二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

普通で普通じゃない日常劇場R
日時: 2022/05/14 12:25
名前: W683 (ID: nGlDu.LB)
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel7a/index.cgi?mode=view&no=69

どうも皆さんこんにちは。W683で御座います。新しい「普通で普通じゃない日常劇場」にお越し戴き誠に有難う御座います。前スレ同様、引続きマイペース・濃縮されたカオスさでやっていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。尚、前スレは上のURLから飛ぶ事が出来ますので、過去の作品を見たいという方は是非是非どうぞ。


==注意 Caution==

・此方では「二次創作」や「クロスオーバー」を取り扱います。
・オリジナル設定によるキャラ崩壊が多く含まれております。
・設定はその都度変わる事が御座います。
・作者W683の文章力の低さによる意味不明な部分が発生する事が多々あります。
・完全俺得なネタやマイナーネタ(例のアレネタや鉄道ネタなど)が含まれている場合が大いにあります。
・不定期更新というか更新速度は遅めになると思います。
・感想やキャラの貸し出し等はコメントにていつでも受け付けます。但し、誹謗中傷等他の読者様のご迷惑となる行為はおやめ下さい。

以上、皆様のご理解とご協力をお願い致します。


==目次 Contents==

〔簡単な設定集〕
前スレまでのメンバーの設定>>3-5
シャニマス組&デレマス組>>19
第7期新メンバー>>142
第8期新メンバー>>569

〔短編〕
アイドル達のカオス革命>>9-19
シャニマスdeトムジェリパロ>>24-28
とある社長の大懺悔>>32-40
短編詰め合わせ4>>174-181
スマブラdeギャグマンガパロ>>358-362
デレマスdeでんじーパロ>>368-372
Dog-1グランプリ>>380-387
シャイニーロンパ(プロローグ)>>393-394
短編詰め合わせ5>>542-549
帰って来たテスト祭り
(前編:五教科)>>569-576
(中編:副教科)>>585-591
(後編:その他)>>597-603
デレマスdeトムジェリパロ>>610-613
大魔王vs世紀の大怪盗>>618-623
新年会は虎騒動>>643-648
ダイエットはカオス祭り!?>>653-659
ナージャdeでんじーパロ>>665-670
新シリーズ予告>>710-711

〔長編〕
『カオスまみれの大体育祭』
準備編>>54-57
第1・2競技>>63-69 第3・4競技>>76-82
第5競技>>92-99 第6・7競技>>106-112
応援カラオケ編
(前編)>>119-126 (中編)>>135-142
(後編)(裸族注意!)>>153-162

『絶対に笑ってはいけない営業所24時』
Part1>>403-408 Part2>>415-421
Part3>>430-435 Part4>>444-450
Part5>>459-466 Part6>>476-481
Part7>>490-495 Part8>>504-510
Part9>>516-523 Part10>>528-533

〔裸族による裸族の為の講座 in W683〕
※1・2回目は前スレ参照
3回目>>200-206

〔料理対決〕
※1~3回目は前スレ参照
『4回目:THE COOKING M@STER』
準備編>>212-221
試食編
(1~3番)>>229-236 (4~6番)(裸族注意!)>>244-252
(7~10番)>>258-265 (11・12番)(戦闘回注意!)>>273-279
(13~16番)>>285-291
結果発表と真相解明>>302-311
お仕置き
(前編)>>327-336 (後編)>>345-354

『5回目:クロスオーバー料理対決V』
準備編>>684-690
試食編
(1~4番)>>700-705 (5~7番)>>717-721
(8・9番)(戦闘回注意!)>>728-736
(10~15番)>>744-751←New!
結果発表
お仕置き

〔痛快!! UMB Channel!!〕
※1~7回目は前スレ参照
第8回>>46-50   第9回>>187-191
第10回>>317-322 第11回>>556-561
第12回>>631-637 第13回>>673-678

2020.01.01開業
2022.05.14更新

(タグ)
クロスオーバー/キャラ崩壊/ギャグカオス組/裸族/腐った女子/鉄道ネタ/スマブラ/明日のナージャ/SHOW BY ROCK!/ガールフレンド(仮)/シャニマス/デレマス/ポップン/涼宮ハルヒの憂鬱/らき☆すた/VOCALOID/魔法少女まどか☆マギカ

クロスオーバー料理対決V――Part 4(7) ( No.750 )
日時: 2022/05/14 12:21
名前: W683 (ID: nGlDu.LB)

続き

【15番】

樹里「次でラストか…;;;此方は大当たり確定なんだが…;;;」
クロム「また裏で犠牲者が出るかもなー…」
卯月「後で(15番)さん達にお見舞いでも行こうかなー…」
ロム「最後の最後でこれはマジでねぇよ…」


最後の+α審査員と最後の逸品を待つ会場の空気はガチのお通夜状態。言うまでもなかろうが、最後の最後で犠牲者が出るという最悪のTrue endに憂鬱になる…;;;


美琴「あの兎の子、確実に死ぬね…;;;」
にちか「南無~…」←合掌
心実「いやまだ死んでない;;;でも、相当の物でしょうね…」
W683「よりによって蜥蜴野郎の毒劇物だからn」
リドリー「誰の料理が毒劇物だって?」
クロム「あ、いたんか」


噂をすればその蜥蜴野郎が会場の入口にいた。前々回の料理対決で悪魔の豚骨ラーメン(の面影が全くないゲテモノ)を作った上に、かなりの馬鹿舌持ちなので調理するにも試食するにも向いてない。完全に嫌な予感しかしないが…


にちか「因みにどんなの作ったんですか?」
リドリー「聞いて驚くなよ!!あれから地道に研究を重ね、世界レベル…いや、宇宙レベルの物に辿り着いた!!!勿論メトロイドの有効活用はさせて貰っt」




※暫くお待ち下さい…※




リドリーの塊(?)「何すんだお前ら!!!!」
ロム「そりゃ此方の台詞だ馬鹿野郎!!!!」
美琴「このやり取り、前にも見なかった?」


前回から全く反省していない蜥蜴野郎を沈め、心の中で静かに15番に合掌する審査員と司会。取り敢えず試食に移る事に。やって来た15番の料理は…


W683「ちょっと待って。こんな良い物食って良いの?」


やって来た15番の料理は本格フレンチの様な、かなり豪華なプレートだ。サラダは季節の野菜と生ハムをマリネ風に、前菜は豚バラを使った味噌煮、メインディッシュは牛ヒレ肉のステーキ、そしてスープも鶏ガラで出汁を取った中華風のチキンスープだ。どの料理にも何らかの形で肉が入っているのでお題としては十分クリアであり、言わずもがな美味そうな雰囲気が漂っている。


ゲオルグ「これはガチなヤツだな」
樹里「これ幾らするんだ?」
クロム「自分で作ったとは思えないレベルだな;;;」


一応15番の手作りであり、間違いなく美味いのは分かり切った事。相手に感謝しつつ、いざ試食。


卯月「これはもう何も言葉が出ませんね…」
心実「和洋中が上手い具合に合わさってるのもまた良いですよ!!」
W683「これ正直ワインが欲しくなるよな。俺は飲めんけど」
美琴「作者はワイン飲んだ事ないでしょ」
クロム「尚、ビールは飲んだ事ある模様」
にちか「えー意外ですね;;;」
W683「普段はノンアル派だけど、コンパの時は飲むぞ?」
ロム「確かに、これを摘まみながら飲むワインが格別だろうな」
ゲオルグ「最高だなこりゃ!!!おい、酒持ってk」
一同「「お前は酒飲むな!!」」


団長がまた素っ裸になるアクシデントをギリギリ回避した一方で…


リドリー「何だこのゴミは!!」
一同「「」」


蜥蜴野郎、この☆5確定の料理をゴミ呼ばわりして罵倒。あまりに信じ難い光景に他の審査員及び司会は言葉を失う…;;;


樹里「おい其処のヒョロガリ、お前今何つった?」
リドリー「だから、ゴミだっつってんだよ!!!ゴミだよゴミ!!!」
クロム「お前、よくそんな口が叩けるな…!!!!」
リドリー「料理っつーのは多少なりとも遊びを加えるのが常識(?)だろうが!!!それを何の遊びもないチンケな物ばっか並べて、恰もコース料理みたいに見せてるだけだろ?こんなのを美味い美味いって言ってる奴はどうかしてると思うぞ?」
卯月「どうかしてるのはそっちでしょうが」
リドリー「んで、何だこの肉は?生焼けじゃねぇか生焼け!!!こんなのよくも俺に食わせようとしたな!!!後で家行くぞホントに…こんな残飯の塊みたいなの食わせやがっt」
美琴「にちかちゃん、〆て良いよ」
にちか「はい」


あまりに訳の分からないdisを繰り返すメトロイドのボスにグーパンをぶちかます事務員の妹。まあ当然と言えば当然である。


リドリーの塊「何しやがんだこの野郎!!!!!」



15番の総合評価:☆5

W683の評価:☆5
いやぁーかなり豪華なプレートが出て来た時は、「こりゃ何処のホテルのコース料理だ!?」ってなったけど、15番の腕前なら此処まではそんなに難しくなさそうだもんな。洋食だけじゃなくて和と中もあって飽きが来ないのもユニークで良かった。正直これにどれだけ出して良いか分からんね。BRRの他の人達にも持って行ってあげなさい。でも、この後が本当の地獄だろうな…;;;

クロムの評価:☆5
いやもう十分過ぎる。此処までガチで来たのは中々ないから、正直戸惑った。味も一流で、高級ホテルのディナーとかで出ても違和感なしの逸品。これを食いながら嗜むワインは間違いなく特別な物だろうな。ただ、15番がまだ未成年なのが惜しい所だな。一緒に飲みたかったが仕方ねぇな。勿論打ち上げでも頼むぜ。さーて、結果発表で血の雨がどれだけ降るだろうなー…(遠い目)

ゲオルグの評価:☆5
普通コース料理と言えば、時間差で一品ずつ出て来るのをイメージしたんだが、これを一枚のプレートに収めたのは中々新しい。どの料理にもお題通り肉が入ってるし、味も一流シェフ顔負けで間違いなく美味い。出来れば本格的なコースみたいな感じで食いたかったが、それだと試食に時間をかなり食ってしまうから仕方ないな。それに問題児の愚痴を延々聞く必要もないしな(^ω^###)

ロムの評価:☆5
これはもう完敗。正直このレベルの料理出されたら☆5でも足りないぐらいで、タダで食うのが申し訳ないです、マジで。洋食一辺倒じゃなくて、和と中の要素も取り入れてるのも上手い事出来てて完璧です。もういっその事BRRの社員食堂のメニューに採用して欲しいぐらいだ。今度食う時はガチのコース形式でお願いするぞ。しかし、9番に加えて15番まであんな目に遭うとは…;;;

心実の評価:☆5
何かこう言うコース料理を態々一枚のプレートにして、それにタダで食べられるって言うのが正直申し訳ないですね…;;;でもそれだけ(15番)さんが本気なのが分かりました。味も高級ホテルで出しても遜色ないレベルですし、正直言うと☆5じゃ足りませんね。何時か私も(15番)さんみたいに美味しい料理が作れるようになりたいですね。でもまさか最後の最後で倒れるなんて…

樹里の評価:☆5
正直言うと、これはホテルのディナーで出した方がしっくり来る一品…じゃないけど逸品だな。これがタダで食えるのはホントに有難いし、ちゃんと肉をメインに据えてるのも、お題を守りつつ最高の料理を作り上げるという点では満点。後は和洋中が良い案配のバランスになってるのも上手くやれてたぞ。兎に角最高の料理を有り難うな!!ただ、この後は色んな意味で修羅場なんだよな;;;

卯月の評価:☆5
確かに作者やクロムさんの言いたい事は分からないでもないけど、まだ未成年だからお酒は…;;;でも、各々がちゃんと料理として上手く出来てるし、限られた時間で此処まで作ったのはもう天才を通り越した神のようなテクニックですね!!多分ランチとかで出しても3000円は難くなさそうかも…。それなのにリドリーさんは何考えてるの?言うまでもないけどこの人(?)の評価は無視で。

リドリーの評価:贖罪
面白みも何もないこれは料理とは言わん!!以上!!ただのゴミ、産廃だ!!!



うわぁ…;;;

クロスオーバー料理対決V――Part 4(8) ( No.751 )
日時: 2022/05/14 12:23
名前: W683 (ID: nGlDu.LB)

続き 遂に裏での出来事が…!!!

最後の試食が終わり、disだけしに来た蜥蜴が会場を後にする中、例の通信が…


にちか「兎の子はどうなりました?」
夏樹「お察しの通り、チュチュもぶっ倒れた…;;;」
ロム「同じ事務所の仲間が死ぬのなんて見たくなかったよコンチクショウOTL」


最後の最後で(案の定)プラマジのベーシスト兎が倒れました…;;;特にロムニキは9番の事もあるので頭を抱える…;;;取り敢えず結果発表…と行きたい所だが、まだまだやるべきタスクは残っている。ある場所へ向かおうとした途端、事務員2人が会場入口で待っていた。


ちひろ「話は聞きました。私達の知らない間に裏で人が倒れたようですね?」
はづき「これは流石におかしいと思いましたし、既に何人かは気付いてるとは思うので、結果発表の前に話し合いでもしましょうか」
美琴「悪いね二人とも。二人が知らないって事は試食した人達は全く知らないからね」
W683「結果発表の前にハッキリさせときたいからな…」


ある事を確認しようと、一部の面子を医務室に呼ぶ事に。事務員と作者を加えた5人が進む道中では、笹原先輩が夕美ちゃんに、白薔薇の貴公子が浅倉に謝っていた…;;;


野々花「ホントにごめんなさい!!!あんな厄介事に巻き込んでしまって…!!!」
夕美「大丈夫だよ、私は気にしてないから…;;;」
フランシス「ごめん浅倉…!!!あんな消し炭みたいなの出してしまって…!!!」
透「いやまあ別に大丈夫。何なら私も色々ミスったのを出したし」
ちひろ&はづき「…」
W683&シーズ「…」


彼女らを横目に医務室に着いた一行。部屋には提供サイドの挑戦者が殆ど集まっていたが、一部は重体であり、灯織と響子、ミェンミェンと千雪さんとチュチュはベッドで休んでおり、ヤイバは全身に包帯が巻かれており、アイクとクッパに関しては顔面蒼白の状態…;;;其処に先程の4人も到着。目の前の惨状を見た作者が口を開く…


W683「一つ聞いて良いか?さっきから裏で立て続けにぶっ倒れたりしてるのが気になったんだけど、もしかして…」















W683「お前ら裏で自分のを評価した奴の料理食ったんじゃないのか?」


そう、もう勘の良い方なら気付いたであろう。提供サイドの挑戦者が試食サイドの挑戦者の料理を食べていたのだ!!!!(爆弾投下)此処で、裏で倒れた面子の料理を試食した+α審査員を思い出して欲しい。灯織(2番)の料理を食べたのはコリエンテ、響子(4番)の場合はセフィロス、ミェンミェン(5番)では五十鈴、アイク(6番)ではT.J.、千雪さん(7番)では冬優子、ヤイバ(9番)ではパルテナ様、クッパ(10番)ではロージア、そしてチュチュ(15番)ではリドリーであった。つまり、試食サイドに問題児やポイズン枠が来た後で、裏で倒れたという報告があったのだ。だが、不可解なのはポイズン枠でも問題児でもないT.J.が来た際にも医務室送りが発生した事。これに関しては後々分かるだろう…;;;


にちか「他にも証拠ならありますよ。カエル騒動の時、何故証拠サイドに夕美さんが来たって分かったんですかね?野々花さんとヤイバさんが来たタイミングもピッタリでしたし、オマケに琴歌さんもいましたしね」
美琴「今までのパターンだと、「提供サイドは+α審査員の事は知らない」筈なのに、何でピンポイントで相手を当てれたんだろうね?」


従来通りなら、「挑戦者は+α審査員を籤で選ぶので知らない」筈だ。あのカエル騒動の時はタイミングが良かったのと相手の友人を連れて来てたので完全に矛盾している。また、先程の2人の謝罪もそうだ。試食を終えた後、真っ先に笹原先輩とフランシスが試食サイドにいた夕美ちゃんと浅倉に一目散に向かっていた。これも怪しい。


響子「確かに、此方は試食サイドの子のを食べたけど…;;;」
W683「明らかにアウトなブツを自ら食いには行かないわな。どうしてこうなった?」


提供サイドが試食するなんて本来ならあってはならないし、況してや明らかにアウトなブツを自ら食うなんて以ての外。何か理由がある筈だ…;;



次回は提供サイド視点からの裏回。此処で裏で人が倒れた理由と提供サイドが何を食べたかの真相が語られる…!!!!(但し、一部は修羅場不可避)



《ヒント》
10番:元祖悪役である亀のおっさん。辛いのが苦手な人にも配慮したのだが、またしても犠牲者となってしまった…;;;
11番:ブラジル出身の寿司が好きな褐色肌の子。エスニック風の肉の寿司とだけあって中々ユニーク。
12番:華麗で可憐な奇跡の舞姫。ゲオルグ団長も大絶賛の味であり、料理でもパフォーマーとしても期待大。
13番:12番の恋人(?)である白薔薇の貴公子。焦ってやった所為で盛大に焦がしまくった…;;;悪気はありません。
14番:放クラのリーダーにして戦隊ヒーローが好きな子。この日の為に沢山練習した甲斐がありました。
15番:プラマジのオカン兼ベーシストの兎さん。コースを一枚に収めるという発想は良かったが、裏がアレなので修羅場です;;;



次回は大荒れなのは間違いないだろうな…;;;感想・試食どうぞ。

Re: 普通で普通じゃない日常劇場R ( No.752 )
日時: 2022/05/14 16:06
名前: 大瑠璃音葉(元:桜木霊歌) (ID: lgK0/KeO)

こんにちわ!桜木霊歌もとい大瑠璃音葉です!
今回も修羅場じゃないですかヤダー・・・試食させていただきます!
10番 審査員は包丁藤四郎
包丁「俺は辛いの苦手だけど、気を使ってくれて嬉しいよ!って10番のおじさん大丈夫!?ロージア、俺も甘いのは好きだけど、好みを押し付けるのはどうかと思うんだけど・・・」

11番 審査員は徳田秋声
秋声「シュラ寿司か・・・初めて食べたけど、すごくユニークで美味しいよ。今度志賀さんや幸田さんに頼んで作ってもらおうかな・・・」

12番 審査員は時継優彼
優彼「美味しいです!気遣いの紅茶も本当に優しくて、本当に嬉しい気持ちになります!ビーフシチューも紅茶もすごく素敵な香りです!」

13番 審査員はネロ
ネロ「あー・・・頑張ったことは評価するし、焦りは禁物だからな。料理人としては厳しくしないといけないのがなぁ・・・」

14番 審査員は山姥切長義
長義「美味しいし所属ユニットを模した飾り付け、中々ユニークで面白いし、努力も繰り返したことがよく分かるよ。優判定をあげたいね。・・・ところで裏でなにか起きているようだが、何が起こってるんだ?」

15番 審査員は大瑠璃音葉
音葉「美味しいしすごく豪華で本格的!全部にお肉が入ってるのって中々拘りすごいよ!・・・リドリーは何言ってるの!?人それぞれに好みがあるのは分かるけど、押し付けは違うよ!?」

・・・次回が荒れる未来しか見えない・・・
次回も楽しみに待ってます!

Re: 普通で普通じゃない日常劇場R ( No.753 )
日時: 2022/05/14 16:46
名前: ネル (ID: 6wrRAirT)

ネルです(・ω・)ノシ
ネル「あー、終わっちゃったね〜」
ドロッチェ「だな。つか、リドリーとかロージアとか、お前らぶっ飛ばしていいか?(^ω^###)人に好みとかを押し付けんなよオイ」
河童「うわ;またぶっ倒れたやつが…てかメシマズの奴らの料理を食ったのか!?」
ルイージ「なんでそうなったのかなぁ…?というかピンポイントで+aの子を当てるのも不思議だね…」
善逸「え?でもメシマズでもない奴ので倒れたのはどうしてなの?」
左右田「こりゃあ、次回修羅場じゃねぇか!?」
のび太「やっぱり嫌な予感は当たった;でも、まさかこんな風になるなんて…あと、善逸さんのは…イタズラとかかな?」
マタドーラ「つか、ぶっ倒れた奴らの共通点は気づかなかったな;」
のび太「だね;」
次回もやばい事になりそうですねー(遠い目)
以上です

Re: 普通で普通じゃない日常劇場R ( No.754 )
日時: 2022/05/14 18:28
名前: 天竜 (ID: ZQ/BM/dz)

天竜です。試食します

10番の試食 園田海未

海未「辛いのが苦手な人のために気遣いができてるのは素晴らしいですね。これなら辛いのが苦手な人でも安心して食べられますね。ロージアさんは自分の好みの味じゃないからって言って文句言わないでください!」

11番の試食 黒澤ルビィ

ルビィ「シェラ寿司初めて食べたけど美味しかったよ!好物なだけあって上手に作れてたね」

12番の試食 夢原のぞみ

のぞみ「ビーフシチュー美味しかったよ!紅茶も美味しかったよー」

13番の試食 高海千歌

千歌「頑張ったのは偉いけどお肉は生焼けだしピーマンと筍は触れると崩れちゃうから食べられないよ。次はもっと上手くてきるといいね」

14番の試食 高咲侑

侑「ハンバーグ美味しかったよ。努力するの好きだから次はもっと美味しくなると思うよ!裏で倒れてる人もいたから無事で良かった」

15番の試食 北沢志保

志保「すごく豪華なプレートで美味しいですよ洋食だけでなく和食や中華もあってバランスもいいですね。それにしてもリドリーさんは酷いことをいいますね(怒り)
これならセフィロスさんやロージアさんの発言の方法がまともに思えてきますね。
お二人は我が儘を言ってるだけですがリドリーさんは我が儘だけではなくて料理をゴミ呼ばわりしてるのは許せないですね」

桃子「次は裏での出来事か判明するんだね
嫌な予感しかしないけどね」

次回も楽しみにしてます


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。