二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】
日時: 2022/07/21 08:34
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【どんな依頼も誠意と正義と悪意を持ってるお受け致します!】
【絶賛歓迎中!】
【基本なんでもやります!】

たくっちスノー
「あの母さん何これ」

魔トリョーシカ
「だって……正義の悪役アピールしたいし、ボクも主人公したいんだよね」

※すいませんなんか見てたら自分もやりたくなってきました

【注意】
俗に言うギルド、依頼解決話です。
出てくるメンバー大体異常者
募集もしますが基本、本作者エピになります。
一応特定の作品のネタバレとかもあります


正義の悪役 所属メンバー >>1
プロローグ >>2
【依頼募集は終了致しました】

ーーーーーーーーー

【正義の悪役】

依頼1(英戦のラブロック)
>>10-15

依頼2(オリジナル)(桜木霊歌様からの依頼)
>>18-28

依頼3 (テイコウペンギン)
>>33-40

依頼4(オリジナル+α『一閃探偵』)(おろさん様からの依頼)
>>46-59

依頼5(オリジナル)
>>64-69

依頼6(オリジナル)(月詠様からの依頼)
>>72-78

依頼7(レッドフード)
>>83-92

依頼8(文豪とアルケミスト)(桜木霊歌様からの依頼)
>>97-107

依頼9(ポケットモンスターブラック2 ホワイト2)
>>111-117

依頼10(オリジナル+α【デュエルマスターズ】)(おろさん様からの依頼)
>>120-130

依頼11(アメノフル)
>>134-141

依頼12(オリジナル)(月詠様からの依頼 )
>>148-158

依頼13(私立かねづる幼稚園)
>>164-170

依頼14(文豪とアルケミスト)(桜木霊歌様からの依頼)
>>173-182

依頼15(アニメ版星のカービィ)
>>185-195

依頼16(銀魂)(おろさん様からの依頼)
>>199-209

依頼17(MM逃走中 ゼロワンif)
>>212-216

依頼18(Friday night funkin+‪α‬【pibby】【hypno's lullaby】)(葉月様からの依頼)
>>220-229

依頼19(オリジナル)(月詠様からの依頼)
>>240-251

依頼20(暴太郎戦隊ドンブラザーズ)
>>255-263

依頼21(lobotomy corporation)(餅兎ユー二アス様からの依頼)
>>264-272

依頼22(オリジナル)
>>273-277

依頼23(モノトーンミュージアムRPG)(大瑠璃音葉様からの依頼)
>>278-283

依頼24(オリジナル+α【ONE OUTS】)
>>287-296

依頼25(笑ゥせぇるすまん)(おろさん様からの依頼)
>>299-307

LAST WORD
>>311-319


ーーーー
【ダイヤモンド・ファング】

依頼EX
>>232-237

【特別編】
>>142 >>159 >>310

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65



Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.246 )
日時: 2022/06/29 07:59
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

………

響は1人喫茶店に入り、ユリアに話を聞く。

その一方………金城とB太郎達は写真に写っていた男に近づいていた。

金城
「【特盟】の金城だ……君に聞きたいことがある。」

B太郎
「ユリアって嬢ちゃんを日々送り迎えしてるそうで……なんかあったみたいだな?」

ベロー
「詳しく話を……」


「………何かと思えばお前ら、今度はなんの依頼だ?」

B太郎
「へ?依頼?」

ベロー
「まさか、お前俺達のこと知って……じゃない!今回は依頼じゃない、独断だ!」

金城
「依頼?何の話だ?」

「なるほど………今回はさらにワケありか」

「分かった、ユリアが見えるところで話そう」


………


「じゃあ、本当にあの男は貴方とは無関係なのね……」

ユリア
「は、はい………会ったこともないのに、私のことを彼女なんて言い出して………」


「狂ってるわね……捕まえて自分好みに調教とかするんじゃないの」

ユリア
「ちょ……調教!!?」


「あっ、ごっごめんね!そういう事例を知ってるってだけ!例えよ!」


(あたしの事例だけど)

ユリア
「それで………逃げられたはいいのですが逆恨みされるんじゃないかとその人……ステラさんが提案して、送り迎えをしてくれるようになったんです」

ユリア
「あと、時間はバラバラですが店に来てくれたんです」


「ステラとは知り合い?」

ユリア
「いえ、助けてくれた時が初対面です」


「………あの、恋人っている?」

ユリア
「…………耳を貸してください」



「…………………」


「それって分類的に恋人なの?」
(響はまだ精神的に子供なので理解できなかった)



「………」


【金城、とりあえず聞けるだけ聞き出したわ】

ーーーーーーーーーーーー

金城
「ああ、感謝する……改めてステラさん?」

ステラ
「いや、こいつらの前だ……ステラじゃなくてもいい」

ステラはそういうと、メモリを外し顔が変わっていき……


ベロー
「あ………あああああ!!!」


「よう、美術館の時以来か?【正義の悪役】」

B太郎
「あれま………確か、『永久』だったか?」

Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.247 )
日時: 2022/06/29 08:02
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

金城
「これは……ガイアメモリか」

永久
「こいつの事も知ってたのか?」

金城
「特盟にはガイアメモリ絡みの事件も入ってくるからな、それ専門の警官から聞いたことがある」

永久
(そいつは……まぁ十中八九照井の事だな)

金城
「響が聞いた話によると、偶然襲われているところを発見して助けたそうだが」

永久
「ああ、ちょっと散歩してたら聞いてる通りだ」

ベロー
「今やってる事はもう1つの人格は………」

永久
「もちろん『月詠』も把握している」

金城
「店にいない間は何を?」

永久
「俺も同じく個人で襲った男を調べていた……だがまぁ、自分で作った世界でもないとさっぱりだ」

B太郎
「響の嬢ちゃんが人物特定サービスっての使ってたんだが?」

金城
「そのサービスは【その人が初対面あるいは数ヶ月以上会ったことがない人間】にしか対応していない」

永久
「本来は行方不明者用のサービスだからな、俺は名前知らなくても顔は見ちまってるわけだし」


金城
「…………さて」


金城
「話の合間に出てきた【正義の悪役】とは………」


金城
「……まさか、たくっちスノーが絡んでいるのか?」

ベロー
(!!そ、そういえばたくっちスノーは最悪レベルの時空犯罪者って言われてて……)

B太郎
「たくっちスノーに何か?」

金城
「俺はたくっちスノーの事を………」


金城
「………昔は軽蔑していたな」

B太郎
「というと?」

金城
「奴の語る【正義の悪役】のスタンスはしっているか?」

ベロー
「誰かが救われるなら、自分はどこまで嫌われてもいい、でしたね?」

金城
「昔俺が追っていた事件にたくっちスノーは居た……ある殺人事件」

金城
「その時容疑者に上がっていたのはまだ中学生の少女……容疑は親殺し」

金城
「その時たくっちスノーは言ったんだ、『俺のミスだ、彼女は悪くない』」

金城
「その間に特盟が捜査を尽くした結果、その中学生ともたくっちスノーとも違う真犯人を発見し、無事に事件が解決した」


金城
「………もしたくっちスノーが名乗りを上げなければ、その子に数え切れないほどのバッシングが飛んできただろう」

B太郎
「飛んでくる誹謗中傷を全部自分が受け止めたのか……悪役になって………」

ベロー
(グリムの弟ってそんな人だったんだ………)

Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.248 )
日時: 2022/06/29 08:05
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)


「違うわ、金城。」

金城
「ん?」



「………この正義の悪役っていうのは、ギルドなの、あたし達が住んでるギルド」



「目的の為なら、どんな事でもする………結果は叶えてくれる、そんな……」

………

響は正義の悪役の事を説明した………


金城
「なるほど……それはつまり」


金城
【反吐が出るな、俺が1番嫌いなタイプのクズだ】

ベロー
「雰囲気が変わった!?」


「金城は優しいし正義感はある……でも、それは『犯罪者以外』にだけ」


「………金城、この際言っておくわ」



「あたしはそのストーカーの場所を知っている!!」

金城
「なんだって!?」


「今朝……依頼しに来たの、正義の悪役にその男が!」


「名前は確か名簿によると操埼愛斗!!」


「正義の悪役に、彼女が男に洗脳されてるかもしれないから連れ戻してって、あと男を排除してって依頼してたわ!!」

ユリア
「ひっ!?」

永久
「!」


永久
「なるほど、あいつらは依頼は何がなんでもこなすからな」

永久
「教えてくれなかったら俺は何も知らずに殺されてたってことね」

金城
【ふざけた真似を………!!】


永久
「けどそれを言うってことは」



永久
【アンタ、正義の悪役を裏切る事にならないか?】


「…………」





「金城」




「あたしの事叩いてもいいわよ、泣かないようにするから」

金城
「響……」


「その、正義の悪役はずっと悪いことしてる訳じゃないの、変な依頼とか普通の依頼とか………仕事も手段も選ばないの」


「でも………あいつは目的の為だったらなんでもやる、悪い事だって」


「あたしは、そばに居たのに何もしなかった……目的のせいで」



「あたしだってカーレッジって男は止めないとダメって分かってる!!」



「でも………悪い事までしたら、あたしは……仮面ライダーになる夢を託されたまーちゃんに顔向けできない!!!」


「時空ヒーローなのに、何もかも止められなくて……あたしは………」

金城
「……………」


ベロー
「………ま、待て!!」



ベロー
「だったら俺も叩け……なんなら殴ってもいい!!」

ベロー
「彼女はここに居た時期は比較的短い!でも俺は結構長い間所属してきた!」

ベロー
「その、犯罪とかを見て見ぬふりもしたし逃げたりもしたし………止められなかったし」

ベロー
「それは俺も同じだ!!」


B太郎
「…………」



B太郎
「じゃ、おじさんも同罪だな」

B太郎
「若い子ふたりがここまで覚悟決めてんだ、俺も罰受けなくてどうするよ」


金城
「お前ら………」




金城はその手を………ゆっくり頬に触れ、肩を抑える

金城
「………ありがとう、それをしっかり俺に話してくれて」


金城
「やっぱりお前は変わったよ、立派な正義のヒーローだ」




「きんじょ………きんじょぉぉ………」ポロポロ

金城
「こら、泣かないんだろう?」




金城
「ユリアさんも、お前たちも心配することはない」






金城
【俺達『特盟』が「本当の正義」を奴らに教えてやろう】

Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.249 )
日時: 2022/06/29 08:14
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)


………数分後、金城はパトカーに入ったかと思えば写真を持って戻ってきた

金城
「特盟データベースでヒットした……『操埼愛斗』」

金城
「この男で間違いありませんか?」

ユリア
「………は、はい!!」


「……ええ、今朝来たのはこいつね」

金城
「よし、後は隙を見て突入するだけだ」



金城
「響達は先に帰っててくれ」


「ええ」


…………

ベロー
「はぁ……なんか、後戻り出来ないって感じがしてきたな」

B太郎
「ま、仕方ねぇわな……あいつの事情もあれど、時空にだってルールはある」

B太郎
「そりゃ所長だって理解しているだろ?」

………


魔トリョーシカ
「あ、おかえり」


「………」


「あの人は?」

魔トリョーシカ
「とっくに帰ったよ?また明日の朝呼ぶつもりだから」


「そう」

魔トリョーシカ
「そっちこそ、ボクと人形抜きでどこまでやれたんだい?」


「もう殆ど確信に迫ったわ」

魔トリョーシカ
「へぇ、ヒーローってのは凄いもんだ」


「当然でしょ」


……


「ねぇ、カーレッジを倒すのってそんなに大事?」

魔トリョーシカ
「そりゃ、最終目標だから……大事に決まってるでしょ?」


「その為だったら何をしてもいいの?」

魔トリョーシカ
「何もしていい?ボクはアウトローみたいに世界を荒らしている訳でもない、ダイヤモンド・ファングみたいに人を殺している訳でもないよ」

魔トリョーシカ
「まぁ軽犯罪の一つや二つはやっているかもしれないけどね」


魔トリョーシカ
「………前にも言ったが、ボクは君や君の仲間のやり方じゃダメだと思ったからこんな事してるんだ」


魔トリョーシカ
「コネや情報を集める以上、こっちも何かしらしてあげないと不平等だろ?」

B太郎
「じゃ、それで犯罪者連れてくるのもアリと?」

魔トリョーシカ
「まーね、選り好みしてる場合じゃないし」

魔トリョーシカ
「キミ達はカーレッジの事を知らないからそんなことを言えるんだ」



魔トリョーシカ
【あの時の事はいつだって忘れたつもりは無い】

魔トリョーシカ
【あの日、あの場所、ボクが生まれる直前に】

魔トリョーシカ
【アイツは妹を目の前で消し去った】

Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.250 )
日時: 2022/06/29 08:17
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)


翌朝。

響は盗聴器を改造したもので金城と会話していた



(操崎が入ったわ)

金城
(了解、こっちはいつでも突入できるようにしておく。)


………

魔トリョーシカ
「で、彼女を連れ戻して男の排除もするってのが望みみたいだけど」

魔トリョーシカ
「個人的なルールで人を殺すことはしたくないから、せいぜい………」



魔トリョーシカ
「コンクリートで埋めてどこかに捨てるぐらいかな」




「アウトよ!!!」


金城
「突撃いいいいいい!!!!!」


魔トリョーシカ
「!?」


と、その時玄関前から金城率いる警官部隊が外から飛び出して一気に中に入っていく。

もちろん操崎は真っ先に取り押さえられた。



「確保!!容疑者確保!!」

「お前をストーカー並びに殺人未遂の現行犯で逮捕する!!」

操崎
「!??????」

金城
「ランクはQ級と言ったところか………お前には【紅蓮】がお似合いだ」


「紅蓮って?」

金城
「後で説明するよ………それよりもだ」


金城
「お前も来てもらうぞ、共謀罪……並びに数多くの罪を重ねている大犯罪人、魔トリョーシカ」

魔トリョーシカ
「釣れないねぇ………これでも今回を除いて後が残らないようにしてたけど?」

魔トリョーシカ
「大方、そこのヒーローさんがボクを売ったということでいいかな?」


「悪事を未然に止めた、と言ってもらいたいわね」

魔トリョーシカ
「仕方ないだろー?犯罪まで来るんだ、ボクは選んでられないんだよ」

金城
「開き直ったなこのクズが」


金城
「俺は『偽善者』というものを否定することはしないが、お前のやっている事はそれにも値しない、『独善』……自分勝手な正義気取りだ」

魔トリョーシカ
「キミは果たして違うのかな?」

金城
「………さあな、だがそれを決めるのは俺ではない」

金城
「世間と周囲の評価だ」


「………何か言いたいことある?」

魔トリョーシカ
「あるさ、悪いけどボクは捕まる訳には行かないよ」


魔トリョーシカ
「足を掴まれるなら切り落として、檻に入れられたなら蹴り破って」


魔トリョーシカ
「ボクは何がなんでもカーレッジの所に辿り着くんだ、キミ達とは違うやり方でね」

魔トリョーシカ
「キミたちのやり方では時間がかかりすぎる、ボクはもっと効率のいい………」



「ちょっといいか」


「………」

金城の後ろから永久が現れる

魔トリョーシカ
「なんでキミが?」

永久
「たまたま通りかかったのさ………ストーカーに追われてる哀れな女性にな」

魔トリョーシカ
「とすると、キミがコンクリ詰めにされるところだったんだ」


永久
「一応聞いておくが何をするつもりだった?」

魔トリョーシカ
「まず拉致してコンクリして会えなくするだろ?後はスターアベネスの力とかで記憶を消して………」

永久
「OKもうイイわ」

永久
「どうみますかおまわりさん」


金城
有罪ギルティ……!!】ギリッ



魔トリョーシカ
「あーはいはい、このテナントももうダメだな」

魔トリョーシカ
「悪いけどボクを売って依頼人を裏切った以上、キミ達とはここで別れさせてもらうよ」

魔トリョーシカ
「最後に言っておくが、自業自得とはいえボクはアイツに妹を消されたんだ!」

魔トリョーシカ
「何回倒しただの言うが、カーレッジはその気になれば充分その程度のことが出来る!キミ達は甘く考えすぎで………」


永久
「………じゃあ、今回は俺も月詠も知らずに殺されかけたんだ、文句を言う筋合いはあるよな?」



永久
「……………お前が消されたというその妹だが」





月詠
【連れ戻すことが出来たのは貴方の傍に何があったからですか?】




魔トリョーシカ
「……………」






魔トリョーシカ
「グッバイ」



魔トリョーシカはそう言って全ての人形の接続を切り、帽子だけになって姿を消した。


金城
「消えただと………クソっ、逃がすな!!」


金城
「データベースを片っ端から調べあげろ!!周囲の世界400練に指名手配表を発行しろ!!!何がなんでも、奴を捕まえろ!!」

金城
「覚悟しろ魔トリョーシカ!!!お前は特盟の正義の名のもとに俺が処刑する!!!!」


ベロー
「…………」


「…………」

ダリア
(うわー………ラボから出てきてみればなんか面倒なことになってるよ、特盟いるしどうしよう)


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。