ダーク・ファンタジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

I live with ヴぁんぱいあ。【1/10更新】
日時: 2021/01/10 23:29
名前: はるた (ID: vQ7cfuks)

【お知らせ】

 完結に向けて、一度物語の矛盾点等をなくすために書き直すことにしました。
 これから読む際は、目次をつくりますので、そこからお願いします。
 



 目次 >>198




 ※ 全編書き直しなので、すべて初期のものは削除しております。
   残ってるのは参照記念と番外編(幕間除く)だけです。作品を読むのであれば目次から飛んでください。









 初めましてor(知っている人がいましたら)お久しぶりです。
はるたと申します。
 五作目は吸血鬼ものです。頑張ります(; ・`д・´)



【参照記念】

 参照300記念小説 >>55
 参照600記念小説 >>81
 参照900記念小説 >>111
 参照1200記念小説 >>112
 参照1500記念小説 >>121








【お客様】

◇ゴマ猫様
◆ひよこ様 
◇雨空様
◆朔良様
◇覇蘢様
◆占部 流句様
◇いろはうた様
◆錦歌赤兎様
◇紗悠様
◆如月 神流様
◇みるく様
◆波璃様
◇星来様
◆蒼様
◇美奈様
◆ゆーき。様
◇戒壇様
◆ことり様
◇顔無し@様
◆村雨様
◇佐渡林檎様
◆Garnet様


【目次】




 ※調整中












 参照19000感謝です。
 



では、物語の世界へどうぞ。





Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.140 )
日時: 2015/07/12 14:15
名前: 朔良 ◆oqxZavNTdI (ID: 2IhC5/Vi)

 ご無沙汰してます、朔良です。
 ……本当にご無沙汰です、しばらく来ることが出来ずにたいへん申し訳ございませんでしたああああああ!泣

 忘れられていないかという不安も覚えつつ、コメントをしに参上させて頂きました。

 
 悠真君は何て優しい子なんだ……とほろりと涙が零れそうになりました。
 姉のために罪までも犯して守ろうとするなんて普通なら出来ませんよね。歪んだほどの愛情が必要だと思います。
 悠真君はそれほどの愛を抱いていたのだな、と考えると余計胸を打たれました……
 幕間を読んで、もっともっと悠真君を好きになりました!

 
 更新次回も楽しみにしてます!
 頑張って下さい。

Re: I live with ヴぁんぱいあ。 ( No.141 )
日時: 2015/07/18 23:57
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg (ID: Lk0URTLS)






朔良さん

 
 ご無沙汰しております、はるたです。
こちらこそ、覚えていてくださるか心配なほどカキコから消失していましたからね。朔良ちゃんにコメントをもらえると、すごく嬉しくて兎のようにピョンピョンしてしまいます。うさぎ跳びって意外と足にくるんですね、野球部の皆さん……すごい。
 忘れるわけないじゃないですか、もしそんなことになったらはるたはスライディング土下座で謝りますね。おでこに真っ赤な赤い傷跡ができるまではやります!
 幕間はだいぶ暗い話になっておりますね。悠真はシスコンの少しこじらせたようなものなのかもしれません。歪んだほどの愛情……彼は姉のためなら何でも頑張り、命さえかけるのでしょう。どうせならヤンデレにしたかった、とか思う私は最低なのだろうか……(笑)
 悠真はきっとすべてを失ってもそれでも姉を助けたかったんでしょう。悠真はこれからも少しづつ出てくると思いますので、その時はごひいきに。
 悠真を少しでも好きになっていただけたようで、嬉しいです。

 コメントありがとうございました!




 ■今月中に幕間終らせて8月からは二章に入る予定です。ようやく二章執筆を考え出した今日この頃。修正作業はまた、時間があればやります。きっと、きっと。


Re: I live with ヴぁんぱいあ。【7/22更新】 ( No.143 )
日時: 2015/07/25 14:58
名前: 顔無し@ (ID: AKhxBMxU)


はるた様、こんにちは。

早速作品読ませて頂きました。
前にちらと覗いた作品だったので驚きました。友達が違うサイトでヴァンパイアの作品を書いていたので。それ繋がりで、手に取りました。何故気づかなかったのでしょう…。

それにしても、五作品目なのですね。もうすっかりカキコの作家さんじゃないですか!
題名を見て明るいのかなぁ…と思っていたら、シリアスでビックリしましたΣ(・□・;)
そして、何故か勇気が出てきた私←

ゆたかちゃんが…一人ぼっちになってしまって可哀想です…。家事ーーーー放火罪は一番重い罪と聞いたことがありますが。警察は犯人を見つけらるのでしょうか?
そして、そんなゆたかちゃんのことが好きな恭也くんも…必死で庇っているのに、恋は実らなくて…”報われない”という言葉が、私の頭に浮かびました。
ゆたかちゃんの秘密とは…一体何なのでしょう?凄く気になります!

そして、とうとうヴァンパイアの登場か…ーーーーーというところで区切られていたので、続きが気になり過ぎてあわあわしてます((((;゜Д゜)))))))

更新頑張ってください。応援してます!


Re: I live with ヴぁんぱいあ。【7/22更新】 ( No.144 )
日時: 2015/07/25 15:35
名前: ひよこ ◆1Gfe1FSDRs (ID: OcHJFEPy)

お久しぶりです、ひよこです。
なかなかこれず……やっと色々落ち着いたので、こっそり覗かせていただきました。

悠真君……(´;ω;`)
なにかが少しでも変わっていたら、家族みんなで幸せに暮らすことができたのでしょうか。
そうならなかったことがとても悲しいです。
どうかゆたかちゃんと悠真君が幸せに生きていける未来がきますように。

言っちゃうとあれなのですが、悠真君わりと歪んじゃってましたね。
お姉ちゃん大好きってレベルじゃな((
……いやいや、可愛いですよ、ええ。

そして遅れましたが、参照3800おめでとうございます!!
はやいですね〜!!最初から見させていただいていた側にとってはなんというか、感無量というか……なにを言っているのか自分でもわかりませんが(おい
とにかくおめでとうございます!!


更新頑張ってください!!

Re: I live with ヴぁんぱいあ。【7/22更新】 ( No.145 )
日時: 2015/07/28 17:05
名前: はるた ◆OCYCrZW7pg (ID: OgnYhGeD)






顔無し@さん

 わぁ、こちらにまで来ていただいたようで……。
以前覗いてくださっていたのですね、それはそれは嬉しい限りです。
 五作目……何作か出しているんですが最近は月一更新気味なんですよね。週一に戻るよう心掛けてはいるのですが、時間は有限……。
 普段は明るい小説書きますよ(;´Д`)
シリアスになりがちな性格ではありますが、普段はラブコメ書いているようなやつです。本当ですよ!そんでもって、コメライにいるときは大体ハイテンションです。
 でも、最後がハッピーエンドになれば全然大丈夫だと思いますよ。はるたの場合、こんなにシリアスな話になると思わなかったのですよね、いや一話から暗かった……?!
 放火罪は本当に重い罪ですよね。放火犯は後々分かってくると思います。犯人は顔無し@さんの許容範囲であることを願います。
 恭也は本当残念な奴なんです。残念なんです。永遠と残念という言葉を連ねるのも堀先輩の部類という証拠……。
 ゆたかの秘密は、些細なことですが、この小説の中で一番大切なところです。人によって受け取り方は様々ですが、顔無し@さんにとって少しでも何か感じられるものになっていればいいなぁ、と。
 ヴァンパイアの登場……、おぉ三話まで読んでくださったのですね。そこからそのヴァンパイアが色々やらかしますので、少しでもキュンキュンしてもらえると嬉しいです。

 コメント、ありがとうございました。





ひよこさん

 お久しぶりです、ひよこさんに来ていただけると毎回嬉しくて、空でも飛べるような気持ちになります。
 そうなんですよね、本当に小さなことでも何か一つ、何か一つ……変わっていたらこんな結末を迎えなかったのだろうな、と書きながら深々と思いました。
 遠くない未来、悠真とゆたかが仲良く暮らせればいいのになぁ、なんてはるた自身も考えてます。それはそうと、ゆたかの病気の件をどうにかしないと、その幸せな未来が見えてこないですよね。うー、考えてはいるのですが書くまでに至らないんですよね。今度まとめて書き溜めよう!
 歪んでいる……まさにその通りです。歪みまくっちゃってますよね。小4であんなこと考えるって何でしょう。それだけ家庭が崩壊していたんだろう、ってことで認識してくださいませ。同い年の千影とは、精神年齢の差が酷いことに……。それでも、きっと悠真だって子供と遊んでいたら一丁前に子供っぽい顔をするのではないかと。うん、そう信じたい。
 はい、参照がこんなにも大きな数に!
これも、コメントをくださるひよこさんを含むたくさんの人がこの小説を手に取ってくださるおかげだと思います。
 いえいえ、ひよこさんに「おめでとう」と言われるだけで、本日二回目の有頂天です。雲、突き抜けて青空を飛んで参ります!

 コメント、ありがとうございました。



Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。