コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

神様の会話
日時: 2021/01/26 22:05
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

どもっ知る人は知る、スノードロップ、略してスノドロと申します!
いつもはいろんな所で『鈴乃リン』として活動しております!

このお話は、神様メインです。実在する神様とか……?
ま、とりあえず、書いていきまーす!

《キャラ紹介》

迦楼羅カルラ

男の子 見た目13歳。
赤い髪でボブスタイル。和服を来て、錫杖を持つ。
蛇や龍を食べるといわれる神様。穏やかで優しい。

阿修羅あしゅら

男の子 見た目11歳
短い髪を後ろで小さく一つにくくる。
腕が六本ある神様。
炎を司り、カルラと仲良し。無口だがすぐキレる。

福禄寿ふくろくじゅ

男の子(?) 見た目8歳
長い帽子を被り、厚手の服を着ている。
幸福を与える七福神。人見知り。


現在登場中の神様

七福神一行
弁財天べんざいてん
恵比寿えびす
寿老人じゅろうじん
布袋ほてい
大黒天だいこくてん
毘沙門天びしゃもんてん

有名神様一行
サクヤ(花の神)
イワナガ(岩の神)
ホオリ(山の神)
ホデリ(海の神)
大國おおくに
天狗てんぐ
九尾キュウビ

神様の父母一行
イザナギ(すべての神の生みの親)
イザナミ(   上と同文   )
アマテラス
スサノオ


その他たくさん神様が出てきます。

【お知らせ(というか感謝)】
この小説が2020冬小説大会にてコメディライト板 銅賞を頂きました!
いつも読んで下さっている皆様、ほんっっっとうにありがとうございます!初めての受賞で本当に嬉しいです!
同じく今回の小説大会で管理人&副管理人賞を受賞した『妖怪ウォッチ エンマ大王のドタバタ日常』もよければぜひご覧ください!
これからも更新頑張って行きますのでよろしくお願いしますっ!

Re: 神様の会話 ( No.65 )
日時: 2020/09/12 06:54
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

「……来たな。」

影は呟き、戦闘態勢に入った。
朱雀も迦楼羅もスピードを全く落とさず、影に向かっていく。
すると影は、自分の足元に近付いたのを狙い、足で二人を蹴り落としてしまった。

「!!?」

遠くから見ていたスサノオは焦った。まさか影がそんな行動をするとは思ってもいなかった。
影は何事もなかったかのように、その場を立ち去ろうとした。

「待てぃっ!!!」

大空に凜とした声が響き渡る。スサノオだった。

「……何だ?」
「俺がお前をここで倒す!」

整った顔が怒りを纏っている。
影はその宣戦布告ににやりと笑った。

「やってみろ」

Re: 神様の会話 ( No.66 )
日時: 2020/09/19 06:54
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

「おらああああっ!」

叫びをあげて、影に飛びかかった。影も刀を持っており、スサノオの刀とぶつかり合い、凄い衝撃波が響く。

「……やるな。」
「お前こそっ!!」

スサノオは一度離れて、もう一度斬ろうと考えたが、離れた瞬間、影はイザナミの元へ飛んでいってしまった。

「おいっ!!!?」

その時、スサノオは影をよくみて、とあることに気付いた。

「影はまさか………………!!!!」

Re: 神様の会話 ( No.67 )
日時: 2020/09/20 22:10
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

影がだんだんとイザナミに近付く。
イザナギとアマテラスが必死にイザナミを守るように覆い被さるが、果たして守りきれるのだろうか。

「イザナミ、覚悟っ!」

影がイザナミに刀を振り上げ__________
































「……もう止めてくれ……お母様ぁっ!!」

震える声で影のことを『お母様』と呼んだのは、



スサノオだった。

Re: 神様の会話 ( No.68 )
日時: 2020/09/30 19:13
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

「スサノオ!?この影がお母様だっていうの!?だって、お母様はここにいるじゃないの!」
「だって……影の頭をよく見て……?」

アマテラスはスサノオに怒鳴りながらも、影の頭にある“それ”を見、ひどく驚いた。

「お母様……?」

それ、とは_______アマテラスとスサノオがイザナミの誕生日にあげた簪だった。


『おかあさま!おたんじょうびおめでとうございます!』
『これ、おれたちからのおくりものです!』

ある日、アマテラスは簪の作り方をイザナミに聞き、スサノオと一緒に簪を作った。
その簪をイザナミにあげたとき、彼女は酷く喜んだ。

『とても綺麗ね。ありがとう!』

その簪は、水色を基調としていた。飾りは永遠を意味する白い沈丁花があしらわれていた。
その日からイザナミは、どんなときでも簪を付けるようになった。








“どんなときでも”

それは、自分の命が危ないときでも。
この後イザナミは、火の神であるカグツチを生んだとき、火傷を負って死ぬこととなる。
そして黄泉の国を治める__『黄泉大神ヨモツオオカミ』となるのだ。
そう、影の正体は、黄泉大神となったイザナミだった。

Re: 神様の会話 ( No.69 )
日時: 2020/10/15 19:10
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

「……そっか。貴女は私に未来が大変になる、って教えに来てくれたのね……!!」

イザナミは笑いながら涙を溢した。雫は黄泉大神の足元に落ちた。

「…………でも私は、貴女を殺そうとした。未来がああなるくらいなら、今消える方がマシだと思って……」
「ううん、そうやって考えていてくれてありがとう。」

黄泉大神は照れ臭そうに微笑んだ。



『頑張ってね、私。』

幸せそうな笑顔を残し、彼女は光になって消えた。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。