複雑・ファジー小説

触れられない花。
日時: 2016/11/18 22:27
名前: @メンタル

Character

〈神シン〉
限られた者。
炎・水・大地・雷・闇・無・愛
の7つに分けられた能力を操る。

〈鬼キ〉
神の使い魔。人外。
大抵は、1つ。多くても2つの能力しか使えない。
しかし1鬼だけ7種類の能力を操ることができる。

〈鄙ヒ〉
人類の敵。人外。
神と能力は、変わらない。見分けは、ほぼつかない。
破壊と絶望。そして憎悪を愛する。狂気殺人をする。

〈契チギリ〉
神が鬼と契約するときの事。
契を交わした神は、外れないピアスや体に紋様が刻まれる。
鬼には、自身の決められている名が体に刻まれる。

〈破ハ〉
鬼との契約をなくすこと。
鬼の体に刻まれた名を傷つけると契約は、無くなる。

〈神聖学院付属強化学園〉
神の能力があるもののみが通う学園。
初等部4年中等部3年高等部3年神聖学院3年
があり定期的に行われる実技テストのランクが
ABCDEの中でDとEになると普通科の学校に落とされる。
全寮制。中等部からは、週に一度だけ学園の外に行くことが許されている。







Page:1 2 3 4 5



Re: 触れられない花。 ( No.35 )
日時: 2017/01/08 21:31
名前: @メンタル 

「あり得ないでしょ普通に。」
「でも俺らAだから受かるでしょ?」
「聞いていないぞどういうことだ。」
笹凪の言葉を聞いた生徒たちは、慌てふためきだし教員は状況を掴むためにそれぞれが動き出しました。
高等部の生徒全員が外に出ると笹凪が名簿を持ちながら立っていました。
「…教授いきなり実技テストっておかしくないですか?普通予告ぐらいしますよね?」
前列にいた男子生徒が笹凪に腹立たしそうに言いました。
するとほかの男子生徒もおかしいと声を荒げます。
「…っフ、何それ冗談?つまらなすぎ。」
鼻で笑い捨て返事をしました。それからすぐに表情を険しくしてから大声で生徒に伝わるように言いました。
「笑わせるな!!実際の戦いは、予告なんてない。いきなりでは戦えない者は、前に出ろ!今すぐに安全な人の元へ帰してやる。」
その言葉は、空気を換えます。少しでも油断をしたら死んでしまうかの如く。
実技テストの方法は、笹凪自身に攻撃を当てる事でかすってもいいとのことでした。
制限時間は、5分間。笹凪は、ハンデとして自分が攻撃を加えないことと神鬼の2人で来て良いと言う条件を加えて、A−1からテストを始めていきました。

Re: 触れられない花。 ( No.36 )
日時: 2017/01/10 12:22
名前: @メンタル 

その頃学院長である時雨は、学院内で一番高い場所にある部屋でテストの様子を鴻崎と一緒に眺めていました。
「笹凪教授は、いったい何のために交戦テストをしたのでしょうか?」
時雨の一歩後ろに下がったところからまるで理解ができないと言うかの様に問いを漏らします。
「美香。俺は、お前を信頼しているからな。」
いつもは聞かない様な重みのある声で声を掛けられた鴻崎は、その言葉に感謝の言葉を並べてから話を聞きました。
「50年に一度。」
言われた言葉の意味が鴻崎には、理解ができませんでした。
「鄙が襲撃に来る。毎回何十万人の汎が死にゆく。」
時雨は、神では無いものを汎と言って区別します。この言葉は、あまりにも理解しがたいものです毎年何匹か鄙が攻撃に来ますがそれが襲撃に来るという事です。
「そのタイミングは、いつ頃になるのでしょうか。」
なるべく落ち着きを保った声で問いかけるとその答えは、余りにも単的で残酷な現実でした。
「1年後。もしくは、今年の末だ」

Re: 触れられない花。 ( No.37 )
日時: 2017/01/11 20:17
名前: とまと

 笹凪さん、厳しいけどやっぱりかっこいいですね〜。
テストの結果がどうなるのかとても気になります!!(^^)!!

Re: 触れられない花。 ( No.38 )
日時: 2017/01/13 20:29
名前: @メンタル 

とまとさん
コメントありがとうございます。
笹凪は、本当に厳しいですね。実際に居たらメンタルは、気が滅入ります(笑)

Re: 触れられない花。 ( No.39 )
日時: 2017/01/21 21:21
名前: @メンタル 

とうとう実技テストの順番がBの1である臨の番となりました。
光術で作られた10m四方の立方体の中にリリックと一緒に入りました。少し離れた処に居る笹凪の合図を待ちます。
「Bの1...テスト開始!」
その言葉を合図に臨は、まず臨が得意とする近距離攻撃のために武器を作ります。手の平で空を切るようにしながら単式の能力名を呟きます。
「水刀」
薄青の刀が柄から刀身までに出来上がりました。
「リリック水術で蜃気楼作って、そのまま次の指示まで待機しててね」
「分かった。」
リリックは、両手前に出し目を伏せました。それから、静かに呟きました。
「蜃気楼」
臨の左腕が今度は、ジワリと痛みました。けれど今は、気にしている暇はありません。リリックの蜃気楼のおかげで笹凪には、二人が見えていません。この見えない時間を使い光術で笹凪の背後に回り距離を詰めます。切っ先を触れさせようとした瞬間にギリギリのところで避けられましたが、水刀の特徴である水で出来ているが故に形を変形させることが可能と言うものを使い、刀から鎌の形に変形させて首周りを大きく刃が囲むような形になりました。

今回は、此処までです。
初めに、遅れに遅れてすみませんでしたぁぁぁぁぁぁああああ!!!(爆)
はい。本当にすみません。
さてこれからの投稿の件についてなんですが、
しばらくとうこうできませn《
いやぁ実は、近々『期間限定クエスト期末テスト』という限定クエストがあって、(((o(*゚▽゚*)o)))
すごい準備をしなきゃいけないのですみません。
では次回。

Re: 触れられない花。 ( No.40 )
日時: 2017/01/22 17:22
名前: とまと

 お疲れさまでした。いろいろ大変ですよね。(>_<)
しばらくはお互い頑張りましょう!

Re: 触れられない花。 ( No.41 )
日時: 2017/01/22 18:15
名前: @メンタル 

とまとさん
はい〜頑張りましょう( ;∀;)

注訳
蜃気楼(シンキロウ)
とは、此処では『見えるはずのものが見えなくなる』
と言う設定です。
実際の蜃気楼もそんな感じなので(雑ですみません)
お気になられましたらウィキ○ディア見てください(笑)

                      @メンタル

Re: 触れられない花。 ( No.42 )
日時: 2017/02/17 17:45
名前: @メンタル 

すみませんでしたぁぁぁぁぁぁああああ
もう何回目でしょう。この場でスライディング土下座かますのは。
そんなことは、どうでもいいんです。
やっとクエスト(期末テスト)が終わって一段落したので、
早速書きかきしたいと思います。(笑)


臨が変形させた鎌は、確実に笹凪の首元を切れる位置にありました。
そのまま行けばの話ですが。
臨は、鎌を水としてその場で弾けさせました。もともと水で構築された水刀ですからその気になれば、液状化などたやすいものなのです。
そして重力に導かれるまま、側転をする形で着地をしました。
「あれ?何で当てなかったの。あのままだったら当てれる可能性あるのに。」
笹凪は、心底理解ができないとでも言いたそうな表情で臨を見ました。
「あのままもしも当たっていたら教授に怪我をさせかねませんので。」
とても真っ当なことを言いながら荒くなっている息を整えました。
それからすぐに、リリックの元に光術で移動した臨はリリックに指示を始めました。
「リリック、水術で氷り作って空間全体に散らせて。なるべく多く、傷つけられる程度に尖らせて。出来る?」
「やってみる。後、3分ぐらいしかないよ?」
「大丈夫短時間バトルは、得意な方だから。」
先ほどよりもひどく痛む腕をばれないように少し笑って見せてから光術でいけるところまでの高さに行き地術で風を起こしてその場にとどまりました。
そして単式の術を使います。先ほどの水刀と同じように。
「木刀!!」
すぐに木刀を握り、笹凪を探しました。リリックのおかげで出来た氷は、
鋭く触れてしまうと怪我をする恐れがあります。しかもそれが空間全体に広がっているのですから、回避行動は難しくなります。もちろん攻撃側も。
光術でもう一度笹凪に近づきましたが今回は、見えているので氷の間を縫うようにして後ろに下がりました。
もう一度だけ、呼吸を整えてから視界の中に笹凪の姿を見つけた瞬間、意識を手中させ一言、しかしとても扱いにくい術を。
「奪」
臨の行った単発の術は、闇術でした。奪は、文字通り。自分に向かってくる術を奪い自分のものにして、跳ね返させるという事と、もう一つ。
ターゲットの人間の動きを奪う。もしくは、制限させる。
A−1でも扱えるかどうか定かでは無い術を臨は、隠し玉として習得していたのです。
「っな!?」
いきなりの事に笹凪は、驚きを隠せていないようでした。
臨は、先ほどから痛みの増している腕の鈍痛に耐えながら一気に距離を詰め首元に木刀を当てました。
殴打攻撃にしか向かない、切ることのできない木刀だからこそできた攻撃です。
「っハ、まじか。…おめでとう。初合格者。」
その言葉を笹凪が言うと同時に、痛みに耐えきれなくなった臨は糸の切れた操り人形のように倒れました。



久々の投稿になるのでとても長いですが、
誤字脱字などあればすみませんがコメントをください。

Re: 触れられない花。 ( No.43 )
日時: 2017/02/17 18:32
名前: とまと

 本当にお疲れさまでした。



Re: 触れられない花。 ( No.44 )
日時: 2017/02/20 20:56
名前: @メンタル 

とまとさん
ありがとうございます(ノД`)・゜・。
どうしましょう。
めちゃくちゃふりがな付けたいんですけど、
悲しいくらい漢字を使いすぎてて…(´;ω;`)
すみません。(泣



倒れてしまった臨が医務室に運ばれるのを確認した後すぐに、自分の鬼であるグランと一緒に立方の中に入った蘭は、グランに少しだけ指示をして起きました。
「B-2、テスト開始!!」
その言葉を合図に蘭は、弓を構える体制を取りました。すると白く光る弓が蘭の手中に現れ、弓矢を構える状態になり増した。
蘭の得意としている遠距離攻撃の状態です。
「無術、50追々」
その一言を呟くと弓矢を放ちました。すると同じタイミングで白く輝く矢が50本、笹凪を標的として飛んでいきました。
笹凪は、まばらな方向から飛んでくる矢の隙間を見つけそこから逃れていきました。しかし、笹凪が避けた矢は重力に逆らうように笹凪の事を追いかけ襲い掛かりました。
「っチ、追々か。」
蘭が使った術は、無術の遠距離攻撃ですがその中でも追々と言う標的を追い続ける術です。しかし、実物と幻想を分ける事が出来ないので幻術を出されてしまえばおしまいです。
「グランッ今!!!」
不意に蘭が大声で言いました。
それに答えるようにして、グランは口角を少々上げました。
「雷術っ極光!!!!」
蘭がグランに指示をしたときに言った言葉は、
『指示を出したら一番光るやつ思い切りぶちまけて。なるべく笹凪さんの目の前で。』と。
グランの行った術は、雷術の中でも一番光るキョクコウ。
それをグランは、指示を完遂するために光術で笹凪の前に行き、光を顔の前で見せました。攻撃では無いのでテスト完了にはなりませんが、眼前でとても強い光を見せられたらどうなるでしょうか。
視界にはその残像が残るだけ、何も見えなくなります。
目をつむっていた蘭だけが視界を保つことができました。
「地術、当たり。」
静かに笹凪へと狙いをつけて矢を放ちました。



Page:1 2 3 4 5



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大4000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。