複雑・ファジー小説

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

大江戸那刃手明拳流血風録
日時: 2023/11/04 18:13
名前: 梶原明生 (ID: gV64xmvp)

・・・幕末期。豊後日鷹藩出身の忍侍の家柄に生まれた小助は、16歳の時、師匠の言いつけで薩摩島津藩を訪れるために名刀「国光」と共に商船に乗った。が、しかし、その船が難破して沈み、別の僚船に助けられた小助は記憶喪失のまま、南のとある島国にたどり着いた。その国の名は「琉球王国」。国光だけが所持品となった小助を不憫に思った客の一人、「宮城一鉄」に絆されて、宮城家の居候となるが、直にそこが「那刃手明拳流」と言う「無手」による一撃必殺の空手拳法流派宗家と知る。宮城一鉄の父、「宮城正順」総師範もまた、小助のただならぬ身体能力と人柄に気付き、一鉄と共に「那刃手明拳流」の修行をさせることとなる。三年後、誰よりも早く宗家の奥義を体得し、一鉄をも凌ぐ腕前となるが、「ナイチャーのもん」と言う回りの意識と、彼の気持ちを尊重し、身を引いて再び海を渡る旅に出る。宮城家の印可を貰い、「宮城小助」と名乗って幕末期の大江戸へと向かうのであった。・・・梶原明生初の時代活劇談。剣ではなく拳で、チャンバラでなく無手の「空手」で大江戸を暴れ尽くす血風録。ご期待ください。

Re: 大江戸那刃手明拳流血風録 ( No.36 )
日時: 2024/02/20 18:40
名前: 梶原明生 (ID: DGNStUnA)

・・・「なかなかの手練れ。これは琉球・・・いや、いまは沖縄か。そこに伝わる伝説の無手技があると聞いた。その名は那刃手明拳流。それが今ここに、カハっ・・・」予想外の吐血が起こる才蔵。「既に臓のふを。ならば」手裏剣を複数投げる。「バカな。そんな攻撃など・・うっ。」手裏剣の一つが小助の肩を掠っただけなのに。「フフフ、ほんの少し掠るだけでも鳥兜の毒は回るであろう。」「うぬぬ、ハーッカッカッ。」那刃手明拳流は呼吸に始まり呼吸に終わると言う。その奥義は呼吸にて体を鋼の如く強くする。「バカな、鳥兜の毒を・・・」驚愕しながら渾身の人刺しに賭ける才蔵。「ハーッ那刃手明拳流奥義、三戦の型。」拳による両外受け。三戦立ちの四股を内側に絞る立ち方で正拳突きを放つ。その勢いで浮いた才蔵を飛び後ろ回し蹴りで叩きのめした。「キャーーーッ」「お昌、女ども、逃げるなおい。おのれ。」刀を手にして屋敷から逃走する唐川。「警察署だ、警察署に行かなければ。」それも虚しく小助に追いつかれていた。「お、おのれ化け物。」「化け物はどっちだ。参与の権力のために金山と暴利を貪り、人の生き血を吸う下郎が。」「たわけが。」刀で斬りかかるものの、すれ違い様背中を篠山の小刀で刺した。「う、く、・・・」「これは篠山殿の刀だ。武士の魂を愚弄したお前に報いるのは俺の那刃手じゃない。この刀だ。」更に抉り刺し、唐川を絶命させた。血を懐紙で拭い、夜空に向かって呟いた。「仇は討ちましたぞ。武士の魂は死なず。」小刀を手にしたまま夜道を後にする小助であった。朝焼けが白む時、小助、琴葉、お妙の3人は和気藹々と並んで歩いていた。「小助殿、私が走りもうしたら追いつけぬほど速く走られておりました。どちらへ行かれていたのです。」「いや琴葉進殿、それが篠山殿を追いかけておりましたら道に迷いましてな。ようやくこうして合流できたわけでござる。」「ようございました。小助殿にもしものことがございましたら男谷お妙といたしましても、あ、いえ、忠朝殿に申し訳ありませんでした。」苦笑いの小助と琴葉。「おお、これは御三方。夜回りご苦労様。私の故郷の名物、薩摩芋を蒸しておる。どうか食してくれ。」大柄な遊び人、吉之助が庭で炊いた鍋で蒸した芋を提供する。「これは忝い。あなたのような方に斯様なことをさせて申し訳ござらん。」その小助の言葉に驚く二人。「小助さん、遊び人の吉之助さんじゃないですか。何をそんなに畏まってるんです。」お妙の屈託ない物言いに焦る小助。「いや、その、吉之助殿は・・・」「小助さん、お妙さんの言う通りじゃ。気にせんでもいい。ワシはただの遊び人吉之助じゃ。ハハハッ」笑う横から琴葉が割り込む。「もしや吉之助殿は、元は武士では。しかもかなりの身分の。」ドキッとする吉之助。「何を言うとりますか。私は男谷様のお情けで居候しとる者。ま、昔は島流しの下級武士だっただけです。ハハハッ」笑って誤魔化す吉之助。縁側で一人薩摩芋を食す小助の隣に座る「どうしました小助殿。人を斬りましたか。」「はっ・・・」「図星のようですな。あ、いや、無手の技でしたから正確には人を撃った、とか申した方が良かったですかな。いやー、小助殿の無手の那刃手明拳流でしたか。・・・続く。

Re: 大江戸那刃手明拳流血風録 ( No.37 )
日時: 2024/02/20 15:12
名前: 梶原明生 (ID: 1Lh17cxz)

・・・中々の腕前。刀にも物怖じせず立ち向かう無手の技には感銘いたした。拙者は若い頃の腕に受けた刀傷のせいで剣術ができなくなりもうした。しかし、小助殿の那刃手なら、習うてみたいのう。じゃが、人が人を討つと言うことは、時として人を蝕む。もしかして、小助殿は今日もそれを味わったのでは。」「わ、分かりますか。」「わかりますとも。この年ですぞ。今まで色んな志士たち、人々を見てきましたからな。じゃが、小助殿の目は澄んでおられる。その行いは真っ当な正義感から来ておるに違いない。迷わず進まれよ小助殿。」その吉之助の人柄と言葉に救われる小助。「三日会えば三日の愛生ず。三年会えば生涯の愛生ずる。」と謳われた吉之助の「敬天愛人」の銘は小助達にも響いていたのだ。「はい。西・・・いえ、吉之助殿。」すっかり朝となり、雀が庭の芋屑を突き始めてはしゃいだ。・・・「子連れ人斬り」終わり。次回「我の子は西南に在り」に続く。

Re: 大江戸那刃手明拳流血風録 ( No.38 )
日時: 2024/02/21 14:26
名前: 梶原明生 (ID: TFnQajeA)

「我の子は西南に在り」・・・「抜け忍小助の行方はまだ掴めんのか。」「は、総力を上げて日鷹藩忍び衆総出で当たっておりますが、未だに行方知れず。」藤崎大野介は苛立ちを隠せなかった。「殿からもお叱りを受けたと言うのに。江戸の世なら切腹物だぞ。もう三年になるぞ。」「は、それ故に船着場を調べたのが2年前。琉球に渡ったらしいとつかんだのは極最近でござる。ですが派遣した下忍の報告では、薩摩と違って方言も難しく、隠密も送りにくく、ましてや琉球以外の者に、なかなか口を割らん風土故、捜索は難航しております。しかしながら藤崎様、もしみつけだしたらいかがいたします。まさか江戸の世の慣わしの如く掟通り抹殺ではござりませんでしょうな。」「や、やむおえん。明治文明開花とはいえ、忍びの締め付けが緩めば世は乱れよう。やはり我が子とは言え、親族を前に示しが付かん。」そこへ旅姿の侍が現れた。編笠を脱ぐ。「やや、気配を消して現れたは何奴・・・か、柏木ではないか。」「久しいのう大野介。」「何故ここに。」「三年前からおはんの息子が消えたゆうてな、おいどんも探しちょった。ようやく島津のお殿様が旅路のお許しが出てのう。こうして久々日鷹まで来たっちゅうわけじゃ。おはんと久々酒も酌み交わしたいしのう。」「すまぬ、難儀であったな。あ、これこれ、足の濯ぎ水出しなさい。」「ところでな。やはり餅屋は餅屋。琉球なら薩摩じゃ。じゃっどん、情報を掴んだのは最近でのう。短刀直入に言うたら江戸、即ち帝都東京に怪しい噂があるっちゅう話じゃ。」「して、その噂とは。」何やらヒソヒソ話しはじめる柏木。その頃、男谷道場では小助と琴葉が対峙していた。「この時を待っていた。夜回りやらで忙しくまともに道場にて稽古できなかった。今こそ小助殿の実力を試す時。」琴葉は心で呟きつつ、刀を構える。無論、小助は無手の構え。「参りますぞ小助殿。」「いつでも構いませんよ琴葉進殿。」「テヤーーーッ」先陣を切って木刀を振るう琴葉。しかし、まるで木刀が空を斬るが如く、ことごとく躱される。「私は何と戦っている。・・・」幻惑されるほどに、まるで陽炎を斬っている感覚に陥る。「そこまで。」「はっ、・・・」忠朝の掛け声で我に帰る琴葉。何と、頰三寸のところに小助の足刀がピタッと静止して伸びていた。「何と言う脚力、足技。いや、それ以前に一度も殿方に一本を許したことのなかった私が、負けているだと。」心でまたもや呟く琴葉。もはや完敗である。「ま、参りました。」「いえいえ、琴葉進殿もなかなかの太刀筋、私とて、今のは奇遇でして。」「琴葉と・・・琴葉とお呼びください。か、厠へ行ってまいります。」顔を赤らめて道場を後にする。固唾を飲んでいた男谷道場生は口々に感嘆していた。お妙はドヤ顔になる。「ほーら、ようやく女とお認めになった。」・・・続く。

Re: 大江戸那刃手明拳流血風録 ( No.39 )
日時: 2024/02/22 19:33
名前: 梶原明生 (ID: WfwM2DpQ)

・・・小助は何が何だかとキョトンとなる。「私が負けた。この私が小助殿に。」恋煩いは更に琴葉を苦しめた。落ち着いてから厠を出た琴葉。縁側には遊び人と称する吉之助が座っている。「待たれい仲沢殿。」「こ、これは吉之助殿。何か。」「まぁ、そう慌てずとも、道場は逃げませぬ。ここに座って。」自分の隣を軽く叩く。「あ、はぁ。それでは遠慮なく。」「今日もいい日柄ですな。あなたと母上に会った日もこんな日柄でしたかな。」それでピンと来る琴葉。「やはり、貴方様は西・・・」「おっとそこまで。前にも申したように、私は遊び人吉之助。それは忘れんでもらいたいのう。」「ですが・・・」「まぁ、聞きなさい。あれはもう何年前になるかのう。戊辰戦争の絡みで母上たる仲沢琴殿はそれは目まぐるしい戦いを兄上と共に繰り広げた。男十人掛りでも歯が立たず、次々と斬り捨てる、まさに男勝りな琴殿であった。丁度その頃であった。お主の母上と、お主を背負う兄上殿と逢いもうしたのは。まさに鬼の形相となって琴殿はワシらの部隊を斬ろうと刀を再び抜いた。ワシは配下の制止を振り切り自ら説得したのじゃ。そうしたらわかってくれてのう。ワシらも無駄な血は流したくないと理解してくれた。それで暫くはお主と母上達を牢へ入れた。」「もしやあの時。」琴葉は幼い記憶を思い出していた。琴達は極刑を覚悟していたが、せめて琴葉だけでもと懇願していた。なのに牢の中とは言え、吉之助は琴達に手厚い物資を施していた。食事はもちろん、布団や衛生用品から医者の手配まで。沙汰を出す会議が続く間、ありとあらゆる待遇を施したのだ。そして何より嬉しかったのは琴葉におもちゃやお菓子まで差し入れしてくれた上、肩車遊びまでしてくれた事だ。大柄な隊士だったのを今でも覚えている。大粒の涙を流す琴葉。「覚えておりまする。あの肩車は吉之助様だった。ご無礼仕りました。」縁側から下に膝を突いて頭を垂れる琴葉。「よいよい、何をしておる。そのようなことをせずとも良い。座らぬか。しかしな。思うのじゃ。あの時の判断は間違っていなかった。会津では政府軍が死骸にすら酷いことをする有様。だからこそ敬天愛人の精神を貫いた。よう大きく立派になられたな。琴殿はご健在か。」「はい。あいも変わらず強い男でなければ嫁に行かぬと剣を奮っております。」泣き笑う琴葉。「そうか。群馬のじゃじゃ馬は健在とな。何より何より。ハハハッ。」快い笑いが尚更吉之助の「愛」を感じるのであった。・・・続く。

Re: 大江戸那刃手明拳流血風録 ( No.40 )
日時: 2024/02/23 17:01
名前: 梶原明生 (ID: vevJKpiH)

・・・


Page:1 2 3 4 5 6 7 8



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。