コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

神様の会話
日時: 2021/01/26 22:05
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

どもっ知る人は知る、スノードロップ、略してスノドロと申します!
いつもはいろんな所で『鈴乃リン』として活動しております!

このお話は、神様メインです。実在する神様とか……?
ま、とりあえず、書いていきまーす!

《キャラ紹介》

迦楼羅カルラ

男の子 見た目13歳。
赤い髪でボブスタイル。和服を来て、錫杖を持つ。
蛇や龍を食べるといわれる神様。穏やかで優しい。

阿修羅あしゅら

男の子 見た目11歳
短い髪を後ろで小さく一つにくくる。
腕が六本ある神様。
炎を司り、カルラと仲良し。無口だがすぐキレる。

福禄寿ふくろくじゅ

男の子(?) 見た目8歳
長い帽子を被り、厚手の服を着ている。
幸福を与える七福神。人見知り。


現在登場中の神様

七福神一行
弁財天べんざいてん
恵比寿えびす
寿老人じゅろうじん
布袋ほてい
大黒天だいこくてん
毘沙門天びしゃもんてん

有名神様一行
サクヤ(花の神)
イワナガ(岩の神)
ホオリ(山の神)
ホデリ(海の神)
大國おおくに
天狗てんぐ
九尾キュウビ

神様の父母一行
イザナギ(すべての神の生みの親)
イザナミ(   上と同文   )
アマテラス
スサノオ


その他たくさん神様が出てきます。

【お知らせ(というか感謝)】
この小説が2020冬小説大会にてコメディライト板 銅賞を頂きました!
いつも読んで下さっている皆様、ほんっっっとうにありがとうございます!初めての受賞で本当に嬉しいです!
同じく今回の小説大会で管理人&副管理人賞を受賞した『妖怪ウォッチ エンマ大王のドタバタ日常』もよければぜひご覧ください!
これからも更新頑張って行きますのでよろしくお願いしますっ!

Re: 神様の会話 ( No.60 )
日時: 2020/07/24 13:57
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

カルラ「…………決めたっ!」
阿修羅「?」
福禄寿「?」

突然、カルラが大きな声で宣言した。

カルラ「僕らであの神を退治しに行こう!」
阿修羅「はぁ!?」

待て待て待て待て待て待て!!!
あの神を、退治する!?
神同士で戦って大丈夫なのかぁ!?

カルラ「阿修羅!戦神でしょ?一緒に戦ってくれない?」

何でそうなるんだ!?
しかも何でオレの手を握るんだ!?
これが、神頼みってヤツ!!?

阿修羅「…………いいのか?」

自分でも予想のつかないような低い声が出た。

阿修羅「戦うってことは、必ず犠牲が出る。その犠牲は迦楼羅、お前かもしれないのに。」

オレの手を握るカルラの手の力が少し弱くなった気がした。
福禄寿は、じっとオレを見つめる。

阿修羅「………戦神であるオレは、戦っていく人間、神がその戦いの“犠牲”になるのを、もう何度も見ている。ずっと一緒にいる奴が、戦いの犠牲になるのは、オレは嫌なんだ……………」

目から涙が溢れる。彼の顔をまともに見れない。
ごめん。こんなこと言ってさ。

カルラ「………泣かないでよ、阿修羅。」

優しい声が耳に響いた。

カルラ「僕だって、そんなこと知ってるよ。それを覚悟して、僕は言ってるんだよ。でもこのまま、彼奴をほっておくにはいかない。止めないといけない。」

涙が止まった。

カルラ「………一緒に戦おう。」

カルラは目に迷いのない光を宿していた。

Re: 神様の会話 ( No.61 )
日時: 2020/08/03 19:23
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

『今回から台本書き辞めてみよう………』

「行くぞ!」

3人で中庭にでる。周りには誰もいない。
だがオレを呼ぶ声が響いた。

「阿修羅!」
「…………!毘沙門天!」

声の主は戦神の毘沙門天。
オレの師匠でもある。

「俺から巣立った後のお主を見ていないのでな、戦いに参加させて貰うぞ!」
「……ありがとう!」

毘沙門天はニッと笑い、戦闘態勢になった。

Re: 神様の会話 ( No.62 )
日時: 2020/08/10 19:08
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

「僕らも闘おう。あの小神達だけに任せる訳にはいかないからね。」
そう言い、僕らは元の姿になる。
亀、鳥、虎、龍。
俗にいう、四神。

「おーい!俺達も加勢するぞーっ!」

Re: 神様の会話 ( No.63 )
日時: 2020/08/16 12:40
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: loE3TkwF)

「………どうすれば……」

私は戦えない。武器も持ってないし……
皆の役に立てない。
悔しい。ただ私は、傍観するだけなのか。
すると、右肩に温かい手が置かれた。

「姉様、俺に任せて。」
「…………スサノオ!」

彼は優しく微笑んだ。

「今まで、酷いことしてごめん。その償いとして、俺をあの神達と戦わせてくれないか?」
「勿論………勿論よ!お願い。あの神を倒して。」

弟が、こんなに勇ましく成長しているなんて、思ってもいなかった。
前まで、父様や母様、私にまで迷惑をかけてたのに、今はもう………

「じゃあ、お互い頑張ろう。」
「ええ!」

スサノオは爽やかな笑みを残し、軽くジャンプをして、皆の元に向かっていった。

Re: 神様の会話 ( No.64 )
日時: 2020/09/02 21:47
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

「じゃあカルラ。僕らは彼奴の気をひこう。」
四神の一人、朱雀が迦楼羅に言った。
勿論彼は大きく頷き、元の鳥の姿に形を変えた。

「こうみると、カルラってかなり大きいな……」
「そうかな?鳥の中ではあまり大きい方では無いんだけどなぁ」

横で福禄寿が呟き、迦楼羅が優しく囁いた。
確かに、鳥の迦楼羅はオレ達の何倍もの大きさだ。見上げるような格好になっているオレを、迦楼羅は笑った。

「さーてと、準備はいい?」

迦楼羅と同じように鳥の姿になった朱雀が大きく綺麗な朱色の羽根を羽ばたかせ、迦楼羅に問う。

「勿論だよっ!」

同じように羽ばたかせ、二人、いや二匹は彼奴の元に飛んでいった。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。