コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

神様の会話
日時: 2021/01/26 22:05
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

どもっ知る人は知る、スノードロップ、略してスノドロと申します!
いつもはいろんな所で『鈴乃リン』として活動しております!

このお話は、神様メインです。実在する神様とか……?
ま、とりあえず、書いていきまーす!

《キャラ紹介》

迦楼羅カルラ

男の子 見た目13歳。
赤い髪でボブスタイル。和服を来て、錫杖を持つ。
蛇や龍を食べるといわれる神様。穏やかで優しい。

阿修羅あしゅら

男の子 見た目11歳
短い髪を後ろで小さく一つにくくる。
腕が六本ある神様。
炎を司り、カルラと仲良し。無口だがすぐキレる。

福禄寿ふくろくじゅ

男の子(?) 見た目8歳
長い帽子を被り、厚手の服を着ている。
幸福を与える七福神。人見知り。


現在登場中の神様

七福神一行
弁財天べんざいてん
恵比寿えびす
寿老人じゅろうじん
布袋ほてい
大黒天だいこくてん
毘沙門天びしゃもんてん

有名神様一行
サクヤ(花の神)
イワナガ(岩の神)
ホオリ(山の神)
ホデリ(海の神)
大國おおくに
天狗てんぐ
九尾キュウビ

神様の父母一行
イザナギ(すべての神の生みの親)
イザナミ(   上と同文   )
アマテラス
スサノオ


その他たくさん神様が出てきます。

【お知らせ(というか感謝)】
この小説が2020冬小説大会にてコメディライト板 銅賞を頂きました!
いつも読んで下さっている皆様、ほんっっっとうにありがとうございます!初めての受賞で本当に嬉しいです!
同じく今回の小説大会で管理人&副管理人賞を受賞した『妖怪ウォッチ エンマ大王のドタバタ日常』もよければぜひご覧ください!
これからも更新頑張って行きますのでよろしくお願いしますっ!

Re: 神様の会話 ( No.30 )
日時: 2020/06/08 08:18
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

またなんやかんやで出雲到着!


福禄寿「はぁ…………ふるさとみたいな空気……。」
カルラ「なんか、懐かしい感じ……!」
阿修羅「最近天界でずっと仕事だったもんな。リラックスできるなぁ…………」

集合場所に向かうと、たくさんの神様がいた。
海と山の神のホオリとホデリや、天狗に九尾。また、花と岩の神のサクヤとイワナガなど、有名な神様も多い。

すると、上から声がした。

アマテラス「皆様、全国からわざわざ此処、出雲に集合有難う御座います。」
スサノオ「では!そろそろ祠内にご案内いt」
「ギリギリセーフっっっっ!」

スサノオの言葉を遮り、声を出したのは、竜の王様、難陀竜王と、竜王の弟、跋難陀竜王だった。

跋難陀「ちょ………兄様………」
難陀「おっと済まない!遮ってしまったな!続きよろしく!」
スサノオ「まったく…………難陀竜王殿、しっかりなさってください…………。それでは、祠内にご案内致します!荷物をお持ちになって、いらっしゃって下さい。」

Re: 神様の会話 ( No.31 )
日時: 2020/06/08 18:10
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: okMbZHAS)

祠の中に入ると、まず見えたのは、紅葉。

カルラ「うわぁ……紅葉に銀杏だ………!」
サクヤ「綺麗ねぇカルラくん!」
カルラ「サクヤさん!お久しぶりです!」
サクヤ「今は10月だものね。四季色とりどりの場所よ。」

サクヤさんが教えてくれる。

阿修羅「春だと桜、夏だと青葉、秋は紅葉、冬は雪景色。日本の四季はいいな。」
恵比寿「………うん。とても綺麗で、故郷って感じ。」

七福神の中で唯一の日本出身の恵比寿が感嘆の声をあげる。

アマテラス「では、我らの父母、イザナギ様とイザナミ様の元に参ります。」

Re: 神様の会話 ( No.32 )
日時: 2020/06/11 23:16
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

さらに奥に進むと、襖が現れる。
イザナギ様とイザナミ様のお部屋、父母の間だ。

アマテラス「イザナギ様、イザナミ様、アマテラスでございます。皆様お集まりになられました。お入りしてもよろしいでしょうか。」
イザナギ「勿論ですよ。お入り下さい、皆様。」

アマテラスさんがすっと襖をゆっくり開け、オレ達に中に入るよう要求する。
皆が中に入り、畳に座布団を敷いて座ったのを確認し、イザナギ様が話す。

イザナギ「お久しぶり、皆様。いつも皆様はバラバラで仕事が大変だけども、この一ヶ月は此処、出雲でゆっくりしていって下さいね。」
イザナミ「昨年度よりは設備も発達しているから、不自由は無いと思うけど、もし何かあったら、ご連絡下さい。」
スサノオ「お二方、お言葉ありがとうございます。」

挨拶も終わり、父母の間を出た。

Re: 神様の会話 ( No.33 )
日時: 2020/06/12 18:16
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

アマテラス「では、宿泊施設にご案内致します。」

現れたのは、和風で木造の宿。

スサノオ「イザナミ様の仰った通り、昨年より、設備が増えております。また、お部屋はお好きな部屋をお使い下さい。食事は春の間で摂って下さい。風呂は露天風呂がございます。」
アマテラス「一ヶ月、この宿で、ごゆっくりなさって下さい。」

二人は説明が終わったあと、煙を出して消えた。

Re: 神様の会話 ( No.34 )
日時: 2020/06/12 23:13
名前: スノドロ ◆U9PZuyjpOk (ID: rCT1hmto)

カルラ「阿修羅、福禄寿さん!ここの部屋で一緒に泊まろ!」
阿修羅「お、いいぜ。」
福禄寿「他は誰か誘わないのか?」
カルラ「やっぱり、いつもの3人が一番だなって!」

部屋は焔の間。そこで3人で泊まることになった。
(カルラの強制的な決定で)

阿修羅「……まあ、ここで楽しむとするか。」
オレはぽつんと呟いた。





サクヤ「そこの貴女、私達と泊まらない?」
イワナガ「ね、姉さん………」
弁財天「え?いいのかい?」
サクヤ「勿論!女の子同士だし、貴女は七福神の紅一点の弁財天殿でしょう?私、七福神にすっごい憧れてたのよ!」
弁財天「えええっ!いやいや、サクヤ殿にイワナガ殿と話せるだけで名誉なのに、一緒に泊まるなんて、いいのか悪いのか………」
サクヤ「勿論いいわよ!ね!」
弁財天「えっじゃあよろしく頼むね!」
イワナガ「弁財天殿、一ヶ月の間、よろしくお願いします。」
弁財天「こちらこそよろしく!」

弁財天、サクヤ、イワナガの女3人は紅の間。
まあ予想通りであろう。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。