二次創作小説(紙ほか)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

〜路地裏Diary〜
日時: 2024/02/14 09:56
名前: ねずみかちょー。 (ID: XGjQjN8n)

今を懸命に生きる、1人の男。
戦争や、苦しい時代なども体験してきた。

そんな彼の、心の内、
そして、本当に愛するものとは…?



※この小説は、ゲゲゲの鬼太郎の登場キャラクター、『ねずみ男』の目線から見た、二次創作小説です。

語彙に乏しいところもありますが、ご笑納頂けると幸いです。


第1話 >>1
第2話 >>2
第3話 >>3
第4話 >>5
第5話 >>10
第6話 >>11
第7話 >>12
第8話 >>13
第9話 >>14
第10話 >>15
第11話 >>16
第12話 >>17
第13話 >>18
第14話 >>19
第15話 >>20
第16話 >>21
第17話 >>22
第18話 >>23
第19話 >>25
第20話 >>26
第21話 >>27
第22話 >>28
第23話 >>29
第24話 >>30
第25話 >>31
第26話 >>32
第27話 >>33
第28話 >>34
第29話 >>35
第30話 >>36
第31話 >>37
第32話 >>38
第33話 >>39
第34話 >>40
第35話 >>42
第36話 >>43
第37話 >>44
第38話 >>45
第39話 >>46
第40話 >>47
第41話 >>48
第42話 >>49
第43話 >>50
第44話 >>51
第45話 >>52
第46話 >>53
第47話 >>54
第48話 >>55
第49話 >>56
第50話 >>57
第51話 >>58
第52話 >>59
第53話 >>60
第54話 >>61
第55話 >>62
第56話 >>63
第57話 >>64
第58話 >>65
第59話 >>66
第60話 >>67
第61話 >>68
第62話 >>69
第63話 >>70
第64話 >>71

番外編 『遅くに来たぞ!?サンタクロース!!』>>4
番外編 ② 『俺らの夏。ゲゲゲの夏。』 >>24
番外編 ③ 「ハロウィンの夜に見えたもの。」 >>41

Re: 〜路地裏Diary〜 ( No.67 )
日時: 2023/11/13 12:54
名前: ねずみかちょー。 ◆fCJR3geAiY (ID: fhP2fUVm)

第60話

「…ガン?」

俺はただ、その状況が飲み込めず、オウム返しする他なかった。
その言葉を聞いて、梨緒は静かに頷いた。
目には深い、悲しみの色を交えて。

ー そのうち、俺たちの目の前には、ホカホカと湯気の立ったラーメンとチャーハンが運ばれてきた。
いつもなら即座に手を出すところだが、こんな状況ではそうもいかねぇ。

「…なぁ、鬼太郎に相談、してみようぜ」

妖怪が関わっている事件、とは考えにくいが、話だけでもしてみるのもいいだろう。
そう提案すると、梨緒は無言で頷いた。

俺はそっと、梨緒の手に触れる。生気を感じさせない、まるでテーブルの上で冷めきったチャーハンのような、ひんやりとした手だった。

Re: 〜路地裏Diary〜 ( No.68 )
日時: 2023/12/26 09:41
名前: ねずみかちょー。 ◆fCJR3geAiY (ID: V7PQ7NeQ)

第61話

それから俺たちは、冷めて伸びきったラーメンとチャーハンを食い、鬼太郎たちがいるであろう、ゲゲゲの森に足を運んだ。

鬼太郎や親父によると、ゲゲゲの森には、なぜか妖力を持つ妖怪の類しか入れないらしい。俺は大丈夫だが、果たして人間の梨緒が入れるか……。

俺は梨緒の手を取り、ゲゲゲの森へと通じる雑木林へと足を踏み入れた。
ここは一見、ただの雑木林に見えるが、ある場所へと辿り着けば森へと入れる……という何とも厄介な仕組みになっている。

やがて、辺りの景色が変わると、そこには緑や草木でいっぱいのゲゲゲの森……及び、鬼太郎の家、「鬼太郎ハウス」が見えてきた。

といっても俺は食えない草花なんてごめんだがな。

Re: 〜路地裏Diary〜 ( No.69 )
日時: 2023/12/26 09:48
名前: ねずみかちょー。 ◆fCJR3geAiY (ID: V7PQ7NeQ)

第62話
そっと梨緒の方を見ると、見慣れない景色に不安そうな面持ちではあるが、ひとまずは迷うこともなく、無事に着いてこれたようだ。

「……大丈夫か?」

そう一声かけると、無言のまま、ゆっくりと雑木林の方へ歩きだそうとしている。

この森は様々な妖怪が住み着いていて、人間には危険な場所だ。
“おどろが沼” “河童ヶ淵”……
他にも色々あるらしいが、俺は面倒事には関わりたくないので、極力立ち入らないようにはしている。
鬼太郎に言わせれば、「妖怪には良いものも悪いものもいる」らしいが……。

そう思考を巡らせているうちに、梨緒が森で1番危険な場所である、“迷いの森”へと入り込みそうになったので、そっと手で制した。

Re: 〜路地裏Diary〜 ( No.70 )
日時: 2024/01/25 12:51
名前: ねずみかちょー。 ◆fCJR3geAiY (ID: SsbgW4eU)

第63話

不思議そうにこっちを見つめている梨緒に、俺は無言のまま手で「‪✕‬」マークを示した。
声を出したら、危険な妖怪どもが聞きつけて、襲いに来るに違いないからな。

そして、俺はそのまま、梨緒の手を引いて鬼太郎ハウスの入り口に掛けてある、梯子はしごの下へと向かった。

あの事件から数年。
鬼太郎も人間との関わりをほとんど絶っている。だから、話さえ聞いてもらえるか怪しいが、まずは声だけでもかけてみてもいいだろう。
そう思い、鬼太郎の名前を呼ぼうとした、その時だった。

鬼太郎ハウスの入り口に掛けてある暖簾のれんが動き、鬼太郎がひょっこり顔を出した。

Re: 〜路地裏Diary〜 ( No.71 )
日時: 2024/02/14 09:56
名前: ねずみかちょー。 ◆fCJR3geAiY (ID: XGjQjN8n)

第64話

暖簾の隙間から見える限り、猫娘、子泣きじじい、砂かけ、いつもの面子メンツが揃っている。鬼太郎がいるということは、目玉の親父もいるに違いない。
恐らく、皆揃って茶でも飲んでいるんだろう。

子泣きはいつも酒ばかり飲んで酔っ払っているから戦力にはなりづらいが、砂かけ、猫娘なら頭の回転が早いから、もしかしたら梨緒を救えるかもしれない。

そう思い、1歩を踏み出したその時。
鬼太郎の視線がこちらへ向いた。

「何やってるんだ〜?ねずみ男〜?」

俺1人しかいないとの思っての言葉だろう。まなちゃん以外の人間がいる時と違って、口調にトゲが感じられない。

「お、おう。ラーメン食いに行かねぇかってんだよ」

俺なりに精一杯取り繕ったつもりだったが、挙動不審なのが伝わってしまったか、鬼太郎は一気に眉をひそめた。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。