複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

妖怪屋は嫌われ者
日時: 2014/12/15 22:29
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)


この日本という国はある時から、死と隣り合わせの国になった
1999年。突然、空には黒い渦ができ、
その中からは恐ろしい妖怪たちが現れた

いきなりのことで、人間はなにも抵抗をしないまま一週間が過ぎ、
多くの人間が命を落とした
しかし、その黒い渦は特別な力を持つ人間に封印された
今、その黒い渦はどこにあるのかわからない


「あなたたちの名前はなんですか」
「・・・・シロ」

シロと名乗った5人の人間は、のちに奇跡のシロと呼ばれた
この世界に降り立ってしまった妖怪を倒すシロボシという施設をつくり
妖怪たちを退治する活動を始めた

今、シロはどこにいるのかわからない


『妖怪襲撃とシロ』



「・・・これ、最近よくテレビでやるよね」
「妖怪襲撃事件の日が近いからだろ」
「ふーん・・・あ、次の仕事は?」
「地縛霊のやつ」
「あ、それ結構数いるやつ?」
「ああ、そうだな」
「マジ?なら早く終わらせて・・・また、おかし作って」
「わかったから、ほら、行くぞ」
「はいはい」


シロボシとは違う、独立した妖怪退治をする者
ソラボシ、通称妖怪屋



設定

紅刻 星 こうごく せい 女 15歳
ソラボシのリーダー 紋章のついた赤いペンダントをつける
得意技は魔法を使った直接攻撃

月形 空 つきがた そら 男 15歳
ソラボシの副リーダー 紋章のついた青いペンダントをつける
得意技は剣を通しての物理的攻撃

一風 音葉 いちかぜ おとは 女 20歳
妖怪に関する情報屋 使い魔を何匹も持つ 主にソラボシに協力する

ケセランパセラン ぐー、ちー、ぱー
猫又 ニーナ、ニーカ、ニースケ、ニーコ などなど

Re: 妖怪屋は嫌われ者 ( No.13 )
日時: 2014/12/28 22:06
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)

「優しいじゃん、空」
「なにがだ?」

電車の中、私は口を開いた

「傷薬。あれ、自分のでしょ?」
「ああ・・・音葉さんに作ってもらったやつだったんだけどな
 そうとう傷は深そうだったし」

「でも、空は怪我しやすいんだから、ちゃんと持っててよ?」
「わかってる。けど、知ってるだろ?俺は傷の治りが早いって」
「そりゃ、そうだけど・・・やっぱ心配だから」

「・・・わかった。音葉さんにはちゃんと頼んでおく」
「そうして。絶対だからね?」

少しだけ声が震える
空には確かに怪我がすぐよくなる体質があるけど、それのハンデもある
だから、はい、そうですか。なんて言えない

「・・・朝日に、なんてきりだすの?」
「俺が言う。・・・って、それでもいいか?」
「いいよ、もちろん」

なんとなくそうだろうなとは思ってたし

「・・・ありがとう」
「私も聞いてていい?」
「ああ。むしろ聞くべきだろ」

妙に緊張する
それは空も同じみたいだ
目のやり場に困ってるみたいに、目が泳いでる

「・・・緊張してる?」
「・・・うるさい、仕方ないだろ」
「なんか・・・かわいい」

カランッ!

空の持っていたカラの缶が手から滑り落ちて乾いた音が響いた

「動揺しすぎ、」

耐えきれなくなって笑い出した
黙って缶を拾いに行く空の耳はすごく赤い

やりすぎたかな、でも、このくらいやれば緊張もなくなるでしょ?
・・・お菓子が消えるかもしれないけど・・・

<家>

「朝日、少しいいか?」
「空兄ちゃん?星姉ちゃん?」

姉ちゃん、兄ちゃんの呼び方もすっかり慣れたみたいだ
空は朝日の目の前に座り、目を合わせる

「朝日、俺たちのやってる仕事、わかるよな?」
「うん、妖怪屋だよね。妖怪を助けてあげて、人を守る仕事」

「そうだ。この仕事には普通の人とは違った力が必要なんだけどな、
 ・・・お前にも、その力がある」
「・・・え?」
「普通の人とは違う力を、お前も持ってる」

「な、んで・・・?」

「理由はわからない。でも、朝日は音葉さんの周りにいる生き物を、
 見えてるんだろ?」
「ケセランパセランと、猫又のこと?」

「あれは使い魔って言う、普通の動物とは違う生き物、妖怪だ
 それが見えるのは、その力のある証でもある」
「そうなんだ・・・」

「だからな、お前に知っておいてほしいことがあるんだ
 ほかの人より自分が普通じゃないこと
 ・・・その力で自分が傷つくこともあること」

朝日は黙ってその話を聞いていた
ショックをうけているような様子はない


「普通じゃないことを理解しないと、ほかの人も傷つけるかもしれない
 自分も傷つくかもしれない
 そのことは少なくとも、俺や星が身をもって知ってることだ」
「・・・うん」

「それを、朝日には知ってほしかったんだ。話したいことは以上だ」
「・・・空兄ちゃん、もしかして僕が傷つくと思ってた?」
「っ・・・まあ、少し」

朝日鋭い・・・
ん?でもこれは空がわかりやすいだけ?
なんだよ、空もわかりやすいんじゃん・・・

「気にしなくていいのに。・・・僕嬉しいよ、そういう力持てて」
「・・・・」

「僕、ずっと手伝えたらって思ってたから。これで手伝えるよね。
 音葉さんとかに薬の作り方とか使い魔のこととか教わるよ」
「朝日、」

「無理なんてしてない。僕は空兄ちゃんたちと仕事がしたいんだ」

まっすぐな目。
嘘じゃない、本気だと目が訴えていた

「よし、それじゃあ頑張らないとな」
「今日から朝日もソラボシの一員だね!」

「・・・うん!!」

Re: 妖怪屋は嫌われ者 ( No.14 )
日時: 2014/12/28 22:31
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)

私はなんとなく外に出た

朝日のことも一段落ついたし、お菓子も消えなかったし・・・
よかったよかった・・・。


「・・・また、」

空間をつかむと、何もなかったところからおかしな機械がでてきた
最近、この機械よくみるなぁ・・・これで3つめだよ
空も3つつぶしたって言ってたし

私は機械を見ながら口を開いた


「・・・私、干渉されるの嫌いなんだよね。
 自分のものに手、出されるのも」

そういってから、もう一つの手で握りつぶすように手を握る
すると、その機械もつぶれた

同じ造りに同じマーク。
あのマークは、昨日明里の手の甲にもついてた・・・
つまり、シロボシのだってことだ

・・・めんどくさいことになりそうだし、それに・・・

「・・・なんか、嫌な予感する・・・」

いつもは気持ちがいいはずのそよ風が、今は不安をあおっていた
そして、私の気持ちをそのまま映したように空は淀んでいる

・・・やだなぁ・・・・



<本部・シロボシ 白井部  by明里>

ガシャンッ!!

機械につけられたカメラもろともつぶれて、映像は途切れた
ここは白井部の会議室、それぞれのチームリーダーが集まって映像を
見ていた

周りからは驚きの声が上がる

それもそのはずだ。
あの機械は普通の人はもちろん、力を持つ人間にもみえないように
工夫に工夫を重ねて作られたもの
特殊な音波を発生させてみえなくしているはずなのに

紅刻星はそれを一発で見つけ出し、つぶしてしまった


「これはまぐれではない。紅刻星、月形空はそれぞれ3つずつ・・・
 あの機械を壊しているんだ」

その言葉にまたざわめきが起こる

「春井明里、偵察に行った報告をしろ」
「はい」

偵察をしていたときの格好のまま、立ち上がる

「ソラボシのメンバーは紅刻星、月形空の2人のみです
 テケテケ退治も偵察しましたが、かなりの力の持ち主と言えます。
 月形空は剣術にたけています、頭脳派というところでしょうか」

「紅刻星は?」

「紅刻星は、異質です。妖怪と会話をし、さとして、黄泉の国に送る
 能力量は・・・かなりのものかと」
「周囲に親しい人間は?」

「一風音葉とかかわりがあるようです。あとは高梨朝日という・・・
 小学六年生の男子」
「その少年は暁村の件からソラボシとかかわっているようです」

「・・・そうか。私はこの2人を我が部に入れたいと考えているのだ
 みんなはどうだ?」

一瞬どよめきがあがったけど、それはすぐに賛成の意見へと形を変えた

「ですが、どうやって・・・」
「私に考えがある。その、高梨朝日という少年・・・利用しよう」

人員はもう決めている、そのメンバーを後日あつめる
その言葉で会議は終わった

会議室の外に出て、自分の部屋に戻った

足の傷は月形空からもらった薬でほぼなおってきている
・・・白井部長はひどいことをしようとしている
それだけはわかった


「・・・私は、どうしたら・・・」

・・・って、何を悩んでる?
変な毒でもつけられたのか・・・

私は白井部のB級隊員、春井明里だ

すべては・・・


「シロボシのために・・・」

Re: 妖怪屋は嫌われ者 ( No.15 )
日時: 2015/12/06 14:12
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)

<by星>

次の日、仕事は私一人で行くことにした
空には朝日をまかせる

「なんかあったら、すぐ連絡してよ」
「わかった、星もな」
「わかってまーす。・・・じゃあ」

嫌な予感は強くなる一方だ
正直気分が悪い

「・・・大丈夫、だよね」

<by朝日>

僕は下り坂を急ぎ足で進んでいた
というのも、星姉ちゃんから急いで帰ってきて、と言われたから

すごく真剣そうだったけど・・・いったいどうしたんだろう・・・?
そんなことを考えていたとき、カシャンッと何かが落ちる音が聞こえた

見ると、ポケットの中に入れていたロケットペンダントが落ちていた
それを拾い上げて帰ろうとすると、足が止まった

「・・・誰?」

背の高い大人の男の人が二人。二人とも同じ真っ白の服を着ている

「高梨朝日だな?お前に用がある」

じりっ・・・

一歩後ろに下がった
殺気を感じる、近付いちゃだめだと体が警告していた


「心配するな、俺たちはシロボシだ。なにもしない」
「・・・でも、僕、帰らないといけないんです」
「いいから・・・」

腕を強くつかまれる
その瞬間、反射的に男の人の腕を掴み、投げていた

・・・だてに合気道やっていたわけじゃない
よかった、役に立って・・・

「こいつっ・・・」
「僕も、ソラボシの一員だ。・・・どいてください」

睨みつけると、男の人が一瞬ひるむ
でもそれだけで、その顔は厳しいものにすぐ戻った

「いいから来い!」
「はなせっ!!」

二人に両側からがっちりつかまれて逃げられない
いやだっ・・・空兄ちゃん、星姉ちゃん!!

心の中で助けを求めた
その瞬間、すっと視界に入った見覚えのある姿


「やめろ、」

腕をつかんでいた男の人たちが後ろに吹っ飛ぶ

「空、にいちゃん・・・」
「朝日、大丈夫か?」
「うん、平気」
「よかった・・・」

「お、お前は確か・・・」
「月形、空・・・」
「・・・おい、うちの一員に手、出したら切るぞ」

間近で殺気を感じる
それに負けてシロボシの人も一歩下がった
緊迫した状況の中、突然少し高い声が響いた

「はい、終了!」

ふと上を見上げると、ふわふわ宙に浮いている女の人が見えた

「う、浮いてる・・・!」
「初めまして、月形空君、高梨朝日君。
 白井部、西田班のリーダー、西田香織(にしだ かおり)です」

髪は短くて茶髪、それでも落ち着いた雰囲気が漂っている
かわいいというよりか、綺麗な女の人だ

「・・・用があるのは俺だろ。朝日に危害を加えるな」
「だって、人質でもとらないと、あなた来ないじゃない?
 紅刻星さんはいないみたいだけど、まあいいわ。ついてきて」
「断る」

「即答なんてさみしいじゃない。少し考えてくれてもいいのに」

「・・・朝日、帰るぞ」
「え、う、うん・・・」

背を向けると、西田さんの声は大きくなった

「いいの?この子がどうなっても」

西田さんの手には猫又のニースケがいた
こわがっているのがよくわかる

空兄ちゃんがバッと手を突き出すと、氷の剣が大量にできあがる
剣の先は西田さんに向けられた

「造形も得意なのね、」
「そいつを離せ。でないとお前を串刺しにする」
「怖いこと言うわね。でも、あなたが来ないとこの子殺しちゃうかも」

「なっ・・・」

声が漏れた
すっと空兄ちゃんに目を向ける

空兄ちゃんが手を下げると、パリンッと音を立てて剣が消えた

「空、兄ちゃん・・・」
「・・・わかった。ついていくから、朝日はいいだろ」
「いいわよ、物わかりがよくて助かるわ」
「そんな、空兄ちゃん・・・!?」

「朝日、お前は音葉さんのとこに行って星に連絡を入れるように言え」

小声でそう告げられた

「いやだ!僕も行く!!」
「帰れ、朝日、」
「いやだよ!空兄ちゃ、」

その言葉の途中で、視界は真っ暗になった

Re: 妖怪屋は嫌われ者 ( No.16 )
日時: 2015/12/06 14:16
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)

<by空>

「転送魔法」

すっと目を開けると朝日の姿はなくなっていた

「・・・ごめん、朝日」

小さくつぶやくと、カシャンッという乾いた音がした
朝日が落としたものか・・・
拾うと、それはロケットペンダントだった
それを落とさないように首にかけると、後ろから声がした

「さあ、行きましょう」
「・・・ああ、その前にそいつを返してくれないか」
「向こうについたら、いいわよ」
「・・・わかった」

魔法陣に足を踏み入れると真っ白な光に包まれた



見慣れた景色が、気づけばコンクリートで作られた屋内に変わっていた
いかにも最先端と言えるような設備。
ここが・・・シロボシの・・・・

「本部よ、はい、猫又くん」
「・・・・・」

受け取るときは半分飛び移るようにしてニースケは移動した
すりすりと体をこすりつけてくるあたり、そうとう怖かったんだろう

きっと、俺が出て行くときにこっそりついてきてたな・・・
気付けばよかった、と軽く後悔する
まあ、もう後悔したって遅いのはわかりきってるんだけど

「あなたたち、もう戻っていいわよ」
「はっ!」

屈強そうな男二人はどこかへ行ってしまった

「今から白井部長のところに行くわ」
「シロボシは今三つに割れてるんだろ」

「さすが。そう、我が白井部と蒼野(あおの)部と赤間(あかま)部」
「何が違うんだ?」

「そうね・・・白井部は妖怪はすべて倒すべきって言う考えの人が多い
 蒼野部は少数精鋭で妖怪も人間も共存すべきって言う考え方
 赤間部は悪い妖怪は倒すけど、第一に人間を守るっていう考え方ね」
「ふーん・・・」

「興味を持ってくれた?こっちからも質問するわね
 あなたたちがソラボシをやるのはなぜ?」
「人も妖怪も助けたい。ただそれだけだ」
「本当に?」

「・・・何が言いたい」
「それだけの理由で、たった二人で妖怪屋を始めたんじゃないでしょ
 頭のいいあなたならシロボシにはいっていたはず。
 でも、入らなかったのはもっと別の、」

「そう思うなら勝手に思ってろ。俺はこれ以上何も言う気はない」
「固いわね。・・・はい、ここよ」


木製のドアを西田はノックした

「西田香織です。月形空を連れてきました」
「入れ」

ドアを開けると、お香のにおいが鼻についた

「妖怪屋、ソラボシの月形空だな。私は白井冬牙(しらい とうが)だ
 初めまして」
「どうも・・・それで、何の用ですか」

手からニースケがするりと抜けて部屋をうろうろし始める

「君のスカウトだよ。この白井部に入らないか?」
「・・・どうせそんなことだと思った。俺は入るつもりなんてない
 俺を入れれば紅刻星も引き入れられるとでも思ったんだろうが・・・
 残念だったな」

白井の眉がぴくりと動く
少しいらだって来ているのが見て取れた

「君たちは何が理由で妖怪屋をやっている?」
「妖怪も人間も助けるためだ。それが?」
「君は本当にそれでいいのか。君にも妖怪によって殺された親しい人間 がいたんじゃないのか?」

「いたとしても、それが妖怪をむやみに殺す理由にはならないだろ」
「・・・どうしても、入らないか」
「ああ」

「・・・なら、仕方がない」

諦めたか、と思った後、首筋に痛みが走った

「ごめんなさいね。ちょっと眠ってもらうわ」
「っお前、」

視界が歪む。力も抜けていくのがわかった
目の前が暗くなりかけたとき、ニースケの鳴き声が聞こえた

「っ・・・この、妖怪がっ!!」
「ニー、スケ」

ニースケが掴み上げられるのを見た途端、眠気なんてふっとんだ
白井の腕をつかみ、ニースケを離させる
そして、首を押えて壁に押し付けた

「風ノ神、暴風刀」

剣をだし、白井の首筋に当てる

「やめなさい!!」
「邪魔するな、」

西田の足を凍りづけにして動きを止める

「ふざけるな、アイツは関係ないだろ。
 ・・・お前の首、とばすぞ」
「な、にを・・・」

剣を持つ手に力を入れたとき、視界が大きくゆがんだ

「っ・・・く、そ・・・・」

ニースケが近づいてきたのが見えた
最後の力を振り絞って片手を突き出す

「転送、魔法っ・・・」

ニースケの周りが光り、ニースケが消える
すると、フッと力が抜けて床に倒れこんだ

視界の隅から黒くなっていって、ついに何も見えなくなった


            午後 5:00

Re: 妖怪屋は嫌われ者 ( No.17 )
日時: 2014/12/30 22:11
名前: 青い春 (ID: XkqMA9PN)

<by星> 午後1:00

妖怪を探していたとき、頭の中は嫌な予感でいっぱいだった
さっきからずっとずっと・・・

「っ・・・ああ、もう!!」

こんなんじゃ落ち着いていられない
携帯を取り出し、電話をかけた

「もしもし、音葉さん?急ですみません、でも、今日仕事やめます!」


午後4:30

息を切らして音葉さんの店に駆け込んだ


「朝日!」
「星、姉ちゃん」
「大丈夫?・・・空は?」
「空兄ちゃん、シロボシの人に連れてかれて・・・」

・・・最悪だ

「ごめん、僕がうまく逃げられなかったから、ニースケを人質に・・・
 そしたら、空兄ちゃんが、」
「朝日、落ち着いて。・・・大丈夫、朝日のせいじゃないよ」

朝日も責任を感じてる
顔は真っ青だ、手も震えているし。

「気にしないで。大丈夫、どうにかするから」
「・・・うん」

「音葉さん、私、探しに行ってくる」
「星ちゃん、シロボシの本部の場所はわかるの?」
「・・・わかりません、けど、」

「ちょっと待って。私が捜すから」
「音葉さん、」
「空くん助けに行くのに、私も協力しないと気が済まないの」

温和な笑顔が少し緊張をほぐしてくれた

「ありがとうございます!」


30分くらいたっただろうか、やっと音葉さんが口を開いた

「あったわ」
「どこですか?」
「ここ。20キロにわたって結界が張られてるから。
 その手前までならきっと魔法でも、」


ドサッ!

何かが落ちる音
見ると、そこにはニースケがいた

「ニースケ!」
「けがはしてないみたい、よかった・・・」
「ニースケ、ごめんね。ちょっと見せてもらうから」

ニースケと額を合わせる
すると、頭の中にニースケのみた映像が流れ込む

「・・・やばい、」
「星姉ちゃん、空兄ちゃんは・・・」

「・・・朝日、私ちょっと助けに行ってくる」

そういって、私は店を飛び出した

走り出してる途中であることに気付いた
・・・場所、覚えてないや・・・

「・・・飛んでいくしかない!」

かすかに空の魔力が道になっているのを感じる
さっきの転送魔法がまだ残ってるんだ

「風ノ神、靴に宿れ」

風圧を感じて、一気に上空に上がる

「空、待ってて・・・」

どうか、無事でいて・・・!
私は魔力を込めなおして、加速させた


<by朝日>

・・・僕は、なにもできないのかな・・・

空兄ちゃんは大丈夫なのか、すごく心配だ


ポケットの中には、一つしかロケットペンダントがなかった
それはお父さんが持っていた方のロケットペンダント
開けると、そこには何かのマークが描かれている

「落としたんだ・・・」

空兄ちゃんが持ってるかもしれない
ペンダントを持つ手に自然と力が入り、胸に押し付けていた

『・・・どうするつもり?Dr蓮杖』
「・・・え?」

声が頭に流れた
これって・・・もしかして・・・・・


<by空>

「っ・・・」
「おや、お目覚めみたいだ」
「嘘でしょ・・・あの睡眠薬、熊にも効くの。たった20分で目が、」

頭が痛い・・・
そうか、確か薬を刺されて、その後・・・


ガシャッ・・・

鎖のような音
ぼーっとしていた頭が元に戻っていく
枷は足首と手首につけられていた
壁にはりつけのようにされて、身動きは取れそうもない

「初めまして、月形空君。僕は蓮杖聡(れんじょう そう)
 Dr蓮杖とほかの人からは呼ばれてるんだ」
「何の真似だ。わざわざこんな風にして」

「白井部に入ると力づくでも言わせるためよ
 悪い事は言わないから、入るって言った方が身のためね」
「誰がそんなこと言うか」

「・・・Dr蓮杖、後はお願い」
「おや、見て行かないの?」
「あなたの気持ち悪い責めなんてみたら目が腐るわ」
「随分な冗談だ」

「冗談なわけないじゃない。それじゃ」


西田が出て行くと、Dr蓮杖は気色の悪い笑顔を浮かべて近づいてきた

「これから君が降参するまで、よろしくね」
「は?・・・っ!?」

バチッ!

体がビリビリとしびれる

「な、にを、」
「電気ショック。どこまで我慢できるかな〜、ちなみにこれは一番下」

バチバチッ!

「っ!・・・こ、の」
「そうそう、その調子。頑張って我慢してね。
 人の苦しそうな顔大好きなんだ。気絶しないように頑張って・・・」

また電気が流れる
今度は少し強い。目がちかちかした

「僕を、楽しませて?」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。