複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ガルちゃん修羅ハウス
日時: 2020/08/26 18:38
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

お騒がせご意見番女優、遠藤奈美子と、ヘタレアイドルリーダー佐士原理央が女性専用書き込み掲示板「ガルちゃん」のファンだと公表したためテレビディレクターの星野が閃いた。「番組企画でガルちゃん書き込みユーザーを集めてシェアハウスに住まわせて日常を放送すると言うのは。」かくして、旧知の女優、遠藤を中心に続々都内某所のハウスにガルちゃん民が集まるのだが・・・事態は予想だにしなかった展開に・・・様々癖のあるワケアリ女性が一度に集い、笑いあり、涙あり、バトルあり、珍事ありのドタバタ活劇を繰り広げる。

Re: ガルちゃん修羅ハウス ( No.24 )
日時: 2021/01/17 15:07
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

・・・「やばい、奴等の目的は金。」そうとわかれば善は急げ。早速折り返してガルちゃん民マンションに向かった。エントランスで鉢合わせになる橋場と井上。「先帰ってて。・・・何、橋場さん。何か用。」「あなたに知らせたいことがあるの。」「何、またお説教かよ。」「そうじゃない。現実の話。あなたのお姉さん、借金だらけなの知ってた。」「え、どういうことよ。」「正確には旦那さんの赤沼さんが負債を抱えて倒産寸前ってことなんだけど。」「ちょっと待って。あんた何でそこまで知ってんの。仮に本当だとしても何のPTAだよ。」しまったと橋場にしては珍しくどもった。「ま、まあ、その、色々と噂をね。・・・」「だとして、それが何。」「だからおかしいと思わない。赤沼社長夫婦は負債を抱えてる上に長男次男を大学留学させている。それなのに快くあなたの子供まで迎え入れるかしら。」「そ、それは・・・な、何か倒産しない策でもあるんじゃない。」「そこよ。そんな都合良くお金が回るわけない。なのに迎え入れた。おかしくないこれ。」「何が言いたいんだよ。」「これを聞いて。」バッグから取り出したのは先ほどの盗聴器。録音機能まであった。「こ、これって・・・」「そう。恐らく行方不明事件に見せかけて外国へ臓器を売り飛ばす計画よ。これでもあなたあの子たちを引き渡すつもり。」「そんな。姉貴が。そんな裏切り・・・」「人はわからないもんだよ。ましてや切羽詰まった人間なら、自分の子供と兄弟の子供、どっちを優先すると思う。」ようやく事の重大さに気付いた井上は姉に電話した。「・・・そういうことだから。姉貴とは絶好だからね。」早速警察に相談することになったのだが・・・「三輪さん大変だ。引き渡さないって今電話が。」「何、馬鹿な。こうなったら多少強引に事を進めるしかないな。」煮え湯を飲まされた彼は、事務所で電話を荒々しく置いた。「たかがデリヘル上がりの女が。立てつこうってのか。面白い、なら子供から攻めるか。」・・・続く。

Re: ガルちゃん修羅ハウス ( No.25 )
日時: 2021/01/23 20:34
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

・・・三輪は早速動いた。翌日、学校帰りの有希とスターは、放課後近所の猫に夢中になっていた。「かわいい。」そこへ車を寄せて近付く男の姿が。「井上有希ちゃんにスター君だね。」「どうして私の名前を。」「うん。俺はね、赤沼社長の部下で、君たちを迎えにきたんだ。君たちをおいしいケーキ屋さんに連れていきたいって。」「ケーキ、いくいく。」偽の社員証に赤沼との写真を見せる三輪。スターは踊りまくってノリノリだが、姉の有希は渋る。「でも、ダメだよスター。今日はお母さんのお手伝いでしょ。」「ああ、それなら大丈夫。お母さんにも連絡してるから。」仕方なく釣られて乗り込む有希。そこにたまたま居合わせた新山はスーパーと「ファッションのしまむら」の袋を下げて帰宅途中だった。「あれ、井上さんちの子供・・・」それを尻目に発進する三輪。しかし、マンションに接近した途端、男の本性が表れて恐怖に震える二人。「いいか。お前らは5時の船に乗せるんだ。大人しくしてねーとぶっ殺すぞ。」車から降りて部屋に向かう有希達。「ああ、奥さん。俺たち旦那と大事な打ち合わせがあるんだ。しばらく開けるからくれぐれも子供に逃げられんなよ。」「わ、わかってますよ。」渋々ひきうける姉のエリカ。男達が出ていくと、緊張のせいか、スターが催し始める。「おばちゃん、おしっこ漏れる。」「行ってくればいいじゃない。知ってるでしょ。」「でも・・・ここのトイレしずらくって。」「しょうがない子だね。」面倒くさがりながらも勝手知ったる二人の子供を育てた母親。手際よく抱えて用を足させる。「もう出た。」「うん、出た。ありがとうおばちゃん。」「そういや、うちの子供もこうやってよく一人でトイレ行けるまで抱えてやったっ・・・」急に嗚咽しはじめるエリカ。「おばちゃんどうしたの。」キョトンとするスター。「私・・・私子供を・・・なんてことを。うう」エリカは口を押えた。「どうして泣くの。船に乗って、ケーキ食べたらおばちゃんとお母さんお金持ちになれるんでしょ。」それが更に嗚咽を加速させる。スターを抱きしめた。「ごめんね、ごめんね。おばちゃん間違ってた。子供を売り飛ばすだなんて。・・・」有希もその様子を見に来ていた。「やっぱり私にはできない。もういい、二人とも一緒に警察に行こう。」二人の手を連れてマンションの地下駐車場に向かった。一方橋場は貝原の呼びつけから帰ってきていた。新山と鉢合わせになる橋場。「あれ、新山さん。またしまむら。値札ついたままよ。ダイエット進んでないんでしょ。」「あ、本当。大きなお世話よ。・・・そう言えば、さっき井上さんちの子供がガラの悪い男の車に乗っていったわよ。きっとデリヘル関係者ね。」「何ですって・・・」「ちょっとどうしたのよ。」急に眼光鋭くなる橋場。疾走しはじめた彼女に不思議がる新山だった。・・・続く。

Re: ガルちゃん修羅ハウス ( No.26 )
日時: 2021/01/31 16:14
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

・・・その頃、地下駐車場から車で出るエリカ。「あれは、優奈が関わってる赤沼エリカか。」何故か張っていた橋場の旦那が、様子を見てすべて悟った。「一目を憚ってまで、わざわざ売り飛ばす子供を車で連れ出す無駄なことをするはずはない。さては良心に目覚めたか・・・」早速橋場に電話する旦那さん。「・・・つまりは母親として子供を見て見ぬふりできなかったんだろうな。多分なりふり構わず警察に自首する気だ。お前サポートしてやれ。」「了解。・・・え、何であなたが協力してくれるの。」「勘違いするな。お前の行動を監視する任務中にたまたまだよ。さ、早く言ってやれ。」「りょ、了解。」不思議に思いながら車を飛ばした。エリカも心臓バクバクになりながら後数十メートルで警察署と言う矢先に安堵したのも束の間。三輪達の車がギリギリセーフでエリカの車の前に止まった。「奥さん、困りますね何の真似ですかこれは。まさかいまさら仏心とかですか。」ナイフをちらつかせながら丁寧に喋る三輪の言葉は返って恐怖を煽った。「お願い、お金はいらないから子供たちは見逃してやって。」「ほらほらやっぱり。いいから助手席に座れ。」車から降りたエリカをナイフを腰に突き立てて助手席側に座らせる。「いまさら抜け駆けは許しませんよー。」車を運転して一路三輪達は港に向かった。「しまった。」橋場が到着した時は、既に三輪達に拉致され数十メートル先を走り去るところだった。・・・続く。

Re: ガルちゃん修羅ハウス ( No.27 )
日時: 2021/02/06 21:12
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

・・・「逃がしてたまるか。」橋場はアクセルを思いっきり踏んだ。港の駐車場で仲間と落合い、船に乗せる準備を始める三輪。赤沼はたしなめる「何てことしてくれたんだ。金と信用がパーになるところだったんだぞ。俺を殺す気か。」「あなたお願い、目を覚まして。こんなこと貧乏になるより辛いことよ。」「何言ってる今更後に引けるか。」三輪が徐に割り込む。「いや、何なら引いてもらっても結構ですよ。あの世まで・・・」「な、何をする。」「悪いですね。念のためお二人には姪っ子甥っ子道連れに海に車ごと突っ込んで無理心中ってことで方をつけてもらいましょう。そうすりゃ取り分は多くなるしね。」「な、何だと、話が違うじゃないか。」そう言っても後の祭り。三輪の部下達は無理やり車に押し込もうとしていた。「ほらね。何が大事か、はき違えるとこうなるって教訓だね。」あらぬ方向から女の声が聞こえた。「何だテメーは。」後ろから現れたのは小原が思わず言った通り、アベンジャーズの女スパイを思わせるようなデザインのライダースーツ。そして長い黒髪の出で立ち。橋場優奈の登場だ。、「子供は国の宝。なんて昔の言葉があったけど。いつから子供の命を平気で金に換えようとするバカが増えたんだか。」「ああん、何だそりゃ。まあいい。誰か知らねーが、見られた以上オメ~にも死んでもらうよ。おい・・・」目配せする三輪。部下二人が両肩両腕掴んで拉致ろうとしたのだが、肩と背中と腰を巧みに動かしていつの間にか部下二人が伸されていた。「気をつけろ、こいつ何かやってるぞ。」部下に注意を促しながらまたもや飛び掛からせる。しかし結果は言うまでもなく。「おっと美人さん、そこまでだ。」背中にコルト拳銃を向ける三輪。「チャカは使いたくなかったが仕方ねえ。こんなんじゃなけりゃ、いい女として抱いてやったのによ全く惜しいぜ。」「ならもっと惜しんでよ。」言ってる間に自衛隊格闘術よろしく体を反転して射線を逸らし、コルトをつかみ取った。、「た、頼む、撃つな。」「あら、自分になるとそんな感じ。安心して、撃たないけど打つよ。」「へ・・・」言ってる間に弾倉を抜いて投げ飛ばし、スライドを引いて薬室から弾を抜いて顔面に投げつけると同時に金的を蹴り上げた。悶絶して倒れこむ三輪。赤沼は驚愕している。「あ、あんたは一体誰なんだ。」「ただのガルちゃん民よ。」「え・・・」ロープをほどいてる間に一部始終を見ていた紳士が言い寄ってくる。「大丈夫ですか。今警察に通報しました。全く船で外国に売り飛ばすなんて最低ですね。」「ありがとうございます。」いいながらもこの紳士の乗っていた車を見た。「なるほど。不妊治療の先生ね。お聞きしますが、何故外国に売り飛ばすって知ってるんですか。」「あ・・・」・・・続く。

Re: ガルちゃん修羅ハウス ( No.28 )
日時: 2021/02/21 16:29
名前: 梶原明生 (ID: PvE9VyUX)

・・・言葉が急に詰まる男性。「いや、その、何となくそんな気がしたものだから。」「そうかな。あんた、さっきから車の中で赤沼達を見てたろ。それに女との逢引きにわざわざこんな港の駐車場なんて選ぶ。あんたが児童売買の黒幕だろ。産婦人科医師なら子供の情報取りやすいものな。」「な、何を証拠にそんなことを。言いがかりもいいところだ。」そう言ったところで無言のまま三輪をまた蹴っ飛ばし、ジャケットのポケットからスマホを取り出した。どこかに電話する橋場。するとその医師のスマホが鳴り出した。「出たらどうです。あんたと三輪が繋がってなければね。」「クソ・・・」医師は助手席にいた女性を人質にして拳銃を首元に突きつける。「動くな。こいつが死ぬぞ。」「高島さん・・・」驚いた。逢引きしていたのはガルちゃんシェアハウスの新規住人、元女子アナの高島美弥子だったのだ。「どけ。」車の運転席に移動して、高島を突き飛ばして乗ろうとしたのだが。「グワッ・・・」橋場の投げた特殊警棒に当たり、右腕の骨が折れる。「あんただけは許さないよ。女性が最も頼りにする産婦人科。今頃女性の体や不妊治療に頭を悩ませ疲弊して真面目に仕事してる産婦人科医師が仕事に取り組んでいると言うのに、あんたはその産婦人科の顔に泥を塗るまねして。それでもテメーは医者か。」「クソ・・・・」何も言えずサイドドアに崩れ落ちる男。パトカーのサイレンが鳴り響いてきた。「あんたには一つ聞きたいことがある。」再度胸倉を掴んで睨む。「黒蠍はどこだ。」「あんた何で黒蠍を知ってんだ。」「いいから。何か知ってるんだろ大山園秋。」「さあな。奴とはメールでのやり取りだけだ。」そこへタイミング悪く警察官がやってくる。橋場はスマホをすり取って隠した。・・・続く。


Page:1 2 3 4 5 6



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。