二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

小さな勇者と武闘家少女の愉快な冒険日々
日時: 2024/02/19 08:59
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

こんにちは、初めましての方は初めまして。
女剣士と言います、宜しくお願いします。
前作は作者の都合によって締めてしまいましたが、今回は今までの作品以上に長く続けて行こうと思います。
この作品では、各作品からの代表者が沢山出ます。
勿論読者の方から許可も得て、そのキャラが出てくる事もあるので…ご了承下さい。
ルールについては、前作に描いてありますので…宜しくお願いします。


第1章:平和な日々 >>1-17
第2章:スタンセンの決意 >>18-


11話>>18
12話>>20
13話>>23
14話>>25
15話>>
16話>>
17話>>
18話>>
19話>>
20話>>
21話>>
22話>>
23話>>
24話>>
25話>>
26話>>47
27話>>48
28話>>49
29話>>
30話>>


〜来てくれた読者の方たち〜
シュンさん>>4

〜コメント返し〜
シュンさん>>5

プロローグ
味方キャラ一覧・紹介>>24
リクエスト応募
作者の不安と呟き>>3 >>21
世界観説明>>22
今後の更新予定>>19
雑談会話&次回予告
キャラ紹介>>6 >>17
主な登場作品
断章小説
魔法講座


スレッド誕生日:1月22日

Re: 小さな勇者と武闘家少女の愉快な冒険日々 ( No.51 )
日時: 2024/02/20 08:16
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

今考えているネタです。

・結婚生活
・大破邪呪文の儀式
・忘らるる都ルート

今は、この3つを考えています。
引き続き、宜しくお願いします。

Re: 小さな勇者と武闘家少女の愉快な冒険日々 ( No.52 )
日時: 2024/02/21 08:06
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

第29話「再会と今後の状況」


【バル城 玉座の間】


・ポップ視点


「そうか。あの2人が……」
レオナ「今は。バッツ君を正気に戻しましょう、いつ操られるか分からないわ!」
ポップ「レオナ……。ああ、そうだな」


俺たちの知らない間に、フェルンは魔物に操られていたけど。
フリーレンたちが倒してくれたお陰で、今は眠っている。
此処も先代の王が亡くなったから、後継者を探しているんだよな。
今の所候補に入っているのは、クルルのみだな。
しかし、後はダイを見つけないといけねぇとはよ。


-----


「まずは。伝説の武器の封印を解く必要があるわ!」
ポップ「聞いた事があるぜ。エヌオーを倒すための最強装備なんだよな?」
レオナ「ええ。そのためにも、あたしたちも残りの仲間を集めるべきなんだわ!」


そうだな、バッツを先に正気に戻さないといけない。
アイツの放ってくる魔法は、どれも強力だが。
それらに対抗すれば、何とかなるかも知れない。
本当に……、それでいいのか。
俺は……、俺はダイに会う為にこれだけしかする事がねぇけど。


-----


『ギュッ』


ポップ「…………。レオナ………」
レオナ「大丈夫。あたしがいる、今は考えなくてもいいわ」
ポップ「なっ………?!」
レオナ「あたしね。結構好きだったのよ、ポップ君のこと」
ティナ「……………。そんな………」
廻華「あればかりは、大マジみてーだな」


ティナは多分、おれが彼女に好いていると思っている。
勿論仲間としては好きだけど、俺たちは惹かれ合う訳には行かないんだよ。
レオナがこんなにもおれを好きでいてくれるなら、俺もその気持ちに応えなきゃならない。
だからティナ、俺たちはこれからも仲間としていようぜ。

30話に続きます。

Re: 小さな勇者と武闘家少女の愉快な冒険日々 ( No.53 )
日時: 2024/02/21 23:31
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

FF10やってました。
少しずつ感覚が戻ったので、明日も引き続き頑張ります。

久々にやっているから、腕鈍ってますけどw

Re: 小さな勇者と武闘家少女の愉快な冒険日々 ( No.54 )
日時: 2024/02/22 08:45
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

第30話「離れ離れ」


【FF6の世界 魔導研究所】


・レオナ視点


『キィィン………』


「レオナ……。今度はおれがアンタを守る番だ」
レオナ「ポップ君………?」
ポップ「そして。そしてこれで、おれを信じて欲しい!!」


そう言って彼は、脱出魔法テレポを唱えたの。
あたしの無事と引き換えに彼は、その場からいなくなってしまったわ。
彼が去っても、事態は変わっていない。
そうだわ、今は足を止めている場合じゃないわ!!


-----


『スッ』


レオナ「さあ皆立って。立ち上がるのよ!」
ティナ「レオナ………」


今度はあたしが、ティナを守らなきゃ。
ポップ君が何のために、あたしたちを守ろうとしているのか分からなくなってしまうわ。
用意して貰ったトロッコに乗って無事に脱出したけど、更に危険が迫っていた。
ケフカはしぶとく、ティナを狙い続ける事になりかねないもの。
何としてでも、あたしが守って上げなきゃ!


-----


【ブラックジャック号】


廻華「な、何なんだよあれは?!」
貂「まさか、クレーン?!」
『…………ッ!!!』


つまり、クレーンを倒さなきゃ先に進めないって事だわ。
聞いた事があるわ、クレーンは炎と雷を吸収するみたい。
要するに、その逆で対処すればいけるってことね。
いつまでもジタバタしていられないわよ、2人共!!!


-----


レオナ「凍りつけになりなさい。ヒャダルコ!!」
ティナ「究極の光よ! アルテマ」
貂「よしっ。レオナ姫の言う通り、上手く行ってるよ」
廻華「止めを決めてくれ、ティナ!」
ティナ「分かったわ!!」


やはりね、氷系は範囲内って訳だわ。
彼女のためていた闘気は更に高くなり、一気に片を付く事が出来たけど。
早く戻らないといけないわ、フェルンたちの元に。
だけど、それと同時にあたしたちにも異変が起きようとしていたの。
このままでは、『この世界』は止まらないのかしら。


-----


信「もう持たねぇぞ。どうする? レオナ」
レオナ「諦めないで。あたしたちはバラバラになっても、希望さえ諦めなければいけるわ」
ティナ「そんな…………」
貂「でも。この船だって、例外じゃないんだぞ?」
レオナ「大丈夫。いずれ、あの船が帰ってくるわ!」


更に異変は続き、あたしたちは各自バラバラになってしまったわ。
もしかしてこの力は、三闘神って奴の仕業ね。
所々で崩壊は大きくなり、あたしたちは知らなかったの。
その日に、世界が崩壊してしまったことに。
その後小さな海の音を響く中、小屋の中でティナは目覚める。
そんな彼女の元に、ブラスさんが現れたの。


-----


【孤島 シドの小屋】


・ティナ視点


「ティナさん。大丈夫かね?」
ティナ「ブラスさん……。そっか、私……」
ブラス「ダイもゴメも無事なのか分からんが、きっと生きているかも知れんのう」


私にも、希望はある筈だわ。
この人を完治するまでに安静にして置けば、生きる可能性を高める事が出来る。
セリスの時もそうして、苦難を乗り越えて来たんだもの。
魚取りは初めてだけど、感覚さえ覚えていけば問題はないはずよ。
そして始まるわ、此処からが私の物語その物が。

31話に続きます。

Re: 小さな勇者と武闘家少女の愉快な冒険日々 ( No.55 )
日時: 2024/02/23 13:04
名前: 謎の女剣士 ◆7W9NT64xD6 (ID: b.1Ikr33)

第3章:懐かしのアッチーノファミリー。


第31話「仲間への手がかり」


【孤島】


ティナ「………。バッツ………」


あれから、1年が過ぎたんだよね。
いきなり世界は崩壊を招き、今まで一緒にいた信たちと逸れてしまった。
そんな私を1年間見ていたのが、デルムリン島のブラスさん。
元々モンスターだけど、島から出たら影響を受けるとキルバーンは言っていたけど。
今は私がブラスさんの容体を、回復するように全力を尽くしている。
海岸の美味しいお魚の効果で、ブラスさんは完治したの。


-----


「ブラスさん………」
ブラス「ティナさん。わしは大丈夫じゃから、あなたは外の世界に出なさい」
ティナ「でもっ!」
ブラス「勿論。無理な真似はしない、それにワシも……ダイとゴメの無事を祈りたいんじゃ」


そうよね、血の繋がりは少なくてもこの人にはあるわ。
幼いダイ君を育て、立派な少年へと成長している。
いつか聞いた勇者のお話を聞いて、彼はその道を選んだみたいだけど。
今度はその夢を、私が果たす番だわ。
さあ行きましょう、仲間を探す旅へ。


-----


ティナ「ブラスさん。お元気で」
ブラス「ダイやポップ君たちに、宜しくのう!」


悲しんでは、いけない。
皆と再会して、平和を取り戻したら此処に帰らなきゃいけない。
イカダを精一杯動かした後、私は孤島を離れていった。
暗い静かな海の中を進みながら、新しい場所の前で私は倒れてしまう。
そんな時だったわ、見知らぬ声が聞こえて来たのは。


-----


「おやおや。お嬢さん1人で此処までくるなんて」
「兄さん。近くに町があるよ、まずはそこに休ませよう!」
「そうね。目を覚ますまでは、あたしとリルが彼女を見ているわ!」
リル「うん。アルベルがそれでいいなら、私も協力する!」
アルベル「ええ。それにサルコーやパーパの行方も、少しずつ探さなきゃいけないわ!」


パーパ? つまりこの人たちも、誰かを探しているのかしら。
まるで、体が宙に浮いてるように私は移動されている。
駄目だわ、久々の長旅だったから楽に起き上がれない。
それにこの声の人たち、悪い人達じゃないかも知れないわ。
もう少しだけ、様子を見てみることにしましょうか。

32話に続きます。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。