二次創作小説(新・総合)

■漢字にルビが振れるようになりました!使用方法は漢字のよみがなを半角かっこで括るだけ。
 入力例)鳴(な)かぬなら 鳴(な)くまでまとう 不如帰(ホトトギス)

超時空武闘祭 アルティメット・クロス・ウォー
日時: 2020/01/11 09:59
名前: エイジア (ID: QOk2M1Cj)

どうも、エイジアです。
今は逃走中を書いていますが、実はちょっとクロスオーバー物の小説も書こうと思っていました。これは色々なキャラとオリキャラが戦います。そしてこの小説には以下の要素を含みます。

(注意)
・拙いかもしれない文章力
・キャラ崩壊の恐れ
・グダグダの恐れ
・オリジナル設定


それでも構わないよという優しい方はゆっくり見ていってください!

こちらは不定期更新です。

応募用紙>>1

設定と登場作品>>9

報告>>13

メインキャラの参加者>>21

プロローグ>>34-35

クロノスエボルさんより

サラ・グレイ>>2

桜木 霊歌さんより

桜木 霊歌>>3

新庄 友也>>10

モンブラン博士さんより

モンブラン博士>>4

生ブスカジさんより

生ブスカジ>>5

Re: 超時空武闘祭 アルティメット・クロス・ウォー ( No.256 )
日時: 2021/10/14 21:09
名前: エイジア (ID: Oui0uBDf)


モンブラン博士さんへ
セルのぶるわああああが出ました。
そして生ブスカジさんが脱落したことで募集参加から初の脱落者が出ました。
残り111人、此処からどの様な戦いが起こるのか?

次を待っていてください

Re: 超時空武闘祭 アルティメット・クロス・ウォー ( No.257 )
日時: 2021/10/29 21:57
名前: エイジア (ID: O9ehSN8q)


響「はぁ!」

響は先手を取る。しかし、避けられて殴り飛ばされる。

ドラグバイザー「ソードベント」

龍騎はドラグセイバーを出し、斬りかかるも避けられる。その後も攻撃を繰り出すも全て避けられて反撃を受けてしまう。

サンジェルマン「もらった!」

轟雷「忍法 雷龍波!」

サンジェルマンは銃で銃撃、轟雷は手から龍の形をした雷撃を放つ。しかし、全て避けられてしまう。

ドカ

オーディン「!?」

響はその隙を突き、攻撃を当てた。

オーディン「ほう、少しは力を付けたか」

ゴルトバイザー「アドベント」

ゴルトフェニックス「・・・・・・」

オーディンはゴルトフェニックスを召喚した。ゴルトフェニックスは4人に襲い掛かる。

響「うわぁ!」

轟雷「くっ!」

龍騎「だったら!」

ドラグバイザー「サバイブ」

龍騎はサバイブを発動する。龍騎サバイブになった。

ドラグバイザー「アドベント」

ドラグランザー「・・・・・・」

龍騎はドラグランザーを召喚する。ドラグランザーはゴルトフェニックスを攻撃する。

オーディン「フン・・・」

サンジェルマン「そこだ!」

サンジェルマンはエイドロンバールを放つ。

ゴルトバイザー「ガードベント」

だが、ゴルトシールドによって防がれてしまう。

サンジェルマン「防がれたか」

オーディン「この程度か?・・・」

響「まだだ!」

響達は一斉に攻撃を仕掛ける。しかし全て避けられゴルトセイバーによる攻撃を受けてしまう。

響「やっぱり強い・・・」

轟雷「そうだな・・・」

オーディン「では、これで終わりだ。」

ゴルトバイザー「ファイナルベント」

龍騎「はっ!不味い!!」

オーディンはファイナルベントを発動する。そして宙に浮いていく。

轟雷「響!!」

響「えっ?」

轟雷は咄嗟に響を蹴り飛ばした。

オーディン「さらばだ。」

そしてエターナルカオスを放つ。響は蹴り飛ばされた事により、辛うじて当たらなかった。しかし

轟雷、サンジェルマン、龍騎「・・・・・・」

3人はオーディンのファイナルベントを受けてしまい、重傷を負い、動かなかった。

轟雷、サンジェルマン、城戸真司 脱落

響「轟雷さん・・・サンジェルマンさん・・・真司さん・・・そんな・・・」

Re: 超時空武闘祭 アルティメット・クロス・ウォー ( No.258 )
日時: 2021/10/31 21:21
名前: エイジア (ID: O9ehSN8q)


オーディン「残るは・・・お前だけだ・・・」

響「・・・・・・」

オーディン「最早勝ち目は無い・・・だから諦めろ。」

響「・・・めない・・・」

オーディン「?」

響「私はまだ・・・諦めない!」

オーディン「まだ戦うか・・・」

響「轟雷さん達の為にも・・・私はぜったいに貴方に勝つ!」

そして響はイグナイトモジュールを発動した。

オーディン「姿が変わった?」

響「はぁぁぁぁーーーーー!」

響は突進する。オーディンは体をずらして避けようとするが

ドカ

オーディン「!?」

響の攻撃はオーディンの顔に直撃した。

オーディン(避けたはずだ、何故?)

オーディンは瞬間移動で空中に逃げる。

響「逃がさない!」

オーディン「何!?」

響はオーディンの背後に回り、叩き落した。オーディンは立ち上がる。

オーディンはゴルトセイバーを持って反撃する。響はそれを避け続ける。

ズバッ

響「くっ!」

何発か当たるも怯まず反撃し、オーディンに一撃を放つ。

オーディン「くっ!」

ゴルトフェニックス「・・・・・・!」

ゴルトフェニックスはオーディンを援護する為に響を襲う。

響「!」

響はそれに気づき、そしてゴルトフェニックスに突進し

響「はぁぁぁぁーーーーー!」

ゴルトフェニックスに一撃を与えて貫いた。ゴルトフェニックスは爆発する。

オーディン「何だと!!?」

響はオーディンに一瞬で接近し、アッパーで吹っ飛ばす。そこから自身も飛び

響「オラオラオラオラ!!!」

そこから怒涛のラッシュを繰り出し

響「はぁぁぁぁーーーーー!」

最後の一撃を与え、オーディンを吹っ飛ばした。

オーディン「見事だった・・・」

オーディン 脱落

響「轟雷さん・・・サンジェルマンさん・・・真司さん・・・勝ちましたよ。」

Re: 超時空武闘祭 アルティメット・クロス・ウォー ( No.259 )
日時: 2021/11/18 21:46
名前: エイジア (ID: 2QWuZ1bi)


コウジ「おりゃ!」

アタル「はぁ!」

フォレストエリアではコウジとアタルが戦っていた。

コウジ「はっ!」

アタル「!」(攻撃を避けて背後に回る。)

アタルは攻撃を避けてすぐさま背後に回り、ドラゴンスープレックスを掛ける。しかしコウジは両腕で支えて防いだ。そして脱出する。

コウジ「ふん!」

ドカ

アタル「ぐわぁ!」

コウジ「もう一発!」

アタルはすぐさま避けてカウンター攻撃を当てた。

コウジ「いってぇ」

アタル「ベルリンの赤い雨!」

アタルはベルリンの赤い雨で攻撃する。コウジは間一髪避けるも顔に傷を負った。

コウジ「ディープフィスト!」

コウジは反撃にディープフィストで攻撃する。アタルはかなりのダメージを受けた。

ガシィ

コウジ「!?」

アタルはコウジの両腕を掴み、カンパーナの体勢に捕らえて上昇し

アタル「ナパーム・ストレッチ!」

ナパーム・ストレッチを仕掛けた。だが

コウジ「ふん!」

アタル「何!?」

コウジはナパーム・ストレッチから脱出し

コウジ「コウジ式ナパーム・ストレッチ!」

逆にナパーム・ストレッチを仕掛けたのだった。

ドカーーーーン!

アタル「ぐはぁ!!!」

アタルはそのまま地面に激突し、血を吐く。そのまま意識を失った。

キン肉アタル 脱落

コウジ「さて、メダルをもらうか」

Re: 超時空武闘祭 アルティメット・クロス・ウォー ( No.260 )
日時: 2021/11/28 21:25
名前: エイジア (ID: H4NN94uP)


たくさんの人に見ていただき閲覧数が1万を超えました。これからも頑張って書くのでよろしくお願いします。。

いろは「アリナちゃん・・・何処に居るんだろう?」

サラ「・・・・・・」

2人は移動していた。

サラ「あっ」

いろは「どうしたの?」

サラ「あそこの居るのって・・・」

サラはある人物を見つけた・・・それは

アリナ「あっ・・・あなた達」

アリナだった。

いろは「アリナちゃん!」

サラ「アリナ!」

アリナ「また会うとは・・・」

いろは「月夜さん達は?」

アリナ「2人はやられたは・・・」

いろは「そんな・・・」

サラ「・・・・・・」

アリナ「サラ・・・」

フリーザ「おや、相手を見つけたと思いましたが・・・小娘3人ですか」

いろは達「!?」

いろは達の前にフリーザが現れた。

フリーザ「まぁ、軽く捻り潰してメダルを頂くとしましょう!」


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


作家プロフィールURL (登録はこちら


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大 7000 文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。