複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

ダウニング街のホームズ【第三話 ストランドの悪夢 更新中】
日時: 2021/09/26 17:55
名前: 忘却の執事 (ID: FWNZhYRN)
参照: http://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=1729.jpg

 ——1887年。ヴィクトリア朝時代のイギリス。産業革命を迎えたイギリスは工業化が進み、機械による技術が大幅に発展を遂げる。街は活気さを増し人々は何不自由なく平穏を謳歌していた。そんな光の都にも恐ろしく冷酷な事件が絶えず起きているのだ。

 ——ロンドンのダウニング街に事務所を構える私立探偵のエドワード・サリヴァンとその助手であるクリフォード。2人は良きチームとして英国の難事件を解決していく。この世に解けない謎はない。その信念を抱きながら今日も彼らは依頼を受ける。



†【登場人物紹介】


†【エドワード・サリヴァン】

 物語の主人公。年齢は33歳。ロンドンに事務所を持つ有能な私立探偵で報酬と引き換えに依頼を受ける。若い頃から探偵業を始めこれまでに多くの難事件を解決してきた。戦闘も得意で仕事の際は愛用の銃をいつも携帯している。


†【クリフォード・ベイカー】

 エドワードの助手を務める少年。年齢は15歳。数年前にエドワードに命を救われそれ以来、彼のもとで働く事を決めた。気が弱く臆病な性格だが頼りになる相棒と評されている。


†【リディア・オークウッド】

 ロンドン市警である優秀な刑事。階級は警部補。年齢は28歳。かの有名な刑事『フレデリック・アバーライン』の直々の部下を務める。事件が起きる度、エドワードとは一緒になる事が多く互いのスキルを認め合う程の仲。そのため、まわりでは2人は恋仲というの噂が流れている。


†【アメリア・クロムウェル】

 エドワードに協力している元探偵の情報屋。年齢は25歳。元はイギリスで名の知れた探偵社に所属していたがとある事件によって職を終われる。その後、エドワードと知り合い協力関係となった。表向きは冴えない修道女だが裏では有力な情報を密かにエドワードに提供している。


†【ダンカン・パーシヴァル】

 ロンドンにある酒場『銀の王女亭』を営む女装男性の亭主。通称ロザンナ。年齢は27歳。常連客であるエドワード達に酒を振る舞い相談に乗っている。彼に好意を寄せているが現在は片思い中。クリフォードをちゃん付けして呼ぶ。たまに謎の暴くきっかけを作ったり助言を与えたりする。


†【フローレンス・ウェスティア】

 ホワイトチャペルで働く理髪師。年齢は18歳。明るく温和な性格の持ち主で近所でも評判もいい女の子と知られている。幼い頃に両親を病で亡くした過去を持ち、孤児院で育った。クリフォードと仲が良く、彼を実の弟のように慕う。


【シナリオ】忘却の執事 

【表紙】ラリス様 

【挿絵】道化ウサギ様


 It is the beginning of the story・・・

Re: ダウニング街のホームズ【第三話 ストランドの悪夢 更新中】 ( No.36 )
日時: 2021/10/17 17:07
名前: 忘却の執事 (ID: FWNZhYRN)
参照: https://www.kakiko.info/upload_bbs3/index.php?mode=image&file=2323.jpg

 --1887年 12月26日 午前12時29分 ストランド セント・メアリー・ル・ストランド教会

「情報屋って、どこから仕入れた情報をお金と引き換えに教える人の事ですよね?」

「そうだ。こういった稼業を生業とした連中はイギリス中に大勢いる。時には危険な行動に出たり、命を懸ける奴もいて探偵や警察の活躍を裏で支えてきたんだ。その中でも俺の知り合いである情報屋はかなり優秀な人材と言えるだろう。事実、何度も助けられた経験がある」

 エドワードとクリフォードは真っ直ぐに伸びた道を進み、やがて立ち止まる。2人の目の前には白く美しい立派な教会があった。セント・メアリー・ル・ストランド教会。1711年。スコットランド人のジェームス・キップスによって設計された教会である。

「--え?ここって教会ですよね?」

 クリフォードは頭を少し混乱させながら聞いた。

「セント・メアリー・ル・ストランド教会。見事な建物だろ?いつか式を挙げられるなら、ここを選びたいものだ」
「--こんな所に情報屋がいるんですか?」

 疑心を抱いた助手の質問にエドワードは軽く破顔し

「いるとも。何たって、その情報屋っていうのは普段は修道士として働いているんだ。留守じゃなきゃいいんだが」

 エドワードは取っ手に触れようとするも、一時、手を遠ざけ、門を開けるのを躊躇った。
彼は真後ろにいるクリフォードに視線をやり、忠告を告げる。

「--おっと、忘れるところだった。1つだけ注意してほしい。情報屋に会ったら、間違ってもそいつの過去は詮索しないでくれ。どうして修道士になったのか?という話もタブーだ。数年経った今でも、あいつは過去のトラウマを抱えてるだろうから」

「は、はい!気をつけます!・・・・・・あの、その人に何かあったんですか?」

 エドワードは困り果てたため息をつき、理由を語った。

「あいつは元々俺と同じ探偵として働いていた。イギリスで有名な探偵社の社員でかなり優秀な人材だった。若くしていくつもの難事件を解決し、世間からは俺に次ぐ名探偵と呼ばれていたんだ」

「エドワードさんに次ぐ名探偵!?世の中にはやっぱり凄い人がいるものですね・・・・・・」

 驚きを隠せないクリフォードにエドワードは頷いて続きを話す。

「--だが、とある濡れ衣事件がきっかけで職を終われたんだ。後にその事件は解決したが、あいつが職に復帰する事はなかった。陥れられた恐怖と冤罪による社会的制裁に心を病んでしまったんだよ」

「何年もかけて築いてきた名誉が一瞬で崩れ去って・・・・・・可愛そうな話ですね。だから、教会に身を寄せたのか・・・・・・」

「それも理由の1つだろう。だが、あいつは探偵としての誇りと未練を捨てられず、自身のスキルを活かして、今度は情報屋として名を上げる事となった。表向きは冴えない修道女としてな。そんな時、俺と出会って親しくなり、互いに協力し合う関係までに友情が深まったってわけだ。教えた忠告はくれぐれも守ってくれよ?さあ、話は終わりにして中に入ろう。まだ仕事中である事を忘れはいかん」

 エドワード達は潜った門を再び閉ざすと、植木の森を抜けて教会へと足を踏み入れた。


 シャンデリアが吊るされた中心の廊下の脇にずらりと並ぶ長い椅子。囲いの隅にピアノが置かれ反対側には告解室が窺える。その正面はドーム状の空間となっており彫刻の天井の下にステンドガラス。更に下には祭壇があった。

 そこに1人の修道女がいた。聖書と像、蝋燭が置かれた祭壇に跪き、両手を組んでいた。後ろから近づいてくる2人の足音に祈りの姿勢を崩し、立ち上がる。そして、ゆっくりと何食わぬ表情を振り返らせた。

「--エド・・・・・・」

 修道女がエドワードを名を略して呼んだ。身長は高く、年齢は20代後半に近い。顔の両脇に結った髪をぶら下げ、背中にも結んだ髪が垂れ下がっていた。表情は穏やかだが、目つきはちょっとばかり鋭い。

「久しぶりだな。"アメリア"。元気にしていたか?その様子じゃ、当分仕事はやってないようだな」

 エドワードは彼女の元へ行き、軽い挨拶を交わした。

「そんな事はないよ。私の稼業は、いつも繁盛してるさ。そっちも相変わらず、元気そうで安心したよ。かれこれ、3年ぶりの再会になるか」

(エドワードさんの言ってた情報屋って女の人だったんだ・・・・・・もっと年上の男性を想像してた・・・・・・)

 クリフォードは多少は驚きつつも、口に出さずに思った。

「紹介するよ。隣にいるこいつは俺の初めての助手だ。2年前に出会って以降、行動を共にしている」
「あんたもとうとう助手を得たんだね・・・・・・私はてっきり、あんたとリディアの間にできた子供かと思った」
「おいおい、変な冗談言うなよ!」

 度が過ぎたジョークに焦るエドワードに、アメリアはにやけながらクリフォードの元へ歩み寄る。
自分より背の低い少年を見下ろし、手を差し伸べた。

「"アメリア・クロムウェル"。かつては探偵をやってた情報屋。よろしく」
「--ぼ、僕はエドワードさんの助手のクリフォード・ベイカーです!お会いできて、光栄です!」

 クリフォードは緊張気味に彼女との握手を交わす。

「ふふっ。そんなに緊張しなくていいよ。そこが可愛い所だけど・・・・・・で、あんたが私の元へわざわざ来たって事は相当、迷子になってるみたいだね?」

 エドワードは情けなく、"まあな"と呟いて、髪を撫で下ろした。

「ここで話すのも何だから、地下室の客間で話さない?ココアを淹れてあげるよ」

Re: ダウニング街のホームズ【第三話 ストランドの悪夢 更新中】 ( No.37 )
日時: 2021/10/31 17:59
名前: 忘却の執事 (ID: FWNZhYRN)

 アメリアの案内で3人は地下室へと降り、客間へと入った。部屋は薄暗いが、暖炉の火が燃え上がり気温は温かい。椅子に座ると約束通り、ココアが振る舞われる。

「--で、久々の依頼は何?覚えていると思うけど、無くした子供のおもちゃ探しとかしょうもない頼みなら引き受けないからね?」
「そんな小事、わざわざダウニング街から頼みに来ると思うか?安心しろ。今回も重大な事件だ」

 エドワードは呆れたように苦笑し、ここに来た事情を説明する。

「--今朝、ロンドン市警から依頼を受けた。ストランドで罪もない子供達を殺害している死神のサンタの捜査だ。警察病院で死体を検死したり、事件現場から回収した犯人の私物を確信したが、まともな手掛かりを得られなかった」

「今、この街を騒がせてる死神のサンタか・・・・・・大変な仕事を任されたもんだね」

 アメリアは熱いココアを一口啜ると、またニヤリと微笑んだ。

「ストランドに住んでいて、イギリス一の情報屋のお前なら何かヒントを掴んでいると思ってな」
「--なるほどね。2人共、一旦ココアをテーブルに置いた方がいいよ?ちょっと、あんた達を驚かせる事にした」
「驚かせる?久々の再会記念に手品でもするつもりか?」

 エドワード達の視線を集め、自身に注目を浴びせる。一度、息を吸って吐き出すと、そっと口を開いた。


『"実はもう、"犯人の目星はついてる"んだ"』


「--何だって!?」 「--ええっ!?」

 2人は声を重ね、当然の反応をした。彼女はそんな2人を見て愉快な顔を浮かべる。

「本当はこの情報を警察に提供する予定だったんだけどね。先にあなた達が来たから勿体ぶらず、話す事にした」
「もう目星がついてるって・・・・・・誰なんですか!?教えて下さい!」

 クリフォードの必死の訴えにアメリアは彼を落ち着かせる。

「クリフォード。私が情報屋だって事を忘れてはいけないよ?見返りがなきゃ、命懸けで得た物を渡すわけにはいかない。こっちだって生活が懸かっているからね」
「修道士のくせに金を要求するんだな?まあいい。いくらで情報を売ってくれるんだ?」

 エドワードが言うと

「本来なら、500ポンドくらい安いでしょ・・・・・・と言いたいけど、あんたは私の親友って事もあるし。状況が状況だから、特別にサービスしてあげるよ」
「これ以上、犠牲者を増やさないためなら、いくらでも払ってやる。ほら、これでどうだ?」

 エドワードはポケットから財布を取り出し、5枚の金貨をアメリアの手に置く。

「ありがとね。確かに報酬を受け取った。じゃあ、情報を教えてあげる」

 アメリアは金貨をしまうと詳細を語り出す。

「私もこの事件の事が気になってね。部下達と共に調べたところ、1人の容疑者が浮かび上がった。容疑者は、被害者になった子供と裏路地に入って行くのを目撃されたり、事件の起きる数日前に死体に置かれたプレゼントと同じ物を購入しているという店の証言も得られた。そして、事件現場には必ず野次馬として訪れていた事もね。ただ・・・・・・」

「--ただ?何か、問題があるのか?」

 エドワードが首を傾げる。

「その容疑者というのは・・・・・・女の子なんだ。クリフォードよりも年上で私よりも年下くらいの」
「女の子・・・・・・!?死神のサンタの正体は子供だと!?」

 再び驚愕するエドワードにアメリアは冷静に言い放った。

「可能性は十分に考えられるし、犯罪者は何も大人だけとは限らない。子供の線も頭に入れなきゃだめだよ」
「お前の調査が事実なら、この社会がどれだけ腐ってるか思い知らされるな・・・・・・シリアルキラー(連続殺人犯)の正体が子供なんて世も末だ・・・・・・で、その少女は今どこにいるんだ?」
「この街のとあるアパートに住んでるよ。普段は孤児院にいて、身寄りのない子供達の遊び相手をしてる」

 アメリアはそう答え、少し温くなったココアを啜る。

「その少女がどういう奴で、どんな顔をしているのか知りたい。もし、お前に時間の余裕があるなら案内してくれないか?」
「いいよ。教会での仕事が終わって暇だったし、ちょうど出かけたい気分だったんだ。またあなたと一緒に行動できるなんて光栄だよ」
「決まりだ。早速、容疑者がいる孤児院に向かおう。また出かけるぞ。クリフォード」
「はい」

 探偵と助手が席を立ち、情報屋が2人を呼び止める。

「この格好で行くのもあれだから着替えてくる。ちょっと、待ってて」

Re: ダウニング街のホームズ【第三話 ストランドの悪夢 更新中】 ( No.38 )
日時: 2021/11/14 17:03
名前: 忘却の執事 (ID: FWNZhYRN)

 --1887年 12月26日 午後1時43分 ストランド ストランド孤児院

 正面玄関の手前で、かかとの高さまでに雪の積もった広場が大勢の子供達が無邪気に遊んでいた。
雪玉を投げ合い、雪合戦をする少年の集団。真っ白な地面に絵具を垂らし、カラフルなアートを作る少女。足跡を残し、かけっこをする子供と先生。
そして、力を合わせて大きな雪だるまの体を重ねる子達、顔を作りが完成すると喝采と拍手で盛り上がった。

 3人は鉄格子の門を開け、孤児院へと足を踏み入れる。
エドワード達の存在に子供達は一旦遊びをやめ、何食わぬ顔をした・・・・・・が、すぐに目を逸らすと再び楽しい時間にのめり込む。

「--ほら、あの子だよ」

 白い吐息を吐きながら、アメリアは遠くを指差す。その先には大勢の子供達より年長の少女が1人。彼女は玄関前の階段に腰かけ、孤児達に本を読み聞かせている。

 10代後半を迎えたような年齢で艶のある滑らかな髪が背中まで垂れていた。
着ている服は茶色のコート下は赤いロングスカートと革製のブーツを履いている。
怒った顔が想像できないくらい表情は穏やかで犯罪者の面影は感じられない。

「真ん中で本を読んでいるあの子で間違いないか?」

 エドワードは隣にいるアメリアに視線だけを確認を取った。

「そうだよ。名前は『メアリー・ヒギンズ』。ここの孤児院では釘付けのヒロインさ」
「子供の扱いが上手いな。ひょっとして彼女も孤児なのか?」
「相変わらず勘が冴えてるね?その通り、彼女の父親はストランド病院の医師で母親のそこの看護婦をやってた・・・・・・けど、1年前の事故で夫婦揃って亡くなったんだ」
「--事故?」

 エドワードが更に詳細を尋ねる。

「ロンドン橋で事故に遭ってね。乗っていた馬車が衝突したんだよ」
「家族を突然に失ったのか・・・・・・なんて残酷な、受けた悲しみは言葉では言い表せなかった事だろう」
「悲劇はそれだけでは終わらなかった。両親を失ったストレスで胸の病気を患い、原因不明の発作に見舞われて薬なしじゃ生きられない体になった。今はああして静養中、週に一度亡き父の親友である精神科医の元に通っている最中なんだ」
「--重い病を患っている割には随分と顔色がいいな。家族を失ったとも思えない晴れやかな表情だ。もうちょっと、近くで彼女を観察してみるか」

 3人は容疑者の様子を探るため、子供達の溜まり場に身を寄せた。


「こうして、意地悪な老人スクルージは稀に見る善人となり、たくさんの人に幸福をもたらしたのでした。めでたしめでたし」

 メアリーは楽しそうな面持ちを作る子供達に囲まれ、本に書かれた最後の台詞を読み上げる。
物語の終わりを告げると、クリスマスキャロルのページを閉ざした。その直後に無邪気な歓声と拍手喝采が巻き起こる。

「私にも精霊が訪れればいいなぁ~」
「僕、大人になったら今よりも優しい人になる!スクルージお爺さんみたいにたくさんの人を幸せにしたい!」
「悪い事はしちゃいけないんだね。いたずらはもうしない。もっと、友達を大切にする!」

 そんな子供達の明るい声が聞こえる。

「メアリーお姉ちゃん。僕もいつか幸せになれるかな・・・・・・?」

 傍で絵本の話を聞いていた1人の男の子が微かに不安のある顔で問いかける。メアリーは、そんな彼の頭を優しく撫でると

「勿論、一生懸命に生きていい事をいっぱいしていれば必ず報われる。神様は、ちゃんと見ててくれるんだよ」

 笑顔ではっきりと言い放った。

「うん!」

 少年も皆の笑顔に溶け込み、こくりと頷いた。

「--あら?あなた達は?」

ふと、メアリーがエドワード達の存在に気づいた。
見慣れない格好の数人の人間に対し、生真面目な表情を浮かべる。
その場にいた子供達全員もざわめきを静まり返らせ、3人を見上げた。

「孤児院の先生じゃないようですね。もしかして里親の方ですか?」
「--え?ああ、いや・・・・・・違う。俺はエドワード・サリヴァン、ダウニング街の私立探偵だ」

 誤解に少々焦りを抱くも、エドワードは自己紹介を述べる。

「そして、この子は・・・・・・」
「助手のクリフォード・ベイカーです。お会いできて光栄です」
「アムリア・クロムウェル。この街の修道女をやってる」

 後ろにいる2人も、それぞれの態度で自ら名を名乗る。

「探偵なの!?凄い!」
「ねえ!拳銃とか持ってるの!?見せてよ!」

 子供達の脚光が、今度はエドワードに浴びせられる。
大勢に押し寄せられ足元を遮られたどうしようもない状態に探偵は両手を上げ、困り果てた苦笑をせずにはいられなかった。

「こらこら、皆だめだよ。探偵さんの仕事の邪魔をしちゃいけないよ?」

 メアリーは子供達を引き下がらせ、大人の対応を取る。孤児達は失望した顔をしながらも、しぶしぶ指示に従った。

「ここには色んな人が訪れますが、探偵の方が来るなんて珍しいですね。この孤児院に何か用でも?」
「--おっと、そうだった。実は君に聞きたい事があって、ここに来たんだ」
「--私に・・・・・・?」

 エドワードは一度咳をすると気を取り直して内容を話す。

「俺達は、ある事件の捜査の聞き込みをしていてね。少しばかり、時間をくれないか?」
「--どんな事件ですか?」
「今この街を騒がせている死神のサンタさ」

 エドワードは容疑者の目の前で例の事件の事を口にする。

「・・・・・・」

 メアリーは沈黙したももの、顔色一つ変えずに動揺の素振りを見せなかった。
しかし、さっきまで和やかなだった態度を変え

「--最低な事件ですよね・・・・・・罪のない子供達を殺して、玩具にするなんて・・・・・・こんなの許されていいはずがない!」

 怒りに震えた声で言った。
予想もしなかった返答にエドワードは逆に混乱した。
何故なら、犯罪者の面影が彼女からは感じ取れなかったからだ。

「--そ、そうだな。こんな残忍な犯行は早く止める必要がある。改めて聞くが、この街で特に夕方の時間帯に怪しい人物を見なかったか?どんな些細な事でもあったら教えてほしい」
「--力になれず申し訳ありませんが、怪しい人は目撃してないですね。外出はあまりしないし、時々商店街や孤児院に足を運ぶだけで・・・・・・重い病気を患っているから・・・・・・」
「ただせさえ大変なのに、嫌な気分にさせてすまなかったね」

 メアリーは再び笑みを作ると否定的に頭を振り

「大丈夫ですよ。エドワードさんもお仕事頑張って下さいね?」

「ありがとう、捜査の協力に感謝する。では、用が済んだから俺達はこれで失礼させてもらうよ。これは大きなお世話かも知れないが、死神のサンタは幼い子供ばかりを標的にするとは限らない。君も日が暮れた時刻はなるべく外を出歩かないように。それと路地裏や人気のない場所には近づいちゃだめだ。他の子達にもこの事を伝えておいてくれないか?」

「勿論。十分に気をつけますが、この子達の安全は私が必ず守ります。決して卑劣な犯罪の犠牲者になんかさせません!」
「勇敢だな。君がいれば、子供達も心強い事だろう。では、これで失礼する」

 エドワード達は再び子供にチヤホヤされるメアリーを背に孤児院を後にした。
そう遠くない後ろで無邪気なはしゃぎ声が絶え間なく聞こえ始める。

Re: ダウニング街のホームズ【第三話 ストランドの悪夢 更新中】 ( No.39 )
日時: 2021/11/21 18:24
名前: 忘却の執事 (ID: FWNZhYRN)

 施設を出た3人はとりあえず、建物の裏側へ回る。通行人のがほとんどいない平凡な歩道で足を止め互いに向き合う。そして、しばらくも経ってないさっきの捜査について話し合いを始めた。

「--アメリア。もう一度聞くが、本当にあの少女が容疑者なのか?話をしたら、かなり良識的な人間で驚いたぞ?」

 エドワードは訝し気にアメリアを問いただす。

「私達の集めた情報が間違っていたとでも言いたいの?」

 アメリアは少し反抗的な目つきをしたが、口調は冷静だった。

「でも、僕もあの人が悪い人になんて全然見えませんでしたよ?」

 クリフォードも納得しきれず、否定的な台詞を口にする。

「いくら上辺を繕っても、根が凶悪な人間なら、あんな風に子供達が恐がりもせず近寄る訳がない。反応を確かめるためメアリーに今回の事件の話を持ち出してみたが、彼女は動揺の兆しさえ表さなかった。子供を殺して快楽を得ている連続殺人犯にしては目が優し過ぎる」

 エドワードもとてもじゃないが、信用しきれない様子だった。

「まあ、私だって、超能力者じゃないから間違いだって犯すだろうね。でも、あの少女が犯人だという事に関しては自信があるんだ。この事件の犯人は子供の扱いに長けて上手く誘い込むのを得意としている。いくら、警戒心が強い子供でも相手も子供なら簡単に気を許してしまう。ああいう優しそうな女の子なら尚更ね。そして、前にも言ったけど、あの子は死神のサンタ事件の犠牲者の傍に置かれていたプレゼントと同じ物を数日前から購入している。こんな偶然は有り得ない」

「まあ、確かに・・・・・・恐いぐらいに偶然が重なってはいるがな・・・・・・」
「メアリーさんが犯人である線が薄いなら、捜査はまた振り出しですね。これからどうします?もう、調べられそうな所はありませんよ?」

 クリフォードが、がっかりしながら探偵に次の提案を促す。

「いや、そうでもないぞクリフォード。どうも容疑者とは思えないが怪しい箇所がある以上、念には念を入れて調べなければならん。メアリー・ヒギンズを調べてみよう。犯人なら、どこかに証拠を隠してるはずだ」
「メアリーの家を調べるんですね?」

 クリフォードの以心伝心にエドワードが頷く。

「証拠を探すなら、まずは家を調べるのが基本だ。だんだんと冴えてきてるなクリフォード?成長が窺えるぞ。さて、やる事が決まったとなると・・・・・・アメリア。お前、メアリーの調査に明け暮れていたんだろ?住んでる場所くらい把握しているよな?」

 アメリアは少々自慢げになって

「当たり前でしょ?容疑者の家の場所すら調べられないようじゃ、情報屋失格だよ。彼女の家は、ここからちょっと離れた住宅街のアパートに暮らしている。アパートの名前は『ブルーサンシャイン』。2階建てのなかなか洒落た建物さ」

「じゃあ、早く行こう。メアリーが孤児院で子供の遊び相手になってる今がチャンスだ。案内してくれないか?」
「ちょっと待って。エド」

 事を急くエドワードをアメリアが呼び止める。

「朝から捜査で疲れたんじゃない?あなたとクリフォード、2人は休んでここは私に任せてくれない?」
「何を言い出すかと思えば、どうしたいきなり。俺達じゃ、不服か?」

 納得いかず少しばかりムッとするエドワード。彼女はそんな彼を見て平然とした口調で

「不快にさせてしまったら、ごめんね?別にあんたが頼りないと言ってるわけじゃないんだ。たまには"私達"にも仕事をさせてほしいって事」
「--私達?他に誰かいるのか?」
「まあね。さっきから私達の後ろにいたんだけど、まるっきり気づいてなかったね。ほら、あそこ」

 そう言って振り返ったアメリアはそう遠くない距離を指差した。2人も、その指先を目で追う。

 道路を挟んだ向こうの歩道でガス灯の柱に腕を組み寄りかかっているの1人の男が見えた。如何にも探偵らしい帽子を被っているが、着ている服は古びたコートで身なりはかなり汚い。エドワードとは同世代くらいの年齢だが、伸び放題の髭が老いた顔立ちを錯覚させる。男は格好つけた姿勢を崩し、吸っていた煙草を踏みにじると、こちらへ迫って来た。

「紹介するよ。"トーマス・ライアン"。私の部下にして優秀な情報屋。尾行の達人さ」

 アメリアに紹介され彼は帽子を取り軽いお辞儀をする。

「トーマスと申しやす。へへっ、こう見えてもプロの情報屋でさあ。あ、この汚らしい服装は気にしないで下せえ。仕事をする時はいつもこの格好を選ぶもんでね。よかったら、今度一杯やりやせんか?いい店を知ってるんですよ」

 彼はどうでもいい台詞を次々と口から吐き出し手を差し伸べる。エドワードは友好的を偽った苦笑の表情を浮かべ、"こいつ酔っぱらってるのか?"と言わずと思った。不信な感情を抱きながらもとりあえず握手には応じ、自分と助手の自己紹介を済ませる。

Re: ダウニング街のホームズ【第三話 ストランドの悪夢 更新中】 ( No.40 )
日時: 2021/11/28 19:36
名前: 忘却の執事 (ID: FWNZhYRN)

「トーマス。羽目を外すのは後にしなよ。あんたの力が必要なんだ。エドのためにやってほしい事がある」

「おお!かの有名なエドワードさんの手伝いができるなんて光栄な限りだ!喜んで協力させてもらいやすよ!・・・・・・で、早速何をやってほしいんで?聞き込み、尾行、潜入、それから尋問。何でも承りやすよ?無論、報酬ははずんでくれるんですよね?」

「これにあった見返りを先に渡しておくよ。あんたの事は頼りにしてるけど、いつもそんな調子だから不安になるんだよね。しっかりやんなよ?」

 アメリアは彼の能天気な態度に飽きれながらも、さっきエドワードから貰った金貨5枚のうち3枚を手渡した。

「これだけの金がありゃ、存分に贅沢できるってもんだ。感謝しやすぜ姐さん。へへっ!久々の大儲けだ」

 トーマスは歓喜して、もらった報酬を大事そうに懐にしまい込んだ。

「エド。今日だけ、トーマスはあんたの部下だよ。早速、指示を出したら?」
「人に頼るのは俺の性に合わないんだが、せっかくの好意を踏みにじるのも良心が痛む。じゃあ、これらの依頼を頼めるか?」

 エドワードはメモ帳の白紙に万年筆のインクで文字を描く。頼みたい事をいくつか書き込むと、ページを千切ってトーマスに渡した。彼は目を細め書かれた内容を確かめ

「--尾行。容疑者の家の捜査。指紋の採取・・・・・・なるほど、流石ホームズの異名を持つエドワードさんだ。手抜かりないですね。喜んで承りやしょう。やりがいのある仕事を任されるのはいいもんだ。久々に腕がなるってもんでさあ。俺は早速仕事に取り掛かるんで、この辺で失礼しやす」

 トーマスは簡単な別れの挨拶を告げ、エドワード達に背を向けると妙に張り切った様子で走り去って行った。エドワードは一見、頼りなさそうな後ろ姿を僅かに見送り、頭の向きを正面に戻すと

「親友を疑ってばかりで申し訳ないが、アメリア?あいつ本当に当てになるのか?どう見ても、ただの酔っ払いにしか見えなかったぞ?」

「確かに、見たまんまの通りトーマスは飲んだくれで、しょっちゅう煙草だって吸う。普段の生活がだらしないから、そんな風に捉えられても仕方ないよね。でも、彼は私の部下の中でも最も優秀な人材だし、今まで頼まれた仕事は完璧にこなしてきた。信じるに値する男だよ」

「--まあ、お前が推薦した人間なんだから、外れはないと思うが・・・・・・」
「僕もあの人の実力を信じますよ。もし指紋が一致すれば迷宮入りの事件もこれで解決ですね。メアリーさんが無実だといいんですけど・・・・・・」

 クリフォードが期待の裏に不安を募らせながら最後の台詞を呟いた。

「さて、後は部下がやってくれるから、今日の私の役目は終わり。2枚の金貨で何を買おうかな~?久々に高い紅茶とケーキをテーブルに並べて、冬の風流を満喫するのもいいかもね。私は教会に戻るけど、因みにあんた達はこれからどうするつもり?」

 能天気に振る舞うアメリアとは裏腹に、エドワードは生真面目な態度で言った。

「頼んだ事はトーマスに任せよう。だが、俺はお前と違って暇じゃないんだ。こっちは事務所に戻って、今日の捜査内容を書類にまとめなけばならない。今回は場合も場合で他人を頼る羽目になったが、自分の足で動いて捜査に出向いてこそ、探偵と呼べる。更に言えば、今日はクリフォードと昨日できなかったクリスマスパーティーを開く約束をしているんだ。面倒な後始末が済んだら、今夜は豪華なディナーを嗜むよ」

「男2人っきりのパーティーもどうかと思うけど・・・・・・せっかくのクリスマスなんだし、お酒でも飲んだら?ロザンナの店には行ってないの?」

 嫌みを返す情報屋に、探偵は作り笑いをしながら頭を横に振り

「今日はアルコールを浴びたい気分じゃないんだ。賑やさのない静かな時間を過ごしたいんだよ。それにあいつ、やたらと俺やクリフォードに絡んでくるし、煙草の臭いがきつくてかなわん」

「あはははは!あのオカマさん、あんたにべた惚れだからね。分かった、人のやりたい事にあれこれ口出しするのはやめるよ。今夜は可愛い助手と豪華な晩餐を楽しめばいいさ。じゃあ、ここにいる意味もなくなったし、私もこれで失礼するよ。数年ぶりに会えて嬉しかった。エド。また捜査に行き詰まったら、遠慮なく私の所へ来なよ?あんたに対してだけは安くしとくからさ」

「助かる。お前がいれば、どんな難事件も簡単に解決できるような気がするよ。用ができたら必ず会いに行く」

 2人は挨拶を交わし、アメリアは教会へ続く道の交差点の角を曲がると、姿を消した。

「さあ、俺達も帰るとするか。今日は色々と大変だったから、帰ったら存分に楽しい夜を過ごそう」
「早くケーキが食べたいです。書類の仕事、僕も手伝いますよ」

 探偵と助手も互いに笑みを見せ合い、孤児院を離れストランドを後にした。


Page:1 2 3 4 5 6 7 8



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。