コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

神様の会話
日時: 2021/01/26 22:05
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

どもっ知る人は知る、スノードロップ、略してスノドロと申します!
いつもはいろんな所で『鈴乃リン』として活動しております!

このお話は、神様メインです。実在する神様とか……?
ま、とりあえず、書いていきまーす!

《キャラ紹介》

迦楼羅カルラ

男の子 見た目13歳。
赤い髪でボブスタイル。和服を来て、錫杖を持つ。
蛇や龍を食べるといわれる神様。穏やかで優しい。

阿修羅あしゅら

男の子 見た目11歳
短い髪を後ろで小さく一つにくくる。
腕が六本ある神様。
炎を司り、カルラと仲良し。無口だがすぐキレる。

福禄寿ふくろくじゅ

男の子(?) 見た目8歳
長い帽子を被り、厚手の服を着ている。
幸福を与える七福神。人見知り。


現在登場中の神様

七福神一行
弁財天べんざいてん
恵比寿えびす
寿老人じゅろうじん
布袋ほてい
大黒天だいこくてん
毘沙門天びしゃもんてん

有名神様一行
サクヤ(花の神)
イワナガ(岩の神)
ホオリ(山の神)
ホデリ(海の神)
大國おおくに
天狗てんぐ
九尾キュウビ

神様の父母一行
イザナギ(すべての神の生みの親)
イザナミ(   上と同文   )
アマテラス
スサノオ


その他たくさん神様が出てきます。

【お知らせ(というか感謝)】
この小説が2020冬小説大会にてコメディライト板 銅賞を頂きました!
いつも読んで下さっている皆様、ほんっっっとうにありがとうございます!初めての受賞で本当に嬉しいです!
同じく今回の小説大会で管理人&副管理人賞を受賞した『妖怪ウォッチ エンマ大王のドタバタ日常』もよければぜひご覧ください!
これからも更新頑張って行きますのでよろしくお願いしますっ!

Re: 神様の会話 ( No.20 )
日時: 2020/06/01 23:26
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

その頃、出雲では………

イザナミ「もうすぐ私の子供達に会えるわぁ!」
イザナギ「一年に一ヶ月の特別キャンペーンだ。存分に楽しもう。」

全ての神の生みの親、イザナギとイザナミが出雲大社の祠の中で談話している。

アマテラス「母さん、父さん。現状の報告に参りました!」

そこに彼らの直属の子、姉のアマテラス、弟のスサノオが来た。

スサノオ「報告致します!只今、東方面から迦楼羅天かるらてん殿、阿修羅あしゅら殿、七福神の弁財天殿、恵比寿殿、大黒天殿、福禄寿殿、四神の青龍殿、玄武殿が新幹線というカラクリでこちらに移動しております!」
アマテラス「また西方面からは、七福神の寿老人殿、布袋殿、毘沙門天殿、四神の朱雀殿、白虎殿が東と同じように移動しております!」

イザナギ「おお、二人とも有難う。他はどうか?七福神、四神は揃ったけど?」

アマテラス「もう島根県内に天狗てんぐ殿、九尾キュウビ殿、水神すいしん殿が入っております!ツクヨミ殿、大國おおくに殿、サクヤ殿イワナガ殿姉妹は集合場所にいらっしゃいます!」
スサノオ「ですが………難陀なんだ竜王りゅうおう殿と跋難陀ばつなんだ殿兄弟揃って動きがありませぬ……これで何度目でしょう………?」

スサノオが顔をしかめる。

イザナミ「大丈夫よ。二人とも、忙しいのに有難うね。」
イザナギ「またなにかあれば報告お願い。」
アマテラス「お二人ともしっかり体をお休め下さい。」
スサノオ「では、失礼!」

Re: 神様の会話 ( No.21 )
日時: 2020/06/02 09:49
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

集合場所では………

ツクヨミ「あら、サクヤちゃんにイワナガちゃん!」
サクヤ「ツクヨミ殿、お久しぶりです!」
イワナガ「………どうも。」

月の女神のツクヨミ、花の女神のサクヤ、岩の女神のイワナガの3人が喋っていた。

ツクヨミ「また大きくなったねぇ!二人とも綺麗よ!」
イワナガ「……ありがとうございます。」
サクヤ「そういえば、あそこ、大國殿がいらっしゃること!大國殿!こちらで一緒に喋りましょうよ!」
大國「いや、俺はいい。男一人だし、今、ホオリとホデリと連絡取ってんの。」
イワナガ「大國殿、スマホいい奴じゃないですか。」
サクヤ「本当!姉さん流石だわ!」

ホオリは山の神で弟、ホデリは海の神で兄である。
しかも、サクヤの息子である。

サクヤ「もう来るのかしら?」
大國「ああ。あと数分だってさ。」
ツクヨミ「楽しみねぇ!」
イワナガ「早く皆様に会いたいですね。」

4人の神は、空を見上げた。

Re: 神様の会話 ( No.22 )
日時: 2020/06/02 15:58
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

たーんたーんたーたーたたたたたたたたーん(車内放送)
『まもなく、新大阪、新大阪。新大阪で、終点となります。東海道新幹線をご利用頂きありがとうございました。』
カルラ「そろそろだね!」
弁財天「出雲まであと少しだね!」
阿修羅「ああ!」
恵比寿「早く荷物持って!」
大黒天「いつでも出られるよー!」
福禄寿「よし、青龍と玄武にも挨拶しよう。」

ホームに降りると隣の車両にいた青龍と玄武と出会った。

青龍「おや、七福神達に阿修羅殿に迦楼羅殿ではありませんか。」
玄武「この一ヶ月、よろしく。」
阿修羅「青龍殿、玄武殿、こちらこそよろしくお願いします。」

Re: 神様の会話 ( No.23 )
日時: 2020/06/03 23:15
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

天狗の場

天狗「そろそろ着くな!この時がとても楽しみだった!」

長い鼻を持ち、風を操る天狗は、空を飛んで集合場所に向かっていた。

天狗「さっきから、なんだか獣臭いんだよなぁ」
???「獣臭いとは何だよ」
天狗「………ああ、やっぱりか。“九尾”」

天狗の横には炎を操る狐のあやかしの九尾がいつの間にかいた。

九尾「獣臭いはないでしょ天狗。」
天狗「お前……………………!一年ぶりだがトリートメント変えたよな!?」
九尾「正解だよ!すごいな…………って今!!?」
天狗「ハッ、天狗をバカにするな。鼻は利くのさ。」
九尾「…………烏天狗と喧嘩ばっかのくせに」
天狗「今烏天狗の名を出すなよ」

九尾「とりあえず、集合場所に向かおうじゃあないか。僕の特別サービスしてあげる。」
天狗「何だよ急に気持ちわりぃな」
九尾「僕の背中に乗ってもいいよ?普段ならぜっっっっっっっったいさせてあげないよ?」
天狗「よし、行け!ポチ!」
九尾「………は、はぁ!!?僕は犬じゃない!」

Re: 神様の会話 ( No.24 )
日時: 2020/06/04 18:35
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

福禄寿「えっと、次の新幹線は…………『博多行』のやつ?」
弁財天「そう!『東広島』で降りればいい!」
カルラ「切符切符ー!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。