二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2019/03/23 21:12
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタ等)
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。
過去スレを見る人はそれなりの勇気を持って見に行ってください。(製作者の過去スレが本当に酷いし設定がめちゃくちゃとなっております。)





参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.414 )
日時: 2019/03/23 00:20
名前: ユウリ

理緒side


理緒「ただいま!……って、あれ?」


何か、知らない子がいるんだけど…。


みゆり「初めまして、結崎理緒。私は烏丸みゆりよ。」
理緒「あ、どうも…。」
千生「理緒、ここに座って。」
理緒「うん。」


私は、食卓のイスに座る。
春気や恭介お兄ちゃん、そしてみゆりちゃんも既に座っていた。


千生「さてと、ここにいる4人は事情を知っているから、詳細は省くけど、一番手っ取り早い方法は『盗んだ犯人から取り返す』かな。この方法が、誰も犠牲にならない最善策なんだけど。」
春気「でも、犯人が分からないんじゃ、どうしようもないんじゃないですか?」
千生「そこなのよねぇ…。誰か、犯人に心当たりある人はいる?」
恭介「今一番可能性が高いのは………尚人兄ちゃん…だな。」
千生「尚人が!?あの子は、そんな事するような子じゃなかったはずだけど…。」
恭介「兄ちゃんは、変わっちまったんだ。何故か知らないけど。人間のことを酷く憎む奴になっちまった…。」
千生「そう…。」
みゆり「尚人って誰?」
理緒「私と恭介お兄ちゃんのお兄ちゃん。…詳しいことは後で話すね。」


確かに、尚人お兄ちゃんが一番怪しい。
でも…。


千生「尚人にもあの封印は解けないようにしていたはずなのだけど…。」


そう。
あそこは、代々結崎家の女吸血鬼が封印していた場所。
封印の解除には、術者の顔と名前、そして魔法が一致しなければならない。
だから、あそこを封印していたお母さんか、私のどちらかじゃないと封印は解けない。


千生「理緒、まさかあなたが犯人に協力したなんてことはないでしょうね?」
理緒「するわけないじゃん!ていうか、私だったら里の人に不審に思われるわけないでしょ。」
千生「そうよね…。でも不思議だわ。魔法の方は、魔法石か何かに私か理緒の魔力をこめて使えば良い話だけど、顔と声まで一致する人なんてなかなか……。」


顔と声が私かお母さんと似ている人…。
………!
まさか…。


理緒「破璃英。」
千生「え?」
理緒「破璃英だ。あの子は、私と声も顔も全く一緒だし、私の魔力がこめられた魔法石を使ったなら、封印は解けるはず。」
春気「しかも、歩側の人物。破璃英が犯人という可能性は高いね。」


私は、イスから立ち上がる。


理緒「私、破璃英のところに行ってくる。」
恭介「俺も行く!1人で行ったらあいつに何されるか…。」
理緒「1人でいい。……どうせ、あの子と決着をつけなきゃいけないんだろうし。」
春気「とはいっても、場所は分かるの?」
理緒「分からない。地道に探すしかないかもね。誰か、破璃英の居場所を知っている人がいるか探してみる。」


そう言って、私は玄関のドアを開ける。
すると


ナツ「わっ!」
理緒「わっ!……って、ナツくん!」
ナツ「すみません、春気さんたちに遊びに来いと言われて…。」
理緒「そうなんだ…。ところでナツくん。破璃英の居場所分からない?話したいことがあるの。」
ナツ「…あぁ、分かりますよ。案内しましょうか?」
理緒「本当!?」


案外あっさりと分かるもんなんだなぁ。
私は、ナツくんにその場所まで案内してもらった。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.415 )
日時: 2019/03/23 00:52
名前: ユウリ

破璃英side


破璃英「ナツくーーーん!!」
ナツ「破璃英さん!お待ちしていましたよ。」


ナツくんと、この川で会うのが日課であり、楽しみでもある。


ナツ「今日は随分ご機嫌ですね。何かいいことでもありましたか?」
破璃英「へへ。今日は歩様のお役に立てたから、歩様にいっぱい褒められて、頭を撫でてくれたんだ!」
ナツ「そうなんですか。それは良かったですね。」
破璃英「だろう!」
ナツ「…あの。僕も、頭を撫でてもいいですか?頑張ったご褒美として。」
破璃英「もちろんだ!」


ナツくんが、私の頭を撫でる。
今日は最高の日だ。
歩様のお役に立てたし、ナツくんからも褒めてくれる。
…まぁ、やったことはナツくんには言えないことなのだが。
それからは、いつものように遊んだり、他愛の無い話をした。


ガサッ


破璃英「…!誰だ!」


私は、物音のした方に振り向くが、そこには誰もいなかった。


ナツ「誰か…いましたよね…?」
破璃英「あぁ…。今の音からしてな。」


ナツくんにも聞こえたと言っている。
きっと、聞き間違えではないだろう。
…動物か何かが通った音かもしれないが。
嫌な予感がする。


破璃英「ごめん、ナツくん。今日はもう帰る。」
ナツ「えっ…。」
破璃英「何か、嫌な予感がするんだ。…じゃあな。」


そうして、私は城へと戻る。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.416 )
日時: 2019/03/23 19:57
名前: ユウリ

破璃英side


私は城に帰ると、歩様の様子がどこかおかしかった。
あの剣を手に入れてからというもの、上機嫌だったはずなのに。
何故か、その表情は怒りに満ちていた。


破璃英「あ、歩……様?どうかなさいました…?」
歩「自分の胸に聞け。」


わ、私、何かしたか…?


破璃英「お言葉ですが、私は歩様のご意向にそぐわないことは一切していないつもりです。それでも、何か気に触れるような事があったなら、この私に教えてはくれないでしょうか。直せるよう、善処致します。」
歩「………川。」
破璃英「…は?」
歩「お前、あの川で誰と会っていた。」
破璃英「……!」


まさか、あの音の正体は…。
歩様、だったのか…?


歩「俺は、裏切りを誰よりも嫌う。お前だって、それが分かっているはず。」
破璃英「…はい。しかし、彼とは話したり遊んだりしただけです!私は、歩様を裏切る行為など…。」
歩「ZARD側の人間と仲良く毎日話していることが裏切り行為ではないと。…どうせ、俺達の情報でもあの男に垂れ流していたんだろう。」
破璃英「違います!断じてそのようなことは…」
歩「裏切っていないと主張するのなら、もう一度あの男に会って殺して来い。そして、その死体を俺のもとへ引きずってくるんだな。」
破璃英「そんなこと…!…彼は、私にとって大切な存在なんです!彼だけは、見逃してあげてください!」
歩「『大切な存在』…か。」


歩様は、一瞬だけ顔を曇らせる。


歩「そうか。お前の気持ちはよく分かった。」
破璃英「…!歩様…!」


歩様は、私の首根っこを掴んで、城の外に放り出す。


歩「そんなにあの男が大切なら、あいつと一緒にいればいい。俺に隠れてコソコソと会わなくてもいいんだぞ。最高ではないか。」
破璃英「そんな…!」
歩「出て行け。」
破璃英「嫌です…!私は、まだ貴方様のお傍にたって、お役にたちたいのです…!」


私は、歩様の手を掴む。
だがしかし、歩様は私の手を振りほどく。


歩「あの剣を手に入れた今、お前など用済みだ。お前にかけた魔法も解除した。数時間たてば元の葉っぱと石の姿に戻るだろう。お前の顔など、二度と見たくない。俺の目の前から消えろ裏切り者。」


そう言って、歩様は城の門を閉め、鍵をかけた。


破璃英「…そ、んなぁ……!」


私は、歩様に捨てられた悲しみと絶望で、胸がいっぱいになる。


破璃英「…私は……ヒック貴方様無しで、どうやって生きればいいのですかぁ……!」


気づけば、私は号泣していた。
価値の無い石だと、綺麗ではないと言われたあの時よりも。
今の方が何十倍も何百倍も胸が痛い。
どうすればいい。
どうすれば、歩様をもう一度振り向かせることが出来る…。
ナツくんの殺害…?
それは嫌だ。
大切な友人であるナツくんを殺したくない…。
でも、もうそれしか…!



いや。
まだ方法がある。
結崎理緒を殺して、私が本物の結崎理緒になれば…。
私は、決意を胸に、立ち上がる。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.417 )
日時: 2019/03/23 12:16
名前: ユウリ

side無し


歩「くそっ…!」


歩は、壁に拳をつきたてる。


歩「何で、あんな男なんかに…!」
R「歩、あなた本当にいいの?破璃英のこと。」
歩「…いいさ。そっちの方があいつもいいだろう。」
R「ふーん。…まぁ、我らが主様の決めたことなら、反対はしないけど。」


Rは、城を見渡す。


R「ここも、もう私と貴方しかいないわね…。」


前までは、5人で一緒に過ごしていた城。
今となっては、不用意に広すぎて逆に落ち着かない。


R「…私は、最後まで貴方といるから。1人だけじゃ、寂しいものね。」
歩「…あぁ。ありがとう、R。」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.418 )
日時: 2019/03/23 20:31
名前: ユウリ

理緒side


ナツくんは、深い森の奥にある川まで案内してくれた。
綺麗な場所…。


理緒「本当に、ここに破璃英が?」
ナツ「はい。僕たち、毎日ここで話をするんです。」


あの破璃英が…。
実は、友好的なのかも。


ナツ「今日はもう帰っちゃったんですけど、忘れ物をしていったので、多分戻ってくるんじゃないかと…。」
理緒「忘れ物?」


ナツくんは、一輪の桜を見せる。


ナツ「歩さんに喜んで欲しいからって、桜を探したんですって。嬉しそうに僕に見せてきました。」


確かに、それなら戻ってくる可能性は高いかも…。

ガサッ


理緒・ナツ「!」


向こうの茂みから、音がする。
音は、こちらに近づいてくる。


ナツ「またこの音…。誰ですか!……って、破璃英さん!?」


そこには、涙を流しながら歩いてくる破璃英がいた。


理緒「破璃英、あなた…。」
破璃英「…!理緒…!」


破璃英は、無数の葉を飛ばしてくる。


理緒「わっ!」


油断していた私は、全部食らってしまう。
その間に、破璃英は私の目の前に来る。


破璃英「殺す…!殺す殺す殺してやる!!そして私が、本物の結崎理緒に…!」


破璃英は小刀を持ち、私に突き立てようとする。
しかし、ナツくんが刀でそれを止める。


破璃英「…!ナツくん、どいて!私は…!」
ナツ「嫌です!僕は誰も死なせたくないし、貴女にも誰かを殺して欲しくない!お願いですから、こんな事はしないでください!」
破璃英「でも…!でも…!」


そう言うと、破璃英は私の背後に回る。


破璃英「私には、もうこうするしかないんだ……!」


破璃英は、私を刺そうとする。
しかし。


カランッ


破璃英「あ……ぁ…。」


小刀が落ちる。
破璃英が小刀を放したわけでもなく、私達が何かしたわけでもない。
破璃英の両手が、葉っぱに変わっていたからだ。


理緒「破璃英、手……。」
破璃英「そ、んな…。」


破璃英は、その場に崩れ落ちる。


破璃英「最後の…目的も、果たせないなんて…。」


破璃英の瞳からは、涙の粒がポロポロと零れ落ちる。
破璃英の足までもが葉っぱに変わっていく。


破璃英「なぁ、理緒……。その体を私にくれよ…!私はただ……、歩様に愛されたいだけなんだよ……!」
理緒「…ごめん、それは無理。」
破璃英「じゃあ、私を殺せよ!歩様に捨てられた今、生きている意味なんかない!歩様の命令に従えなかった……こんな、役立たずなんか…!」
理緒「…それも、嫌。」
破璃英「じゃあ、私はどうすればいいんだっ!!もう……もう、分かんないよ……。」


とうとう、破璃英の胴の部分までもが葉っぱになりかける。


理緒「答えは……さ、これから見つければいいじゃん?」
破璃英「私の体を見て、よくそんな事がいえるな…。歩様にかけられた魔法が解除された今、私は破璃に戻り、何も出来なくなるんだぞ。」
理緒「じゃあ、またその魔法をかければいい話じゃん。」
破璃英「は?」
理緒「私が、その魔法をかける。私が、貴女の主になる!」


破璃英は、驚いたように私を見る。


破璃英「…いいのか?私にあの魔法をかけたら、最低1日20分は魔力を吸われ続けるんだぞ。それに、私はZARDに一切協力しないし、お前の隙を見て殺しに来るかもしれないぞ。」
理緒「いいよ、それでも。破璃英の生きる意味を見つけるまで、私が一緒にいるって決めたんだもん。だからもう、泣かないで。」
破璃英「…はっ!誰がお前の前で、泣くかよっ…!」


破璃英は、涙を拭おうとするが、両手が葉っぱとなり落ちたため、拭うことができなかった。
代わりに、ナツくんが涙を拭ってあげた。


ナツ「無理、しなくていいですからね。」
破璃英「ナツくん…。ありがとう。」


――

その後、私は破璃英に魔法をかけ、破璃英の体は人間体に戻った。


破璃英「理緒、一度だけ言う。………ありがと。」
理緒「いえいえ。これからゆっくりと探していこう。尚人お兄ちゃんのところに戻りたくなったら、いつでも戻って良いから。」
破璃英「戻ったところで……だろうけどな。」


…あ!
すっかり忘れてた。


理緒「破璃英、あの後に聞くのもなんだけど、空間の間の剣を盗ったのは貴女なの?」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。