複雑・ファジー小説

触れられない花。
日時: 2016/11/18 22:27
名前: @メンタル

Character

〈神シン〉
限られた者。
炎・水・大地・雷・闇・無・愛
の7つに分けられた能力を操る。

〈鬼キ〉
神の使い魔。人外。
大抵は、1つ。多くても2つの能力しか使えない。
しかし1鬼だけ7種類の能力を操ることができる。

〈鄙ヒ〉
人類の敵。人外。
神と能力は、変わらない。見分けは、ほぼつかない。
破壊と絶望。そして憎悪を愛する。狂気殺人をする。

〈契チギリ〉
神が鬼と契約するときの事。
契を交わした神は、外れないピアスや体に紋様が刻まれる。
鬼には、自身の決められている名が体に刻まれる。

〈破ハ〉
鬼との契約をなくすこと。
鬼の体に刻まれた名を傷つけると契約は、無くなる。

〈神聖学院付属強化学園〉
神の能力があるもののみが通う学園。
初等部4年中等部3年高等部3年神聖学院3年
があり定期的に行われる実技テストのランクが
ABCDEの中でDとEになると普通科の学校に落とされる。
全寮制。中等部からは、週に一度だけ学園の外に行くことが許されている。







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24



Re: 触れられない花。 ( No.117 )
日時: 2017/10/01 15:07
名前: @メンタル 

とまとさん
ありがとうございます。
グロくはならないように努力します!
頑張ります…はい。(笑)


「神鬼力解放術を習得する方法自体は、実はものすごく単純明快なんです。」
兄妹喧嘩と言う名目の元に行われた鄙の単独攻撃が尾を引きながらも終わり、全員の中で整理がようやくついた翌日から本題に入った。
教員と生徒の2グループに分かれているので、生徒側の指導は斉木が行っている。
「単純に神と鬼の信頼ありきの術ですので契の時から今までの鬼と過ごした時間を秒間隔ですべて思い出してください。こと細かく。もっと言えば、無理やり走馬燈を見てください。別に死ねと言っているわけではないんですが、生半可な記憶や信頼関係だと、鬼の本能を取り込みますから、術を制御できなくなり神に攻撃をします。最悪の場合、敵味方の区別もかなくなり、共喰いを始める可能性もあるかと思われます。」
遠回しな教訓。直接的に言えば、腹を括れ。
習得は簡単だが覚悟、制御となる物が出来ていないと死ぬのだから。
「ねぇねぇ、千尋ちゃんはどーすんの?」
蘭の鬼であるグランが手を挙げながら声を出す。
神鬼力解放術は鬼が居なければ成り立ちはしない。菊谷千尋は初等部四年。契をする事が出来るのは高等部から。彼女には鬼となる者が居ない。
それを、大人しい彼女の代わりに聞いたのだろう。
「彼女には笹凪さんから、『力の制御をできるようにさせる。』とだけ聞いているので、それの通り制御の練習ですね」

そんな説明も終わり1週間後。
臨も陸も目を覚まさずにいる。
「臨…目が覚めた時にでも思い出してよ」

Re: 触れられない花。 ( No.118 )
日時: 2017/10/06 21:13
名前: とまと

 見ました。早く目を覚ましてくれるといいですね…。(''◇'')ゞ

Re: 触れられない花。 ( No.119 )
日時: 2017/10/08 22:02
名前: @メンタル 

とまとさん
コメントありがとうございます!
臨の目が覚めるまでの間の訓練の様子を書いて行こうと思います( *´艸`)

本編

拓哉の説明通りに鬼との記憶を思い出し続ける事一週間。術を習得した神はまだ出なかった。

「全然出来ないヨー!どうやったら習得出来たってわかるノ?」
語尾の方はまだ抜けていないがだいぶ国の言葉に慣れてきたミナセが仰向けに寝て足をばたつかせながら言った。ミナセの隣には同じ体制をして日向ぼっこをするミルセイアン。
「アキラメルノガハヤイ、ダヨ!ヨンヲミナラエ、ダヨ!」
如何やらこちらの口調は癖のよう。
「ミル!鬼の癖に偉そうナ〜!…最初であったのもこんなかんじだったっケ?」
「ソウダトオモウ、ダヨ。」

「デストロイ…お前とは何年過ごしたのだろうか…もう分からないな。」
己の鬼に声を掛けた時雨は一人、学院長室のデスクに腰を掛けていた。素手につかまっているデストロイは小さく喉を鳴らしてから時雨に頭をすり付けた。
「契の時はひどく嫌われていたことを思い出したよ。あの時の傷はいまだに残っている。」
デストロイの乗る手に残る深い傷跡を遠くを見るような目で見た。
「長い記憶をたどろうか。」

モノトーンの家具が揃えられた部屋のソファーに座り寄りそうにようにして横で寝ている自身の鬼である大きな猫を撫でながら笹凪は小さなため息を吐いてから。
「グリア…契の事なんてもう覚えてないよね。」
と呟いた。するとグリアは、同感するように長い尻尾を揺らした。
「でもいろんなことがあったよね。…あのコのこととかそのあとの翠雨の事とか、突然現れたあのコにそっくりなアイツの事も…。本当に色んなこと。」
グリアはゆっくりと起き上がり、笹凪の膝に前足と顔を乗せてからまた、瞼を閉じた。
「思い出したくもないのに、今更思い出せって。…忘れるなってことなのかな。」
そう呟いてから笹凪も静かに瞳を閉じて呟いた。
「センリのこと」

いつも通りにマンションの屋上で横になっていた緒川は、契のピアスに触れながら青空を眺めて居た。
「主、どうかされましたか。」
浪々がいつものかしこまった口調で問いかけると緒方は急に上体を起こして座った。
「なぁ浪々。お前に俺の昔話聞かせたことってあるっけ?」
「どのようなお話しでしょうか。」
見た目からは想像もできない様なかしこまった口調は優しい抑揚を含んでいた。
「結末から言うと、俺が一回死んだ話だよ。」
軽い口調で言うと返事は返ってこなかった。驚いてい居るのかは分からないがまた緒川は話を続ける。
「俺、前回の戦争のときに生まれてさ鄙が家ごと焼いたんだよ。奇跡的に俺は焼かれなかったけどお袋と親父は死んでさ。でも倒壊した家屋の下敷きになって死んだんだ。」
返事はまだない。しかしそれでも、緒川は淡々と話し続ける。
「それを、鄙が助けたんだよ。命の、魂の蘇生みたいなもんだった。」

Re: 触れられない花。 ( No.120 )
日時: 2017/10/22 19:23
名前: @メンタル 

目が覚めた時に最初に見たのは幼少期の自分と蘭だった。自分が夢を見ていると分かる、明晰夢と言うものだろう。
『かくれんぼしよー!』
遠くで聞こえる蘭の声。微かにある記憶の中から思い出として夢に出てきたのだろうか。それとも、走馬燈の様なものなのだろうか。どちらにせよ、はっきりと覚えている。蘭の提案通りかくれんぼを始める幼い2人。おそらく5歳になりたての検査も受けていない頃だっただろう。
雪が降り始めてもかくれんぼをするために蘭は数を数え、自分は隠れるために走った。しばらく走り続けると古く大きな廃墟が見えた。それを見た幼い自分は良い隠れ場所だと思いその中に入いった。中はどうやら図書館のようで古い本がたくさん並んでいた。
入口の近くで蘭を待つこと数時間。いつまでたっても探しに来ない蘭に自分が忘れ去られてしまったような
気持ちになり、声を出して泣いた。母親を呼びながら図書館の中へと歩くと一人の青年に会った。
青年は幼い自分を慰め、気を紛らわせてくれた。
幼い自分はお礼にと歌を教えた。未だに意味も分からない古い異国の歌。
『私はこの歌がよく分からないの。だから   がもしもわかったら教えてね。またここに遊びに来るから』
青年の名前を呼ぶ自分の声。名前の所だけうまく聞き取れなくて、それはきっと自分自身が覚えていない
事を示しているのだろう。
そこで夢はだんだんと黒くなり、意識がなくなった。

Re: 触れられない花。 ( No.121 )
日時: 2017/10/29 17:28
名前: @メンタル iPad君

またまたなんでテストってあるんでしょうね.
メンタルの娯楽を潰してくださる、地獄の評価テストと言う鄙が現れましたので臨ちゃんとリリック君と一緒に鎮圧してきます.
約二週間ちょっと程かかると予測されますのでしばらくお待ちください.

すみませんでしたm(_ _)m@メンタル

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。