

アーロック「そうだ。ステラニウムで有名だが、あそこには黒魔術を信仰する者がいると聞く。」

ゾルディオ「で?」

アーロック「どうやら我々と信仰が異なるらしい。ゼレフのための黒魔術ではない。そんな国は必要ない。」

豪門(ゴクリ。)

アーロック「その国の穢れなき魂を捧げることで、黒魔道士ゼレフを導けないか試みる。我々は彼と歩くために、ステラの魂を供物として捧げよう。」

ルーシィ「ゾルディオ様もその作戦に賛成なのですか?」

ゾルディオ「あぁ。」

ルーシィ「ではわたくしもゾルディオ様のために頑張りますわ!」

アーロック「向かうのはアベル、ゾルディオ、ルーシィ。お前たち3部隊に任せる。」

ゾルディオ「おう。」

アベル「はい。」

ルーシィ「ゾルディオ様のためにも、わたくし頑張ります!」

3部隊はステラ王国へ向かう準備を進めだした。


Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。