二次創作小説(紙ほか)

探偵チームkz事件ノート   * 第一話 *
日時: 2018/03/03 11:35
名前: ミカン

皆さん、みさです!

初めましての方、あぁあいつかと思ってる方、ッチこいつかよと思ってる方、え?誰?と思ってる方、この小説違った?と思ってる方。
みさですよ?

こちらは、『探偵チームkz事件ノート』の小説です!!
何人かの目線から話は展開されていきます。

でも、読む前に、気持ちよく読んでほしいので↓↓を読んで、嫌そうな人はやめておいてね!


*諸注意*

・更新ペースは不定期ですが、Twitter始めたのでそこで宣言してます

・一話は当初の5人のメンバーしか出ないですが、話数を増やすごとに増やしていきたいと思ってます

・キャラ崩壊しています

・こちらは『探偵チームkz事件ノート』の小説ですが、こちらにはミステリーの内容、事件性は含まれません

・恋愛もので、みんなは『アーヤが好き』という設定です

・一話は上杉はアーヤのことを「立花」ではなく「アーヤ」と呼びますが、次からは「立花」に治します


これが許せる方は、ぜひ読んでください。
でも、「kzはミステリーを解くから面白いんだ!!」という方はやめたほうがよろしいかと…。

気づいた点、アドバイス、感想は一人でもいいからほしいです…。

それではよろしくお願いします(o^―^o)ニコ


< 目次 >

【本編】

・第一話 『海は知っている』


【特別編】

・ハロウィン編  >>38-43 (>>38 >>40 >>43

・ポッキー編   >>49

・クリスマス編  >>76-83 (>>76 >>78 >>81 >>83) 

Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



Re: 探偵チームkz事件ノート   * 11月まで人気投票中 * ( No.44 )
日時: 2016/10/31 19:47
名前: うさぎちゃん

ハッピーハロウィン♪HAPPY HALLOWEEN☆はっぴーはろうぃ((殴
そ、それはさておき・・・。
ふっふっふっ。やはり4人とも赤くなるか・・まぁ、アーヤだから当たり前だr((蹴
うぅ。2回目とは・・・。なんたる失態なんd((叩
えへへー、取り乱しました・・。すみません(-_-;)
皆タキシードかぁって、若武は吸血鬼なんや・・。でも、皆似合ってるんだろーな!!!
アーヤ、皆と踊るなんて・・ってバラまで・・あぁもう、うらやましー!!!いいなぁ。うらやましいなぁ。両手に華ってだけじゃ収まらないよ・・。
うぅ~、非リア充の私への当て付けかよおぉぉおお(大大泣)
まったまた取り乱した私です・・すみません・・・。
少し長くなりまして・・ゴメンなさいぃぃいいぃいい(T-T)
続き頑張ってください(≧∀≦☆

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.46 )
日時: 2016/11/05 19:03
名前: 美羽 ◆f3vSJydUxk

返信遅くなってごめん!!ハロウィン篇めっちゃ面白い!アーヤのドレス姿…きっとすごく可愛いんだろうな…(*´ー`*)

これからも更新頑張ってね‼o(≧∇≦)o応援してるよ!d(^-^)

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.47 )
日時: 2016/11/10 20:14
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc

*うさぎさん*

一人一人のところを書いてみました(o^―^o)ニコ

うう、リア充は嫌いです…でも、アーヤなら許そう(`・ω・´)

続き頑張ります!


*美羽*

うん、アーヤは何を着ても似合う子だから( *´艸`)

あー、いろんな服着せたいよう…。

続き頑張るぜ!


ちなみに、行事がある日は書きたいなーと考えております。

事前予告をしますと、本編も裏の方で制作してるのと同時進行で、クリスマス編も作っております(笑)

次回は、ある一人が主にアーヤと過ごしますね…(*´∀`*)


そういえば…

参照400…そして500行きました!

ありがとうございます!

一週間で更新すると書いて、一週間で更新してないけど…。

若武「俺たちの恋はまだまだ続くぜ」

上杉「当の本人は鈍感だが…」

黒木「誰がアーヤを落とすか」

小塚「特別編も含めて楽しんで読んでいってね」

ミカン「目指すのは1000だぁー!」

皆「「「「おい、何でアーヤじゃないんだ・・・」」」」

ミカン「いや、アーヤちゃんいたらあんたらまじめにしな(((殴」

すいませんでした。

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.48 )
日時: 2016/11/10 21:49
名前: うさぎちゃん

参照500おめでとーございますっ☆次は1000!!ガンバってくださいですー♪
大丈夫です、1000なんてすぐですよ(*^^*♪私なんかかが言うのもなんですが・・・。
え?どっからそんな自信が出てくるのかって??
もう、そんなの簡単でしょうっ!?!?だってミカンさんよ、ミカンさん。皆見に来るのよ、この神作を♪
これからも、ファイトなのですよーー(≧∀≦☆

Re: 探偵チームkz事件ノート   * 第一話 * ( No.49 )
日時: 2016/11/11 21:41
名前: ミカン ◆v14FA1Ogmc


うさぎさん
ええ、1000なんてあっという間ぐらい頑張ります(o^―^o)ニコ
そんな!!神作だなんて(*´∀`*)
読んでくれてありがたいです…。


本編進める!つもりでしたが…特別編!

11月11日と言えば…そう、ポッキーの日!!

てなわけで、ポッキーの日特別編です(笑)


* * * * * * * * * * * * * * *

【ポッキー編】


今日は、なんだかみんな浮かれてたなぁ…。
学校でも、ちらほらカップルがいるんだけど、今日は特にもじもじしてたの…。
今日ってなんかの日だっけ?

「おねーちゃん!」

奈子だ。
奈子も彼氏がいる…もしかしたら何の日か知ってるのかも?!

受話器を取るついでに、聞いてみる。

「今日何の日か知ってる?」
「えっとねぇ、ポッキーの日!」

奈子…そんなお菓子の日なんてないよ。
我ながら恥ずかしい思いをしながら、耳に受話器を寄せた。

「変わりました…」
『アーヤ?僕だよ。なんか急に集合がかかったらしいんだ』

え、今日?
学校があったし、あんまり集まれないよ?
それにしても若武何考えてるんだろう…。

『で、今から若武の家に集合だって。来るときにはポッキー持参だって…』
「何でポッキー持ってくるの?」

さっき奈子も言ってたし…。
受話器の奥で息をのむ気配がした。

『そっか、アーヤは知らないんだね…』
「う、うん」
『とにかく、持ってきてくれたらわかるからさ』

『じゃあね』と電話が切られる。
せっかく、何の日か聞こうと思ったんだけどな。
まさか、ポッキーの日じゃないよね?


外は寒く、帰ってきたばかりだからといって決して制服にコートを羽織るだけじゃだめだと気が付く。
でも、こぐと次第にあったかくなるんだけど、また下りた時が大変。

「うぅ、寒い…」

はぁー、と息で手を温める。でも、この息はまだ白くはなかった。
急に、首元が温かくなる。
首の隙間から入って来ていた風が遮られる。
後ろを振り返ると、上杉君が立っていた。

「そんな服着てるからだ」
「あ、ありがとう」

お礼を言うと、「別に」とそっと顔を赤くした。
もしかして寒いのかな?
詰襟の上にコート羽織ってるだけだし…。

「寒くないの?」
「ああ、でもさっさと入ろうぜ」

そそくさと行く上杉君の後ろ姿を追いかけながらいそいそと入った。


「いいか、諸君!今日は何の日だ」

若武が、私たちが入ってきたときの最初の一言がコレ。
でも、電話貰った時からずっとわかんないんだよなぁ…。

「ポッキーの日、だろう?」

黒木君がそういって、袋からコンビニ袋を取り出し、その中からまたポッキーを取り出す。
皆もそうしているのを見て、私も来る途中のコンビニで買ったポッキーを取り出す。

「で、何するの?」
「いい質問だ小塚…。俺はこう考える…。この世の中にポッキーの日があるのは、ポッキーゲームをするためだと」

ポッキーゲームって何だろう?
周りはなぜか固まっていた。聞いても平気かな?

「だからポッキーゲームをやろう!」

若武はどや顔で言った。黒木君は微笑を浮かべる。
上杉君と小塚君は頬を赤く染めていた。

「ね、ねぇ。あのさ…」
「なんだ、アーヤ?」
「ポッキーゲームって何?」

若武は待ってました!というような表情をして、「いまからやろうか?」という。
その中男子は意思疎通をしていた。

(アーヤわからないっぽいな。あのまま若武はキスでもするつもりか?)
(えぇ?!で、でもアーヤわからないんだよね?じゃあ嘘ついてもばれないってことだよね)
(そうだ。若武とアーヤを近づけるな)

という会話が視線と視線で行われていた。

「ア、アーヤ。まず一本のポッキーを…」

若武がなんか声を震わせて言っていた時だった。
隣にすっと上杉君が立って、思いっきり足を踏む。
うわ、サッカーやってるから余計に痛そう…。
その後に、黒木君が背後からの膝カックン。
身長差もすごいけど、若武の倒れ方に笑っていた。

三人でいろいろワーワー話している。
そういえばポッキーゲームって何だろう。

「ハイアーヤ」
「ありがとう小塚君」

ポッキーを渡してくれた。
その手には、小塚君の一本のポッキー。

「ポッキーゲームはね、こうやって…」

ハムスターのように口を動かして食べていく。
全部食べた後に笑っていった。

「先に食べたほうが勝ちってゲーム」
「そうなんだ…。じゃあ、やってみよ?」

小塚君はもう一本ポッキーを出した。
「スタート」の合図で、ポッキーをかじる。


帰るときには、もう遅くなっていた。
あのあと、みんなでポッキーゲームをやっていた。
私は全然勝てなかったけど、思い切り笑った。

はやく来年の、今日が来ないかな…。


Fin

* * * * * * * * * * * * * * *

何言ってるかわからない(笑)
ごめんなさい、いみふでぇ!


Page:1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23



小説をトップへ上げる
題名 *必須


名前 *必須


E-Mail


URL


パスワード *必須
(記事編集時に使用)

本文(最大7000文字まで)*必須

現在、0文字入力(半角/全角/スペースも1文字にカウントします)


名前とパスワードを記憶する
※記憶したものと異なるPCを使用した際には、名前とパスワードは呼び出しされません。