二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



初歩的な、ことでしょうか? ( No.407 )
日時: 2018/07/07 17:36
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA

ーーー二葉瑠衣の場合ーーー
瑠衣「優真。いい。あたしから話す」
優真「…………わかった」

ちらっと話したかな、話してないかな。
あたしらは、元々バラバラだったんだよね。
ほら、あたしとかは元々田舎町にいたんだし。
そう、集まるはず無かった。
集まったら──いけなかったんだよ。

あたしら“五人”は。
あれ、いったっけこれ??
言ってないね多分。うんうん。
いや違うよ?べ、別に優真を気遣ったわけじゃないからね!!
兎に角、いたの。もう1人。
小学五年生、偶然同じクラスになった。
最後の、1人が。
いたの。

──中2の、あの時まで、ね。

……ごめんね。ジュースもらってもいい?

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.408 )
日時: 2018/07/07 20:55
名前: ユウリ

理緒side

理緒「あ、ちょっと待っててください!」

ジュース…。
手持ちが無いぃぃぃ!
…。

理緒「すいません、すぐ戻ってきますんで!」

そう言うと、私は瞬間移動魔法を使って自動販売機の前に行った。
自動販売機には、りんごジュースとぶどうジュースとみかんジュースが売ってあった。
ルイさん、何が好きなんだろう…。
とりあえず、全部買っちゃえ!
余ったものは誰かに分けよう。

ピッ

私はボタンを押す。

ガコンッ

まずはりんごジュース。
続けてぶどうジュース、みかんジュースを買った。
そして、ルイさん達のもとまで戻る。

――

理緒「ルイさん、りんごジュースとぶどうジュースとみかんジュースを買ってきましたが、どれがいいですか?」

…なんかパシりみたいだな、私。
まぁ、話を聞くためだからこのぐらいいいや。

全て、全て ( No.409 )
日時: 2018/07/24 14:00
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA

ーーー二葉瑠衣の場合ーーー
瑠衣「お、ありがとー。じゃ、ぶどうでー」
と、蓋を開け、1口。
瑠衣「──優真。聞きたくないなら無理しなくていいから」
優真「いや、いい。……続けろ」

はーい、優真の許可取れたので続けるね。
本当に、仲良しだったんだ、あたしら。
うん──夏になると、優真の家で「おまつり」なんてやるくらいにはね。
あっはは。大したものじゃないよ。
なんかテキトーにお菓子持ち寄って、サイダー飲んで、線香花火やって。
──あの子、少し身体弱い子で。
入退院繰り返してたけど、それでもあたしらは絶対に見捨てなかった。
なのに、なのに。
おかしいよね。
あたしらは見捨てなかったのに。
あの子はあたしらを置いていった。
…………7月22日、路地裏。
赤い色と鉄の匂い。
倒れ伏すあの子を、あの子を──

「嘘だ」
……
瑠衣「優真、どうしたの?」
優真「…………瑠衣、聞いてただろ?あれは先生の仕業じゃない」
瑠衣「…………わかってる」
優真「けど、夜照のせいかって言われたら違う」
瑠衣「ふーん?なんでそう思うの?」
優真「俺のせいだからだよ」

ーーー一城優真の場合ーーー
…………俺は。
あの日、あいつと一緒に帰るはずだった。
……あいつと、一緒……に……
委員会さえなければ。
俺があの時「先帰ってろ」なんて言わなきゃ。
だから、だから。
俺のせいなんだ──
俺が、俺があいつを殺した──

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.410 )
日時: 2018/08/23 21:44
名前: ユウリ

理緒side

理緒「どうぞ。」

私は、ルイさんにぶどうジュースを手渡した。
ルイさんがジュースを1口飲み、ユウマさんに確認した後、話始めた。

――

話を終える。

理緒「…すいません、1つ質問していいですか?その『あいつ』とは一体誰なのですか?」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.411 )
日時: 2018/08/23 21:56
名前: ユウリ

side無し

Rは薫を探しに人間界に赴いた。
しかし、どこを探しても薫はいない。
雪風家を探しても薫はいなかった。
Rが途方に暮れていると、山に3つの人影が。

R「あれは…。」
薫「辛かった…!痛かった…!怖かった…!悲しかった…!気持ち悪かった…!もっと遊びたかった…!もっと自由に暮らしたかった…!憎かった…!全てが信じられなかった…!愛されたかった…!」
千秋「うん…うん…。」

そこに居たのは、抱きしめあっている千秋と薫。
そして、それを優しく見守っている一だった。
薫は、歩でさえ見たことも無いくらい大泣きしていた。

R「薫…。」

Rも、空気を読みそこに行くことは止めた。
しかし、とある想いが芽生える。

R(何で薫だけ…。何で薫が…。)

嫉妬。
Rは、過去に薫との因縁があった為、余計にその感情を強くしていた。
Rは唇を噛み締め、歩のもとへ帰る。
彼女は悟ったのだ。
薫は、自分の1番大切な人のところへ行くことを。
もうこちらには帰ってこないことを。

R「……ズルい。」

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。