コメディ・ライト小説(新)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

罪恋***好きでいてもいいですか?***
日時: 2019/09/09 23:04
名前: Aika
参照: http://www.kakiko.info/profiles/index.cgi?no=12215

+:*;.・。prologue。・.;*:+



最初は見ているだけで幸せだった。

結ばれなくてもいい。
遠くから貴方の笑顔を見られるだけで充分だった。
それ以上は何も望まなかった。


なのに。



いつからだろう。
こんなにも、 あふれ出すぐらい。
抑えきれないぐらいに。
貴方を好きだと思い始めたのは――――。



罪恋***好きでいてもいいですか?***

更新start→2017.4.2


***目次***

登場人物紹介>>1>>39

*特別企画*
参照600突破記念!雑談会>>41

*.・1章・.*
第1話>>2第2話>>5第3話>>6第4話>>7
第5話>>10第6話>>11第7話>>12第8話>>13
第9話>>14第10話>>15第11話>>16第12話>>17
第13話>>18

*.・2章・.*
第14話>>19第15話>>20第16話>>21第17話>>24
第18話>>25第19話>>26第20話>>27第21話>>28
第22話>>29第23話>>30第24話>>31

*.・裕樹side 回想編・.*
第25話>>32第26話>>33第27話>>36第28話>>37
第29話>>38第30話>>40

*.・3章・.*
第31話>>42第32話>>43第33話>>44第34話>>45
第35話>>46第36話>>47第37話>>50第38話>>51
第39話>>52第40話>>53

*.・4章・.*
第41話>>54第42話>>55第43話>>56第44話>>57
第45話>>58第46話>>59第47話>>60第48話>>61







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.32 )
日時: 2018/02/10 19:15
名前: Aika

Episode25:春の木漏れ日の中で。




***裕樹 side***




好きになってはいけない人を好きになった。
この気持ちに気づいたのは、 まだ俺が教師になったばかりのことだった―――。


「桜っ!オッス!」
「あ!智也じゃん!おはよ~」
「昨日のお笑いみた?」
「みたみた!超笑ったわ~!」


笑顔でクラスの男子と話す幼馴染みの姿を見て。
なんとなく、もやっとしたり。


「何それ!ウケるんですけど!」
「うっせー!笑うなよ桜!」


自分以外の男子に笑顔を向けている姿を見て。
少しイラついたり。


「桜!髪にゴミついてるぞ」
「え!どこどこ~?」
「あー…取ってやるからじっとしてて」


自分以外の男子が桜に触れているのをみて…。
胸が痛んだり。


最初は桜は、 幼馴染みであり自分にとって妹みたいな存在だから。
だから、 深い意味はないって…そう思ってた。
けど―――。



「あっ!裕樹さん!仕事、慣れました?」



朝とか。
家が隣で、 バッタリ会ったとき。
なぜか、 顔を見ただけですげぇ嬉しくなって。
鼓動も早くなって―――。




「―――まぁな。なんとかやってるよ」
「残業とかないの?」
「たまにな~」
「社会人は、やっぱり大変ですな~」


何気ない会話だけど。
いま、隣を歩いていることに嬉しく感じて―――。


「あっ!先生!ちょい、じっとしてて」
「ん?」


そう言って、 桜が俺のスーツの肩の部分に触れて。


「桜の花びら、ついてたよ」




そう言って、 俺に花びらをヒラヒラと見せた。
触れただけなのに。


なぜか、 俺はドキドキしっぱなしで。




「?どうかした?」



桜も黙ったままの俺が不自然に見えたのか。
首をかしげながら、こちらを覗き混んでいた。
俺はハッとして。
言葉を返す。



「なんでもねぇよ。…取ってくれてサンキュー…」
「うんっ!」



ニコッと笑った瞬間。
桜の木々が風で揺れた―――。




春の木漏れ日みたいな暖かい笑顔をみて。




俺は気づいてしまった―――。







―――桜が…好きだってことに。

Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.33 )
日時: 2018/03/16 22:42
名前: Aika

Episode26:告げられなくても。




自分の気持ちに気づいてからは。
学校にいるときには、いつも。
アイツのことを1日中、目で追い続けてた―――。

教師と生徒っていう立場上、この恋は叶うわけない。痛いほどそんなことは、分かっていたし
一生、 この思いはアイツには告げない。
そう決めていた。

なのに。

アイツが2年になって。
クラスが同じで担任になって。
さらに、顔を合わす機会が増えたとたん。
気持ちを抑えることが辛くなってきた―――。


「どーしちまったんだろな、俺…」


桜には…俺以外の奴と幸せになってほしい。
去年までは、アイツの将来のためにも…そう思ってたのに。
なのに。
アイツが他の奴と仲良くしてるのを見ると、最近はイラついてしょうがない。
なんで、隣にいるのが俺じゃないんだろうって思ってしまう。

「どーかしてるな、俺…」

そんなことをモヤモヤと考えながら、夜の都会の町を歩いていたとき。

「あのっ…困ります」
「いいじゃん、これから俺たちと飲みにいこーよ!」
「明日も仕事なんで…」
「まだ20時だし少しだけ!」

美人な女の人が…複数の男の人に絡まれているのが視界に入った。
見て見ぬフリもできなくて。
なぜか、俺は気づいたら助けに入っていた。

「―――俺の連れに何か用ですか?」

瞬間。

「んだよ、男連れかよ」
「はじめからそう言えよなー」

口々にそう言いながら男たちは去っていき。
その場が静まり返った。

女の人は唖然とした顔で俺の方を見ていた。

「すいません、あの…放っておけなくて無意識で助けに入っただけなんで…その…迷惑じゃなかった、ですか?」

捲し立てるようにそう言うと。
女の人はクスッと笑った。

「ううん、助かりました。ありがとうございます」
「じゃあ、俺はこれで―――」

去ろうとした瞬間―――。

服の裾をぎゅっと捕まれた。

「えっ?」

振りかえると。
少しだけ赤く染まった頬をした、女の人の顔が近くにあって。

「この後…少しだけお時間ありませんか?」
「えっ…?」
「さっきのお礼…させてくれませんか?」



―――これが、 俺と玲奈の出会いだった。

Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.34 )
日時: 2018/03/17 20:14
名前: みかんさいだーくろーばー ◆EJ0MB3jlw2

Aika様!初めまして!
みかんさいだーくろーばーというものです。名前長いのでみかんでいいです。
『罪恋』、読ましていただきました(*'▽'*)
すごいいい話で恋愛モノ好きの私にはたまらない一作でした。
夢中で一気に読んじゃいました!
桜と祐樹の恋、成就して良かったです、ホント(*^o^*)
でも私的には智也推しで...。
なんとも切ないなぁ、と(泣)
長くなりました、そろそろ終わりにしますね。
これからも更新頑張ってください!

Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.35 )
日時: 2018/03/20 09:28
名前: Aika

→みかん様

こちらこそ、はじめまして(^^)/Aikaです!
一気に読んでくれたんですか(゜ロ゜)
ありがたいお話です(ノ_<。)

桜と裕樹が遂に結ばれましたね~(。>д<)
ほんとによかった!w
智也も魅力のあるキャラですよね!
あんな人が実際にいたら、桜じゃなくても気持ちが揺れますよ(笑)
智也にも幸せになってほしいところですよね。・゜゜(ノД`)
今後とも物語は、まだ続いていく予定ですのでよろしくお願いします<(_ _*)>

Re: 罪恋***好きでいてもいいですか?*** ( No.36 )
日時: 2018/03/20 21:19
名前: Aika

Episode27:重なる面影。




―――連れてこられたのは、雰囲気のあるBARだった。店内は誰も客がいない様子でカウンターにマスターが1人いるだけだった。


「あたしの奢りなんで好きなだけ飲んでください」

席に座ると。女の人が優しく微笑んでそう言った。
俺は慌てて断る。

「いや…それは、さすがに。俺、別に大したことしてねぇし」
「いいから。…黙って奢られてください」

真っ直ぐに俺の瞳をのぞきこんで。
女の人は、はっきりとした口調でそう告げた。

なんか…何を言っても無駄な気がするし、コイツの言うとおりにするか。

俺は諦めて。
女の人と向き合う。


「分かったよ。…ありがとな」


そう言うと。
女の人は首を横にふって。

「お礼を言うのは…あたしの方です。助けてくれてありがとうございました」

俺は目線を合わせず。

「別に…放っておけなかっただけだから」

ただ、一言そう言った。


そこで、二人の間に沈黙が流れる。
聞こえてくるのは店内のBGMだけ。




―――気まずい…。




さっさと飲んでさっさと帰ろ。





そんなことを心のなかで思っていると。




「―――実はですね…あたし、今日…彼氏と別れたんです」



脈絡もなしに女の人が突然そんなことを言い出した。
俺はなんて、返したらいいのか分からなくて押し黙ってしまった。
泣きそうな顔で女の人は言葉を紡いでいる。


「―――他の人と…浮気してたんです。ほんと、嫌になりますよね。あたし…彼に愛されてなかったんだなーって、思いました」


そこで。女の人の大きな瞳から溜まっていた涙がこぼれ落ちた。
俺は、そっとハンカチを差し出した。


「―――ふけよ、涙」


ぶっきらぼうにそう言うと。女の人はハンカチを手にとって。


「ありがとう…ほんと、優しいんですね」


そう言って笑った。


「別に、優しくなんかねぇよ」



なぜだか、放っておけない。
そう感じた理由がいま、はっきりとわかった。



コイツの笑った顔とか、泣いた顔が。
どことなく。






桜に、 似てるからなんだって―――。








******************************************************



「――あのさ…ほんとに奢りで良かったのか?」
「だから、良いって言ってんじゃん!あたしが付き合わせたんだし」
「なら、いいんだけどさ」


女に奢らせるって男として良いのかなんて、あれこれ考えていると。
女の人が不意に口を開いて。


「―――じゃあさ、そのかわり…また今日みたいに付き合ってくれる?」




「え?」





言葉の意味を理解するまでに時間がかかって。
呆けていると。





「これ、あたしの連絡先。迷惑じゃなかったら登録しといて。それじゃ!」



連絡先を書いた紙を俺に押し付けて。
彼女は走り去っていく。


「あっ…おい」







去っていく彼女をひき止めることもできず。
俺はその場に立ちすくんでいた。




「なんだよ、言いたいことだけ言って帰りやがって…」






―――霧崎玲奈。







紙にはそう書いてあって。
電話番号とLINEのIDが綺麗な字で綴られている。





「―――玲奈、ね」






誰もいない、静かな星空のした。






俺は小さくそう呟いた。







Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13



スレッドをトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。