二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

MM××中 オレが正義の仮面ライダー祭(完結)
日時: 2020/06/04 23:03
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

「ようやく分かった、ヒューマギアが支配する上で必要なモノが」




【滅亡迅雷.netに接続】

もう1つのゼロワンことifルート編第2弾!
ゼロワンの世界の桜祭りを彩るのはゼロワンと、ライダーと、逃走者だ!

【注意】
「これがワタシのやりたいこと」の続編です
メイドウィンの作品である「仮面ライダーフォルテ」「仮面ライダーメモリアル」のネタバレ要素含んでおります
めちゃくちゃ
独自要素もありますし多分戦闘もあります


【逃走者】
1 カルマート・アレグレット(仮面ライダーフォルテ)

2 坂東詩伍郎(仮面ライダーフォルテ)

3 常磐ソウゴ(仮面ライダージオウ)

4 明光院ゲイツ(仮面ライダージオウ)

5 門矢士(仮面ライダーディケイド)

6 たくっちスノー(マガイモノ)

7 魔トリョーシカ(マガイモノ?)

8 かなづち大明神 (ざくざくアクターズ)

9 安田圭人(仮面ライダーメモリアル)

10 日向慧(仮面ライダーメモリアル)

11 鈴原下雪(仮面ライダーメモリアル)

12 黒田白文(仮面ライダーメモリアル)

13 旋風紬(仮面ライダーメモリアル)

14 小尾十影(仮面ライダーメモリアル)

15 壱姫(仮面ライダーメモリアル)

16 エイジア >>2

17 立花響 (シンフォギアシリーズ)

18 からあげ >>3

19 マリィ(ポケットモンスターソード・シールド)

20 クロノスエボル >>4

21 石川五恵(リリース・ザ・スパイス)

22 シュンP >>5

23 名護啓介(仮面ライダーキバ)

24 月詠 >>6

25 左翔太郎(仮面ライダーW)

26 生ブスカジ >>7

27 シックス(リトルナイトメア)

28 モンブラン博士 >>8

29 本郷猛(元祖仮面ライダー)

30 葉月 >>10

31 うずまきナルト(NARUTO)

32 新田 >>13

33 ネイサン・ドレイク(アンチャーテッド)

34 きくらげ >>15

35 Konakun >>17

36 セリカ=A=マーキュリー (BLAZBLUE)

37 フランソワーズ >>19

38 夢野幻太郎 (ヒプノシスマイク)

39 ヤード >>20

40 藤崎佑助(SKETDANCE)

41 餅兎ユーニアス(DM枠)

42 ハル(深夜廻)


【舞台】
ゼロワンの世界
桜祭り会場

【ゲームマスター】
???

【賞金】
100万円

【見どころ】
仮面ライダー大乱戦!
ヒューマギアと人類の屋台対決!
忍び寄る滅亡迅雷の魔の手

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.69 )
日時: 2020/05/24 12:09
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

月詠さん

たくっちスノー
「ごめん!返信遅れちまった‥‥」

たくっちスノー
「ZEROはまぁ、未来を知ってはっちゃけたんだろうし、オーマジオウは元々常磐ソウゴだからな」

たくっちスノー
「ロボトミについては‥‥‥‥ネタバレになるから原作を最後までやるか、最近出たという続編をやるか、としか言えない」

コメント感謝だよ!


ーーーーーーーーーーーー


一方別のところ、鬼瓦刃金と鉄矢の事務所に二人の男が扉を叩く

バトルマン
「セキュリティローズ社のバトルマンだ」

RJ
「同じく、RJ」

「な、何の用だ!?」

バトルマン
「この事務所で時空の技術を流用した違法兵器の密売をしていると、匿名の通報が入った」

「なんの事だ‥‥‥」

RJ
「バトルマン」

バトルマン
「レーダー感知‥‥‥‥あそこだ!!」


バトルマン
「スクリュードライバーッ!!」

バトルマンが腕から生えたクローで金庫を破壊すると、そこには大量のレイドライザーとプログライズキーが

「ゲーッ!コイツはウォーズマン!」

RJ
「説明しよう!バトルマンことウォーズマンは超人プロレスのない日はスポンサーであるセキュリティローズ社の協力をしているのだ!」

ウォーズマン
「この装置から別世界の技術の反応がある」

RJ
「更にここに破壊活動の証拠データもある!」

RJ
「よその世界の道具を使用した妨害及び破壊行為は時空法に引っかかる!」

RJ
「全員まとめて時空まで来てもらおうか!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー



たくっちスノー
「しかしまぁ‥‥‥‥あんなことがあったにも関わらず」

たくっちスノー
「平然と祭りができるものだよ」


カルマ
「言い方は悪いですが、市民というものは【薄情】なものです」

たくっちスノー
「薄情?」

カルマ
「人間は欲に手足が生えたもの、と称した者がいます」

たくっちスノー
「そいつは間違っちゃないだろう、賢くなった生物は段階的に【欲】というものを得る」

たくっちスノー
「レベルが上がったポケモンが強力な技を覚えるようなもんだ」

カルマ
「そして、その例えのように【強力な物】を得ることがなかった人間は」

カルマ
「その強力にすがって、頼って、自分は何もせず生きていく」

カルマ
「無論、全てがそうでは無い‥‥‥‥はずですが」

たくっちスノー
「‥‥‥‥フォルテの世界もそうなわけ?」

カルマ
「歪とはいえ、ヒーローを早々に見切るような世界でしたから」

カルマ
「ゼロワンもそうなるのでしょうか?」

たくっちスノー
「‥‥‥いや、この世界の【強力】ってのは多分仮面ライダーじゃなくて、ヒューマギアの事だろう」

たくっちスノー
「‥‥‥‥‥実はまた母さんが、またミライを見せてくれたんだ、絶望的な未来を」

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.70 )
日時: 2020/05/24 11:45
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

魔トリョーシカ
「ボクはね、未来予知が出来るんだ」

フランソワーズ
「‥‥‥‥‥は?」


魔トリョーシカ
「不思議だろ?ボクといえば、わりと科学的な立場に居るのに、こんなファンタジックな能力を持ってるなんてさ」

フランソワーズ
「いや、知らないから‥‥‥‥」

モンブラン博士
「でも、未来予知って確か他の管理人が‥‥‥」

魔トリョーシカ
「シキの【時読み】とは違うよ、ボクが見るのは【絶望の未来】」

魔トリョーシカ
「簡単に言えばどうしようもないくらい破滅的な結果となった未来を見れるんだ」

魔トリョーシカ
「とてもドス黒くて」


魔トリョーシカ
「醜くて」


魔トリョーシカ
「‥‥‥‥‥イヤになる未来がね」フゥ


魔トリョーシカ
「破滅を知れるボクという存在、やり直して改善案を出すヨウコの存在」

魔トリョーシカ
「これがなかったら、バッドエンドを食い止めるなんて簡単には出来ないだろう」フゥ

魔トリョーシカ
「絶望は常に紙一重だ、今ボクらが居る世界もキミが知る世界も」


魔トリョーシカ
「些細なことで絶望に堕ちる」

フランソワーズ
「‥‥‥‥‥」

モンブラン博士
「‥‥‥『この世界』も?」

魔トリョーシカ
「ここまで言えば分かるだろ?」


魔トリョーシカ
「たくっちスノーは教えてくれた」

魔トリョーシカ
「『逃走中なら合法な理由であり、何より早く複数の世界から存在を送ることが出来る』と」

魔トリョーシカ
「今こうやってゲームをやっているのも」



魔トリョーシカ
「ボクの知る未来から遠ざかる為なんだよ?」

‥‥‥‥

たくっちスノー
「母さんは教えてくれた」

たくっちスノー
「絶望の未来の引き金はお仕事勝負の敗北でも、はたまたアークでもない」


たくっちスノー
「‥‥‥でも、何かまでは教えてくれなかった」

たくっちスノー
「でも‥‥‥‥‥」


‥‥‥‥‥

魔トリョーシカ
【飛電或人を誘導して勝負の数を減らした】

魔トリョーシカ
【あえてシンギュラリティを起こしてないヒューマギアを雇用させることで、悪意を感知出来なくした】

魔トリョーシカ
【それでも最後は】



魔トリョーシカ
【あの、全ての引き金となった演説対決は】


魔トリョーシカ
【待っているみたいだよ?】

‥‥‥‥

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.71 )
日時: 2020/05/24 13:47
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E

62:34

たくっちスノー
「あと少しで半分を切るが、祭りはどうなってんだ?」

たくっちスノー
「1回勝ってる以上、負けても構わねぇが‥‥‥‥‥‥」

たくっちスノー
「ここで絶望未来なんて行ったらヨウコ達やオーマジオウの頑張りが無駄になっちまう」

たくっちスノー
「‥‥‥‥こういうのに詳しいやつといえば」


‥‥‥‥


生ブスカジ
「それで、私の元に?」

たくっちスノー
「そ、ここから破滅的な未来迎えるとしたら、一体何が原因になると思う?」

生ブスカジ
(流石にそんなものでアレが関わるはずはないでしょうし、ここは‥‥‥)

生ブスカジ
「滅亡迅雷.netが生き残ってることじゃないですか?」

たくっちスノー
「でも母さんは違うって言ってたからな………あの人が見る絶望って大抵酷いから、滅亡迅雷が望むような世界ではないはず」

生ブスカジ
「それはそれは高ランクの時空犯罪者の予感がしますね」

たくっちスノー
「気を付けろよ?もしかしたらアンタも監獄に悪事がバレたらD級時空犯罪者になるかもしれんから」

生ブスカジ
「C級ですらないんですね」

たくっちスノー
「Zを最低値に始まってDなんだから充分だよ、Cまで行くと1つの世界滅ぼすレベルだからな」

たくっちスノー
(もしかしたらそれくらいやってるかもしれないのが恐ろしいところだが…………)

生ブスカジ
「貴方………というか雪さんもよく罪を免除出来ましたね、A級なのに」

たくっちスノー
「ホントになー………って、そんな話はいいよ、またな!」


…………

生ブスカジ
「…………そろそろ、動いてもいいはずですがねぇ」

………

一方、飛電或人達は…………


イズ
「今のところ売上は我々が優勢です」

或人
「凄いぞファイアー!」

ファイアー
「てやんでい!!」


鉄矢
(…………くそ、なんでだ!?なんでヒューマギアが俺よりも売れる!?)

鉄矢
(ここまで頑張ってきた数年間が数十分で否定されてるみたいだ………もっとだ!!)

鉄矢
(ザイアスペック!!もっと多く!!もっと早く焼きそばを作らせろ!!)


鬼瓦
「!」プルルルル

鬼瓦
「鬼瓦です、はい………そうですか、分かりました」

鬼瓦
「弟がまだ祭りの最中なので、また後ほど」ガチャリ

或人
「あの、失礼ですが何か?」

鬼瓦
「大丈夫、祭りには関係ないことよ」

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.72 )
日時: 2020/05/24 14:10
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E


「おお、これは………」

天津垓はそうでなくてはと言わんばかりに微笑む、鉄矢の動きは無駄がなくキレがあり、あっという間に焼きそばを焼き上げパックに入れて並べていく

鉄矢
「ハハハハハッ!!これがザイアスペックの力か!!体が軽い!!どんどん焼きそばが出来ていく!!」ババババババ!!

鉄矢
「これなら勝てる!!」


「ザイアスペックの力を限界まで引き出すとは………素晴らしい、貴方のような人材を求めていたのですよ」


或人
「な、なんてスピードだ………ファイアー、急ごう!」

鬼瓦
「ダメ」

或人
「え?」

鬼瓦
「スピードはそのまま、速くも遅くもしないで」

或人
「どうしてそんなこと…………」

ファイア
「いや、その姐ちゃんの言う通りでい」

ファイア
「あっしは屋台ヒューマギア………機械的な量産焼きそばじゃない、あっしだけの焼きそばを作るためにも、妥協や焦りは許されない!」

或人
「ファイアー…………」

ファイアー
「気を抜いたら味が落ちちまう!お客さんには常にうまいものを食わせたいんでい!」

或人
「………分かった!そのままで行こう!」
………

響 (ロンパ)
「げっ、なにあの屋台!?本当に人間業なの!?」


「ザイアスペックって、あんな事も出来るんだ…………」

マネ二郎
「どう致しますか?」

響 (ロンパ)
「あんなにあるんだし買っときましょ」


「お姉ちゃん、バーゲンで理由無く買うタイプでしょ………」


「とりあえず買うわよ!お金はあるんだから!」


「しょうがないなぁ…………」


…………

ファイア
「おっといけねェ!麺を切らしちまった!」

鬼瓦
「うちの、使う?」

ファイア
「いや!こんなこともあろうかと2箱分注文しておいたんでぃ、店番頼むで社長!」

或人
「うん、すぐ来てね!」

ファイアは屋台から離れ、路地裏に向かっていった


鉄矢
(材料を取りに行ったか…………今がチャンス!!)

………


ファイアー
「よし、よし………これだけあれば祭りが終わるまでやり切れるでい」



「みーつけた」


ファイアー
「!?」ガシャリ

だがその時、背後から迅が現れてゼツメライザーを取り付け


ファイアー
「アーーーーーッ!!!!」












ファイアー
【滅亡迅雷.netに接続………!!】

Re: MM逃走中 オレが正義の仮面ライダー祭 ( No.73 )
日時: 2020/05/24 14:55
名前: メタルメイドウィン ◆B/lbdM7F.E


「滅、あれをお願い」


「ああ、これを使うことでヒューマギアは…………」




「【進化】する」

ーーーーーーーーーーーー
或人
「…………遅いな、鉄板ファイアー」

響 (ロンパ)
「あ、ひーちゃん!また会ったわね!」


「どうかしましたか?」

イズ
「こちら側のヒューマギアが材料を取りに行ったっきり戻ってきていません」

マネ二郎
「私が探してきましょうか?」

或人
「そんな、そこまでしなくてもいいよ」



「あれがそうじゃないですか?」


「あっホントだ、さっき見た」

マネ二郎
「………待ってください、なにか様子が」

或人
「……………離れて!!」


イズ
「!」



ファイアー
「人類を」


【メガロ!】

ファイアー
「絶滅させる」


ファイアーはゼツメライズキーを差し込み、みるみる形を変えていく

【ゼツメライズ!!】


ファイアー
「ああああああああ!!!」


メガロマギア
「…………フッ!!」

或人
「ファイアーが………マギアに!?」



「な、なに………なによあれ!?」

或人
「イズ!!マネ二郎と響さん達を離して!!」

イズ
「承知致しました」

或人
「……………こうなったからには、俺が止めるしかない!!」


「待て!!」

不破
「対象を発見、破壊する」



「ふーちゃん!?」

不破
「誰がフーちゃんだ!!………この様子だといやがるな、滅亡迅雷.net」




「我々は帰ってきた」


或人
不破
「「!!」」



「ヒューマギアに欠けていた物を加え、再びこの世界に」


「長かったよ、今の今に至るまで」

或人
「滅………迅……!!」



「あれは………?」

イズ
「滅亡迅雷.net、ヒューマギアを無理矢理ハッキングしあのような姿に変えてしまうサイバーテロ組織です」


「なんでそんなことするのよ!?」



「人類を絶滅させるためだ」



「あんただってその【人類】じゃないのよ!過激派テロだかなんだか知らないけど、こんな真似して………」



「我々は【人類】ではない」


「そうだよ」

迅はフードを取り、滅はヘアバンドを外す………そこには


ヒューマギア特有のヘッドギアが無理矢理外された後と、そこから見える機械の断面があった


或人
「ま、まさか………滅亡迅雷は………」

不破
「ヒューマギアで構成された組織だと!?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。