コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

神様の会話
日時: 2021/01/26 22:05
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

どもっ知る人は知る、スノードロップ、略してスノドロと申します!
いつもはいろんな所で『鈴乃リン』として活動しております!

このお話は、神様メインです。実在する神様とか……?
ま、とりあえず、書いていきまーす!

《キャラ紹介》

迦楼羅カルラ

男の子 見た目13歳。
赤い髪でボブスタイル。和服を来て、錫杖を持つ。
蛇や龍を食べるといわれる神様。穏やかで優しい。

阿修羅あしゅら

男の子 見た目11歳
短い髪を後ろで小さく一つにくくる。
腕が六本ある神様。
炎を司り、カルラと仲良し。無口だがすぐキレる。

福禄寿ふくろくじゅ

男の子(?) 見た目8歳
長い帽子を被り、厚手の服を着ている。
幸福を与える七福神。人見知り。


現在登場中の神様

七福神一行
弁財天べんざいてん
恵比寿えびす
寿老人じゅろうじん
布袋ほてい
大黒天だいこくてん
毘沙門天びしゃもんてん

有名神様一行
サクヤ(花の神)
イワナガ(岩の神)
ホオリ(山の神)
ホデリ(海の神)
大國おおくに
天狗てんぐ
九尾キュウビ

神様の父母一行
イザナギ(すべての神の生みの親)
イザナミ(   上と同文   )
アマテラス
スサノオ


その他たくさん神様が出てきます。

【お知らせ(というか感謝)】
この小説が2020冬小説大会にてコメディライト板 銅賞を頂きました!
いつも読んで下さっている皆様、ほんっっっとうにありがとうございます!初めての受賞で本当に嬉しいです!
同じく今回の小説大会で管理人&副管理人賞を受賞した『妖怪ウォッチ エンマ大王のドタバタ日常』もよければぜひご覧ください!
これからも更新頑張って行きますのでよろしくお願いしますっ!

Re: 神様の会話 ( No.40 )
日時: 2020/06/18 06:53
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

ちょっとしたおしらせ

雑談掲示板で、ヨモツカミ様が主催の『みんなでつくる短編集』で、この一次創作『神様の会話』の裏話を投稿させて頂いたので、ぜひ見に行って下さい!!

Re: 神様の会話 ( No.41 )
日時: 2020/06/18 21:24
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

食事が終わり、自分達の部屋に戻る。

ただオレは一人、縁側に腰掛けていた。

?「………阿修羅?」
阿修羅「………あ、天狗か。どうした?」

声の主は鼻が高いのが特徴の天狗。
オレの気配を読んだのだろう。

天狗「いや、貴様が縁側に向かうから着いてきただけさ。」
阿修羅「いわゆるストーカーだな」
天狗「口が悪いというか阿修羅も用があるんだろう?何?」
阿修羅「そうだな。人間界は変わってしまったな、と。」
天狗「人間界が?」
阿修羅「ああ。」

空に浮かぶ月を見て言う。

阿修羅「人間の歴史は、戦争が多かった。どの時代も、戦が絶えない。その戦を止めるために、オレや毘沙門天といった戦神が生まれた。でも今は世界、いや、日本に戦争なんてない。戦争をしなくなった。」
天狗「……それでオレ達の仕事が無くなった、とでも?」
阿修羅「いいや、今まで戦神の願ってた願いが叶ったのさ。戦争のない世界。ずっとずっと望んでた。」
天狗「……………」
阿修羅「オレは、今が幸せだ。」

Re: 神様の会話 ( No.42 )
日時: 2020/06/20 14:16
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

イザナギ「なぁイザナミ。今、という時間はどうだ?」
イザナミ「そうねぇ…………私にとって、とても幸せな時間よ。つい最近まで日本は、第二次世界大戦だったものね………」

イザナミが顔を歪めて、伏せる。

イザナミ「ここにとても近い広島と長崎に、原子爆弾が落とされた。アメリカの軍人は、ただ戦争に勝つためだけに、慈悲の心を捨てた。そんなこと、あってはならないわ………!」
イザナギ「人間の誕生頃は、平等な世界で、戦なんかなかった。でも、人々が楽になりたいという欲から、命を奪う戦争が始まったんだ。」
イザナミ「やっぱり、この日常でも喧嘩が絶えない。喧嘩だけでも、戦争の一種よ。」
イザナギ「この世界から、戦争を無くすことは不可能なのかもしれない。」

Re: 神様の会話 ( No.43 )
日時: 2020/06/22 16:07
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

カルラ「ねぇ福禄寿さん、阿修羅くん、何処行っちゃったのかなぁ?」
福禄寿「散歩だろう。じゃあ、風呂に入りに行くか?」
カルラ「うん!勿論!」

Re: 神様の会話 ( No.44 )
日時: 2020/06/24 19:55
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

ざっっっばああああ

福禄寿「お、泳いどる………」
カルラ「はあきもっっちぃぃぃ!」

カルラは久しぶりに赤い鳥の姿に戻り、風呂を楽しんでいた。

福禄寿「の、乗れそうなほど大きいな………!」
カルラ「あ、乗る?」
福禄寿「いや、いい………」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。