二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.43 )
日時: 2016/10/30 22:26
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


明日中には無理そうなので、今日もう上げちゃいます!

うさぎさん
うぐぐ、まねできない(笑)

立山桜さん
彼氏とデート…はぁ…(笑)

ごめんなさい、全然甘々じゃないです…(´;ω;`)
本編で頑張ります…。

* * * * * * * * * * * * * * *


「おお、アーヤが来たみたいだ…ぜ」

ちなみに私は、ここで一礼をした。
ほら、よくやるじゃない?スカートを持ち上げてやるやつ!
そして、顔を上げてみると、意外にも、みんなタキシードだった。
あ、若武だけヴァンパイアだけど…。
やっぱりみんなも、パーティーの方を意識したのかな?

そういえば、さっきからみんなの反応がおかしい…。
若武は、すっごい赤い顔でこっちをがんみしてるし、上杉君は、仮面で少し見えないけど、頬を赤く染めて横を向いている。小塚君は、ポット頬を染めてアワアワしている。
黒木君はというと…。

「おお、きれいな方だ」

片膝をついて、私の手を取り、甲に…キスをした…?!
どうしょう!!仮面をつけているからってばれちゃうよね?!
他のみんなもなんか目が怖いよぉ!!

「僕と一曲踊ってくれませんか?」
「え?」

焦ったときに、黒木君が耳元で「大丈夫アーヤ、リードするから」ささやいた。
いやいや、リードの問題じゃないんだけど…。
そう思ったときには、黒木君の手と私の手は繋がれ、もう一方の黒木君の手は私の腰に、私の手は肩に置いてあった。

「アーヤ、きれいだよ」
「黒木君もすごい似合ってる…」

細身で長身でいつもミステリアスな雰囲気をまとっているから、余計にタキシードと仮面の組み合わせがいいのかも…。
それより、すごいドキドキしてる…。

「ハイ上杉」
「えぇ?」

すっと手が離され、上杉君の方に私は流れていく。
ちょうど、ついた瞬間に、さっきのような態勢になっていた。
う、ここでミスったらコレだから女はとか言われそう…。

「もっとゆっくりだアーヤ。焦るなよ」
「う、うん」

仮面の中の切れ長の目はいつもより穏やかで優しさを増していた。
黒木君から上杉君って…これ学校だったらどうなってたことだろう。

「明るい顔の方が似合うぜ、お姫さん」
「う、上杉君?!」

普段彼が言わないようなことを言われて顔をハッと上げる、その時には小塚君にパスされていた。でも、顔が赤かったのは気づいてるからね。

「可愛いよアーヤ。仮面外しちゃえば?」
「ありがとう小塚君、小塚君も似合ってるよ」

いつもおっとりした性格の彼が、仮面をつけると違う人みたいで面白いの。
それに、緊張しないから肩の力が抜ける。

「みんなで、アーヤがどの服で来るか予想したんだ。で、見事に当たったのが…」
「当たったのが…?」
「ハイ若武」

え!そこすごい気になるんですけど!
ていうか、若武だけタキシードじゃないし、それに仮面を被っていないから思い切り顔が分かってしまう。

「アーヤ、やっぱりその服だと思った。その服が似合うと思った」
「え?」

もしかして当たったの若武?
若武の顔はいつもより硬い。緊張してんのかな?

「若武顔硬いよ」
「んな?!はぁ、お前はさぁ…。ま、いいや」

若武のその時の、キラッとした目がすごい素敵で…。
ドキッとした…。
瞳の中にまるで星があるみたいで、すっごく素敵だったの…。

くるくると最後に回り、踊りは終わった。
最後に若武が思い切り一礼をした。
やっぱり、いつもと同じだ…。

「アーヤ、可愛いよ」

皆でまた中央に集まったときに、黒木君が胸ポケットに入れていたバラにキスをし、私の髪に刺した。もう、さすがとしか言いようがない…。
上杉君も、ぎこちない感じで、キスはしなかったけど、髪にバラをさす。小塚君も。

ちょうど、島崎さんがいろいろ持ってきてくれた。
そうだ!今なら私の案聞いてもらえるかな?「どうする?」と話している中で提案をした。

「写真撮ろうよ!」
「お!ナイスアイデア」

そして私はあらかじめ持っていたカメラを取り出し、島崎さんに渡す。
私が立っていると、後ろで急にじゃんけん大会が始まり、一番で勝った上杉君が私の隣に、次に勝った小塚君は上杉君の反対の私の隣に。
その二人の横に、黒木君、若武と並んだ。

「いきますよー、はいチーズ」


家で、ノートをめくっていると下から私を呼ぶ声がした。
「はーい」と声をかけ下に降りる。ちょうどその時風が家に流れ込む。
ページはパラパラめくれあの日のみんなの写真のページにめくられた。


Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.44 )
日時: 2016/10/31 19:47
名前: うさぎちゃん

ハッピーハロウィン♪HAPPY HALLOWEEN☆はっぴーはろうぃ((殴
そ、それはさておき・・・。
ふっふっふっ。やはり4人とも赤くなるか・・まぁ、アーヤだから当たり前だr((蹴
うぅ。2回目とは・・・。なんたる失態なんd((叩
えへへー、取り乱しました・・。すみません(-_-;)
皆タキシードかぁって、若武は吸血鬼なんや・・。でも、皆似合ってるんだろーな!!!
アーヤ、皆と踊るなんて・・ってバラまで・・あぁもう、うらやましー!!!いいなぁ。うらやましいなぁ。両手に華ってだけじゃ収まらないよ・・。
うぅ~、非リア充の私への当て付けかよおぉぉおお(大大泣)
まったまた取り乱した私です・・すみません・・・。
少し長くなりまして・・ゴメンなさいぃぃいいぃいい(T-T)
続き頑張ってください(≧∀≦☆

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.46 )
日時: 2016/11/05 19:03
名前: 美羽 ◆f3vSJydUxk

返信遅くなってごめん!!ハロウィン篇めっちゃ面白い!アーヤのドレス姿…きっとすごく可愛いんだろうな…(*´ー`*)

これからも更新頑張ってね‼o(≧∇≦)o応援してるよ!d(^-^)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.47 )
日時: 2016/11/10 20:14
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc

*うさぎさん*

一人一人のところを書いてみました(o^―^o)ニコ

うう、リア充は嫌いです…でも、アーヤなら許そう(`・ω・´)

続き頑張ります!


*美羽*

うん、アーヤは何を着ても似合う子だから( *´艸`)

あー、いろんな服着せたいよう…。

続き頑張るぜ!


ちなみに、行事がある日は書きたいなーと考えております。

事前予告をしますと、本編も裏の方で制作してるのと同時進行で、クリスマス編も作っております(笑)

次回は、ある一人が主にアーヤと過ごしますね…(*´∀`*)


そういえば…

参照400…そして500行きました!

ありがとうございます!

一週間で更新すると書いて、一週間で更新してないけど…。

若武「俺たちの恋はまだまだ続くぜ」

上杉「当の本人は鈍感だが…」

黒木「誰がアーヤを落とすか」

小塚「特別編も含めて楽しんで読んでいってね」

ミカン「目指すのは1000だぁー!」

皆「「「「おい、何でアーヤじゃないんだ・・・」」」」

ミカン「いや、アーヤちゃんいたらあんたらまじめにしな(((殴」

すいませんでした。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.48 )
日時: 2016/11/10 21:49
名前: うさぎちゃん

参照500おめでとーございますっ☆次は1000!!ガンバってくださいですー♪
大丈夫です、1000なんてすぐですよ(*^^*♪私なんかかが言うのもなんですが・・・。
え?どっからそんな自信が出てくるのかって??
もう、そんなの簡単でしょうっ!?!?だってミカンさんよ、ミカンさん。皆見に来るのよ、この神作を♪
これからも、ファイトなのですよーー(≧∀≦☆

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。