二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

きらびやかな日常
日時: 2019/01/07 16:00
名前: 桜木 霊歌

優衣「タイトルコールです。」
ソニック「作者のネタ切れが原因で打ちきりになった日常が復活したぜ!」
エミー「料理対決や小話とかいろんなお話があるわよ!」
作「未熟者の作者だが宜しく頼む。」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91



Re: きらびやかな日常 ( No.451 )
日時: 2019/04/18 20:23
名前: 武勝龍 影丸

桜木さんかわいい

Re: きらびやかな日常 ( No.452 )
日時: 2019/04/20 18:38
名前: 桜木 霊歌

武勝龍さん
ソニックが作ったガレット・デ・ロワはとても美味しい・・・どころか、ソニックが作る料理は全て美味しいので、毎日放送食べたいクラスです!
私が好きなキャラクターは小鈴と阿求、菫子です!
次回も楽しみにしてください!それでは!

みゐ狐さん
今回は短編です!ちなみにその動画と似ていると感じたのはそれを参考にしたからです
ちなみに私の所の紅魔館メンバーは・・・
ツッコミ組 美鈴、小悪魔
ギャグカオス組 桜
動じない組 パチュリー、フラン
気絶組 無し
純粋組 無し
カオスクラッシャー レミリア、作、咲夜
不憫組 美鈴、小悪魔
腐った女子 桜
美鈴「し、しかし・・・謝っても許さないと言っていたので・・・」
小悪魔「こうするしかなかったんです・・・そっちの私、確実にそんな事いったらシスコンのお嬢様にしばかれますよ・・・」
次回も楽しみにしてください!それでは!
PS 訂正しました!教えてくださり、ありがとうございます!

霧夜とルーミア大ピンチ!?文を捕まえろ! ( No.453 )
日時: 2019/04/23 22:55
名前: 桜木 霊歌

ここは霊歌とソニックと優衣が同居している家。
空き部屋がたくさんあるので、たまに外来人がここに来たら全員部屋が満室にならない限り、泊めている。
今日は誰も外来人がいない為、霊歌とソニックと優衣の3人だけだ。
霊歌「ソニックー、優衣ー!おっはよー!」
ソニック「お、おはよう霊歌」
優衣「霊歌さん、おはようございます!今日も良い天気ですね」
霊歌「そうだねー、でも平和すぎて退屈だよ。」
優衣「そう言わずに。もうすぐ年号も変わりますからね。」
ソニック「そういやもうちょっとで令和になるな。でも霊歌の気持ちは俺も良く分か「た、大変だ霊歌ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」『バリィン!』うお!?」
優雅に談笑していると、白髪ショートボブに眼鏡、黒いローブと三角帽子を被った青年であり、魔理沙と霖之助の息子である森近霧夜が窓をぶち破って入ってきた。
そして、少し遅れてルーミアも入ってきた。
優衣「霧夜さん何をなさってるんですか!?窓を割ってしまうだなんて・・・」
ソニック「でもなんか、急がないといけない状況なのか?」
霧夜「ああそうだった!霊歌、ソニック、優衣!助けてくれ!」
ルーミア「今私達絶体絶命のピンチなのだー!」
とりあえず話を聞いてみる事にした。

・・・時間はさかのぼって 太陽の畑

この2人は弾幕ごっこをして遊んでいた。
しかし、ここで悲劇の原因が起こってしまった。
太陽の畑の一部を岩盤にしてしまったのだ。
当然ながら、この状況を作り出した本人達は固まったそうだ
霧夜・ルーミア「」
ルーミア「どどどどうするのだ霧夜!?ここって確か幽花の花畑じゃ・・・」
霧夜「逃げるに決まってんだろうが!このままじゃ殺される!」
ルーミア「逃げるなんて駄目なのだ!ここは謝って許してもらうのだ!」
霧夜「無理だよ!俺達の殺される確率10000%だぞ!?」
ルーミア「10000%!?だ、だったら逃げるしかないのだ!自分の命には変えられないのだ『パシャッ!』え?」
突然上からカメラのシャッター音が響いた事に驚き、思わず上を見上げると・・・






文がこの瞬間をバッチリカメラに納めていた。
ちなみにここの文は捏造ていぞうばかりの捏造ねつぞう新聞を書きまくり、そのせいで被写体が風評被害を受けかねない記事ばかりを書くのだ。・・・大半が捏造だと分かっているのでほとんど真に受けないが。仮に真に受けるとしても、それは文の新聞がただの捏造と知らない新参者くらいだろう。
その所業のおかげでここの文は『マスゴミ新聞記者』と呼ばれている

感想まだです

霧夜とルーミア大ピンチ!?文を捕まえろ! ( No.454 )
日時: 2019/04/23 14:19
名前: 桜木 霊歌

霧夜「しまった!マスゴミ新聞記者じゃねえか!」
文「あやややや。この瞬間を収めましたよ!」
ルーミア「ちょっと待つのだ!その写真どうするつもりなのだ!?」
文「勿論明日の朝刊に載せるんですよ~。あっ、お二人が岩盤作った瞬間も写真に納めましたので、通りかかっただけという言い訳は通用しませんよ」
霧夜・ルーミア「うわあああああああああああああああああああああああああ!!!!!」



霧夜「その後すぐに文を追ったんだが・・・」
ルーミア「速すぎて見失っちゃったのだ・・・」
霊歌「それ不味いわよ!もしもこのまま朝刊なんてだされたら・・・」
ソニック「お前ら明日の朝に処刑されるぞ!?」
ルーミア「やっぱり謝って許してもらうしか・・・」
優衣「無理です!ひまわりの1本2本はまだしも、岩盤なんて許されませんよ!?」
霧夜「じゃあどうすりゃいいんだよ・・・!?」
全員が作戦を考えた。その内容はこうだ。
①霊歌が能力を使って太陽の畑をもとに戻す
②その間にソニック達が文を探す
③万が一の為に文のカメラを破壊してデータを消す
最初の霊歌が能力を使って太陽の畑をもとに戻すは成功した。
幸いにも、幽花はまだ寝ていたので、太陽の畑の一部が岩盤になっていたのは知らなかったようだ。

感想まだです

霧夜とルーミア大ピンチ!?文を捕まえろ! ( No.455 )
日時: 2019/04/23 14:31
名前: 桜木 霊歌

今度はソニック達が文を探す事だ。
ソニック「文の行きそうな所ってどこだよ?」
優衣「スクープや記事のネタになりそうな所には、どこにでも行きそうだけど・・・」
ソニック「だったら、あいつらの力を借りるか・・・本当はすげえ嫌だけど」
ソニックのいうあいつらとは・・・



文「どこかにいいネタやスクープは転がってませんかねぇ・・・おや、あれは・・・」
霖之助「全国裸族ファンの皆ー、ゲリラ裸族ショーが始まるよー!」
ギャグカオス組「イエーイ!」
そう、ソニックのいうあいつらとは裸族の事だった。
何せ、文は裸族大好きのギャグカオス組。唯一捏造しないネタは裸族に関する事だけなのだ。
霧夜の父親である霖之助は、自分の息子を守る為ならばと二つ返事で了承してくれた。
ソニックの読みは見事に当たり、文はゲリラ裸族ショー食いついたようだ。
文「あやややや!これはまたとないスクープです!今すぐ取材して「よっしゃ、かかったぞ!」え?」
ソニック「ソニックサンダーライト!」
優衣「スペルカード発動!霊術『夢想封印獄』!」
霧夜「スペルカード発動!闇符『ダークスパーク』!」
ルーミア「スペルカード発動!月符『ムーンライトレイ』!」
文「ぎゃああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」
この総攻撃で写真データの納められたカメラは壊れ、霧夜とルーミアは助かったのだった。

感想OKです!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。