二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】
日時: 2022/07/21 08:34
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【どんな依頼も誠意と正義と悪意を持ってるお受け致します!】
【絶賛歓迎中!】
【基本なんでもやります!】

たくっちスノー
「あの母さん何これ」

魔トリョーシカ
「だって……正義の悪役アピールしたいし、ボクも主人公したいんだよね」

※すいませんなんか見てたら自分もやりたくなってきました

【注意】
俗に言うギルド、依頼解決話です。
出てくるメンバー大体異常者
募集もしますが基本、本作者エピになります。
一応特定の作品のネタバレとかもあります


正義の悪役 所属メンバー >>1
プロローグ >>2
【依頼募集は終了致しました】

ーーーーーーーーー

【正義の悪役】

依頼1(英戦のラブロック)
>>10-15

依頼2(オリジナル)(桜木霊歌様からの依頼)
>>18-28

依頼3 (テイコウペンギン)
>>33-40

依頼4(オリジナル+α『一閃探偵』)(おろさん様からの依頼)
>>46-59

依頼5(オリジナル)
>>64-69

依頼6(オリジナル)(月詠様からの依頼)
>>72-78

依頼7(レッドフード)
>>83-92

依頼8(文豪とアルケミスト)(桜木霊歌様からの依頼)
>>97-107

依頼9(ポケットモンスターブラック2 ホワイト2)
>>111-117

依頼10(オリジナル+α【デュエルマスターズ】)(おろさん様からの依頼)
>>120-130

依頼11(アメノフル)
>>134-141

依頼12(オリジナル)(月詠様からの依頼 )
>>148-158

依頼13(私立かねづる幼稚園)
>>164-170

依頼14(文豪とアルケミスト)(桜木霊歌様からの依頼)
>>173-182

依頼15(アニメ版星のカービィ)
>>185-195

依頼16(銀魂)(おろさん様からの依頼)
>>199-209

依頼17(MM逃走中 ゼロワンif)
>>212-216

依頼18(Friday night funkin+‪α‬【pibby】【hypno's lullaby】)(葉月様からの依頼)
>>220-229

依頼19(オリジナル)(月詠様からの依頼)
>>240-251

依頼20(暴太郎戦隊ドンブラザーズ)
>>255-263

依頼21(lobotomy corporation)(餅兎ユー二アス様からの依頼)
>>264-272

依頼22(オリジナル)
>>273-277

依頼23(モノトーンミュージアムRPG)(大瑠璃音葉様からの依頼)
>>278-283

依頼24(オリジナル+α【ONE OUTS】)
>>287-296

依頼25(笑ゥせぇるすまん)(おろさん様からの依頼)
>>299-307

LAST WORD
>>311-319


ーーーー
【ダイヤモンド・ファング】

依頼EX
>>232-237

【特別編】
>>142 >>159 >>310

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65



Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.181 )
日時: 2022/05/08 22:40
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

魔トリョーシカ
「これからも……願いを人間の限界によって無理矢理叶えていたのかもね」

魔トリョーシカ
「ところがそうならなかった」

B太郎
「………萩原朔太郎の件か?」

魔トリョーシカ
「うん、その人はずっと彼が呼び出されるのんを待っていた、遂に召喚に成功した」

スターアベネス
「問題は萩原朔太郎が何を叶えようとしたか、だが」

レオン
「………あー……金、とか、酒!ってパッと浮かぶやつか?」

沖田
「そういう俗っぽい事は言わない人だったはずですが」

MX
「…………You」

Sonic.exe
「どうした、MX」

MX
「ごにょごにょごにょ」

Sonic.exe
「龍に流暢な日本語喋るな………何?」


Sonic.exe
「もしこの時で『願いは無い』と言ったらどうなるのか……だと?」

沖田
「願いがない……つまり、特に望むものは無いということですか?」

B太郎
「まぁ実際、なんでもしてくれると言われても何もないことあるからな」

レオン
「もしそうだとしてソイツが納得すんのか?」

レオン
「もうその史書は『求めていた者を呼ぶ』事より『召喚者の望みを叶える』事が最優先、目的と手段が逆転してんだよ」

魔トリョーシカ
「じゃあどうするのかな?」



MX
「………オウ!」

Sonic.exe
「今度はなんだMX!」

MX
「………」

Sonic.exe
「………何?俺達はこの世界アルケミストの召喚システムを勘違いしていた!?」

MX
「………」

そう言ってMXが見せたのはメモにもあった文アル非公式wiki。

そこには………

レオン
「た………確かに勘違いしていた!!」

レオン
「前にソシャゲ式って聞いて、ずっとレアガチャを引くもんだとばかり思っていた!!」


レオン
「だがコイツは………!!」

ーーーーーーーーーーーーーーー

有魂書

文豪一人を潜書させることで、新たな文豪を入手できる。

ーーーーーーーーーーーーー

レオン
「艦これシステムッッ!!特定のアイテムと時間を消費することでキャラを呼び出すタイプの召喚ッ!!」

ユージン
「あったんだな!!こういうタイプ!!艦これ以外にあったんだ!!」

沖田
「え……あの、文豪は潜書で呼び出されるものって知らなかったんですか?」

犬塚
「知ってたなら言えよ!!!」

沖田
「す、すみません……なんか盛り上がってましたので!!」

※ガチでこの辺り書いた辺りで知りました

Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.182 )
日時: 2022/05/08 22:49
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

魔トリョーシカ
「これって、ここにいる文豪が書いて召喚するって事でいいの?」

沖田
「はい」

魔トリョーシカ
「ふむふむ……おっと、潜書履歴がちゃんと残っているね」

Sonic.exe
「こんなシステムだったのか……」

猿渡
「こんなに面倒な形じゃ、そりゃメグル様のおまじないなんてもんも出来るよな……」

魔トリョーシカ
「……んー?潜書を書いているのってほぼ1人だね、この人誰?」

チドリ
「室生犀星、萩原朔太郎とは知人であった事が知られています」

魔トリョーシカ
「つまり転生以前からの関係者ってことね」

沖田
「ああ………関係者に書かせると出てくる確率が上がると言われてるものですね、ほぼ迷信ですが」

魔トリョーシカ
「ここから探っていけば、何かわかるかも……」

Sonic.exe
「おいそれはメイドウィンの管轄内に入るぞ、特定されたらどうする!」

魔トリョーシカ
【メイドウィンが怖くて正義の悪役が務まるのか!?】

魔トリョーシカは奥の奥までハッキングして、情報の奥深くまで調べる

すると………

魔トリョーシカ
「出たでた、召喚履歴!」

沖田
「召喚履歴!!?」

B太郎
「誰が呼び出されちまったのか、これで丸わかりというわけか」

魔トリョーシカ
「確かに萩原朔太郎が最近………ん?」

ーーーーーーーーーーーーーーー
『召喚履歴』

【室生犀星】
【萩原朔太郎】

ーーーーーーーーーーーーーーー

魔トリョーシカ
「ねぇねぇ沖田くん」

沖田
「はい」

魔トリョーシカ
「1度召喚した文豪をもう1回召喚って出来る?」

沖田
「出来るわけありませんよ、同じ存在を2体呼ぶとD4C現象が起きて両方消滅します」

沖田
「……………それなのに、室生犀星の召喚に成功している?」


沖田
「え?」

魔トリョーシカ
「さて、この履歴やあのメモの×を見るに、彼は何十回という数も潜書をしていた」

魔トリョーシカ
「もう一つ聞きたいんだけど潜書ってやると疲れるの?」

沖田
「まぁ…一度に何時間も行う事も多いので、それを連続となると」


魔トリョーシカ
「じゃあ萩原朔太郎が転生成功する頃には、潜書を書いていた人は酷く披露しててもおかしくないね」

魔トリョーシカ
「そして、それを見れば知人なら心配に思うはずだ」





















魔トリョーシカ
【ほーら、望みが出来た】


魔トリョーシカ
【その人の中で、望みを解釈させた。】

沖田
「!!?」

七夜
「まさか前の司書は!!元気な室生犀星を用意するために……室生犀星を殺……絶筆させて、別に用意したのってのか!?」

猿渡
「……丸々別の奴を用意したのか、もっとやりようがあったろ!?」

魔トリョーシカ
「酒とかタバコを解決していたころなら、こんな手を撮らなかったかもね」


魔トリョーシカ
「………だから、死んじゃったのかもね」

魔トリョーシカ
「事故死、とやらで」


沖田
「………」






魔トリョーシカ
「さて、沖田君」






魔トリョーシカ
「ボクらの仕事はこれで終わりだ」


沖田
「! 」

魔トリョーシカ
「残念かもしれないが、ボクらの依頼はこの図書館の不可解な事の調査だ、今こうして全て依頼人キミに明らかにした以上、仕事はここまでなんだよ」

魔トリョーシカ
「それに全てはもう終わってしまったこと」

魔トリョーシカ
「ボクはアルケミストでもメンタルカウンセラーでもないしね、力技じゃ無理なことだ」

魔トリョーシカ
「……文豪達の事は真実が分かったところで問題は山積みなのも分かってる、だがそれをなんとかするのはボクじゃない」



魔トリョーシカ
「ここに新しくやってくる特務司書だ」


沖田
「!」


魔トリョーシカ
「まぁボクも無責任というワケでもない、ここで起きたことと、ボクからの進言を書き残しておこう」さらさら


魔トリョーシカ
「ここに新しい人が来たら、これを渡してほしいんだ」


沖田
「……分かりました」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここに来てくれた新参の君へ

開幕だが、この図書館には何かと問題があるかもしれない


これを見た君が何を思うかは考えてない

諦めたくなるか、それとも立ち直らせようとするか



どっちにしても一つ、これは覚えておいてほしい



成功とか失敗じゃなくて、どういう行動を取って実行に移せばいいのか。そっちを大事に考えるべきだ


いいかい?なんでもするっていうのは手段を択ばないって事じゃない

大したこともないことに大げさな事をする必要もないし、自分の身に会わないことならすっぱり諦めてもいい。


君が【正義の悪役】になる気なら別だけど……ああ、そう考えると前の人はもったいなかったなぁ、素質あったのに。


まぁそれはいい、文豪達の助けになりたいなら、よく考えておくことだ








自分が彼らの望みを叶える為に何ができるか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【依頼14】
【complete】

Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.183 )
日時: 2022/05/09 06:11
名前: 大瑠璃音葉(元:桜木霊歌) (ID: qUgMea5w)

こんにちわ!桜木霊歌もとい、大瑠璃おおるり音葉おとはです!
音葉「そこまでしてでも図書館に来てほしかったの!?そりゃ朔太郎も引き籠もっちゃうのも無理はないよ・・・あ、そうだ!正義の悪役の皆、実は総一が夢経由で貴方たちにお礼を伝えてほしいって事で、伝言預かってるよ!」

総一の手紙『拝啓、正義の悪役の皆様
今回は僕の依頼を引き受けていただき、誠にありがとうございます。
月下図書館に配属された後任の特務司書にはちゃんと今回の調査で明らかになった事を話しました。
彼はその事を聞いて激しく動揺していましたが、自分にできるならと、彼らと向き合うと言っていました。
後任さんは萩原さんの師匠である北原白秋さんや彼の弟子である三好達治さん、前世からの友人である芥川さんと一緒に部屋を訪れつつ、少しずつ彼と信頼を築き、ようやく萩原さんは部屋の扉をあけてくれました。
萩原さんと共にいた二人目の室生さんは後任さんからの説明でようやく自分の転生した理由を知り、後任さんや北原さん、萩原さんと話し合い、ちゃんと生きてます。
二人目の室生さんはかなりご自分を責めていましたが、自ら絶筆しようとは考えてないようです。
どうやら、北原さんの『君が自分から絶筆したら朔太郎君はまた部屋に引き籠もるようになるのだよ?』という言葉が聞いているようです。
檀さんと里見さんにも同様の説明をさせていただきました。
理由を知ったお二人はかなり奔走しています。
檀さんは後任さんと一緒に森さんや斎藤さん、ドイルさんに定期的に見せたり、政府の看護科で治せないかと模索中です。
里見さんは後任さんにアルケミストの力で元に戻せないかと聞いて、後任さんに実践してもらったり、政府の方に元に戻す方法はないかと聞いて回ってるようです。
まだまだ月下図書館には問題点は多いですが、後任さんがかなり真摯で真っすぐかつ、皆さんに向き合おうと思っているヒトだったからこそ、少しずつ改善に向かってます。
今回の調査のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。
敬具、沖田総一』

次回も楽しみに待ってます!

Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.184 )
日時: 2022/05/13 17:20
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

桜木霊歌さん、及び大瑠璃音葉さん

魔トリョーシカ
「フフ、リニューアルして生まれ変わったんだね」

メイドウィン
「昔を思い出すなー!」

たくっちスノー
「新でも3回くらい名前変えただろーが!!」

魔トリョーシカ
「さて、返ってきた手紙と報酬を見るに……向こうは少しずつなんとかなってきたみたいだね」

B太郎
「ウチの事務所もこんぐらい立場改善してくれりゃなぁ……」


魔トリョーシカ
「フフフ、善処するよ」


コメント感謝だよ!
ーーーーーーーーーーーーーーー

ずんだもん
「失礼するのだ!ニコニコ動画でお馴染みメイドウィン小説のずんだもんなのだ!」

ずんだもん
「実は今やってるマスターデュエルのイベントの動画を作りたいとか、料理対決をやりたいとか色々あって」

ずんだもん
「まぁ要するに暫く休止なのだ!」

ずんだもん
「依頼15は完成して、やりたいこと終わったらすぐ書き始めるからご了承くださいなのだ」

Re: 独善なんでも依頼ギルド【正義の悪役】 ( No.185 )
日時: 2022/05/13 17:24
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E (ID: VOI/GMTL)

【依頼15】
『スター・ウォンテッド・データ・モンスター』

「はぁ、はぁ、はぁ……アニキ、どこまで逃げればいいの!?」

「聞いてる暇があるなら走れ!!捕まっちまうぞ!!体をグチャグチャにされてもいいのか!?」

「いやだ!」

「ならもっと早く走れ!!」



『脱走!脱走!』

『魔獣が2匹脱走しました!!』
ーーーーーーーーーーーーーーー

魔トリョーシカ
「はい、正義の悪役ご意見ラジオのお時間になります」

B太郎
「時間ねぇわからってラジオ番組作って依頼解決とかやべーよアンタ」

魔トリョーシカ
「最初のお便り(無視)」

魔トリョーシカ
「イマイチ出番のない人もいますが、何をしてますか?」

魔トリョーシカ
「あーこの質問はねー」


ーーーーーーーーーーーーーーー

犬塚
「ちっ、見つかった!!」

「待てぇ翼!!」

魔トリョーシカ
「まず犬塚さんが逃亡犯だから、迂闊に外に出せないんです」



レザード
「めんどくせー………」

魔トリョーシカ
「レザードさんはレーザー銃を定期的にメンテする必要があるから戦闘系の依頼以外は留守番」

魔トリョーシカ
「キスキルとリィラはずっと配信してて、ヒルデはゴロゴロしてるよ」

B太郎
「マルスは……ヒーローなんでな、俺達とは別で色々やってんだ、緊急収集にも呼べないくらい」

魔トリョーシカ
「と、こんな理由なんです!次の質問は……」

ーーーーーーーーーーーーーーー

魔トリョーシカ
「いやー、楽しいねラジオ」

魔トリョーシカ
「動かず解決する依頼は皆これでやっちゃおうか」

ネズミの神さま
「それでも雑用が多すぎるけどね……」

B太郎
「なんで毎日毎日大したことない仕事が山ほど飽きず送られてくるんだよ」


七夜
「おい所長、なんかでっけぇ荷物届いてるぞ」

魔トリョーシカ
「え?誰かkumazonでポチッた?」

Sonic.exe
「こんなデカイのは頼んで無いはずだが」


魔トリョーシカ
「どれどれ」バサッ

封を開けてみると、そこには大きなテレビが

魔トリョーシカ
「テレビ……ああ、なるほど」

カチッ


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。