コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

カオスヘッドな僕ら
日時: 2020/12/05 18:39
名前: 夢兎 (ID: mkn9uRs/)
参照: www.kakiko.cc/novel/novel3a/index.cgi?mode=view&no=18233

 こんにちは。夢兎、またの名前をむうと言います。
 いつもは二次創作(紙ほか)板にて執筆をしていますが、
 今回この作品を機にオリジナル作品にもチャレンジしたいと思います。

 ちょっと個性強めの妖怪幽霊たちが繰り広げる、怪異コメディです。
 怖い要素は(多分)ないので、楽しく見て下さると嬉しいです。


 おかしな仲間に翻弄されながらも成長する(かもしれない)主人公。
 そして彼らとの出会いは一体何を生むのでしょうか?
 カオスヘッドなキャラたちが繰り広げる怪異譚、始まり始まり!

 ♪イメージ曲♪ ヤバいTシャツ屋さん「ヤバみ」

 【注意】

 ●作者は他の作品と掛け持ちしているので、不定期更新になりがちです。
 ●なるべく明るい要素を予定していますが、話の都合上流血などが入るかもしれません。
 ●荒らしや中傷行為はご遠慮くださいませ。



 【キャラクター】>>11 new!!

 出てこないキャラもいますがお楽しみに! ちょくちょく追加予定。



 【単語紹介】

 黒札くろふだ
 →天界で売れているグッズだが、地上にも流通。
 身に着けると悪霊をおびき寄せるため回収が日常化。

 白札しろふだ
 →黒札とは逆に、良い霊を引き寄せる。こちらも札狩によって回収されている。

 札狩ふだがり
 →天界用語。簡単に言えば、悪霊退治・または悪霊を退治する人を指す。
 黒札などを回収することからこのように言われる。


【Special Thanks】

・美奈様>>15
 
 ********************

 【目次一覧】

 ★キャラクター別情報File★

 ・百木周&百木朔>>22
 ・クコ>>25 new!!
 
 
 ☆外国名キャラのスペル紹介☆>>21 
  ちょくちょく追加予定!


 □第1章 リスタートする人生
 
 第1話「僕が死んだ理由」>>01
 第2話「クコと言う名の少女」>>02>>03
 第3話「やらかしてしまったので」>>04
 第4話「栗坂八雲」>>05>>06>>07>>08
 第5話「黒札と白札」>>09>>10
 第6話「そして物語は始まる」>>12

 □第2章 札狩life始めました!

 第7話「デスメタルでアタック!」>>13>>14
 第8話「僕たちの非日常」>>17-20>>23-25
 第9話「カオスヘッドな僕ら」>>26





 2020年7月下旬 スレ立て、執筆開始
 2020年9月上旬 2カ月間の休載後、再び執筆開始。
 2020年9.22 イメージ曲を選曲しました!
 2020年9.23 キャラクター紹介と情報Fileを付け加えました。
 2020年9.24 一通りの改稿作業と誤字修正を完了しました!
 
 


 
 

 
 
  

Page:1 2 3 4 5 6



Re: カオスヘッドな僕ら ( No.23 )
日時: 2020/09/25 15:32
名前: むう (ID: 9Yth0wr6)


 〈チカside〉

 バキュン先輩が言う所の「大人の世界」すなわちオカルトトーク。
 なんとこの人、八雲から初めて札狩や紗明の説明をされた時、ニッコリ笑って「そっかー」と言っただけらしい。懐が深い…のか、どうなのか。
 
 というわけで僕―チカは只今、バキュン先輩から札狩の仕方についての講義を聞かされている。
 僕の横ではクコが鼻をほじり、その横で紗明が「お兄様カッコいいです!」とキラキラお目目。
 そしてそしてその横では八雲が、ドクロ型のコップ片手に拝聴中だ。

「ってことで、俺たちが戦うのは悪霊だ。当然、戦闘とかになるわけだけど、百木くんは運動ってある程度できるタイプ?」
「あ、いえ、運動は、平均くらいです」

 ハードルもなんとか転ばずに飛べる程度。
 鉄棒も、二回に一回の割合で逆上がりが失敗する。
 50メートル走のタイムは9秒8、100メートルは18秒23と平均より少し遅いくらいだ。
 
 これが朔になると、50メートルはなんと6秒台だし、運動会ではいつも大活躍だ。
 生まれた順番が違うだけで、ここまで差がつくもんなんだろうか。不思議だ。


「ちなみに、そこのお嬢さんは戦えたりするのかな?」
「あ、うち? うちは、まぁ一応、死んだ人を送り届けるんを生業なりわいにしとるさかい、戦闘っちゅうのは自信ないなぁ」

 バキュン先輩に突然話を振られて、慌ててクコは開いた股を閉じる。
 鼻ほじったり、股を開いたり、うちの天使は本当に女の子なんだろうか?
 

「クコは会った時から、なにも成長してない気がするけど」
「それって、セクハラやで」
「~~~~~ッ 性格の話だよ!」

 ドSな天使は早速、僕がいい反応をするのをいいことに、好き放題からかってくる。
 ムキになって叫ぶと、クコがカラカラと笑い、横に座っている紗明の背中を「バッシバッシ」。


「あーでも、うち、キューピッドやってる姉ちゃんから、『愛の戦い』は習ってますん」
「…………君、プリキュ〇?」
「ちゃうわ。キューピッド学科のラファエル先生が、『天使は愛情』って口酸っぱく言うん」

 
 なんなの、そのキューピッド学科とか、ラファエル先生とか。
 ラファエル……ってどっかで聞いたような名前だけど…。
 
 僕が首をひねっていると、クコはセーラー服の懐からあるものを取り出して胸を張る。
 彼女が取り出したのはプリキュ〇とかでよくある、ハートやら羽やらがあしらわれた、絶対プリキュ〇のアニメの前後に挟まるⅭMで「キュア○○と一緒!」ってな感じで宣伝されそうな、一対の弓矢だった。


「うちが持ってんのは、まぁこの程度のもんですわ。百木くんにこれを使わせれば、ある程度行けそうな気もするわな」
「絶っっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ対にヤダ」


 僕はコンマ何秒レベルで反論した。

Re: カオスヘッドな僕ら ( No.24 )
日時: 2020/09/30 17:02
名前: むう (ID: 9Yth0wr6)


 〈チカside〉

 だって考えて見てくれよ。
 いい歳した男子中学生(幽霊)が、悪霊相手に『さぁ愛の力は無限大!』みたいなセリフと共に、羽やらハートやら星やらの装飾がついた弓で戦うって、どう?
 最近はプリキュ〇は男の子でもなれるらしいけれど、僕はごめんだよ。
 
 そもそもの話、札狩って札を外すだけなんじゃなかったか?
 悪霊と戦うなんて聞いてないよ。
 横目でギロリとクコを睨むと、クコは当たり前とでもいうような調子で、


「うちはちゃんと言うたで。札狩はようするに悪霊退治って」
「お嬢ちゃんの言う通り! 札狩っていうのは悪霊退治! 悪霊をメッタメタにして、町の治安を守り、果ては世界の平和を守るのが役目なのですっ!!」


 両手を前に付き出して、熱演するバキュン先輩。
『なのですっ!』って言われてもなぁ……。

 ん? そういえば、八雲のほっぺたにも札がついているよね。
 初めて八雲に会った時、札をはがそうとしたら紗明が邪魔をして、結局取るチャンスがなかったんだっけ。
 それ、取らなくていいの?

「これはつけていてもオッケーなんだよ」
「なんで?」
「いい妖怪しか呼び寄せんし、一緒に戦えたりもできるからさ」

 ま、一番最初に呼び寄せたものはあんまし使えないけど、と八雲はボソッと呟き、隣で真面目に正座をしている紗明をチラッと盗み見た。
 彼女の言葉の意図を理解して、僕は軽く頷く。


「というわけでおモチくん。お互いこういう死神や天使に出会ってしまったのは仕方ないけど、一緒に札狩頑張ろうね」
「あ、ああ……うん。痛くない範囲で」


 と僕が返事をしたと同時に、床に置いていたクコのiPadからピロンと通知の音がした。
 っていうか、いつも思うんだけど天界の文明って一体どうなっているんだろう。

 この前こっそりそのiPadの中身を見てみたことがある。
『下手でも飛べる! 天使の飛び方入門編』
『バカでもわかる! キューピッドのお仕事』
『天使検定10級』
 という変なアプリがずらぁぁぁぁーっと入っていたっけ。
 

「あ、『天界わくわく★チャット』からロリとじーさんのメッセージが来とるわ」
「誰と誰の何!??」

 て、天界わくわく★チャットだって?
 僕の常識内で推理するなら、そのチャットってもしかして地上で言う所のLINEみたいなやつ?

 クコの肩越しから、バレないように彼女が操作するiPadの画面を八雲と盗み見る。
 クコは、自分の自画像アイコンで『くこ@低所得♪』というアカウント名を使っていた。
 君が低所得なのは、地上に居られるのは10分までという大事なルールをあっさりと破るからじゃないか? 間違いなく『低所得♪』と笑ってスルー出来ることじゃない。

 
【ロリ@ももたんと逃亡中:さんから一件のメール】
【ネートル・ネクロニカ:さんから一件のメール】


 だれ? これ。
 僕と八雲は揃って首をかしげる。
 その間にも、クコはキーボードを物凄い速さで操作し、送信ボタンを押していた。
 再び、画面を凝視する。


【ネートル・ネクロニカ:クコ! お前ちゃんと仕事しないなら解雇するぞ!!】
【くこ@低所得♪:じいさん今までおおきに(泣)】
【ネートル・ネクロニカ:アホォオォオ!!】


 どうやらネートル・ネクロニカと言う人は、クコの上司らしい。
 そりゃ、地上で死んだ人を天界に送り届けるのが仕事なのに、何日も帰ってこないから、怒るのは当然だよなぁ……。
 

【ロリ@ももたんと逃亡中:私も札狩チームに加わったので今からそっち行きます!】
【くこ@低所得♪:え!? 今から来んの? あんた今どこにおるん?】
【ロリ@ももたんと逃亡中:もうすぐで紗明パイセンのいる家につきますよ^^】

【くこ@低所得♪:え、わ、分かったわ。でもあんた、『ももたんと逃亡中』ってなんなん?】
【ロリ@ももたんと逃亡中:百木周の弟と逃走してるんですよ。あとで話しますね! じゃっ】


「「はああああああああああああああああああああああああ!!!???」」

 僕とクコは揃って大声を上げた。
 クコはあと数分で家に来る後輩(?)の突然の行動に驚いたから。
 僕は、その彼女がよりによって自分の弟と行動していることにびっくりしたからだ。


「ど、どどどどど、どういうことこれっ??」
「うちに言われても分からんもんは分からん!」

 急激な展開について行けず、クコは半分涙目になっていた。
 とにかく一同は八雲のベッドに乗っかり、揃って窓の外を見る。
 お昼前で太陽が高く上った時間、それも土曜日なので、前の道路を歩く人の数は多い。

 そんな中、とりわけ目を引くのは。
 どういう原理でああなったのか分からないが、飛行機と同じ高さを滑空する、一人の男の子。
 その子は、悪魔のようなコウモリの羽を背中に生やした女の子に担がれて、飛行機と同じ速さで落下していた。


「朔ぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!?????」


 嬉しいんだけどちょっと一回どういうことか説明してぇ!!!


 

 

Re: カオスヘッドな僕ら ( No.25 )
日時: 2020/09/30 17:24
名前: むう (ID: 9Yth0wr6)

 ☆キャラクターFile クコ編☆

 
【クコ(九子)】

 性別:女
 身長:154㎝
 種族:天使。死者を天界に案内する案内人。

 誕生日:5月24日
 誕生花:ヘリオトロープ
 花言葉:「混信的な愛」「夢中」
 
 血液型:B型的性格
 年齢:600歳
 家族:姉ちゃんが8人おるで!
 座右の銘:寂しい時は美味しいもん食べたら治る。
 趣味:恋バナ(まぁキューピッドやから!)
 特技:人をからかうこと、室長をキレさすこと

 天界ってどんなとこ?:人がぎょーさんおって、標高がめっちゃ高いねん
 お姉ちゃんはどんな人?:一番上の姉ちゃんは、いっつもアメくれるで(大阪のおばちゃんか)
 最近の悩み:お給料が……(自業自得)
 

 作者から

 とことんマイペースなクコ。ツッコミに回ったりボケたりと使い勝手がいい子に仕上がった。
 ユルミスに対しては若干姉御肌っぽいところを見せたりする。
 これからどんな表情が見えるのか、楽しみですね。

Re: カオスヘッドな僕ら ( No.26 )
日時: 2020/10/07 16:37
名前: むう (ID: 9Yth0wr6)

 〈朔side〉

 あの後、俺は悪魔のロリ=ユルミスと一緒に、右頬に貼られてある黒札目掛けて集まってくる悪霊たちから逃げるべく、家を飛び出した。
 割れた窓ガラスの件は、まだどうするか考えてないけれど、あの大きい音でママが気づかなかったとは考えにくい。

 そもそもの話、俺は何も悪くない。
 悪いのは、黒札を使って悪さをしようとしているシアと、樹液が好物のカブトムシのように俺めがけて突進してくる悪霊どもなんだから。
 こっちはただ兄に会いに行きたいだけなのに、何でこんな目に……。

 
「ももたん! ボーっとすんな!」
「ぎゃああああああああああああ、ナニコレナニコレちょっと説明してぇぇ!!!」


 現在俺は、ロリに担がれて飛行機と同じ高さを浮遊している。
 眼下には、アパートや高層ビルに囲まれた市街の風景がずらりと並んでいる。有名な東京タワーも、今ではミニチュアみたいに小さい。


 でも、今はそんな悠長なこと言っているバアイじゃない!
 だって、観覧車より高い位置を飛んだことなんて、ないんだもん(泣)!!

 仕方なかったんだ。
 もう家の周り、庭や部屋、天井にまで数多の怪異が押し寄せて、逃げ場がなかった。
 ロリが「スターバスト」だっけ? 必殺技で一掃しても、すぐにまた湧いてくる。

 でも、でもさ。
 いい年した中学生男子が、女の子(悪魔)に抱えられて無様に空を飛ぶ状況ってどうなの!?
 しかも横から逆風が吹きつけるせいで、ロリの羽にバンバン風が当たって体勢がぐらりと揺れる。

「アルジ様ァァァァァァァァァァァァァァ。コッチヘオイデクダサイマセェェェェェ」
「イマ帰ッタヨ、エミリーィィィィィィィィ」

「ギャ―ーーー! 誰だよエミリーって!! エミリーって誰だよ!!」

 お化けは空を飛ぶ。まぁ、幼稚園児でもわかることなんだけど、俺はそれを改めて自覚した。
 自分の肩越しに乗った、おかっぱ髪の人形が耳まで裂けた口をグワっと開いて、襲い掛かってきた。

「うわっ!!」
「ももたん、ちょっと失礼!!」

 突然、ロリが鋭く叫ぶ。
 なんだよ、と叫び返そうとしたその時、何かが高速で口の中に放り込まれた。
 ドロッとしたジュースのような液体。今まで呑んだことの内容な味だ。
 口当たりが良くて、少し酸味がきいてて、微かに甘い香りが………。

「ウガァァァァァァァァァァァ!!」
「うわっっ!」
「ももたん、ユルに続いて言って!『なんじ、卿(けい)の魂胆を欲す』、さんはい!!」


 なんだよその、古典でよくある意味がよくわからないけどカッコ良さそうな文章は!


「ウガァァァァァァァァァァァ!!」



 でも、とにかくやるしかない。飲まされた液体の正体も、呪文のような文章の意味も理解できないけれど、もう首の当たりにまで人形がしがみついている。


「な、汝、卿の魂胆を欲す!!」


 俺は両目をぎゅっとつぶって、両肩に力を入れて叫んだ。
 それと同時に身体から閃光が放たれる。視界が白く染まる中、先ほど自分の部屋で聞いたような悲鳴が響き渡り、それは次第に小さくなっていった。

 思わず目を開ける。首にしがみついていた人形や、今にも俺に飛び掛からんとしていた悪霊たちの姿は、もうどこにもなかった。
 代わりに、赤、青、黄色などの様々な色の宝石のようなものが、宙に無数に浮いていた。


「こ、これは?」
「これは、悪霊どもの魂の一部。俗にいう人魂? みたいなもん。この魂を使って、ユルたち悪魔は人工霊を作って使役させたり、守護霊としてやとったりするんだー」
「お、俺が倒した………?」

「ユルと契約しただろ?」
「け、けーやく?」
「ユルの、【体液】を飲むことによって、ももたんは正式に悪魔と契約した。これからヨロシク♪」


 ……………………はい?
 今なんて言った? ユルミスの………体液を飲ましただって!??


「な、なんてもんを飲ませてんだよお前はッ!!」
「助けてほしくなかった?」

 女の子のッ体液を飲んだ? やばいぞこれは懲役100年あっても足りないじゃないかッ。この場合悪魔だろうが人間だろうが関係ないよ。命を救ってもらったこともちょっと横に置いとくよ。


「なんてもんを飲ませてんだよお前はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!(二回目)」



 次回に続く
 

Re: カオスヘッドな僕ら ( No.27 )
日時: 2020/12/05 18:36
名前: むう (ID: mkn9uRs/)

 ☆5分で振り返るカオ僕☆

 僕の名前は百木周ももきちか
 ごくごく普通の中学生だった僕は、学校帰りに車に轢かれ死亡。
 そんな中、僕を天国へ連れていこうとクコという天使が現れ。

 「10分しか天国におれん」
  
 という大事なことを忘れるアホ天使のせいで天国行きがパア。
 そしてあれよあれよという間に、
 二重人格の死神やらオカルト少女やらが現れ。

 成り行きで『札狩』と呼ばれる悪霊退治に参加する…
 流れなんだけど…。


 **************

 〈周side〉

「チカぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!」
 
 しばらくの空中浮遊が終わり。
 背中にコウモリの羽をはやした女の子に担がれて空を滑空していた弟は、そのまま一直線に八雲家の窓から中へ入ってきた。


 そしてそのまま、僕の肩に腕を回す。

さくッ!? ちょ、ちょ、どういうことか説明して!」


 いきなりバカ天使のiPadに変なメールが送られてきたと思ったら、
 次の瞬間には弟が空を飛んでいるって、どういうことマジで。


「チカぁぁぁぁ、生きてるぅぅぅぅぅ!!」

 いや生きてはないから。
 身体透けてるし。

 再会できてうれしい反面、僕はあることに引っかかり首をかしげる。
 ……ん? あれ、なんで朔は僕のこと見えてるんだろう。
 ちゃんと、身体にも触れてるし。


 双子パワー?……いや違うか。


「あー! パイセンたちお久しぶりです!」


 そんな僕らの後ろで、例のコウモリ羽のツインテールの女の子は、八重歯をのぞかせてクコと紗明さあきに笑いかけた。

 パイセン……?
 

「………あんたも一旦どういうことか説明しィや。
 うちかて暇やないし、いきなり来られても困るんやで」

「すみません。あのネートルお爺がゴチャゴチャうるさくてぇ」

 なんだか言い方が反抗期中の中学生のようだ。
 前にクラスメートが教師に対しての愚痴を言っていたのを思い出す。

「ネートル室長を悪く言ったらいけませんよ、ユルミス」

 朝は酷く大人しく、夜になるとめちゃくちゃウザいという死神の紗明が、歯ブラシのⅭMに出ているモデルなみの爽やかフェイスで女の子に語り掛ける。


「「「オェッ」」」

 
 この光景を見るのが初めての朔はもちろん。
 何度もその理不尽な人格の変化に振り回されてきた僕と八雲も、少々ひきつった顔をしてしまう。


「な、なに、あの人……。
 チカもしかしてホントはあーゆー人と付き合いたい系男子だった?」

「……随分とアバウトな言い方だけど断じて違うよ!!」


 朔は言動が幼い所がある。
 まあそこが可愛いんだけど。
 ただ、これだけは言っておく。断じて違う。

 僕があいつらといるのは、僕がしたくてしたわけじゃない。
 まあ元をたどれば、信号が変わってることに気づかず車にはねられる自分が悪いんだけど。

 だからと言って、「10分しか地上におれん」とか、「札狩ライフや!」とか、「おモチくん」とか、そんないざこざに巻き込まれたくて巻き込まれたわけじゃ、なぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!


 ハァーハァーハァー。


「それで、どういうことなのか説明して」
「あ、ハイ。パイセンたちがなかなか帰ってこないんで、痺れを切らしたネートルお爺がユルを現場に派遣したんですよ。それで、センパイたちに合流しようと目的地に向かいながら、ちょっと旭山動物園とかでイルカショー見たりしてたんですけどぉ」


 お前、絶対合流する気なかったよな?
 しかも旭山て。
 北海道から東京まで、ケッコーな距離あるけど……。


「青森でリンゴ食べて、秋田でなまはげに会って、静岡のピアノ工場見学して、ここへ着きました」


 ……お前、絶対合流する気なかったよな?


「んで、まあ、こういうわけです」


 
 と女の子は、右手の親指で朔を指し示したのだが。
 ごめん、全く分かんないんだ……。

 というか君が5分30秒使って説明できたことは、ネートルお爺っていう人物がうるさかったってことだけなんだよ。

 アーメン。




 


 

 


Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。