コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

神様の会話
日時: 2021/01/26 22:05
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

どもっ知る人は知る、スノードロップ、略してスノドロと申します!
いつもはいろんな所で『鈴乃リン』として活動しております!

このお話は、神様メインです。実在する神様とか……?
ま、とりあえず、書いていきまーす!

《キャラ紹介》

迦楼羅カルラ

男の子 見た目13歳。
赤い髪でボブスタイル。和服を来て、錫杖を持つ。
蛇や龍を食べるといわれる神様。穏やかで優しい。

阿修羅あしゅら

男の子 見た目11歳
短い髪を後ろで小さく一つにくくる。
腕が六本ある神様。
炎を司り、カルラと仲良し。無口だがすぐキレる。

福禄寿ふくろくじゅ

男の子(?) 見た目8歳
長い帽子を被り、厚手の服を着ている。
幸福を与える七福神。人見知り。


現在登場中の神様

七福神一行
弁財天べんざいてん
恵比寿えびす
寿老人じゅろうじん
布袋ほてい
大黒天だいこくてん
毘沙門天びしゃもんてん

有名神様一行
サクヤ(花の神)
イワナガ(岩の神)
ホオリ(山の神)
ホデリ(海の神)
大國おおくに
天狗てんぐ
九尾キュウビ

神様の父母一行
イザナギ(すべての神の生みの親)
イザナミ(   上と同文   )
アマテラス
スサノオ


その他たくさん神様が出てきます。

【お知らせ(というか感謝)】
この小説が2020冬小説大会にてコメディライト板 銅賞を頂きました!
いつも読んで下さっている皆様、ほんっっっとうにありがとうございます!初めての受賞で本当に嬉しいです!
同じく今回の小説大会で管理人&副管理人賞を受賞した『妖怪ウォッチ エンマ大王のドタバタ日常』もよければぜひご覧ください!
これからも更新頑張って行きますのでよろしくお願いしますっ!

Re: 神様の会話 ( No.55 )
日時: 2020/07/09 16:43
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

オレ達は大急ぎで祠内の広場に避難した。
昼頃に見た沢山の神々が広場で話している。

アマテラス「皆様、落ち着いて下さいませ!」

アマテラスさんがそう言ってもざわめきは止まない。
こんな事態、見たことがない。

突然、晴れていた星空が一瞬にして黒い雲に覆われ、大雨が降り出した。
そこに或る謎の声が響く。

『我に跪け。我が神の中の神だ。』
アマテラス「何者!?」
『名を申す必要などなかろうが。何故我はこの集会に呼ばれなかった?』
アマテラス「何方のことを私は知りません。何をする気です?」
『………イザナミを、倒すため。』

そう言い残し、声は消え、雲も無くなった。

カルラ「………ねぇ阿修羅………怖かったよ………」

涙交じりのカルラの声が、オレの耳に響いた。
空は、元のように、星空が輝いていた。

Re: 神様の会話 ( No.56 )
日時: 2020/07/10 16:31
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

福禄寿「………あやつは何者なのだろうか………」
カルラ「さ、さっきの………?」
阿修羅「ここに入れるってことは、オレ達と同じ神だろう。しかもイザナギ様イザナミ様の認めた。」
カルラ「でも、二人が認めた訳じゃなさそうだよ………」
阿修羅「そこだよ問題はな、、」

Re: 神様の会話 ( No.57 )
日時: 2020/07/14 07:49
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

アマテラス「うーむ……………」

先程の奴は何だったのか、必死に考える。

イザナミ様を倒す為と言っていたが、気配がイザナミ様にとても似ている……………。

スサノオに頼もうと思ったが、あいつは頭脳派ではないから……………
仕方ない。1人で考えよう。

Re: 神様の会話 ( No.58 )
日時: 2020/07/16 08:30
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: so77plvG)

阿修羅「…………まさかとは思うが、あいつ、イザナミ様の影、とか?」
福禄寿「………あっ。そうかもしれんな…………。」
カルラ「影、ってことは分身みたいな?」
阿修羅「そうだ。だが何故影が本体を狙っている?」
カルラ「それは……………」

Re: 神様の会話 ( No.59 )
日時: 2020/07/20 16:16
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

難「何が起こったんだ?ずっと寝てた!」
跋「突然地震が起こったんです。確かここは震度4でマグニチュードは5.3だそうでこの地震による津波の心配は…………」
難「跋難陀よ。テレビアナウンサーに転職したらどうだ?」
跋「………………」

兄に指された弟。まさに空気が悪くなった。

難「んで、地震はいいんだけど、そっからは?」
跋「えと、晴れていたはずなのに突然雷雨が起こり、イザナミ様を倒そうと考える神が出てきた、そういう感じです。」
難「……………そうか。ありがとう。」

難陀竜王は、違和感を覚えていた。

何故イザナミ様を狙うのか。
何故そんな奴がここにいるのか。

跋「………えーと、お兄様?」
難「……………」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。