二次創作小説(旧・映像)

【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】
日時: 2017/05/21 19:43
名前: ユウリ

−貴方は、どんなクリスタルを手にする?−
これは、あるクリスタルの物語。(ちょっと話がずれたりする。ていうか、ほぼずれてる)


…はい、皆様。
クリスタルの物語でお馴染みのユウリです!
クリスタルの物語も、3(サード)シーズンに突入することになりました!
セカンドスレも無事に終わり、今度は此処で書くことになりました!
参加者の皆様、そしてこの小説を見てくださってる読者の皆様、本当に本当に有難うございます!
引き続き、よろしくお願いします!
前スレの参加者の皆様はこちらのスレでも引き継ぎますので、心配は無用です。

「クリスタルの物語?なんじゃそりゃ?」と思ってる人は、過去スレで『クリスタルの物語』と検索すれば、前スレが出てきますので、そちらから見てください。

募集用紙
名前:
性格:
性別:
年齢:
容姿:
能力と属性:
詳細:
サンボイ:

注意事項
荒らし禁止
病みコメはしないようにしてください。(やるなら総合提示版ページでお願いします。)
「○○(自分のキャラ)のこのシーン書いて!」「○○のこの台詞書いて!」と、他の参加者様に言うのは止めてください。自分が作った話は、自分で最後まで書きましょう。(「絡んで欲しい」「このキャラの名前が思いつかない(小説に関しての相談)」等々はもちろんOK)
春気と理緒の恋愛がやばい時も…。(R-18レベルではありません)
たまーにシリアスな話が…。(死ネタや感動シーン等)
ZARDメンバーの薫への信用度がかなり低い。
理緒のとある一言で泣いてしまう歩ですが、安心して下さい!!ちゃんとこの小説のラスボスしてますよ!
私の兄キャラがほぼシスコンという…。←なんという事だ!
リア充が多い。
チートやメタが入る事が…。


イメージOP

千本桜(歌い手:ろん)

イメージED

君がそばにいるように(歌い手:ヲタみん)



参加者
ユウリ(製作者)主人公理緒
フラン(参加者)主人公誠司
えいみ(参加者)主人公赤璃
涼月(参加者)主人公御手杵
ルイージ(参加者)主人公アラタ

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81



Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.398 )
日時: 2018/04/19 23:03
名前: ユウリ

薫side

?「…る!…かお…!」

誰かが、俺の名前を呼んでいる…。
誰だ…?
いや、この声の持ち主を俺は知っている。
俺は、ゆっくりと目を開けた。
そこには、俺の名前を呼びながら泣いている千秋と、驚いている須藤がいた。

須藤「薫…生き返ったのか…!」
千秋「薫…!」

千秋は、俺に抱きついた。

千秋「ごめんね、薫を助けてあげられなくて…!…私がもっと強かったら!…私が昔の記憶を取り戻すのがもっと早かったら!」
薫「…いいよ、千秋。お前のせいじゃない。母さんから聞いたよ。お前があの玉を使って俺を生き返らせてくれたんだろ?」
千秋「うん…!」
薫「……何で俺なんかの為に使ったんだ?もっと大事なことに使えばよかったじゃないか。」

そう言うと、千秋は俺から少し離れる。
千秋の顔は、涙でぐちゃぐちゃになっていた。

千秋「だって…!ヒック他の事は自分の力でなんとかなるけど…!薫の命は…ヒックどうにもならないでしょう…!」

千秋は、俺の肩を掴む。

千秋「薫は…今まで酷いことをしたし……ヒック私の事を殺そうとしてきたけど…!それでも私にとっては……大事な家族……大事なお兄ちゃんなんだもん…!」

大事な…お兄ちゃん…。
大事な…。
今まで言われたことが無かった。
だからか、今まで感じたことの無い感情が溢れ出てくる。

千秋「傷……そのままだから…ヒック私が治してあげる…!」
薫「いいよ、吸血鬼の自己治癒能力があるからなんでもないよ。」
千秋「でも…!」
薫「いいんだ。千秋の魔力、もうあまり残っていないだろ?」
千秋「…本当に大丈夫なのね?」
薫「あぁ。」
千秋「じゃあ、歩さん達のところへ帰ってあげて。それで、歩さんと本音で話し合ってみて。きっと、お互いを信じあえるようになるはず。…私は、須藤さんと一緒に後で帰るから。」

千秋は、落ち着いたのか、涙は止まっていた。
…このまま帰ろう。
話し合ってみよう。
そう、思ったけど…。

薫「…いや、だ。」

口からは全く違う言葉が出てきた。

薫「俺、もう誰も殺したくないんだ…。こんな事、歩に言ったら凛々のように追い返される。歩の本性は、長い間ずっと一緒に居てきたから分かる。だから本音で話せやしない。……俺、1人で生きるのはもう嫌だよ…。まぁ、誰も俺を信用する人なんていないんだから、ある意味俺はずっと1人なんだけどな…。」

何でだよ。
こんな事、千秋に話してどうなるんだよ。
南雲珠麗彩の養子になったあの日から、『1人』で居ることの覚悟を持っていたはずなのに。

薫「…こんな事話しても何にもならないよな。歩の所へ帰るよ。」

その時、千秋が俺の腕を掴んだ。

千秋「……1人が嫌なら、私と一緒に暮らそうよ。それなら、人を殺すことも強要されなくなるし、本音で語り合えるじゃない。あの事件があった日から、薫はずっと1人で苦しみを誰にも話せず、自分で全部抱え込んでいたんだよね。だから、これからは私が一緒に薫の苦しみを背負ってあげる。そうしたら、少しは楽になると思う。今までのことを一緒にやり直そう。『強くなって皆を守る』って薫言ってたよね。その夢を、実現させていこうよ。」
薫「何で…。」
千秋「言ったでしょ、『大事なお兄ちゃん』だって。薫にはもう、辛い想いをして欲しくない。辛いことや苦しいことがあったら、一緒に悩んで解決して、悲しいことがあったら一緒に泣こう。薫はもう、1人じゃない。私が、ずっと傍にいて守るから。『2人』だから。…だから薫、私の前からもう、消えていかないで…!」

そう千秋が言うと、地面に水が落ちる。
それからどんどんと水が地面に落ちていき、跡を作っていく。
千秋、また泣いているのか…?
いや、違う。
泣いているのは…
俺だった。
俺は、千秋に抱きついた。
そして、千秋の言葉によってストッパーが外れたのか、今まで心の奥底に溜め込んでいた想いが口からあふれ出した。

薫「辛かった…!痛かった…!怖かった…!悲しかった…!気持ち悪かった…!もっと遊びたかった…!もっと自由に暮らしたかった…!憎かった…!全てが信じられなかった…!愛されたかった…!」
千秋「うん…うん…。」

涙を流したのは…こんな気持ちになったのはいつぶりだろうか…。
俺は、まるで子供のように泣きながら。
どんどんと言葉を紡いでいった。

薫「俺が殺してきた人にも……ZARDの皆も……須藤も……千秋も……ごめん…!ごめん…!ごめん…!ごめん…!」

何回謝ったって許されないことだ。
でも、俺に出来ることは謝ることしかない。

千秋「私……薫がお兄ちゃんで良かったよ。」
薫「俺だって…!千秋が妹で…本当に良かった…!」

我ながら情けない姿だ。
でも…でも今日ぐらいは思いっきり泣かせて。

薫「千秋…。」
千秋「…何?」

千秋には、感謝してもしきれない。
だから、この言葉だけじゃ伝わりきれないけれど、それでも言う。
精一杯の、感謝を込めて

薫「……





































あ り が と う 」

七を二二で割っていくつ? ( No.399 )
日時: 2018/04/19 23:52
名前: 涼月 ◆BWWGTZRmzA
参照: なんで推しキャラみんな死んでまうん

ーーー一城優真の場合ーーー
カップラーメンを無言で啜る。
うん、うまい。
優真「…………わーったよ。話せばいいんだろ」

ーーー二葉瑠衣の場合ーーー
紅茶に未だに手をつけない。
ムースは美味しかった。
瑠衣「……変わったことなんて、なかったんだよ。本当は」

初夏のある日だった。
晴れた昼下がり。
文化祭の準備が進む、いつもの日常。
そんな中で俺らは、生きていた。

うんうん、なんでなんだろう。
どこでおかしくなっちゃったんだろう?
その日だって、普通にすごしてたのに。
──響いた音に、全部壊されたんだ。

はっきりいって俺は瑠衣に感謝してる。
俺は。
目の前で倒れる友人に絶句して動けなかったのに。
あいつは言った。
「見捨てろ」
とただ一言。

まあ聞かなかったから茉耶に無理やり引っ張っていってもらったんだっけ。
それで確か、家庭科室に駆け込んだのを覚えてる。
見たことない、大人たちから逃げるように。
血の匂いから、逃げるように。

というところで。

前置きとしよっか。

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.400 )
日時: 2018/06/08 23:26
名前: ユウリ

理緒side

前置きだけでも凄い…。
そこだけでも、何かそこで酷いことが起きたんだと感じた。
あ、ルイさん全然紅茶飲んでないや。
ジュースの方がよかったかな。
話が終わったらりんごジュースを買いに行こう。

理緒「なるほど……では、続きをどうぞ。」

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.401 )
日時: 2018/06/09 14:40
名前: ユウリ

千秋side

その後、私はお義父さんに説明をして、薫と一緒に家に住めるよう説得した。

義父「薫くん……その、探してあげられなくてすまなかった。」
薫「いいよ。もし、俺を必要以上に探していたら、南雲家の奴に見つかって千秋が連れ去られたかもしれないから。」
義父「これから、千秋と俺と3人で幸せに暮らしていこう。」
薫「……はい。」

良かった…。
薫の顔も、さっきまで少し固くなっていたけど、安心したのか、表情が柔らかくなっていた。

薫「あの、お義父さん。姓についてだけど。」
義父「どうした?」
薫「戦いが終わったら、『雪風』に戻したい。」
義父「別にいいが、何故今ではないんだ?今からでもできるぞ。」
薫「……俺は『南雲薫』として何人もの人を殺してきた。なのに急に『雪風薫』に戻りZARD側で参加していたら、彼らからは『都合がいい。罪から逃げるな。』といわれるはず。だから、自分の罪と向き合い、戒めるためには、この戦いで『南雲薫』として参加し続けなければいけない。」
義父「だから戦いの後に変えると……分かった。それならば、それが終わるまで待とう。」
薫「ありがとう、義父さん。」
千秋「良かったね、薫。」
薫「うん。」
千秋「あ、そうだ!薫、今食べたいものとかある?作ってあげるよ。」
薫「…いいの?」
千秋「うん。薫の為にやってあげたいんだもん。」

そう言うと、薫の目には涙が浮かんでいた。

千秋「ど、どうしたの薫!?」
薫「…ごめん、そんな事言われるの初めてで…。」

そっか。
南雲家ではいつも全部自分で作っていたんだもんね。

薫「……プリンがいい。」
千秋「プリン?分かった、作ってくる。」

よし、いつも以上に気合を入れてつくろっと!

Re: 【視点小説】クリスタルの物語3【参加者募集中】 ( No.402 )
日時: 2018/06/09 22:34
名前: ユウリ
参照: http://www.kakiko.cc/novel/novel6/index.cgi?mode=view&no=19663

私が書き始めた初のオリジナル小説【セブンスヒード】です!
URLから飛べますので、宜しかったら見て行ってください!

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。