複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

妖怪屋は嫌われ者
日時: 2014/12/15 22:29
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)


この日本という国はある時から、死と隣り合わせの国になった
1999年。突然、空には黒い渦ができ、
その中からは恐ろしい妖怪たちが現れた

いきなりのことで、人間はなにも抵抗をしないまま一週間が過ぎ、
多くの人間が命を落とした
しかし、その黒い渦は特別な力を持つ人間に封印された
今、その黒い渦はどこにあるのかわからない


「あなたたちの名前はなんですか」
「・・・・シロ」

シロと名乗った5人の人間は、のちに奇跡のシロと呼ばれた
この世界に降り立ってしまった妖怪を倒すシロボシという施設をつくり
妖怪たちを退治する活動を始めた

今、シロはどこにいるのかわからない


『妖怪襲撃とシロ』



「・・・これ、最近よくテレビでやるよね」
「妖怪襲撃事件の日が近いからだろ」
「ふーん・・・あ、次の仕事は?」
「地縛霊のやつ」
「あ、それ結構数いるやつ?」
「ああ、そうだな」
「マジ?なら早く終わらせて・・・また、おかし作って」
「わかったから、ほら、行くぞ」
「はいはい」


シロボシとは違う、独立した妖怪退治をする者
ソラボシ、通称妖怪屋



設定

紅刻 星 こうごく せい 女 15歳
ソラボシのリーダー 紋章のついた赤いペンダントをつける
得意技は魔法を使った直接攻撃

月形 空 つきがた そら 男 15歳
ソラボシの副リーダー 紋章のついた青いペンダントをつける
得意技は剣を通しての物理的攻撃

一風 音葉 いちかぜ おとは 女 20歳
妖怪に関する情報屋 使い魔を何匹も持つ 主にソラボシに協力する

ケセランパセラン ぐー、ちー、ぱー
猫又 ニーナ、ニーカ、ニースケ、ニーコ などなど

Re: 妖怪屋は嫌われ者 ( No.1 )
日時: 2014/12/17 22:23
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)

今日は2020年、4月5日
時間は夕暮れと夜との間、空は紫色だ

「・・・これはまた、随分多いね・・・」
「いったいどれだけの人数が死んだんだろうな」
「数えてる間にやられそうなくらい、いるよね」

空の紫とは反対に、この住宅が並ぶ道路の上は真っ黒
大量の地縛霊のおかげで、空気も淀んできた

「・・・空、苦しいって、言ってる」
「地縛霊が、か?」
「うん、聞こえない?」
「お前みたいに耳はよくない。目はいいけどな」

『タス、ケテ・・・』
『コロシテヤル・・・・』
『ドウシテ、マダ、シニタクナカッタ・・・・』

「で、何が原因で死んだ奴らだ?」
「・・・妖怪襲撃が原因らしい」
「また、か」

空は飽きれたように肩をすくめた
月形空(つきがた そら)は私の相棒で、ソラボシの副リーダーだ
・・・っていっても、ソラボシのれっきとしたメンバーは2人だから、
リーダーもなにもないんだけど
やっぱ、そういうのってかっこいいと思うし

なんて、結成当時はそんなことを思っていた紅刻星(こうごく せい)
それが私だ。女のくせに男の空より料理はヘタクソ
・・・いや、料理に関しては空がうますぎるんだ。うん、きっとそう

「・・・おい、なにぼーっとしてる」
「あ、ごめん」
「苦しいって、言ってるんだろ?さっさと終わらせるぞ」

空はそういうと、いつもどおり能力で日本刀を取り出した
私はすっと片手を地縛霊たちの方向に突き出す

「封印せよ」

空気が一瞬揺らぐ感覚
その瞬間、地縛霊たちの動きは止まり、うめき声だけが響いた

「空、」
「ああ」

空は一瞬で地縛霊たちの間をすり抜け、ど真ん中にたどり着く
そして、地面に剣を突き刺す

「・・・引きはがせ」

剣から発せられた波動に触れた地縛霊は、地面からふわりと浮き上がり
うめき声は徐々に小さくなっていく

「最後の仕上げだ、星」
「うん、了解」

空は剣にさらに力を込めて、地縛霊をさらに浮き上がらせる
それを見てから、私はすっと息を吸い込んだ

「ソラボシの名のもとに、天界の門よ、開け」

ぐっと片手の方に力を込める
すると、地縛霊の頭上に白い渦が出来上がった
それが、地縛霊たちをゆっくり、浄化しながら吸い上げていく

どろどろだった霊は浄化されると、生きていたときの姿に戻る
私は目を閉じて、霊たちの言葉に耳を澄ませた

『ありがとう・・・』
『やっと、苦しくなくなった』
『助けてくれて、ありがとう』

「・・・感謝してくれてるみたい」
「まだだ。油断するなよ」
「わかってるって。・・・あ、見えてきた」

地縛霊が消えていくと、遠くの方に影が見えた
それは、とても小さな男の子

「まあ、そうだよね。あんな大量の地縛霊を一か所に集めるには、
 大量の魔力が必要だし。手助けなしには考えられない」
「いつまでそうして化けてるつもりだ?
 ・・・いい加減に、姿を現せ」

『・・・ア、ハハ。バレテタンダァ・・・?』

男の子の姿がぼやけたと思うと、男の子は老婆に変わっていった

「・・・それが、君の本当の姿?」
『ソウダヨ・・・ケケケケ、ケケッ・・・・』
「違う。お前の姿は、それじゃない」

空は駈け出すと、日本刀で老婆を斬りつけた
切りつけてから出てくるのは血じゃなくて、黒い煙
空は目がいい、だから化けてるものかどうかの区別なんて簡単につく

「・・・馬鹿だなぁ・・・」

正直、無知な妖怪は瀕死な妖怪と同じくらい無力だ

『ケケケケケケケケッ』

黒い煙のあとに現れたのは、とんでもなくでかい蜘蛛

「土蜘蛛、か」

土蜘蛛、別名大蜘蛛
人間の生気を吸い取ると言われている、巨大な蜘蛛の妖怪だ

『ニンゲンガ、オロカナ・・・マズハ、オマエカラダ』

土蜘蛛の足が、空に向かってまっすぐ向かう
空は軽々とよけて、剣で土蜘蛛の足を切り落とした

「遅い・・・」
『ニンゲンゴトキガッ・・・デカイクチヲタタクナ!』
「その人間ごときに、足を斬られてるのはあなたでしょ?」
『ナニ?』

「あなたの勝手な行動で、何人の霊が地縛霊になったの?
 何人が強引に集められたの?」
『ソンナモノ、シルカ』

太い糸が勢いよく飛んでくる
私はその糸を魔法で操り、土蜘蛛に巻きつけて身動きを封じた

「嘘。あなたにも、妖怪としての誇りはあるでしょ?」
『・・・ウルサイ、ダマレ』
「ほかの人間に、傷つけられたの?」
『ダマレ!ニンゲンニワタシノナニガワカル!!』

拘束していた糸が切られて、土蜘蛛の足が飛んでくる

「やめろ、」

その足と、私との間に空が割り込み、足を切り落とした

「星も、もっと警戒しろ。危ない」
「自分の身くらい、守れるよ」
「油断してただろ」
「してません」
「いいから、天界に送るぞ」
「・・・わかった」

私は、土蜘蛛に優しく声をかけた

「あなたは今から、天界に行くの。天界は安全だから、大丈夫」
『・・・ナゼ、ダ?ニンゲンハ、ワタシタチヲキズツケテ、』
「俺たちはそういう奴らとは違う」

「そう、シロボシとは違ってね。覚えておいて。私たちはソラボシ」

空に輝く星のように、美しく、気高く、まっすぐでいる
それが、私たちの信念で、大切なこと

「さようなら、また会おうね」

Re: 妖怪屋は嫌われ者 ( No.2 )
日時: 2014/12/17 22:38
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)

「あー・・・疲れたぁ」

私はリビングのソファーにダイブした
ぼふっという鈍い音のあと、足元の方からため息が聞こえた

「そこまで大変じゃなかっただろ」
「いや、やっぱ気を張るんだよね。妖怪と対峙するわけだし」

・・・なにより、人間は妖怪を邪魔者扱いする人ばかりじゃないって
そのことをわかってほしいし

「そんなことより、空。おかし作って」
「ガキかお前は。自分で作れ」
「え、さっきは作るって言ってくれたじゃん」
「気が変わった。俺も疲れてるんだ」
「へー、じゃあキッチンぐちゃぐちゃになってもいいんだ?」

そういった瞬間、本を読んでいた空の手がピタリと止まった
すると、黙ってしおりを挟み、本を閉じる

「・・・なにがいい」
「えっと・・・シュークリーム」
「その間、掃除してろよ」
「えー・・・」
「おい、」
「わかったってば。やりますやります」

空はあの言葉に弱い
私と空がソラボシを結成したばかりの時、私は慣れない料理を作った
まあ、そこそこの物は作れたけど、キッチンの荒れようはひどくて
それ以来、私はキッチンの方に入ることすら禁止された

私はホコリ取りを持って、テレビとかを拭く
正直、私が家事で貢献できることって言えば掃除くらい
皿洗いは、キッチン入らないとムリだからできないし
ほかはやる気が起きないのが本音


ちなみに、今私たちがいるのは普通の一軒家で二階建て
ソラボシのアジトっていえばアジトなんだけど、普通の家と変わらない
違うって言えば、町はずれの日陰みたいな自然ありきの場所にあること

私たちがここに住み始めたのは5年前くらい
親も身内もいない中、情報屋って言う今私たちに協力してくれてる人が
わざわざここを見つけ出して住ませてくれている

当然、家賃は払ってるけどね


「星、できたぞ」
「え、はや!」
「昨日もともとある程度はつくってたからな」
「さすが空だね・・・!じゃあ、いただきまーす」

ふわりと広がるクリームの甘みと、パリッと焼けたシュー皮
うーん・・・空はお店開けるよ。
あっという間に食べ終わって、私は背もたれにもたれかかった

「あー、おいしかった」
「いっつもおいしいしか言わないだろ、お前」
「だって、おいしいんだから当然でしょ?」
「・・・そうか」

飽きれたように空は言って、背を向けて皿を洗い始めた
うん、でもこの反応は結構喜んでるっぽい

「・・・隠さないで素直に喜べばいいのに」

ガチャンッ!
空の手から皿が滑り落ちた
やば・・・つい、口が滑った・・・・

「・・・星」
「そんな怒んないでよ!?・・・あー!ごめんって!ごめんなさい!」
「・・・わかった」

ほっとして気づかれないように息をついた
危ない危ない、明日のおやつが消えるところだった・・・
すっと視線を上げて空を見ると、耳が真っ赤だった

・・・・図星だったんじゃん

こんなこと言った日には確実におやつが消えるから言わないけど

「・・・お前、今失礼なこと思ってないだろうな」
「え!?思ってない、思ってないよ?」

・・・くそ、鋭いからいちいち心臓に悪い・・・

「ああ、そういえば音葉さんから連絡が来ててな」
「音葉さんから?じゃあ、仕事のこと?」
「またいくつか仕事が入ったらしいから聞きにくるそうだ
 ・・・そろそろ来るはずなんだけどな」

空がそういったとき、インターホンが響き渡った

『星ちゃん、空くん、音葉です』
「はーい、今あけます!」

玄関の方に駆け足で向かってドアを開ける

「わっ!?」

ドアを開けた瞬間、黒い影が3つ、勢いよく入り込んだ

「おじゃまします。ごめんね、みんなやんちゃなの」
「いやいや、大丈夫ですよ。どうぞ」

慣れ親しんだ人のよさそうな笑顔とゆるく結ばれた長い三つ編み
一風音葉(いちかぜ おとは)さんは、ソラボシの理解者の一人
妖怪に関する問題を多く集めて、それを仕事として持ってきてくれる
つまり、音葉さんの仕事はいわゆる情報屋っていうやつだ


「こんにちは、音葉さん」
「空くん、こんにちは。あ、かまってくれてたの?」
「ああ、なんか、かまってほしそうだったので」
「ごめんね、ほら、こっちにもどってきなさい」

さっき横をすり抜けて行ったのは猫又の子供だったみたい
黒猫のニースケ、白猫のニーナ、三毛猫のニーカ
確かに、音葉さんの周りにはその三匹の親の三毛猫、ニーコと
ケセランパセランのぐー、ちー、ぱーしかいなかった

小さな猫又はまだ空にくっついたままだ
空はかなり動物に好かれやすい
・・・私にもくっついてきてほしいなぁ・・・なんて



「それで、仕事って言うのは・・・」
「そうなの、いくつか種類があるんだけど・・・」

「戦闘に関するものですか?」

空はシュークリームを音葉さんの前に出す
・・・と、いうことは?
ぱっと空を見ると、あきれたように私の前にシュークリームを置いた

ありがとうございます、空様

下を見れば、音葉さんの使い魔のケセランパセランも猫又も食べてる
うん、おいしいよね

そんな風に思ってる間にも、話は進んでいく

「戦闘系もあるし、調査と戦闘の両方もあるの・・・
 シロボシと内容がかぶってるのもあるんだけどね」

・・・なんだって?

「ちなみに、そのシロボシもやる仕事って言うのは?」
「えっと・・・ある村の集落の問題解決らしいけど・・・・
 なんでも、どの妖怪が関係してるかは不明みたい」

「・・・空、それ明日やらない?」
「・・・お前、ただシロボシよりも先に手柄あげたいだけだろ」
「う・・・まあ、それも確かにあるけど・・・なんかにおうんだよ」

「嘘じゃないだろうな」
「ほんと」
「・・・なら、わかった」
「じゃあ、音葉さん。この仕事内容の資料、もらえますか?」
「わかった。・・・はい、これ」
「ありがとうございます」
「結構大変そうだから・・・気を付けてね」
「はい、わかりました」


私は、資料を受け取って目線を落とした
・・・妖怪が不明、か・・・


面白そうじゃん


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。